明日は山

明日は春スキーお楽しみの山へ。楽しむ事をメインに登って滑ってきます。

日々練成
[ 2017/04/29 22:03 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ニューランパン


 仕事明けでランニング。ちょっと風が強かったがもうシェルはいらない気温で長袖のみで快適に走れた。トイレの多い周回コースにしたので腹痛問題もいまのとこは解決。風邪の治り際で出だしこそ少し身体が重かったが走ってみればそこそこ快調だった。

 今日はニューランパンのデビュー。明るい色のランパンが欲しくて探していたがようやく見つかった。赤系のシャツが多いので青い色のランパンをゲット。しかもターコイズという素敵な色だ。サイズもばっちりで心配だったインナーパンツのフィッティングも問題なさそう。スリットが皆無なので少し脚上げ感であたるところがあるが、ここはちょっと手を加えたい。その他は概ね良好で気に入った。何よりカラーリングが良い。黄色のウェアと合わせるとなんとも初夏らしい爽やかなカラーだ。これからヘビロテ確定である。ランパンの正体はおいおい書いていきます。

 日々練成

IMAG3351.jpg
 足元の赤もアクセントで爽やかなカラーリング。脚は見るな

 
[ 2017/04/28 23:49 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

さくら道国際ネイチャーラン 応援 その終

 五箇山からは急登を超えて長いトンネルへ。この手前でMH.TRCのしょももさんとueta君も選手達を応援してくれていた。雨宮選手も復活してきたようで足取りもしっかり走っていた。数々の超長距離大会を走り、日本代表でもある青谷さんも元気に走っている。(数度道に迷ったらしいが)

 五箇山トンネルと超えると難所はほぼなし。ここのエイドでは残り42kmの表示があり、選手達は走りなれたフルマラソンの距離をみて「あとフル1本か!」と元気を出していた。下り基調の道を走り、ラスト27km地点の福光エイドでは最後の大型エイドともあって、しっかり補給をする選手も多い。この先で先行していた西川選手をキャッチ。なかなかタイミングが合わず応援できなかったことを詫びた。西川選手は足袋ランナーで、250kmの道のりを足袋で走りぬいた兵だ。

 金沢市内は車を停められないので、少し離れた駐車場に車を停めて渡部君と兼六園のゴールで待機する。MH.TRCのmaruiさんも応援に来てくれた。続々とランナーがゴールしてくる。250kmを走りぬいた選手達のゴールは見ていてとても感動する。疲労困憊の選手、涙を流す選手、喜びで声をあげる選手…。ゴールシーンはやはりいいものだ。

 ゴール予想時間に雨宮選手が現れた。色々トラブルもあったがやはり最後はスマイルでゴール。すぐにありがとうございましたと言っていたのが印象的だった。感謝の言葉を口にできるのは素晴らしい。応援してくれた知り合いの方も多く駆け付け、みんなで記念撮影。2日間にわたる応援ツアーもこれで終了。

 選ばれたランナーの出場するさくら道はとても質の高い大会だった。選手の振る舞いもとても謙虚で、志高く走っている印象が強かった。自分が走ることはないと思うけど、こういった質の高い大会が長く続いてほしいと思った。参加されたすべての選手のみなさんお疲れ様でした。今年も太平洋から日本海まで素晴らしい桜のトンネルが咲きました。来年も桜が咲くのを楽しみにしています。

 日々連成

IMAG3323.jpg
 長いトンネルを抜ければあとはフルマラソン1回分

IMAG3319.jpg
 かなり先を先行していた西川選手。とても元気だった。

IMAG3327.jpg
 福光エイド到着。ここまでくればもらったようなもんだ

IMAG3329.jpg
 選手を待つゴール

IMAG3335.jpg
 青谷さんも念願のゴール!

IMAG3339.jpg
 超えるのは最後のさくら坂

1492993056336.jpg
 ゴールおめでとう!
[ 2017/04/27 21:54 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

ざわさん飲み

今日は我が地元に来た男澤さんと飲み。
寂れた地元にようこそです。あれこれ話をして、とても楽しい飲み会だった。ざわさんまたよろしくお願いします!

日々練成

[ 2017/04/26 20:56 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

さくら道国際ネイチャーラン 応援 その2


 荘川から白川郷まではトンネルも多くて走りにくく、おまけに深夜で街灯も少ない区間。なるべく前のエイドから近いエイドで待機するが到着時間が遅くなっているようだ。この条件で疲労も溜まるだろう。

 続々到着するランナーも疲労の色が濃い。雨宮選手はかなり胃をやられて補給を受け付けないらしく、かろうじてお湯を舐めるように飲んでいた。エイドで五分ほど仮眠するが回復せず。この状態ならしっかり休んだ方がいいと話をして、30分ほど寝ることに。こういう超長距離レースではしっかり休むのが大切な要素だが、関門を気にしたり、寝過ごすのを恐れたりとしっかり寝る事は本当に難しい。良い睡眠を取れることも大切な要素だ。

 30分後に起きてきた雨宮選手はかなりスッキリした顔で受け答えもハッキリ。かなり復活出来たようだ。元気良くエイドを出発していった。僕もかなり眠いので先のエイドで雨宮選手が来るまで少し仮眠...のつもりが渡部君と雨宮選手の奥さんに起こされてしまった。申し訳ない。

 白川郷道の駅エイドでは夜も明けて太陽が出てきた。一瞬で気温も上がり身体が温まる。選手達も長い夜を抜けて一安心といった表情だ。雨宮選手も元気が出てきた見たい。ここから五箇山へ長い道が続く一番の核心部分。補給した選手達は元気良く再スタートしていった。

その3へ
日々練成

IMAG3311.jpg
 補給を胃が受け付けずかろうじて白湯を飲む

IMAG3312.jpg
 眠りたくても眠れない…苦しい状況だ

IMAG3314.jpg
 勇気を出して30分睡眠。すっきりしてスタート

IMAG3316.jpg
 五箇山では夜が明けて太陽が。冷え切った体を一瞬にして温めてくれる
[ 2017/04/25 06:04 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)