乗鞍山系十石山 BCスキー 詳細


 20日 金沢市内でTさん、Nさん、Uさん、Yさんと合流し、UさんのD-BOYで一路乗鞍方面へ。平湯から白骨温泉へ向かう。温泉ではKさんと合流し計6名で白骨温泉除雪終了地点からスタート。
 
 僕以外皆さんテレマーカーだ。テレマーカー独特(?)の楽しげな雰囲気に初めましての緊張が緩む。早朝の冷え込みでいきなりのカリカリ斜面が核心部だったがどうにか突破。1450付近のコルにでたらあとはひたすら尾根を1000mのハイクアップだ。日差しは強いがカラマツの樹林帯でそれほど暑くはない。雪も激モナカにはならずにいてくれそう?ボチボチ高度を上げ、1800辺りで先行者の2人に追いついてトレースのお礼。急な尾根を登り、適当に休憩を挟みながら進む。

 2200ぐらいから徐々に疎林になってきていい雰囲気。足元はシールに団子がはりつき苦労する。それでも右手に笠と穂高、左手に乗鞍の展望が見え始めるとテンションも上がる。ラスト150mを頑張って十石山山頂に到着。約4時間弱のハイクアップだった。

 山頂は快晴無風。穂高連峰と乗鞍の大展望、そして遠く白山も見える。絶景を見ながら昼食タイム。僕は犯罪的カロリーのドーナツを楽しんだ。
 山頂をひとしきり堪能したらいよいよ滑走タイム。山頂直下の十石峠小屋からドロップイン。雪は適度に締まっていてテンポの良いターンで耳からカツゲンが漏れる至福の時間(1分)。標高差150mの滑降を楽しんだらあとは疎林の斜面と樹林帯尾根を修行滑降。重く、モナカチックな雪質にテレマーカーの皆さんは苦労するようだ。それでもツリーランを楽しみ、最後は急斜面を転げるように降りてどうにか1450のコルまで到達。後は林道を滑って無事車まで。合計6時間の楽しい時間でした。

 みなさん初めての顔合わせだったがとても明るい方ばかりで楽しかった。テレマークやスキー、色々な山の話が聞けて山スキーの世界がとても広がったと感じることが出来た。色々な方と交流してこそ世界が広がる。この出会いを大切にしていきたい。

 みなさんありがとうございました。またよろしくお願いします!

 日々練成


1_20170321200702a62.jpg
 平湯料金所では笠ヶ岳がドーン

2_2017032120070368b.jpg
 林道除雪終了点からスタート

3_20170321200705fe4.jpg
 カラマツとシラビソの樹林帯を登る

4_20170321200706a05.jpg
 JOJOに疎林に

5_2017032120070825a.jpg
 標高が上がると穂高連峰が右手に見えてくる

6_20170321200720e89.jpg
 山頂では乗鞍岳の大展望

7_20170321200721f2f.jpg
 笠と穂高も素晴らしい

IMAG3162.jpg
 恒例 乗鞍に祈る

9_20170321200723cbd.jpg
 山頂直下の十石峠小屋 是非泊まってみたい

10_201703212007248a0.jpg
 大斜面に刻まれる美しいシュプール
 
11_20170321200726b63.jpg
 華麗なテレマークターン

12_20170321200732ed7.jpg
 下山。お疲れ様でした!
[ 2017/03/21 20:15 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

乗鞍山系 十石山BCスキー 速報


 今日は初めましてのKDMさん、NBKWさん、YASさん、UTDさん、KNZWさんと乗鞍山系の十石山へBCスキー。
 僕以外は全員テレマーカーだったがとても楽しく、BCスキーの世界が広がった一日だった。

 みなさんありがとうございました!詳細は明日!

 日々練成

 IMAG3162.jpg
  乗鞍に祈る
[ 2017/03/20 22:00 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

三方崩山 BCスキーツアー(詳細)


 槍ヶ岳のあとは平湯に移動して温泉施設で、1年ぶりに再会のほーらい君と、偶然隣で一緒になったグループと宴会。楽しすぎて飲みすぎた…

 槍ヶ岳の翌日は場所を移動して、初めましてのYKRさんとHIRO君とあまつち4人で白川郷エリアの三方崩山へBCツアー。道の駅で合流し、林道入り口へ移動してスタート。天気は良すぎるくらいで出だしからアンダーシャツ一枚だ。

 YKRさんとHIRO君はBCスキーは2回目だがそんな事を感じさせない体力。しかし今日は標高差1200m一発の登りなので頑張って登ってもらおう。林道終わりからデブリが頻発していて時々トラバース。弓ヶ洞谷をつめて左股合流ポイントでは滝が出ていてちょっときわどいトラバースもあったがおおむね危険箇所はなくひたすらハイクアップだ。

 暑い気温に容赦ない日差しで体力が削られる。しかし適宜休憩を挟みながらの登りで2人も頑張ってくれた。樹林帯ではないので対岸の景色が良い。目的のコルまであと200mが遠い。HIRO君は最後は根性の登りで全員無事コルへ到達。白山の大展望を楽しみ、少し小休止したらいよいよショータイム。

 先ずは僕がドロップ。最初はモナカ気味だったので北側斜面へ少し移動するとそこそこ柔らかい雪で楽しい。YKRさんとHIRO君もガンガン滑ってくる。あまつちは華麗なるテレマークターンだ。どんどん標高を落としていくと下部は快適ザラメで思い思いのラインを描く。1050あたりからそろそろ尾根をトラバースして反対の沢へ。弓ヶ洞谷右岸を滑って最後は快適ファミリーゲレンデを楽しみ国道まで。ほぼ車to車の素晴らしいコースだった。時期がばっちりなら大滑降も楽しめる。初の2人も楽しんでもらえたようでよかった。またいきましょう!

 日々練成

あ1
 天気ばっちり。

あ2
 徐々に標高が上がっていく。

あ3
 目指すは正面のコル。YKRさんと一本のトレース

あ4
 大斜面をハイクアップ。がんばー

あ5
 今日のバーンに感謝の祈り

あ6
 目的のコルにて集合写真

あ7
 YKRさん決まってる!

あ8
 HIRO君も落ちていく

あ9
 あまつちの華麗なるテレマークターン(見えない)

あ10
 を疲れ様でした!

 
[ 2017/03/07 20:20 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

槍ヶ岳 BCスキーツアー with あまつち ゆうじんさん (詳細)


 以前からあまつちと長いやつやりたいねーと話していたが、今回全てのタイミングが噛み合って北アルプス槍ヶ岳へ行くことに。
 すでに時期は3月で厳冬期から残雪期だがスキーが滑れれば時期は問題じゃない。ひさしぶりにゆうじんさんとN田カメラマンも合流して4人で槍ヶ岳を目指すことになった。

 3時に新穂高出発の予定で22時に自宅を出発。1時にあまつちと道の駅で合流し平湯経由で新穂高を目指す。2時に駐車場に到着し準備。ほどなくゆうじんさんも到着。しかしN田カメラマンがアクシデントで来れなくなってしまったらしい。残念だが仕方ない。3人で準備して登山届を出して出発。

 昨日から晴天のようだが僅かに降雪もあったようだ。カリカリ斜面を覚悟していたがこれは僅かにパウダーの期待も持てる。先行者はスキー2名にスノーシュー2名?トレースはありがたく利用させてもらった。2時間程で白出沢。ここで僕がルートミスして30分ほどロスしてしまった。なんとかルート復帰して蒲田川左岸に降りる。ここから快適な河原歩き。3時間程で滝谷へ。jojoに明るくなりジャンダルムも見える。今日は約束された快晴だ。

 7時過ぎに槍平到着。あまつちと僕は珍しく足に違和感。早めに処置する。ここから核心部の飛騨沢が始まる。標高差1000mの大斜面だ。先行者のトレースを辿り飛騨沢を登る。ゆうじんさんは少し足が痛いみたいだったが流石ソロで厳冬期常念岳を登るだけあって体力は抜群。だが3人とも2800mを超えると流石にきつくなってきた。先行者1名が滑って行く。ラッセルのお礼をいうとストックを挙げて応えてくれた。綺麗なシュプールを描いて落ちて行く。飛田乗越まで標高差100mといったところでもう一人の先行者が。ベクターグライドの板がカッコいい。なんと僕とあまつちの事もご存じで嬉しかった。BPさんありがとうございました。

 ここから氷化斜面となりアイゼン歩行。しかし風が強い!飛田乗越に上がると爆風で吹き飛ばされそう。そして槍の穂先が巨大な姿を見せてくれた。道標にしがみつくようにしてどうにか穂先を撮影。この風では危険だし寒すぎるので今日は穂先は諦める。少し高度を落とせば風が弱まったので2900mあたりで滑降準備。今回はアクションカムでの撮影もあるでよ。大迫力の笠ヶ岳と稜線を見ながらの滑降はなんて贅沢なんだろう。
 僭越ながら先頭でドロップ。予想外の軽めの雪に雄たけびが上がる。あっという間に300m程落とした。あまつちの華麗な滑りは相変わらず。ゆうじんさんの軽快なターンが決まっている。1本目は3人とも大満足の滑降だ。

 後続のスノーシュー2人組が上がって来た。なんとしても槍に登りたいとのことでエールを送る。頑張ってほしい。
 2本目は少し硬めだったがそれでも満足のいく雪質を堪能。2100まで落ちると極厚モナカ雪に大苦戦。修行の滑りだ。槍平前で大休憩。穂高連峰を見ながら贅沢なランチタイム。ここからトレース上をアトラクションだ。高速レールやショートアップダウン。きわどいトラバースや枝くぐりなどこれはこれで超楽しい。1時間半程で白出沢到着。シールで少し登り返す。白出沢へ合掌。ここからは林道をジェットコースター。あっという間に新穂高到着。12時間行動でした。山、天気、仲間言う事無しのThe Dayだった。
 あまつち、ゆうじんさんありがとうございました!

 あまつちのブログへ

 日々練成

1_2017030621423406a.jpg
 珍しく暗闇スタート。

2_201703062142357cf.jpg
 蒲田川左岸を行く。夜明けの穂高稜線が荒々しく美しい

3_201703062142368e1.jpg
 滝谷でジャンダルムがお出迎え

4_201703062142386f7.jpg
 飛騨沢に祈る

5_20170306214240ab4.jpg
 爆風の飛騨乗越で槍の穂先を望むあまつち

6_20170306214249c2a.jpg
 大斜面に美しいシュプールを描くあまつちの華麗なターン

7_20170306214251eed.jpg
 ゆうじんさんの軽快な滑り。ショートターンが決っていく

8_20170306214252333.jpg
 僕も一枚。カメラマンの腕がいいようです

9_201703062142549b6.jpg
 笠ヶ岳の大展望。最高のロケーション

10_20170306214255869.jpg
 贅沢なランチタイム

11_2017030621430398d.jpg
 3人で記念撮影。お疲れ様でした!

[ 2017/03/06 06:44 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

三方崩山(BCスキー)


 今日も今日とてあまつちとBCスキーツアー。晴天に恵まれた貴重な休日。今日は初めましてのYKRさんとHIRO君も一緒だ。
 今日の舞台は三方崩山。白山の稜線上にあるBCスキーとしてもメジャーな山だ。しかし登りは5kmで標高差1200mとかなりのボリューム。しかしアプローチから下山まで車to車なのはかなり便利。
 
 出だしから汗だくになるような気温で体力を消耗するが、YKRさんとHIRO君は登りも滑りもばっちり。斜面も適度に雪が緩み、日陰はそこそこ柔らかい雪が残っていたので楽しかった。

 とりあえず昨日の槍ヶ岳も速報まで。明日以降詳細アップします。

 日々練成


 P1040765.jpg
P1040767.jpg
17148847_1302772683144578_1618277075_o.jpg
17036773_1302772876477892_116529140_o.jpg
[ 2017/03/05 20:57 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)