焼岳(山スキー)


 2年ぶりとなる焼岳へ山スキーへ行ってきた。
 前日は平湯で雨宮さんと恒例の宿で宴会。雨宮さんのお土産、富良野ヴィンテージをいただく。香りがすばらしくとてもおいしかった…。

 当日朝4時半に安房トンネルゲートでhiro君と合流し中の湯へ。ここでTKD君と合流。今日は4人のパーティだ。技量や経験の差もあるので無理せず安全第一の行動を基本とする。
 あらかじめ連絡しておいた中の湯駐車場に車を停めて6時前にスタート。林道をショートカットして夏道をたどる。初投入のヘッドライト「SILVA トレイルランナー3」は照射範囲も広く、とても見やすかった。色合いが目に優しいので反射しやすい雪の上でも見やすい。

 1時間ほどすると夜が明ける。天気は良い感じだ。しかし今日は昼前から崩れる予報なので早めの行動を心掛けたい。南尾根を登り切る手前で霞沢岳の展望が素晴らしい。2時間ほどで広場に到着して小休止。ここから左手の尾根を登る。尾根上に出る手前のところでトラバース気味に進むが、表層が崩れてスキーがかからないのでクトーをつけた。ここから上(2300m)はそこらじゅうがブルーアイスでクトーの歯もぎりぎりだ。南峰直下の平坦地で、メンバーの技量や経験を考えてこの先を協議。と、ガスにまかれたと思いきや一気に天候が崩れた。青空は見えず吹雪になる。即断で山頂はあきらめ、2350mで滑降モードに切り替えた。南峰北峰直下のボウル途中までトラバースして滑降開始。

 雪は重いパックでコントロールが難しかったが標高を200mほど落とすと風も収まってきた。上を見ると厚いガスに覆われている。ピークに向かわず良かった。ここから広場まで4人で順番にかっ飛ばして快適なスキーを楽しむ。

 広場に到着したら大休止。持参した鬼の面と豆で節分を楽しんだ。(まいた豆は回収しました。)
 その後樹林帯に残っていたパウダーでツリーランを楽しんで一気に駐車場まで。12時半に駐車場に無事到着。ピークは立てなかったけど楽しい山スキーだった。

 久しぶりのパーティだったが全員が統一した意識を持っていてとてもスムーズに行動することが出来た。やはり山は安全第一。みなさんお疲れさまでした!また行きましょう!

 日々練成

P1040828.jpg
 トレイルランナー3は雪道でも、とても見やすく調子よい

P1040831.jpg
 夜明け前でも気温は高め

P1040833.jpg
 TKD君とHiro君

P1040834.jpg
  霞沢岳の迫力が素晴らしい

P1040837.jpg
 広場で目指す焼岳が見えた

P1040838.jpg
 乗鞍岳をバックに進むhiro君

P1040839.jpg
 近くて遠い山頂

P1040840.jpg
 少しずつ近づいてきた

P1040841.jpg
 少し風が出てきたと思ったら

P1040842.jpg
 一気に天候が崩れた。無理せず降りることに

P1040845.jpg
 hiro君

P1040846.jpg
 TKD君

P1040847.jpg
 雨宮さんは新型ビンディング(NTNテレマーク)を試行錯誤中

1517662639670 (1)
 節分なので広場で豆まき(豆は回収しました)

1517740813086.jpg
 全員無事ゴール

1517638685515.jpg
 雨宮さんにかっこよく撮ってもらいました

[ 2018/02/04 19:57 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

焼岳 速報(山スキー)


 今日は4人のメンバーで焼岳へ山スキーへ。天候悪化でピークは立てなかったけど楽しい山行となった。
 まずは速報まで。

 日々練成

P1040840.jpg
 行きの天気は良かった…
[ 2018/02/03 21:03 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

ハイグレード山スキー 最新ルート集


 Sudaさんから絶版の名書「ハイグレード山スキー 最新ルート集」を譲っていただいた。Sudaさん自身の記事も記録されていてとても楽しくかつ実用性抜群の一冊だ。過去の岳人の記事をまとめたものだが、絶版でマニアックなジャンルでもありなかなか手に入れることは難しくなっている。

 今回Sudaさんがコレクションの整理ということでたくさんの山関係の本を譲っていただいている。実用性あるものから貴重な資料まで素晴らしい書籍を譲ってもらい感謝です。Sudaさんありがとうございます。大切に読ませていただきます。

 日々練成

IMAG4147.jpg
 絶版の名書 10年前の本だが記載されているルートは現在も一流

IMAG4148.jpg
 Sudaさんの記事。ロングルートです
[ 2018/02/01 06:32 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

護摩堂山(山スキーリハビリ)


 今日は乾さんととある川の源頭を詰める予定だったが、想定外の大量降雪に雪崩を警戒して谷はやめ。乾さんの提案で護摩堂を目指すことにした。お互いリハビリ中なので今日はラッセルトレーニングだ。
 大量降雪中につき除雪作業が終わるのを待って国道脇のスペースに駐車してスタート。

 林道取つきの一歩目から膝ラッセル。しかし雪質はまるで北海道のようにさらっさらのパウダー。それほど苦ではない。途中から尾根に取り付き尾根を登る。林道に交差する部分は膝上、大腿部のラッセルでスキーのトップが出ずに苦労する。最後の台地への乗り上げは腰上ラッセルで斜度もあるのできつかったがどうにか突破。最後は水平に移動して反射板のある山頂到着。なんと4時間半もかかってしまった。加越国境は今日だけで80cmは積もったようだった。

 いよいよ滑降だが帰りのトレースはすでに埋まっているし、雪が多すぎて(軽くて)まったく滑らなずに埋もれてしまう。結局帰りもほぼラッセルで(乾さんが先頭をいってくれた)完全トレーニングの山になったようだ。でも身体もぼちぼち動いたし復帰リハビリは順調なようだ。次も安全第一でがんばろう。

 乾さん先週に引き続きありがとうございました。

 日々練成

P1040827.jpg
駐車スペースからスタート

P1040814.jpg
 スキートップを出すのがやっとのラッセル

1516958531513.jpg
 斜度が増す核心部のラッセル

P1040819.jpg
 山頂電波板にて乾さんと

P1040822.jpg
 帰りもラッセル

P1040824.jpg
 一瞬だけの滑降
[ 2018/01/26 23:44 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

銀杏峰 2018シーズン始め


 BOSSの乾さんと今シーズン初めの山スキー、銀杏峰へ行ってきた。
 僕も乾さんもリハビリ登山ということでゆるゆると登る。昨日の大雨で雪質はグズグズ。生コン最上級の重雪だ。おまけに沈む沈む。リハビリにはもってこいだ(涙)

 いつもの名松コースではなく、林道を進んで小葉谷コースを目指す。長い林道は脚にくる。初投入のスカルパマエストラーレは思ったより馴染んで助かった。約2時間で林道を終えたら尾根に取り付く。距離600m標高差500mの登りがなまったからだには堪える。グズグズの雪に苦労しながらどうにか尾根まで登りあげる。途中一瞬日が差して青空も見えたが今日はそんな甘くない。すぐに太陽は隠れて強風。銀杏峰の稜線はいつもこんな感じ。ホワイトアウトの中GPS頼りに山頂に到着。写真だけ撮ってすぐに戻る。

 小葉谷は相変わらず雪質は生コン。滑りは全くダメダメ。それでもどうにか高度を下げて林道に到達するも脚はすでにパンパンだ。休憩を挟みながら林道を滑って駐車場所まで到着。

 久しぶりでリハビリ兼の山スキーはなかなか手ごたえのある山だった。だけど思ったより登れたので良かったかな。少しずつ戻していきたい。

 乾さんありがとうございました。

 日々練成

P1040791.jpg
 下の駐車スペースからスタート

P1040793.jpg
 林道をいく

P1040794.jpg
 眼下には霧に覆われた大野平野

P1040795.jpg
 林道をいく(その2)

P1040796.jpg
 尾根に乗り上げる(角度変)

P1040799.jpg
 一瞬青空

P1040801.jpg
 山頂はやっぱりガス&強風

P1040804.jpg
 小葉谷を滑ります

P1040807.jpg
 超絶生コン雪でもBOSSの滑りは健在
[ 2018/01/18 20:29 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)