取立山(山スキー)


 前回越前甲でBCデビューした後輩君と取立山へ。もう賞味期限ぎりぎりなので雪は繋がっているかな?
 
 仕事明けの後輩とコンビニで合流。勝山市から県境付近の東山いこいの森へ向かう。林道は登山BOX直下まで除雪されていた。車数台がすでに停まっていたので僕達も早速準備して10:30出発。
 出だしから雪は繋がっていて積雪十分かと思いきや、藪がなかなかうるさくて難儀する。急登部分はあえて直登したが素直に登山道を歩けばよかった。後輩君はスノーシューでの登りがなかなかうまくなっていてセンスが光る。山向きな歩きが出来るようだ。急斜面ではぎりぎりに繋がっている雪を何とか繋げて稜線まえの広場へ。ここまでくれば積雪も多くどこでも歩ける。展望もまずまずでテンションも上がる。ひと登りすれば稜線だ。

 稜線では白山も見えて良い雰囲気。1時間半ほどで山頂到着。丁度お昼なのでお湯を沸かしてカップ麺タイム。白山の大展望を見ながらの食事は流石美味い。こういうのが贅沢な時間ですね。
 ひとしきり休憩したら滑降タイム。本来なら北東斜面を何本か滑ろうと思ったがすでに賞味期限切れでAUTO。仕方ないのでピストンする。細い稜線を滑りおりて一瞬だが良い斜度の斜面を楽しむ。お楽しみは一瞬だった・。あとは消化試合と思いきや、登山道脇に良い斜面があり思わず飛び込んでしまった。ここから斜面を楽しみどんどん高度を落としてしまい大滝付近で行き詰ってしまった。仕方ないので少しだけ上り返し、滝横から登山道へ復帰。だが駐車場はすでに上。こんなこともあるさと林道を歩いて駐車場まで戻った。

 賞味期限切れ寸前だったがまずまず楽しめた。後輩君は道具を揃えて来シーズンは是非本格的にデビューして欲しい。その前に夏山で体力練成も忘れずに!

 日々練成

IMAG3252.jpg
 出だしはどうにか雪は繋がっていた

IMAG3253.jpg
 賞味期限切れで崩れやすい斜面をうまく登っていく

IMAG3257.jpg
 徐々に開けてくる。高度が上がれば雪は多い

IMAG3259.jpg
 取立山山頂。白山の展望が素晴らしい

IMAG3258.jpg
 今日はチリトマト

IMAG3261.jpg
 滑降はこの瞬間だけ楽しかった

 
[ 2017/04/14 19:34 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

荒島岳 BCスキー(ピークハント)


 昨日の予報で好転した天気を見て急遽、僕の山スキー始まりの地である荒島岳へ行ってきた。
 4年前はコテンパンにヤラレてぼろぼろになって下山した苦い記憶があるが、4年ぶりの荒島岳は果たして?!

 荒島岳は急峻な斜面が多くあるので、早朝の雪が硬いときはスキーでは避けたい。雪が緩むのを期待して8時に家を出発。予想以上に気温はどんどん上がり登山口につく頃には16度ぐらいになっていた。これは逆にズルズルで厳しいかも?

 10時に勝原駐車場を出発。さあ4年ぶりの荒島岳山スキーはっ

 雪がない

 1_201704052055117ee.jpg


 マジかよと思いながらコンクリートの急登をスキーブーツで登り、旧ゲレンデ途中からようやく雪が出てきた。ゲレンデトップまで30分かかった。ここからシール歩行。雪は思ったより締まっていて歩きやすい。やはり早朝はかなり硬かったようで、先行者はアイゼンをつけているようだった。

2_20170405205513e2c.jpg
 ゲレンデトップからシール歩行

3_201704052055148e8.jpg
 ブナが素敵

 高度を上げていけばなかなかいい雰囲気。荒島岳といえばブナの森。ここは是非新緑と紅葉の時期に訪れたい。シャクナゲ平はトラバースして1170のコルへ。ここからもちが壁の急登。途中までスキーで登ったがラスト10mでスキーを脱いでシートラ。稜線に出れば大野平野が一望できる素晴らしい景色だ。白山も少しかすんでいるが全容が見渡せて綺麗だ。稜線を600m歩けば山頂。2時間50分ほどで到着。山頂で写真を撮ったらすぐに滑降準備。

5_20170405205515107.jpg
 稜線にあがれば白山の展望が

6_201704052055162cc.jpg
 もちが壁上部からシャクナゲ平を見下ろす。出会った登山者は1人だった。

7_201704052055262c4.jpg
 山頂へ続く稜線。滑りを楽しめたのはここだけ

8_20170405205528244.jpg
 ピークにて

 稜線の一部分だけがオープンバーンで滑りを楽しめたのは一瞬だった。今日はピークハントと割り切って楽しみましょう。もちが壁を滑りおりればトラバースを通ってあとはブナのツリーラン。雪は結構締まっていてそこそこ滑りやすかった。あっというまにゲレンデ跡へ。ここから駐車場まで辛抱の歩き。ブーツでコンクリートの急坂を下りるのは辛い。無事駐車場に到着。

 9_201704052055295da.jpg
 スキーブーツには辛い歩き

 4年前の悪夢は振り払えたかな?今年は雪が多いと聞くがやはり下は溶けるのが早い。賞味期限のあるうちに楽しみたい。

 日々練成


 

 
[ 2017/04/05 21:00 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

越前甲 (BCスキー、ボード)with後輩君


 以前からBCに興味をもっている後輩君とタイミングが合ったので近場で手頃なBCエリアである越前甲へ行くことに。前日後輩君は仕事明けだったので9時過ぎくらいに待ち合わせ予定。しかし仕事終業直前に仕事が入り1時間半遅れで10時半に合流。11時半にスタート地点に到着した。

 通常なら林道途中で除雪も終了しておりシール歩行を開始するのだが、県境を貫く道路の延長工事をしているようで工事車両用に除雪がされていた。少し先まで車が入れるのはありがたいが、その先は除雪された道を歩かなくてはならない。ということは帰りもスキーは使えず歩きだ。良いのか悪いのか…。

 気温は10度と暑い。後輩君は僕のスノーシュー。ゲレンデ用のボードを背負うと重いだろう。頑張って標高差700mを登るのだ。
 スタートは12時。出だしから少し林道を歩き、工事終点から取り付く。雪は緩んでトラバースは崩れてあるきづらい。初めての雪山ハイクとなる後輩君は足元も定まらず大苦戦。だが流石の体力で急登も頑張って登っていた。
 12時半に750の台地に到着。先行していたTaroさんが滑ってきた。融雪による雪崩が頻発しているとのこと。コースの状況を丁寧に教えてくれた。ありがとうございます。写真を撮っていただいた。
 小休止して尾根を乗り上げ大日峠までのトラバース。思ったよりいやな感じでなくてクリア。時間がなければ峠までと思っていたが、リミットの14時まではまだ30分以上あるので予定通り北斜面を登って稜線からドロップする事にする。
 斜度が増すが、斜面は締まっていて歩きやすい。後輩君脚が攣りそうだがラスト250mを頑張って登る。

 14時リミット丁度に1150mの稜線到着。天気は上々。風もなくナイスコンディションだ。小休止したら早速滑降準備。特に危険箇所はないが、一通りの説明をして先ずは僕がドロップ。ナイスザラメでしっかり板が走る。50m程落として後輩君に合図を送る。初BC滑降の後輩君。歓声を上げながらナイスターン。流石普段はゲレンデシーズン券でガンガン滑っているだけあって不安はない。何度か交代で滑ってあっという間に峠まで。後輩君脳みそ痺れる快感だったようです。

 峠からは消化試合。トラバースを過ぎて750台地まで。ここで大休止。超久しぶりのガスバーナーを出してお湯を沸かしてラーメンタイム。冬山でラーメンなんて何年ぶりだろうか。最初は楽しくないと後が続かないのでゆるふわBCくらいが丁度よいと思う。
 ひとしきり堪能したらさあラストの滑り。トラバースから尾根下までを滑る。さすがに雪が緩みすぎてイマイチだったが無事取り付きまで到着した。ここから500mほど林道を歩いてフィニッシュ。予定通りの行程をばっちり時間通りにクリア!お疲れ様でした。後輩君はとても楽しんでくれたようでよかった。今シーズンもう一度はいきたいね!

 日々練成

1_201703291909511e2.jpg
 初のBCスタート!

2_201703291909535c8.jpg
 雪はたっぷり

3_20170329190953f3c.jpg
 初スノーシュー。家で練習してきたらしい

4_201703291909556b5.jpg
 先行していたTaroさんに撮っていただきました。ありがとうございます!

5_20170329190956db3.jpg
 大迫力の鎧壁。右端のコルから裏の斜面へ登ります。

6_20170329191005e98.jpg
 核心部と思っていたトラバースはそれほど嫌な感じではなかった(デブリは多数)

7_20170329191006825.jpg
 ヘロヘロだが気合いれていくぜ!

8_201703291910086b7.jpg
 あの稜線へ

9_201703291910098b6.jpg
 ラストの急登ガンバ(奥は加賀大日)

10_20170329191011030.jpg
 ついたぜYeah!! 白山は少しかすんでいた。

11_20170329191019da4.jpg
12_20170329191021abb.jpg
13_20170329191022783.jpg
 初BCボード ナイスザラメでナイスターン!

14_2017032919102449a.jpg
 ハッピーなツアーは山ラーメンで〆


 

 
[ 2017/03/29 19:18 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

乗鞍山系十石山 BCスキー 詳細


 20日 金沢市内でTさん、Nさん、Uさん、Yさんと合流し、UさんのD-BOYで一路乗鞍方面へ。平湯から白骨温泉へ向かう。温泉ではKさんと合流し計6名で白骨温泉除雪終了地点からスタート。
 
 僕以外皆さんテレマーカーだ。テレマーカー独特(?)の楽しげな雰囲気に初めましての緊張が緩む。早朝の冷え込みでいきなりのカリカリ斜面が核心部だったがどうにか突破。1450付近のコルにでたらあとはひたすら尾根を1000mのハイクアップだ。日差しは強いがカラマツの樹林帯でそれほど暑くはない。雪も激モナカにはならずにいてくれそう?ボチボチ高度を上げ、1800辺りで先行者の2人に追いついてトレースのお礼。急な尾根を登り、適当に休憩を挟みながら進む。

 2200ぐらいから徐々に疎林になってきていい雰囲気。足元はシールに団子がはりつき苦労する。それでも右手に笠と穂高、左手に乗鞍の展望が見え始めるとテンションも上がる。ラスト150mを頑張って十石山山頂に到着。約4時間弱のハイクアップだった。

 山頂は快晴無風。穂高連峰と乗鞍の大展望、そして遠く白山も見える。絶景を見ながら昼食タイム。僕は犯罪的カロリーのドーナツを楽しんだ。
 山頂をひとしきり堪能したらいよいよ滑走タイム。山頂直下の十石峠小屋からドロップイン。雪は適度に締まっていてテンポの良いターンで耳からカツゲンが漏れる至福の時間(1分)。標高差150mの滑降を楽しんだらあとは疎林の斜面と樹林帯尾根を修行滑降。重く、モナカチックな雪質にテレマーカーの皆さんは苦労するようだ。それでもツリーランを楽しみ、最後は急斜面を転げるように降りてどうにか1450のコルまで到達。後は林道を滑って無事車まで。合計6時間の楽しい時間でした。

 みなさん初めての顔合わせだったがとても明るい方ばかりで楽しかった。テレマークやスキー、色々な山の話が聞けて山スキーの世界がとても広がったと感じることが出来た。色々な方と交流してこそ世界が広がる。この出会いを大切にしていきたい。

 みなさんありがとうございました。またよろしくお願いします!

 日々練成


1_20170321200702a62.jpg
 平湯料金所では笠ヶ岳がドーン

2_2017032120070368b.jpg
 林道除雪終了点からスタート

3_20170321200705fe4.jpg
 カラマツとシラビソの樹林帯を登る

4_20170321200706a05.jpg
 JOJOに疎林に

5_2017032120070825a.jpg
 標高が上がると穂高連峰が右手に見えてくる

6_20170321200720e89.jpg
 山頂では乗鞍岳の大展望

7_20170321200721f2f.jpg
 笠と穂高も素晴らしい

IMAG3162.jpg
 恒例 乗鞍に祈る

9_20170321200723cbd.jpg
 山頂直下の十石峠小屋 是非泊まってみたい

10_201703212007248a0.jpg
 大斜面に刻まれる美しいシュプール
 
11_20170321200726b63.jpg
 華麗なテレマークターン

12_20170321200732ed7.jpg
 下山。お疲れ様でした!
[ 2017/03/21 20:15 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

乗鞍山系 十石山BCスキー 速報


 今日は初めましてのKDMさん、NBKWさん、YASさん、UTDさん、KNZWさんと乗鞍山系の十石山へBCスキー。
 僕以外は全員テレマーカーだったがとても楽しく、BCスキーの世界が広がった一日だった。

 みなさんありがとうございました!詳細は明日!

 日々練成

 IMAG3162.jpg
  乗鞍に祈る
[ 2017/03/20 22:00 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)