FC2ブログ






発熱系素材の話


 ユニクロのヒートテックが登山に向かない理由は色々なところで語られている。では登山メーカー等でもよくある発熱系素材はどうなのだろうか。
 羊毛、いわゆるウールは濡れても冷たさを感じにくいのはその繊維の構造にある。登山にウールが向いているのは汗等の水分でウェアが濡れてしまっても、ウールなら綿や化繊より体温を奪われにくく、防臭効果もあるという点だ。これは今も昔も変わることないウールの良さとして使われ続けている。しかしウールは素材として実はそれほど暖かいというわけではない。暖かさの原理がデッドエアを溜めること、自分の体温で暖められた空気をいかに生地の中に溜めておけるかという事になると、ウールは他の繊維にやや劣る(もちろん編みや構造によって変化するけど)
 
 そこでじゃあ一番暖かい素材(製品でなく素材ね)はなに?という話になってくると話題になるのが、冒頭の発熱系素材だ。正確には吸湿発熱繊維というらしい。
 難しい化学の話は省くが、こういった繊維は水分を含む(吸湿)すると発熱する。それが暖かさになるのだが、これだけを聞くと汗をかけばかくほど暖かくなりそうだが実際は違う。発熱系素材の広告にはあたかも人の肌から発せられる水蒸気で発熱してそれが持続するようなイメージが書かれているが、実際に繊維が発熱をするのはその繊維が水分飽和状態になるまでであって、汗をかくなら最初の数分から十数分でその機能は失われる。あとはただの水分を含んだ布になり、汗冷えや不快感に繋がっていくだけだ。

 普段家で使うなら服が濡れるほど汗はかいたりしないし、吸湿したあとは体温で乾燥もされるので発熱のサイクルは比較的長くなる。なので暖かく感じる。しかし登山やスポーツにおいては汗をかくことが前提だし、もし汗や他の水分で濡れてしまってもそのあとに汗冷えしないような機能が必要だ。登山、スポーツでの発熱系素材は最初の数分は暖かいかもしれないが、その後に必要な機能がない。これでは登山に向いているとは到言えないと思う。

 大型スポーツ量販店や、作業着系のオリジナルメーカーでもこういった発熱系素材をウリにしたウェアをよく見かけるが、あくまで日常使いの範囲で機能するのであって、ウェアを自分を守る道具として考える登山では選択肢に入れるべきではないと思う。

 ウールにも長所短所があるし、最新の化繊にも長所短所がある。どれが最高ではなく、天気とシチュエーション、季節と山域、自身の経験や体力によって使い分けるのが良いと思う。発熱系素材はまあ、通勤通学で使うぐらいにしとくのがいいかと…。

 日々練成
[ 2018/12/08 06:50 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

防寒テムレスブラック 改め 「TEMRES」 発売


 いまや雪山ではマストアイテムとなったショーワグローブさんの防寒テムレス。
 当初はマニアックなアイテムとして一部のコアなスノーアクティビティユーザーに知られていたが、その性能が口コミで広がり続けて今では幅広く認知され使用されている。その知名度は国内のみならず、少し前にはパタゴニアの広告で世界的に著名なクライマーがこのテムレスを絶賛していたことも話題になった。そんな世界的にも認められた(?)テムレスだが、難点が一つだけあった。

 それは色である。

 いかにも作業然としたオールブルー。自らゴム手袋です!と主張MAXなカラーリングが雪山では逆に目立ってしまっていた。どんなにカッコいいウェアを着ていても手袋がテムレスブルー(と呼ばれている)だとなんとも締まらない絵になってしまうのが難点であった。
 ユーザーもその点をメーカーに訴え続けていた。そして今シーズンにテムレスの黒が発売されると夏頃から情報が錯綜しており、ツイッターで某衣料メーカーが公式にツイートしたことでその情報は確実性を帯びて、今秋ついにメーカーから公式に発売の情報がアナウンスされた。これにはスノーアクティビティ界隈は大盛り上がり。しかし情報が少なく、いつ発売か、取り扱いはどうなるのか、などが全く分からない状態であった。(以前のテムレスはホームセンターで簡単に購入出来た)

 いよいよ今シーズン突入寸前、メーカーから公式に発売日がアナウンスされ正式に発売日が決定。ついにテムレスの黒が発売されるのである。以前のモデルは「防寒テムレス」であったのが、今モデルから「TEMRES」と英語表記になり、広告イメージも明らかにアウトドアを意識したものになっている。これはメーカーのショーワグローブさんも本腰を入れて開発したのかと期待させてくれる。

 ともあれ黒色のテムレスが発売されることになり、今まで色が気に入らずにイマイチ使えなかった人も文句なく使えるだろう。雪山での特製を理解して、使いどころを間違わなければこれほど使い勝手がよく性能と軽さ、価格のバランスが素晴らしいグローブはない。

 発売前から売り切れ必至といわれているが、現在は主に登山用品店で、アンテナの高いショップで発売されているようだ。ファーストロットは一瞬で売り切れそうなので、シーズン初めから差をつけたいユーザーは頑張って手に入れてください。

 日々練成

imgrc0070088868.jpg
 作業用とは違いを見せた。
 スノーアクティビティに溢れた広告。ショーワグローブさんありがとう。
[ 2018/12/07 20:10 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

充電電池のススメ


 山で電池を使う機会は多い。その最もたる例がヘッドライトだろう。今は18650リチウムイオン電池が台頭してきているがまだまだ主流は単4電池だ(米国規格ではAAAという)
 しかしこの単4電池。実は扱いが意外と面倒なのだ。何かというとまず大抵のヘッドライトは単4を3本で運用する。電池は大抵4の倍数本で売られている。3本を運用しようとすると4本セット2つだと半端が出てしまうので、3セット12本買わないといけない。まずこれが面倒。
 そして電池の残容量問題。日帰りならほとんど使う機会はないヘッドライトだが、テント泊や早朝暗いうちからの行動になると1~3時間程度使うことになる。この使用時間が微妙に面倒になってくる。アルカリ乾電池でヘッドライトを運用すると、機種にもよるがだいたい4~6時間が実運用時間といったところ。夜中ずっと行動するわけではないので容量の3分の2から半分残したところで家に帰ることになる。すると次の山に持っていく場合、この残り容量では不安が残る。かといって新品電池にするのも勿体ないなーと思い、結局そのままにして予備電池を多く持っていく。もしくは新品に入れ替えて半端を予備にする。そのうちどれが中途半端な電池が分からなくなって結局新品を買い直すというサイクルが繰り返されることになる。
 これが実に効率が悪い。中途半端な電池が溢れては結局使わずに新品を…となり、そのうちまだ容量があると思っていた電池が使い始めて数分でなくなってしまうという重大事態になった人もいるのではないだろうか。

 そこで登山には充電電池を強くお勧めする。
 今はニッケル水素電池が高性能化してきて、非常に安定性が高く、容量も上がっている。単4でも950mAhを表示している電池も多い。だが容量よりもその使い勝手がとても良い。まず中途半端に使っても充電すれば満タンになるし、どれが中途半端かわからなくても充電してしまえば関係なく全て満タンになる。ランニングコストを気にせずガンガン使えるので初期投資はかかるがそれ以上にコストダウンになる。

 12本以上充電できて放電もできる急速充電器も併せて導入すれば山に行くときは常に新品電池で安心だ。アルカリに比べて持ちも良いので比較的長時間の使用でも大丈夫。ハンディGPS等にもおすすめだ。

 山に行くときは少しでも不安要素は取り除きたい。特にヘッドライトは必須装備でもあるので、充電電池を是非導入しましょう。

 日々練成

IMAG3996.jpg
 ケースに入れてジップロックで保存。電池に番号を書いておくと新旧を混同しなくて便利です。
[ 2018/10/01 18:55 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

AEGISMAX シュラフ イージスマックスシュラフ 


 白山でも試していたが、シェルター内での使用は初めてのAEGISMAXダウンシュラフ。立山雷鳥沢の気温は12度か10度いかないくらい。テン場では皆ダウンを着ているような状況だ。夜間はちょっと風が強く吹く環境でシングルウォールのシェルター内(クロスオーバードーム)での使用レポート。
 
 シュラフはイージスマックスmini。amazonではウルトラライトマミータイプとして販売されているタイプだ。総重量440g(コンプレッションスタッフサック込)ダウン量はメーカー公式で800FPの230g。見た感じはロフトなどから相応の数値だと思われる。
 フードレスタイプ(キルトタイプ)と書いてあるが、実際はしっかり頭まで覆う事ができるのでキルトタイプよりは保温力が高い。(176cmの僕でMサイズで若干余裕有)
 
 マット:OMMのデュオマット。肩から腰までの半身マットで、足はOMMのザックに乗せた。
 服装:上半身 ファイントラックのスキンメッシュ、半袖シャツ、モンベルのサーマラップパーカ。
     下半身 メーカー無しタイツ、OMMカムレイカパンツ、ウール化繊混の靴下。
 
 この状況で朝まで寒さは全く感じることはなかった。特に足先はボックス構造になっているので窮屈感は感じずに暖かい。類似するシュラフよりは若干タイトなつくりになっており、その効果もあるのか保温力が高めな感じだ。頭までしっかり覆うことができ、顔回りも引き紐で搾れるのでより保温性を上げることも出来る。僕はサーマラップパーカのフードを被っただけで暖かかったので顔回りは絞らずだった。懸念だったダウンの臭いは全く感じなかった。これについては当たりはずれがあるとの報告もあるので注意されたし。
 
 標高2200mで8月上旬の雷鳥沢での使用には全く問題ない。夏シュラフとしては文句なしだろう。何よりその価格が魅力。コンプレッションスタッフサックとストレージメッシュサック(保管袋)付きで8,000円台である。注文して1日で届くスピード。ダウンなので濡れが心配だがそこは天候や条件次第だろう。浸水の心配が低いCODなどでなら十分活用する価値はある。ファストハイクで装備のコンパクト化はしたいけど、快適さはそこまで削りたくないなんてときには(できれば予算も)候補にしてみて間違いではない。

 
 ~余計な一言~
 日本のシュラフメーカーは素晴らしいモノ作りをしてくれている。だが海外製品、特にアジアのアウトドア製品の勢いはバカにできない。同じ物なら3分の1の値段で作ってくる。どの道具を使うかはその人次第だが、価格がファーストチョイスになる場合もあるので、勢いに負けないような製品を作ってほしい。

 日々練成

dfvvs.jpg
   つくりも品質もいいよ。あとは耐久性か。
[ 2018/08/09 20:08 ] 道具 | TB(0) | CM(3)

反射材入りのガイライン


 今期新調したシェルター用にガイライン(張り綱)も新調した。数年前の両俣小屋でストックシェルターを張ったとき、隣のツェルトを張っていた方のガイラインが反射材入りで、ヘッドライトの光にとても綺麗に反射していたのがとても印象的で、いつかは自分も反射材入りのガイラインにしようと思っていた。数年越しでガイラインを使う機会がやってきたのでこの機会にと反射材入りのガイラインを購入。思ったより安価で購入することが出来た(メーカーものの耐荷重入りのやつじゃないけど)
 実際に暗いところでライトの光を当ててみるとそれはそれは綺麗に反射する。夜間のテント場ではガイラインに気が付かず足をひっかけてしまうなんてこともあるが、反射材入りのガイラインならそんなことも避けられるだろう。何より見た目がいい。
 ついでにラインロック(自在金具)も購入。こちらも10個で300円しないという値段。(僕は三角形のタイプが好み)ものはしっかりしていて、ガイラインを通してみたらしっかりとロックする。長さを調整できるようにしておくとテンションをある程度自由に調整出来て便利なのだ。
 道具はそろったので週末にでも試し張りしてみようかと思う。

 ところでクロスオーバードームってCODって略す人いないよね(コールオブデューティーではない)

 日々練成
[ 2018/07/23 06:28 ] 道具 | TB(0) | CM(0)