銀杏峯 (BCスキー ソロ)


 晴天の予報に休日出勤なんかしていられない。
 一度晴天の銀杏峯へ登ってみたかったので朝6時に家を出て大野市へ向かう。7時過ぎに駐車場着。いつもならしたの道路脇に停めるのだが、夏の駐車場まで除雪がされていて入る事が出来た。ありがたい。すでに数台の車が停まっている。何人かのグループも出発準備中。僕も準備して出発。

 尾根末端からダイレクトに取り付きスキーを履く。今日は気温上昇で生コン雪は覚悟だ。程よく冷えた雪面はクラスト気味だがおもったより固くなく歩きやすい。昨日のものだろうか、無数のトレースがある。30分ほどで夏道の登山道へ合流し尾根伝いに登る。先行した2人組みに追いつくと僕の事をご存知でした。少しお話して先行させてもらう。

 前山はトラバースして登り返しなしで。谷は日陰で雪は軽く生きていた。思わず飛び込みたくなる。1200ぐらいからは雪も締まってきてうっすらと新雪が出てきた。2時間ほどで極楽坂まで。山頂は平らでガスのときは危険だが晴天だと見晴らしもいい。2時間半で山頂到着。白山や大野市街も見渡せる。部子山方面から一人登山者がやってきた。縦走するつもりだったがやめてひきかえしたとのこと。少し話しをする。

 少しくだって滑降準備。志目木谷はよだれが出そうなバーンになっているが、今日はソロなので谷は避ける。我慢して尾根ピストンだ。それでも登山道を外れれば重パウダーながら楽しめる。途中登山者グループとすれ違い挨拶を。前山トラバース下まではスキーを楽しめた。800を過ぎると流石に重くなってくる。我慢の滑りで下って駐車場まで。3時間半でミッションコンプリート。
 
 ようやく晴れた銀杏峯に登る事が出来て満足。次は是非谷を滑ってみたい。

 日々練成

P1040666.jpg
 取り付いた尾根末端。無数のトレースが。

P1040668.jpg
 雪の脱皮?

P1040670.jpg
 仁王の松

P1040676.jpg
 標高が上がってくると良い雰囲気

P1040677.jpg
 差し込む太陽が綺麗だ

P1040679.jpg
 滑りたーい…

P1040681.jpg
 山頂へ続く稜線。こちらも冬季コース

P1040683.jpg
 山頂到着

P1040684.jpg
 左奥に白山。右奥は荒島岳

P1040685.jpg
 中央は部子山

P1040689.jpg
 鳥の羽のようになったお社。お参りしました。

P1040690.jpg
 飛行機雲が消えていく。晴天は続く?(観望天気)

P1040693.jpg
 30分程で下山。お疲れ様でした。
[ 2017/02/16 15:41 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

野谷荘司山 スキー with amatch


 今日はamatchと白山山系の野谷荘司山へBCスキー。予報では天気は悪くないはず。朝5時に待ち合わせて白山ホワイトロードの馬狩料金所付近へ。登山届けを提出し早速準備して出発。天気は曇りだが雲は薄く気温もマイナス1~2度と暖かい。歩き出しから脛ラッセルで先が思いやられるが昨日、一昨日のトレースが残っておりありがたく使わせてもらった。ラッセルドロボーなんて言う極一部の変な人間はここにはいないのだから。

 ロードを少し行って途中の尾根末端から取り付き。新雪は40cmほどだろうか。急登のラッセルはひと頑張り。ここでも途中からトレース跡を利用させていただいた。天気は雪がちらついたり時折風が強かったりするが視界良好で時々太陽も見える。徐々に好転していきそうだ。amatchさんととりとめもない話をしながらの行程はとても楽しい。

 1300mあたりでいやらしい斜面を突破。このあたりから青空が見え出し遠望もきくようになる。テンションもあがりズンズン進む。1500m付近で雪面の凍結箇所も多くなってきたのでスキーアイゼンを装着。1600mのトラバースは気を使った。しかしここから先のピーク達は厚い雲に覆われている。予定していたドロップポイント直下には雪庇の破断面と、点発生の雪崩も見える。視界不良の稜線歩きは危険と判断して1600西側コルの第2ドロップポイントを選択した。

 エントリーする白谷は状況によって雪崩の巣になるので、ピットチェックを2箇所で実施。新雪は40cm程で、表面から60cm程の深さに固いザラメ層。2箇所ともハンドテストでは結合問題なし。抱きかかえで全体重をかけて切断。結合部は強固で滑走に問題はなしと判断。
 早速滑降準備。ところが直前になって急にガスが濃くなり視界が殆どなくなってしまった。足元さえ危ういくらいの濃いガス。ガスが晴れるまでしばらく待機したが、1時間近くまっても状況は好転しない。一瞬ガスの切れ目があったので意を決してエントリー。標高差150mほどは下れたが、そこからまたガスが濃くなり雪面の状態はおろか、上下の感覚やどれくらいスピードが出ているかすらわからない。平衡感覚がおかしくなり眩暈と吐き気まで出てきた。

 雪質はまあまあだが意外と重く板も浮かない。視界がないので先が見えずamatchと二人で交互に少しずつ降りる。左股の両脇は切り立っており、いつ雪崩が落ちるかもわからない。長居は無用だが雪面が見えないので慎重に下るしかない。

 核心部の喉を無事通過。滝は僅かに出ていた。1300m付近からはようやく視界が開けてきたが、ここからはデブリランドで苦労して川沿いまで降下。砂防堤をクリアすればトレースに合流。ようやく安堵した。

 駐車スペースの車まで滑り込んでミッションコンプリート。後続の女性1名が途中まで登り滑り終えていた。少しお話する。
 滑走直前までウキウキだったが、一瞬のエントリー遅れで少々危険な滑走となってしまった。とはいえ無事に帰ってこれたので良かった。終わってみれば楽しくも良い経験。これからも安全に山を楽しみたいと強く思った。


 日々練成

111_201702082144412fc.jpg
 トヨタ白川郷自然学校の近くからスタート

222_20170208214442011.jpg
 しばらくロードを進み、尾根取り付きへ。

333_201702082144435fe.jpg
 樹林帯を進む。木に積もった新雪が美しい。
 
444_201702082144458ee.jpg
 新雪膝下ラッセルで進むamatch。

555_201702082144461d6.jpg
 稜線に出る頃から青空と太陽が。 

666_20170208214741fea.jpg
 僕も先頭を行く
 
777_20170208214742427.jpg
 jojoにナイスコンディションにテンションアップ

881.jpg
 エントリー予定の斜面。中央に雪庇崩壊発生の雪崩跡が見える 

882.jpg
 素晴らしいロケーション

888.jpg
 feel so good!(ここまでは)

999.jpg
 ピットチェック(雪崩弱層試験)実施中

1000.jpg
 エントリー予定の斜面。よだれでそう。

1010.jpg
 ガスが出てホワイトアウトなのでしばし雪洞掘って待機
 
1012.jpg
 意を決してエントリー。さすが華麗な滑りのamatch
 
1013.jpg
 まあまあの雪質

1014.jpg
 谷へ向かってダイブ

1015.jpg
 喉付近から見下ろす景色

1016.jpg
 砂防堤をクリアすれば

1017.jpg
 フィニッシュ。お疲れ様でした。



 

 

 
[ 2017/02/08 21:32 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

乗鞍岳BCスキー


 斉藤君の家を出て乗鞍方面へ。朝からずっと雪は降り続き、のろのろ運転が続く。スキー場に着いて準備した頃には昼前ぐらになっていた。
 リフトを使ってスキー場トップからスタート。使えるものは使う。別に修行しているわけじゃあないのだ。先行者のトレースがあったのでありがたく使わせてもらう。1時間ほどいったところで先行2人組に追いついた。お礼を言って先頭交代。とはいえ思ったより重い締まった雪だったのでラッセルといえるほどラッセルもせず。風もそこそこでゴーグルなしでも問題ない程度。さらに1時間ほど登り、2500m過ぎあたりで緩斜面に出た。緩斜面は風紋が深く、帰りは滑りを楽しむ事は出来ないだろうという事でここから滑ることに。後続の2人もここまでにするようだ。

 滑りはそこそこ。水分大目の重い雪でパウダーとはいかなかったが、柔らかい雪を楽しんだ。あっという間にゲレンデトップへ。更にあっという間に駐車場まで滑り込んで終了。短い時間だったが楽しいスキーとなった。

 帰り道はそこかしこで大雪に突っ込んでいる車が多数。気をつけないと~といった矢先に僕達も吹き溜まりに突っ込んだ。しかしスバルアウトバックの能力と、amatchさんのシリを犠牲にすれば何ともなく脱出できた。気をつけましょう。

 帰り道も大雪でのろのろ運転だったが無事帰宅。2週連続のBCスキーだった。amatchさんお疲れ様でした。また行きましょう!

 日々練成

 1484562687884.jpg
  楽に行けるならリフトしかないでしょう!

1484562656473.jpg
 天候はまあまあ マイナス12,3度?冬なら普通

1484562652196.jpg
 根雪がないので腰までズボ 生えているわけではない

1484562648435.jpg
 重雪。板の滑りもイマイチ。

1484562666726.jpg
 そして油断して突っ込む

1484562659064.jpg
 1日でこれだけ積もりました

 
[ 2017/01/16 19:43 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

乗鞍岳BCスキー


 今日はamatchさんと乗鞍岳へBCスキー。天気がイマイチで視界が悪い。風は強いがゴーグルなしでも大丈夫レベルで大したことはなかった。先行者はお二人で途中までトレースを使わせていただいた。ありがとうございます。追いついてからはamatchさんと二人で適当に先頭を回す。ラッセルといえるほど板は潜りもしなかった。標高2500m途中で緩斜面に出て、滑りが面倒なのでここまでとなった。パウダーからは程遠い重雪だったが、そこそこいい雪で楽しめた。
 色々とトラブルもあったが終わってみれば楽しい思い出。amatchさんお疲れ様でした!詳細は明日。

 日々練成

 1484486336984.jpg
   ようやくまとまった雪が降ってシーズンイン
[ 2017/01/15 22:27 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

鍋倉山 BCスキー


 上越から車を走らせ鍋倉山BCの起点となる除雪終了地点へ。10時前で車は10台近く停まっていた。そして10名ほどのパーティーが出発するところだ。僕達も準備して出発。前日はさぞかし良い雪だったろう。大勢のトレースを辿る。林道から平坦地を少し歩き尾根に取り付く。なかなかの急登だがamatchさんがルートを切り開き無事尾根上へ。雪は少なめだが、見事なブナ林に癒される。ところどころにパウダーも生きているようだ。2時間ほどで山頂に到着。山頂では数名が滑降準備中だった。僕達も準備してスタート。当初は登ってきた北東尾根のカールを滑ろうと思っていたが、雪が良さそうな南東尾根を滑ってから北東尾根に合流しようと計画変更。南東尾根はそこそこ良い雪で楽しめた。しかしいざ北東尾根に合流しようとしたら沢が生きていて渡れない。しかも調子にのって滑りすぎてかなり下のほうまで来てしまった。仕方なくシールで上り返して渡れそうな沢をジャンプ一発クリア。どうにか北東尾根に合流できそうだ。同じルートで滑ってきたテレマーカーの二人組はTJARをご存知だったようで少しお話した。

 尾根に合流したらあとは藪スキー。その後は林道を滑って車までダイレクト。これぐらいのスキーが楽しいね。amatchさんお疲れ様でした。

 日々練成

 2 (1)
 平坦地を行く 雪は少ない

2 (2)
 正面の尾根が取り付き地点 雪少ない

4 (2)
 急登をスキーを脱いで登るamatch

4 (1)
 美しいブナ林を快適なツリーラン
[ 2017/01/10 18:57 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)