FC2ブログ






週末用荷揚げ


 今日は週末の山行にむけての荷揚げ。食料品をメインに白山に荷揚げした。(もちろん歩荷)一人で担げる量とはいえ大人数人の食料ともなればそれなりの重さ。合計30kg程度を昼から砂防新道で上げる。いつもより時間がかかり、暑さでウェアはびしょびしょ。シューズの中は雨が降ったように音が鳴るほど汗で濡れてしまった。それでも2時間かからず荷揚げを完了した。と、ここで白川郷から北縦走路で白山入りしているTJARの斎藤君とばったり。今日から3泊4日で白山を堪能するとのこと。土曜日には僕たちと合流するので、今日明日はソロで行動するようだ。相変わらずワイルドな風貌に相反する優しい笑顔にうれしくなる。土曜日の再開を約束して別れた。

 さくさく下山して今日のミッションは終了。台風の進路が気になるが、こればかりは祈るしかないかな。週末は楽しむのみ。

 日々練成

IMAG0038.jpg
 素晴らしいロケーション

IMAG0039.jpg
 次は飲もうぜ!
[ 2018/07/26 21:19 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

夏山 白山


 今日は思い立って白山へ。
 3月の山スキー以来の白山だ。ご無沙汰しております。

 9時半に別当に到着するが駐車場は8割埋まっていた。金曜とはいえ平日。凄い人気だ。準備して鳥居で一礼して
10時前スタート。
 
 気温はそれほどだが、ガスが降りていて湿度が半端ない。あっというまにびしょぬれになる。登山者もそこそこいて楽しい挨拶や軽い会話を楽しむ。ガスは相変わらず濃いままだが、何となく抜けそうな予感がしている。甚之助には50分ぐらい。真っ白なのでそのまま黒ボコ方面へ。トラバースの二番目水場を過ぎたあたりで青空が見えだす。やっぱりね☆十二曲がりを登る頃には空はすっかり青空だ。お花畑を楽しみながら登るが、一冬越したら結構な数の花の名前を忘れてしまっていた。乾さんにラインして教えてもらう(乾さんありがとうございます)
 
 黒ボコ岩から弥陀ヶ原へ抜けるとそこには美神様が…。久しぶりの対面だったが青空で迎えてくれた。思わず声が漏れる。木道でブログを読んでいただいている方に声をかけられる。いつもありがとうございます。五葉坂では外国人パーティがyeah!yeah!言っていた。

 久しぶりの室堂は結構な賑わい。祈祷殿は開放してあった。いつも通り鳥居で一礼。クロユリはかなり大振りな花と蕾を咲かせている。少し風が強めだったが汗で濡れたウェアが乾いて気持ちいい。途中でブログを読んでいただいている男性とお話し。同行の方は長身痩躯でカッコいい。楽しい時間をありがとうございます。
 奥社には2時間弱で到着。日ごろのお礼をたっぷりする。山頂も少し風が強めだが展望は良し。雲海の上に出た景色は素晴らしい。山頂を堪能したらサクっと下山。室堂のベンチでパンを食べて、下山。

 甚之助の上の方でリコちんと再開!名前出てこないでスンマセン…。花の名前を教えていただきながら甚之助まで一緒に降りた。小屋でお別れしてサクサク下山。4時間弱で別当到着。自販機横の湧水は悴むぐらい冷たい!顔を洗って車に到着。

 久しぶりの白山だったがたくさんの方にお会いできて、菊理媛様にもお会いできて大満足でした。やっぱり白山はいいですね。またすぐ行きたいな。

 日々練成

IMAG0014.jpg
 今日もここから。

IMAG0017.jpg
 十二曲がり手前でガスが晴れて青空が。

IMAG0018.jpg
 今日も美神さんです。素晴らしい…。

IMAG0019.jpg
 無事登頂ありがとうございます。

IMAG0021.jpg
 雲海に浮かぶ室堂

IMAG0023.jpg
 ハクサンコザクラァ!

IMAG0025.jpg
 クロユリィ!

IMAG0026.jpg
 祈祷殿っ!

IMAG0027.jpg
 new焼印。どこにあるかな~?

IMAG0028.jpg
 リコちんと再開!リュウキンカ覚えた

IMAG0029.jpg
 吊り橋まで戻ってきました。

IMAG0030.jpg
 せいぜいご利用ください!  !!!せいぜい!!!


[ 2018/07/13 21:23 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(6)

奥長倉避難小屋修理


 白山北部の加賀禅定道にある奥長倉避難小屋の屋根を白山北部管理人の乾さんと修理してきた。
 冬季の激しい風雪で一度修理したカバーが外れてしまっていたのだ。これからの残雪期に多くの登山者に利用されることになる奥長倉避難小屋なので早く修理しないと利用者が気持ちよく使えないとのこと。乾さんが用意してくれた資材を背負って一里野から小屋を目指す。

 4時過ぎにスキー場を出発。途中夜が明けてしかり場で一息。しかり場からはやせ尾根できわどい場所もあり、何度もスキーを脱いだりアップダウンを繰り返す。重い資材を背負ってのスキーアップダウンは堪える。口長倉手前の小休止で乾さんが激ウマローストビーフをごちそうしてくれた。ごちそうさまでした。口長倉では白山北部の大展望。純白の白山はやはり美しい。
 さらにトラバースやアップダウンを超えて6時間ちょっとで奥長倉避難小屋に到着だ。

 小屋には登山者が宿泊していた。小屋の屋根シートが激しい風雪でめくれあがってしまっており、このままでは雨漏りがおこってしまう。屋根に積もった雪を除雪してシートと持参した資材で修理を行った。これでどうにか今シーズンは持ちそうか?時間があれば百四丈滝を見たかったが残念ながら時間切れで帰ることに。
 
 帰りもアップダウンに苦しんだが資材が軽い分まだましだ。しかり場までくればスキーの威力であっというまに山頂駅まで。ゲレンデを降りて駐車場到着。帰りは2時間半ぐらいだった。

 乾さんお疲れ様でした。
 避難小屋でのトイレは小屋から離れてしましょう。

 日々練成

P1040920.jpg
 しかり場までの登り

P1040928.jpg
 今日は晴天。日差しがきつい!

P1040930.jpg
 口長倉からの素晴らしい展望

P1040929.jpg
 急登をいく

P1040931.jpg
 帰りはスキーの威力
[ 2018/03/25 06:22 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

奥長倉山避難小屋修理 速報


 今日は白山北部管理人の乾さんと加賀禅定道にある奥長倉山避難小屋の屋根を修理するために
避難小屋まで往復。重い資材を担いでのスキーは奥長倉山までのアップダウンと相まってとても疲れた。
 乾さんお疲れさまでした。詳細はまた後日…。

 乾さんのブログへ

 日々練成

 P1040925.jpg
   乾さんと名峰笈ヶ岳(中央奥)
[ 2018/03/24 20:03 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

加賀シーサイドトレイル(マッハさん、コッシーさん)


 以前からマッハさんに誘われていたがなかなかタイミングが合わず行けなかった加賀シーサイドトレイルに行ってきた。ここは加賀シーサイドトレランの大会コースにもなっている場所で、海岸沿いのトレイルを走る魅力的なコース。

 今回のメンバーはマッハさんとコッシーさん。午後駐車場で待ち合わせしてスタートだ。
 最初は4km弱のサイクリングロードを走る。冬場の荒れた日本海からの風と波で舗装路は砂と落ち葉に覆われていた。適度なクッションが気持ちいい。今回はadidasのTERREX AGRAVIC SPEEDのシェイクダウン。以前簡易インプレッションをしたが、履くのは今回が初めてだ。

 午前中のトレーニングの影響でいまいち身体が重く心拍も高め。だがマッハさんが引っ張ってくれたので徐々に慣れてくる。4kmちょいで往路中間地点の片野海岸に到着。ここからトレイルのスタート。適度なアップダウンと脚に優しいトレイルで快適に巡行できる。景色も海側が開けて遠くの海岸線まで見えてナイスだ。あっという間に加佐ノ岬に到着。景色も良く、観光客も結構きていた。ここで折り返し。往路は約9kmだった。逆コースも景色が新鮮で面白い。復路中間地点の片野海岸で休憩。一息いれたらラストのロードをペースアップしてフィニッシュ。

 適度な距離に開放的な景色。程よいアップダウンとナイスコースで練習にも大会にも良いコースだと感じた。マッハさんコッシーさん良いコースに誘ってくれてありがとうございます。また行きましょう!

 初テストのTERREX AGRAVIC SPEEDは履き心地は抜群だ。独自の一体型構造がこの履き心地を提供してくれるのだろう。グリップも新品ということを差し引いてもトレイルの登り下り共に素晴らしく食いついてくれ、下りで痛みがでるポイントもない。左右への剛性感が高く、とても安定して踏み込める印象。ソールがフラット一枚ソールなので走り始めは土踏まずに少し痛みが出た。これは走り方やフォームによっても違うと思うが、僕は一枚フラットソールの場合によくこの痛みが出る。しばらく走れば慣れて消えるが、少し慣らさないといけないと感じた。全体的にはとても高性能でまとまっている。今シーズンがとても楽しみなシューズだ。

 日々練成

1521360499358.jpg
 スタート地点。コッシーさん久しぶり

IMAG4238.jpg
 序盤は砂に埋もれたサイクリングロードを走る

1521370281685.jpg
 往路復路の中間地点、片野海岸

IMAG4242.jpg
 気持ちの良いトレイル

IMAG4241.jpg
 海岸線なので開放的な景色が続く

1521370291211.jpg
 折り返しの加佐ノ岬が見えた

1521370295662.jpg
 帰りも快適ラン

IMAG4237.jpg
 お二人ともありがとうございました!
[ 2018/03/18 20:46 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(2)