FC2ブログ






白山 山スキー


 GW唯一の休暇は白山山スキーへ。
 厳冬期の厳しさは消え去り春の日差しと暖かい風がやさしい春スキーの季節がやってきた。
 前日は寒気が入ってきて別当でも雪になったので1日停滞しての山スキーとなった。市ノ瀬で車中泊していると深夜からぞくぞくと車が上がってくる。この時期に別当まで開通するなんて恐らく今までで一番早いんじゃないだろうか。5時スタート予定で別当まで上がる。車は路肩の駐車スペースにぎっしりだ。まるでハイシーズンのよう。明るくなってからのスタートは気が楽だ。スタート前にお久しぶりのテレマーカーUCDさんとTAROさんにお会いする。鳥居で一礼してスタート。吊り橋も板が敷いてあってしばらくシートラ。石段もブーツで登って下山分岐過ぎぐらいでスキーを履いた。多くの登山者が登っているらしくトレースはたくさん。そして先行者も視界いっぱいだ。

 6時に中飯場を過ぎ、尾根に登って自由にコースをとる。甚之助手前でtaroさんと合流。少し風が強くなってきた。前日寒気の残骸だろうからすぐにおさまるだろう。途中帽子を飛ばされた方がいたが、うまい事僕の方に帽子が飛んできたのでナイスキャッチ。飛ばされた方は富山のけんちゃんのお友達でした。
 予想通りエコーライントラバースあたりで風はやんで暖かく汗が出る陽気だ。エコーライン直登ではみなヒーヒーになっていた。ここを登れば久しぶりの比咩様とご対面。少し雪は溶けたけどやっぱり美しい。弥陀ヶ原を過ぎて室堂到着は9時過ぎ頃だった。風の影響かまだ雪は緩んでいなかったので皆緩み待ちらしい。
 前日から撮影のために入っている乾さん達が戻ってきた。良い映像が撮れたらしい。O太さんともお会いしたがブーツ不調で山頂のみで下山とのこと。ブログを読んでくれているMさんありがとうございます。
 
 そうこうしているうちにボチボチ雪が緩んできた。UCDさんはちょっと遅れているとのことなので先に山頂へ。10時半ごろ無事山頂到着。高曇りだが北アルプスは白馬岳までばっちり見えた。奥社でいつもの感謝のお礼をしてお参り。写真を撮ったら山頂直下からいよいよお楽しみだ。雪は適度に緩んでいてとても気持ちいい滑り!taroさんもテレマークターンで滑っていく。春スキーはこうでなくちゃ。室堂でUCDさんと合流して今日は万才谷へドロップする。出だしは少し急だが降りてみればメロウな大斜面が続く素晴らしい谷だ。南竜手前まで滑り甚之助方面へトラバースすればすぐに甚之助避難小屋。ここからどんどん滑ってあっという間に吊り橋到着だ。8時間ののんびり春スキーでした。
 市ノ瀬でRICOさんにご挨拶。皆で白峰総湯で汗を流したらお疲れ様でした!

 のんびり春スキーはやっぱり気持ちよく楽しい!山は楽しくなくちゃね。
 ※taroさん写真ありがとうございました。

 日々練成


2.jpg
 いつもの場所から

1.jpg
 吊り橋は板完備。前日に降雪があって雪化粧

3.jpg
 比咩様お久しぶりです

4.jpg
 定番アングル。山頂から見る別山もカッコいい

5.jpeg
 奥社でお参り。この日は各地で環水平アークが観測されていた。白山でもうっすらと

6.jpg
 北アオールスターズ揃い踏み

7.jpeg
 お待ちかねタイム。メロウな大斜面を滑降!

8.jpeg
 taroさんにカッコよく撮ってもらいました

9.jpeg
 万才谷でUCDさんもテレマークターン

10.jpeg
 バンザイアタック!
[ 2019/04/29 06:11 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

白山山スキー速報


 今日は晴れて白山の山スキーを楽しんだ。
 半年ぶりに山頂まで行ったけどやっぱり最高だ。今日は速報まで。

 日々練成

fhjcn.jpg
お久しぶりです。
[ 2019/04/28 19:34 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

乗鞍 猫岳 epic day (山スキー)


 雨宮さん、hiro君と共に乗鞍連峰の一峰である猫岳へ山スキーに。
 ルートはメジャーな久手牧場から登るルートだ。これまでの天候を見るともはや雪は絶望的でガリゴリ覚悟、雪切れで板担ぎ覚悟で突入した。

 朝7時に雨宮さん、hiro君と合流して道路脇スペースに邪魔にならないように車を停める。車は5台ほどか。既にスタートした人もいるようだ。雪はカチカチなうえに1mmほど粉砂糖が乗っている感じ。今日は修行かなと割り切る。hiro君とはTJARのスイーパーの時に聖平で有って以来、スキーは先シーズンの焼岳以来だ。

 久手牧場跡から林道をカットして尾根を登る。雪は当然少なく藪い尾根を登る。雪は固くトラバースが難しい。夫婦松まで2時間で登りあげた。先行者はワカンの三人パーティーかな?しかし天気が素晴らしく、気温も低いので汗もかかず快適な歩きだ。遠く白山も素晴らしい姿を見せてくれている。気温が低いので雪が腐らずシールダンゴも出来ない。今日はビショビショ春スキーを覚悟していたのに、思ったよりずっと快適だ。振り返れば北アルプスが抜群の展望。焼岳から穂高連峰、槍の穂先に笠ヶ岳、黒部五郎岳までばっちりだ。その景色に癒される。疲れもほとんど出ない。

 2300mまで尾根を登ったらスカイラインに合流して道路を歩く。目指す猫岳の姿も見えてきた。hiro君はスキーでアルプスの経験は少ないけど持前の頑張りでしっかりついてくる。それに雨宮さんが付いてくれているので安心だ。2000mを超えると徐々に固い根雪の上に新雪が出てきた。そのうちパウダーまで出てくる。これはもしかして…。期待が高まる。
 
 大崩山と猫岳のコルへの取り付きからラストアプローチ。
 固い根雪の上に新雪が30cmほどあってスラフか出て登りに苦労するがクトーをつけて突破。先行の3人パーティーに追いついてご挨拶。コルまでくると大展望が待っていた。しかも無風。こんな天気が冬のアルプスにあるのか。雨宮さんとhiro君3人でラストの登り。山頂ではとんでもない景色が迎えてくれた。先行の3人パーティーとも喜びをわかちあう。

 4年前に西田さんと行った四ッ岳が良く見える。西田さんに想いをはせてお別れだ。西田さん、僕たちはこれからも生きます。

 無風快晴。
 こんなコンディションは経験がない。山頂でお湯を沸かしてランチタイムとする。
 アルプス山頂で母ちゃんに作ってもらったサンドイッチに食らいつく。カップラーメンもうまい。最高の時間だ。1時間近く山頂でゆっくりしてしまった。
 ひとしきりお腹を満たしたらお楽しみの滑降。薄いけどパウダーの乗った斜面は難しさは無く快適に落とせた。スカイラインに合流してクルージングを楽しんだら尾根を落として行く。ラストの牧場跡は適度に雪が緩んで快適な滑降。車までクルージングしてお疲れ様でした。

 修行覚悟だったけど終わってみればシーズンオブベストな山行だった。山、天気、仲間、三拍子揃った山行はなかなかない。北海道から続くthe dayに感謝。雨宮さん、hiro君ありがとう!

 日々練成

1.jpg
 北アをバックに先頭を進む雨宮さん

2.jpg
 白山はやっぱり美神さん

2t1.jpg
 最高の景色にはしゃぐhiro君

3.jpg
 スカイラインを行く。目指す猫岳が見えた 

4.jpg
 まさかの面ツルパウダー斜面

5.jpg
 hiro君がんば!

6.jpg
 ラストアプローチを行く雨宮さん。ヤマケイの表紙かな?

dryjhd.jpg
 来季のディナフィットカタログの表紙(ウソです)

8.jpg
 雨宮さんの眼差しの先にはhiro君が

9.jpg
 四ッ岳 さよなら西田さん

10.jpg
 乗鞍連邦をバックに記念写真

12.jpg
 贅沢ランチタイム! 

13.jpg
 no border!!

14.jpg
 are you hungry???

15.jpg
 時折スプレーもあがる

16.jpg
 お疲れ様でした! 
[ 2019/03/03 19:15 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

the day 速報


ガリゴリ覚悟で入った山はまさかのパウダーであった。
シーズンオブベストクラスの山行をキメた。
我は満足。今日は温泉で打ち上げである。

日々練成

201903022044261a8.jpg
THANKS ALL!!
[ 2019/03/02 20:46 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

イワオヌプリ

記録的な雪不足の北海道だが、ツアー最終日はやはり期待に応えてくれた。イワオヌプリはパウダーが乗ってとても快適でメロウなドロップだった。ご一緒してくれた皆さんに感謝。これで北海道ツアーの山行程は全てコンプリート。コーディネーターに感謝しかない。(それはまた後日)

毎日が最高の日々で感謝。北海道は裏切らない。

日々練成


201902242156197d1.jpg
2019022421562292b.jpg

20190224215618746.jpg
20190224215616f8d.jpg

20190224215620267.jpg
[ 2019/02/24 21:59 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)