TJAR2014 横窪沢小屋での写真


 仕事から帰ると封筒が届いていた。差出人は望月さん。一瞬「何かしたっけ?!」とドキッとしたがそうではなかった。
 中を開けると一枚の写真が。TJAR2014で最後の山小屋である横窪沢小屋を通った時に小屋の御主人が撮影してくれた写真だった。茶臼小屋からの下りで地獄を見ていた中、柏木さんのヘッドライトを見つけ、小屋のシルエットを見た時は本当にほっとした。深夜にもかかわらずご主人が起きて来てくださり、「安全第一だよ。絶対無事に帰るんだよ」としっかり握手をしてくれたのを昨日の事の様に思いだした。貴重な貴重な大会中の写真だ。
 
 普段山小屋を利用する事は殆どないが、大会中は本当にお世話になった。小屋での温かい食事が進むエネルギーだったし、小屋の方の温かい対応には何度も救われた。
 太郎平小屋、黒部五郎小屋、槍ヶ岳山荘、宝剣山荘、木曽殿山荘、千丈小屋、熊ノ平小屋、三伏峠小屋、荒川小屋、赤石岳避難小屋、百間洞山の家、茶臼小屋、横窪沢小屋・・・。来年は御礼もかねて小屋を訪れてみようと思う。

 日々練成

 rgar.jpg
TJAR2014、深夜の横窪沢小屋にて、ご主人の木村さん撮影。木村さん、望月さん、ありがとうございます。
それにしても二人とも寝むそうだ……。
[ 2014/11/27 19:52 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(2)

TJAR2014報告会 19日報告会&パーティ



 19日報告会&パーティ

 奥様の実家で起床。米田さんと朝食をいただいて出発準備。12時に代々木に到着するため少々時間調整。米田さんはご両親を迎えに行くため先に出発。僕も11時頃出発。お義母さんお世話になりました。また二人で来ます。

 12時過ぎに代々木オリンピックセンターに着くと阿部さんがすでに待機中。昨日は3時まで飲んでいたそうだ。タフだ・・・。時間も近くなるとボチボチ選手も集まり始める。報告書搬入のお手伝いをして会場へ移動。会場設営を開始。久しぶりに会う選手、スタート以来の選手もいて再会が嬉しい。しかし望月さんには毎度いじられる・・・。
 少し時間があるので食堂で食事をする。米田選手と注文したメニューは勿論、カレー。オリンピックセンターの食事は素晴らしくバランスが考えられていて、おかわり自由で最高のシステムだった。やっぱり先端を行くスポーツ施設は違う。皆で仲良く食事を終えて会場に戻るとすでに長蛇の列。あまりの人に少々ビビる。別に僕が何をする訳でもないんですが・・・。
 いよいよ開場。あっという間に席が埋まっていく。途中報告書にサインを求められてビックリ。サインなんて書けませんよ、名前で勘弁してください。
 湯川さんの進行で報告会がスタート。望月さんの挨拶に続いて参加選手がレースに向けてのトレーニング、装備の紹介、体のケア等を順に説明。皆それぞれ工夫と努力をしている。選手全員が説明したわけではないので僕は出番がなかった。そして最後は飯島代表の挨拶。2年間の苦労があったのだろう。途中声を詰まらせる場面では僕もこらえた。あっという間の2時間半だったが、参加された方は皆真剣に、そして熱意を持って聞いていた。次回目指して頑張ってください。
 報告会後、米田さんのご両親とも再会。大会中の応援、本当にありがとうございました。勿論米田さんと4人で記念撮影。大原さんのお母さんともお会いする。ブログを読んでいただいているようでありがとうございます。優しそうなお母さんで大原さん照れてます。帰り際にスーパーウーマンの青谷さんとお会いする事が出来た。一人TJARを完走された尊敬する方。一緒に写真を撮ってもらう。江口さんから後輩さんを紹介される。TJARを目指しているという。頑張ってください。沢山の人と出会いえた報告会だった。

 代々木から新宿に場所を移動してパーティ。移動も走って移動とかどこまでもタフな皆さん。18時に会場到着。静岡市長の挨拶から始まり、ロケーションinc社長さんの乾杯でスタート。凄い盛り上がりで食事もアルコールも進み、話が尽きない。望月さんから次回の出場を強く念押されてしまった。あ、スタッフで出ますっていったら怒られた。えぇ~っ。
 阿部さんから江口さんとやまちゃんの取材を受けたり、選考会以来の吉田さんとも再会。楽しく懐かしい時間。
 会の中盤で選手関係者が選ぶTJAR2014非公式アワードが発表された。イケメン部門では大原さんが貫禄の1位。何と僕と米田さんが面白い選手1位2位を独占してしまった。ていうか昨日の飲み会のイメージでしょこれ(笑)商品はカレーで笑ってしまった。そしてMVPは文句なしに紺野さん。あの満身創痍でゴールへ向かう姿はTJARの伝説として語り継がれるでしょう。
 家族からのメッセージでは鬼嫁として有名な江口選手の奥さんから温かいメッセージがあった。やはり家族は大切だ。中村選手から名言「酒は血の一滴」が飛び出して大いに盛り上がった。
 最後は飯島委員長の挨拶があり、パーティ最後に全員で記念撮影。熱い熱い2年間が終わった。

 2次会に移動して話は尽きない。これからの事も色々話があったが、現状では僕のTJAR挑戦は終わり。スタッフとして大会を支えて行きたいと思っている。
 3次会は数名だけで。路地裏の怪しすぎる中国料理店で裏の裏話が展開された。日付も変わってほどなく解散。ホテルまでが長かった・・・。

 本当に本当にTJAR2014が終わった。挑戦から2年以上。長く、短い月日だった。今この瞬間も大会を目指している人達がいる。2年前はランニングすらしていなかった僕がここまでこれたのは多くの人に支えられてきたから。その感謝を忘れないようにしたい。

 日々練成

 001_201410212020585c6.jpg
話題の代々木公園オリンピックセンター

001 (2)
分厚い報告書がスタンバイ

P1030439.jpg
開場まで談笑タイム

001 (3)
食堂にて。カレーは飲み物。あれ、どっかで見たなこのシーン。

001 (4)
柏木さん、大原さん。

001 (5)
報告会、いよいよスタート。

001 (6)
選手も後方で拝聴します。

001 (7)
スーパーウーマン、青谷さんと。

P1030460.jpg
米田さんご両親と記念撮影。応援ありがとうございました。

001 (8)
パーティ会場まではタクシー・・・なんて使わず走る!

001 (9)
オシャレな会場。さすが東京新宿。

001 (10)
望月さんと米田さん。カッコイイなー。

001 (11)
イケメンアワード一位、大原さん。フィニッシュポーズの再現!

1487326_10152764775884707_3607387215452166443_n.jpg
芸人部門を米田さんと1,2独占してしまいました。

001 (12)
最強美女チーム。

001 (21)
に囲まれて。

001 (13)
なんのポーズなんですかこれは。

001 (15)
オシドリ夫婦。舟橋夫妻。お互い照れてるところがかわいい~。

001 (16)
江口さん、家族からの思わぬメッセージに、二年後目指します宣言!

001 (17)
中村さん、「酒は、血の一滴!」名言いただきました。

001 (18)
2次会スタート。話は尽きない。

001 (19)
福井県の銘酒 梵@飯島委員長。

001 (20)
これにて、TJAR2014、おわりでち!

[ 2014/10/21 18:51 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(6)

TJAR2014報告会 18日鎌倉トレイルラン&打ち上げ






 二日間も更新が滞ってしまいました。
 18,19日と東京へ行ってTJAR2014報告会に参加してきました。18日は前夜祭という事で選手と関係者で打ち上げ。19日は報告会とパーティでした。

 18日 鎌倉トレイルラン&打ち上げ

 18日の朝一に小松空港から羽田空港へ。ゲートで少し前に到着していた佐幸さんが迎えてくれた。完走おめでとうございます。今日は大原さんの案内で鎌倉トレイルをTJARの選手で走ろうという企画。久しぶりに皆に会えるのがとても楽しみ。大船駅に着くと既に大原さん、雨宮さん、柏木さんがスタンバイしていた。大会以来の再開で本当にうれしい。更衣室で着替えるたら米田さんも到着していた。井川以来の再会に感激。相変わらず元気そうで良かった。

 電車で移動して街中を少し走るとトレイルへ。大都会から一気に森の中へ入るギャップに驚いた。おおむねフラットなトレイルを走る。大原さんはやーい。特に登りの強さは流石。他のみんなも流石TJAR選手。かなりマジで付いていかないとおいていかれそうだった。今何かと話題の素晴らしいトレイルを走りながら写真を撮ったり大会の話をしたり。大会中の状況を詳しく聞くとやっぱり皆それぞれドラマがある。それでも終始爆笑しながら楽しいトレランはあっという間にゴール。最後は追い込みで急登ダッシュでフィニッシュ。企画してくれた大原さんありがとう!
 駅から銭湯へ移動して汗を流す。まさに裸の付き合い。お互い短い付き合いなのになぜか昔からの親友のような感じはあの濃密な1週間のせいだろうか。そしてやっぱり米田さんとはずっと話が尽きなかった。相変わらずペースが合って安心する関係。

 さて新宿に移動して報告会前の前夜祭。朽見さんが幹事してくれて田中さん、松浦さん、阿部さんも合流。実行委員会の越田さん、山口さんも加わってくれて前夜祭開始。話は尽きることなくあっという間の3時間。カレー大裁判も開催されて判決は全員有罪という事で和解?した。二次会に移動して選手同士ちょっとまじめな話も。思うところは同じ。安全第一です。
 終電もせまり柏木さんの一本締めで解散。米田さんはホテルを予約していたらしいが、僕は奥様の実家に泊まる予定だったので是非一緒にと誘って二人で実家泊まり。お義母さんは米田さんに会えてとても興奮していた。遅くに到着したのにとても歓迎していただいて感謝。話は尽きなかったが、夜も遅いので早々に就寝。明日はいよいよ報告会。

 日々練成

 IMAG0034_20141020195643103.jpg
白山は冠雪していた。立山はも白く、北から中央、南アルプスまでよく見えた。

IMAG0037.jpg
空から見ると地形がよくわかる。地図読みの勉強にはもってこい?

IMAG0051.jpg
駅で待ち合わせ。山では普通でも駅だと異様な集団。

IMAG0053.jpg
大都会を走る。人多過ぎだよ~。

IMAG0060.jpg
レースとは違いユルユルで終始爆笑。

IMAG0065.jpg
集合写真その1 右の人は何食べてるの?

IMG_290526973144094.jpeg
全員集合!大原さんイケメンっすな~。流石TJAR2014非公式アワード、イケメン部門1位。
※大原さんのFBからお借りしました。


IMG_290538383215814.jpeg
通称「地蔵尾根ポーズ」 久しぶりだぜ~。 ※大原さんのFBよりお借りしました。

IMG_290553100291961.jpeg
戦隊ものみたいな集合写真。このノリにも慣れてきました。 ※大原さんのFBよりお借りしました。

IMG_290565676608152.jpeg
全員集合写真その2 ちょっと逆光だけど、そこは愛嬌。 ※大原さんのFBよりお借りしました。

IMAG0087_2014102019570692f.jpg
場所を移して打ち上げ開始! やっぱりこのメンバー最高!

IMAG0086_2014102019570710e.jpg
田中さん、朽見さん、阿部さん 阿部さん大丈夫?

IMAG0089.jpg
2次会にて。ちょっとまじめな話も。やっぱり安全第一です。
[ 2014/10/20 15:01 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(2)

J-TRAIL TJAR2014特集号


 J-TRAILさんからTJAR2014特集号が23日に発売された。今日僕の手元にも届けていただいた。内容は80ページオールカラーで大会の詳細な行程から望月選手の大会手記、7選手へのインタビュー、美しい写真や各選手の紹介等、僕達選手にとっても新鮮な内容が沢山あります。TJAR出場へ向けてのプロセスや質問等もあって、これから大会出場を目指す方も読んで損はないと思います。

 しかし僕は緊張感の無い写真ばかりで申し訳ない。さりげなくキュゥべぇも紹介されているので必見(猫と書かれていますが)
 写真や記事を見ると今でも鮮明に思い出す事ばかり。改めて素晴らしい経験が出来たと思っています。

 日々練成

 thysthg.jpg
一般書店では取り扱っていないそうです。売り切れ必至。トレラン王国WEBで購入出来ます。

http://www.trailrunning-ohkoku.jp/shopping/2014/09/jtrail2014sp.html
[ 2014/09/24 20:44 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(2)

TJAR 装備編 補給食

 基本的に僕は燃費がかなり悪いので高カロリーな補給食は必携でした。しかしカロリーを取れれば何でもいいという考えなので特に味や形状は気にしませんでした。もちろんコンパクトで軽い方がいいのでその辺は考慮。

 グリコワンセコンド (86g 165kcal)

 マラソンで使ってからその飲みやすさと開けやすさ、カロリーと重量の比率から愛用しているエネルギージェル。ゼリータイプではなく、液体タイプなのでスルッといける。味も酸味が強めで(レモン味)、高カロリージェルにありがちな甘~い感じが軽減されいて良い。パワージェル等に比べてキャップ式なので開ける際に手がべた付く事も無く、空き容器の処理も楽。多少重くてもキャップ式を選びます。容器の四隅を切り取って少しでもサイドポケットから取り出しやすいようにしました。

 ザバスピットインリキッド(68g 170kcal) ※最近リニューアルして名前が変わったようです。こちらは旧製品

 ワンセコンドと同じキャップタイプのエネルギージェル。ワンセコンドに比べて重量、カロリー比が優秀。特に重さは18g差(カタログ値)とポケットに入れるとその差は体感出来る。しかし味はグリコに軍配が上がる。少し粘度の高い液体で味も甘さが強い。ウメ風味は好き嫌いが出そう。容器はグリコに比べて厚みがあって横幅は狭い。同じく四隅を切り取って使用。

 クリフバー(68g 250kcal:味によって多少前後)

 ご存じパワーバーを駆逐する勢いのエネルギーバー。それほど甘くなく、外国製にありがちなチョコやキャラメルねっとりという感じではなく、超湿気た分厚いクッキーのような食感。ねちねちしてないのですぐ食べられる。味も及第点。腹持ちがいいのがうれしい。少々嵩張るがそこは愛嬌。今回の味は3種類だけだったが、いろいろな味を試してみたい。

 基本的に3種類の行動食だけだったので途中飽きが来てしまったのが反省点。一緒に行動していた米田選手のポケットからいろいろなお菓子出てくるのを見て自分も大好きなチョコレート系を持ってくれば良かったと思った。後半はかなり飽きてきて小屋でチョコレートを買った。山では溶けるのでチョコは避けていたがここまで気温が低いなら持っていっても良かったかも。市野瀬で妻から差し入れてもらった羊羹が嬉しかった。あれほど実験していた羊羹をなぜ持っていかなかったのかは未だに不明。カロリーと重量、価格を考えると一口羊羹は超優秀です。
 ハイカーボな物ばかりに目が行きがちですが、体を温めるためには脂肪分も必要です。あれほどトレーニングで使っていた柿の種もなぜ持っていかなかったのか?今になって考えても本当に分かりません。おそらく大会という事で高い物を使おうとか邪まな考えがあったのだと思います。
 今までの練習で使ってきた物がやはり一番です。そして飽きないように数種類バリエーションを広げるのも重要だと感じました。カロリーや重さに拘らず、好きな物を食べるのも大切だと思います。

 長い行程ではあまり考えず好きな物を持っていった方がいいようです。

 日々練成
[ 2014/09/10 20:18 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(2)