雨の休日


 うまくいかない日は何をしてもうまくいかない。
 今日は休みなのに偉い人の話を3分聞くために朝早くから起きて職場へ行かなくちゃならない。休みの一番の楽しみって朝早く起きずに寝ていられる事なのにそれがなくなったら休日の楽しみは半減する。
 偉い人の話を聞いた後(全く聞いてないけど)髪を切りに行こうと行きつけの散髪屋に向かう。今から行けば開店ジャストで並ばずでも大丈夫だろう。途中今日は昼から飲んでやろうと外国の酒をおいてある酒屋で2本ビールを買う(これがいけなかった)散髪屋の開店時間に30分遅れていくとすでに並んでいるじゃないか。岸辺露伴ばりにオイオイオイオイオイオイオイオイオイと言いながら車を停めずに20分離れた散髪屋へ向かう。しかしそこも既に1時間近く待つ様子にまたもやオイオイオイオイオイオイオイオイとなり一度は店内に入ろうと思ったが待ち椅子にはハゲのおっさんばかりが座っている。お前らどこ切るねんと突っ込みを心の中でいれて(少し漏れていたが)そんなハゲの中にふさふさの自分がいることが許せずガラス越しにハゲを見た後車に戻る。手持ちの店は切れたので思案していると朝はプロテインしか飲んでないので腹も減ってきた。久しぶりにソフトクリームでも食べよう。食べてから考えよう。イタリア製マシンのおいてある店に20分かけて着く。すでに時間は10時。開店は9時のはずだ。カウンターにいくと「10時20分から営業します」と手書きのチラシの裏が貼ってある。お前の都合なんか知るか!ソフトクリームを出せ!と言いたい心をぐっと抑えて(ちょっと漏れたけど)隣でただいま焼きあがりと言っているパン屋で2つパンを買う。パンはうまくもまずくもなかった。最初の店に戻るが列は変わらず。今日はもうやめ。帰ってビールを飲もう。家についてビールを開けるが買ってから2時間近く車内で放置されたビールは常温でドイツ本国の雰囲気を感じることが出来た。高い海外ビールを買ってもぬるいと第3のビールにも負ける味で半分も飲まなかった。2時間ほどネットしてから近所の温泉へ向かう。こうなったらサウナで汗を出してスッキリするしかない。温泉に到着して意気揚々とサウナに入るとまだボイラーが点火しておらず寒々としている。聞けばボイラー点検で今日はサウナはやっていないと。温泉に首まで入って出た。失意の帰宅で残っていたビールを飲んだら妙に酔っぱらってソファーで気絶。気が付いたら夜の10時でした。そういえば今日は朝から雨がふっていた。

 日々練成
[ 2018/04/24 22:43 ] 独り言 | TB(0) | CM(1)

 22kmって距離


 最近再び22kmランニングを再開している。筋トレを再開してから半年近く走ってなかったがまた走り出した。醤油は薄塩に変えた。
 世の中にはもっと長い距離を毎日のように走っている人もいるのでなんの自慢にもならないが(するつもりもないが)正直この距離は何度走ってもつらい。走る前なんて先輩に呼び出しを受けた後輩のごとく気持ちは重いしなんやかんや言い訳を考えて逃れたいと毎回思うが気が付けばウェアを着替えてシューズを履いてスタートラインに立っている。習慣なのか使命感なのかは分からないがキツイと自ら思う行為に自ら進んでいくのだからはたから見ればちょっとぐらい頭がイッてるんじゃないかと思われてもしょうがない。僕の場合は真冬でも短パンで走るので近所の人達はどう思っているのだろうか。
 こと筋トレで体重が増えた再開後のランニングはきつい。タイムも落ちているし心拍も高い。だが再開してしばらく走ればそれなりに走れてくるので不思議なものだ。身体が順応しているのだろうか。
 だがキツイランニング中でもよっぽどのことがない限りは途中で引き返したりはしたことがない。記憶にあるのはビルドアップランニングで4.20から入って5km毎にタイムを上げていき、ラスト5kmは3.50ぐらいで走っていたとき心拍が190を超えていた。今まで感じた事のないような鼓動を心臓から感じ取って流石に「やばい」と思ってそこから歩いたのが唯一だった気がする。(その次走ったときはラスト3.50で走り切ったけどね)
 習慣や義務じゃないが山に入るうえで最低限の体力維持という面ではこの走り方は自分にあっている。冬場なんか9割精神修行になるけどそれもまた山に入るうえで必要なモノ。
 ベースとなるのは体力ってのは何においても必須であろう。というわけで今日も僕は寒い日にロンパン履いて走る人を見かけると「勝った」と思うのです。

 日々練成
[ 2018/04/23 22:32 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

adidas TEREEEX AGRAVIC SPEED 再び


 adidasのTERREX AGRAVIC SPEEDを買い足し。以前購入して実走したところすこぶる調子が良かったのでこういうシューズはすぐに予備を確保するに限る。エースシューズだったmana7君は廃盤になってしまい在庫確保にひと苦労した。そもそもmana7はロードシューズであり山に入ると消耗が激しく2,3足持っていたところで1シーズンで消費してしまう勢いだ。そんなところに登場したTEREEXアグラスピード(面倒なので略す)はまさに新兵器のだった。
 
 値段はセールでもmana7の倍近くするがそれでも性能を考えれば妥当なところ。すでに2回マイナーチェンジ(色違い)をしており回転の速い山業界ではすぐに新しいモデルに取って代られるだろう。そこにセールとくれば在庫確保するほかない。幸いに黒とかいうどこに需要があるのかわからないカラーではなくきれいなブルーが在庫有りだったので購入。あまつちもほしいというので白黄のカラーを購入した。とりあえずこれで1シーズンは大丈夫だろう。mana7君にはロード専用シューズとしてがんばってもらおう。

 日々練成

 無題
  なんでTEREEXっていうのかな
[ 2018/04/22 06:23 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

あまつちさくら道


 去年に続いてあまつちがさくら道に出場中。
 今年は仕事の関係で応援に行けなくて残念だが、現地はかなり気温が高く厳しそうだ。安全第一でがんばってほしい。

 日々練成

 1524276517550.jpg
  さっちゃん提供。まだ元気そうだ。
[ 2018/04/21 20:54 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

トレーニングと回復、オーバーワーク


 トレーニングをすると一般的に回復までの時間は約48時間ほどといわれている。特にウエイトトレーニングでは「超回復」という現象があり、これが48時間後に起こるので、それに合わせてトレーニングを繰り返せば筋力が向上していくという理論だ。
 だが小さな筋肉も大きな筋肉も、高強度のトレーニングも低強度のトレーニングもすべてが48時間後に回復するのだろうか。答えは当然NOだ。筋肉への刺激が変われば回復に必要な時間も変わってくる。一概に48時間の休養でまとめてしまうのはリスクが高い。

 大きな筋肉に強度の高い刺激を与えれば当然回復の時間も長くなる。スクワットやデッドリフトなど大パワーを発揮する種目ではとても48時間では筋力の回復は追いつかない。ジョグ程度のスピードで走るなら毎日でも可能だが、強度の高いインターバル走を毎日すると怪我のリスクが格段に高くなってしまう。

 では部位毎の回復時間はどれくらいなのだろうか。
 個人的な意見だがこれはトレーニングと回復を繰り返して自分で見つけていくしかない。初心者の頃なら2日おきとかでもいいかもしれないが、徐々に強度を上げたり、頻度が高くなると2日の休養では追いつかず、いつの間にか回復せぬまま練習を重ねてオーバーワークになってしまっていたりする。そもそも48時間という数字すら、筋肉中のグリコーゲンの回復する時間であり、筋力が回復する時間ではないのだ。

 また個人的意見で申し訳ないが、少なくとも僕は筋肉痛が残るうちはトレーニングはしない。そして2日経っても筋肉痛がとれないのは刺激が強すぎたのではなく、回復に必要な栄養が不足していると考える。慢性的に怪我が回復しなかったり、疲れやすい、走っていてもすぐに疲れてしまうというのは、回復が追い付いておらず、なおかつ栄養が絶対的に足りていないのだと思う。

 しっかりトレーニングしている人は回復の時間をもう少し見直した方がいいと思う。それと栄養。たんぱく質とマルチビタミンは最低限十分にとらないといけない。それでも疲れが抜けなかったり、記録が伸びなかったりするのなら思い切って2週間休む。知らず知らずオーバーワークになるくらいなら、しっかり練習を休んで、完全回復を通り越してちょっと落ちるくらいから再開したほうがメリットが多いはずだ。やりすぎは害。過ぎたるは及ばざるがごとし、だ。

 日々練成


 
 
[ 2018/04/20 06:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)