FC2ブログ






ヤツの季節がやってきた


 気温も上がってきて汗をかく季節になってきた。
 汗をかくと気になるのがウェアの臭い。当然毎回洗濯しているけど、大量に汗をかく日が続くと洗濯しても雑菌が残ってしまいそのうち洗濯しても汗をかくとすぐ臭くなってしまうウェアが出来上がる。こうなってしまったらどんなに洗濯しても臭いはとれない。酵素系の漂白剤でも臭いがとれないのだから相当強力な雑菌だろうか。これはトレーニングウェアに限らず山用のウェアでも同じ。お気に入りのウェアなのに臭いが取れなくなってしまったら悲しい。
 なのでシーズン前、中、後と定期的にウェア類は塩化ベンザルコニウムに浸して殺菌している。薬局で買える消毒液だが、ウエアの消臭効果に関しては抜群で、これを使って臭いが取れなければ捨てるしかない。シーズン前に使えばシーズン中快適に着られるし、臭いが出てきそうな気配があれば都度使えばいい。気を付けないといけないのは、性質が逆性石鹸液なので、洗剤と混ざると双方の効果を打ち消してしまう事。使うときは洗濯して脱水したあとに、バケツ等に1時間ほど浸して洗濯機ですすぎ、脱水するのがおすすめだ。しっかり殺菌すると汗抜けもよくなるので大変おすすめ。あ、ウイルス等に効果は薄いようですので気を付けて。
[ 2020/05/13 06:31 ] 特別企画 | TB(0) | CM(0)

誕生日に100万訪問ありがとうございます。


 指摘されて気が付いたのだけどこのブログも今日で100万訪問を達成だった。
 訪問数カウンターを設けてはいるものの全く見た事がないので人に言われるまで気が付かなかった。
 こんな戯言ブログを訪問していただきありがとうございます。大した情報もないし役立つ話もありません。毎日の戯言を綴るだけですが今後ともよろしくお願いします。
 (7年半続いているのも今知ったw誕生日に100万訪問は出来過ぎかな!)
 
 今日は誕生日であった。家族や友人知人から暖かいお祝いを頂いた。本当にありがたいことです。皆さんの支えがあってこその自分であることを忘れず、謙虚に敬意をもって楽しみながらこれからの人生も過ごしていきたいと思います。

 
[ 2020/05/03 17:09 ] 特別企画 | TB(0) | CM(2)

2020年あけましておめでとうございます


 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 
 年末年始は中央アルプスにて気の置けない仲間と共に年越しをしました。
 素晴らしい年越し、新年を迎える事が出来ました。企画してくれた男澤さん、皆さんありがとうございました。
 
 今年は一層安全を意識して、楽しい登山やトレーニングに励みます。皆さんよろしくお願いします。

 今年一年も日々練成!

y78iyiuyo.jpg
 令和2年元旦。中央アルプス、木曽駒ケ岳にて。
[ 2020/01/01 20:25 ] 特別企画 | TB(0) | CM(2)

黒部横断 ~エピローグ~


 21時過ぎに扇沢手前の林道に到着して車を乗り換える。amatchと握手してそれぞれの帰途につく。僕はここから3時間の下道と高速運転。帰宅するころには日付が変わっているだろう。

 帰りの運転で今回の旅を思う。
 まずはなんといっても誘ってくれたamatchに感謝。信頼のパートナーがいたからこそ成し遂げられた行程だった。トラブルや困難もあったがamatchという信頼のパートナーがいたからこそ乗り越えられた。本当に感謝したい。

 早春の黒部には忘れていた情熱が眠っていた。いつからか忘れていた山へ入るときの緊張感、孤独感がそこにはあった。今回の黒部横断で山はかくも厳しく、優しく、素晴らしいものだと再認識した。忘れていた山への情熱を取り戻すことが出来たと感じる。

 あらためてマッスル北村氏の言葉を引用したい。今こそこの言葉の意味が心の底から理解することが出来た。 

「他人を納得させる記録や結果よりもたとえ自己満足と笑われようが自分で自分に心から「よくやった」と、ひとこと言える闘いこそ、まことの勝利であり人間としての自信と誇りを得て人生で最も大切な優しさや思いやりを身にまとう瞬間だと思う」

 日々練成

[ 2018/04/08 00:24 ] 特別企画 | TB(0) | CM(0)

黒部横断 最終章

 12時
 刈込池を過ぎたあたりから堰堤が出てきた。快適クルージングもここまで。スキーを脱いで堰堤を乗り越える。ここから対岸に渡ったり堰堤を乗り越えたりとルートがよくわからない。最新の地形図だったが、地形図はしばらく更新されていないのか反映していないのか、地図にない作業道を見つけるのに苦労する。何度も堰堤を乗り越えたりなかなか進まない。なんとか作業道に復帰し先へ進む。

 13時
 何度もデブリを乗り越え、泥鱒池を過ぎた先の橋を対岸に渡ったところでルートを見失う。閉鎖されたトンネルを覗いてみるも先はつながっていなさそうだ。地形図では線路が繋がっているが実際は繋がっていない。古いトンネルも先はつながっていないっぽい。橋を戻って地形を眺めるがゴルジュ帯につくられた堰堤なので20m近い高さがある。うろうろすること1時間ほどで、amatchがルートを発見した。すさまじいデブリでルートが寸断されていたのだ。土と石だらけのデブリを超えて堰堤の下に出ると作業道に復帰することができた。

 15時
 作業道を歩いたり僅かな斜度を滑ったりして先へ進むがまだまだ立山駅は遠い。途中道路をずれて廃線となった作業用トロッコ線路に迷い込んでしまい大幅に時間をロス。日暮れ時間も迫り気持ちも焦るが仕方ない。雪も切れてスキーを背負いブーツでの歩きは足も痛いしスピードもでない。100mが長い。

 17時半
 ふと先を見ると人工的な明かりが遠くに見えた。立山駅だ。残り1kmあまり。もう雪は消えてコンクリートの歩きのみ。

 17時50分
 駐車場到着。ついに黒部横断完了。amatchとがっちり握手だ。いろいろトラブルはあったが、信頼のパートナーと一緒に困難を乗り越えることができた。しかし感動の余韻を感じるのもそこそこ。ここから大町まで車の往復が待っている。そのうちk岡さんも到着。さすがに早い。聞けばトロッコの線路に迷いこんでしまったとのこと。雪の状態も過去最悪だったらしい。電車の時間もあるというのでここでお別れ。ありがとうございました!
 僕たちは急いで着替えて道具を撤収したら車に乗り込んで高速を目指した。

 続く 

 amatchのブログへ

 日々練成

1523020460132.jpg
 堰堤を乗り越えて進む

1523020462435.jpg
 作業用トロッコの履工も埋もれる

1523020464117.jpg
 デブリの上には滝が

P1040983.jpg
 超巨大デブリ。すごすぎ

P1040981.jpg
 ひたすら堰堤

P1040982.jpg
 雪も少なくなってきた

P1040986.jpg
 amatchの指差す先は…

P1040985.jpg
 立山駅が見えた!
[ 2018/04/06 06:09 ] 特別企画 | TB(0) | CM(0)