FC2ブログ






ノースリーブは快適


 ここ数回の登山とランニングは新しく買ったノースリーブシャツで行っているのだが、これがすこぶる調子がいい。
 真夏に着ずに秋の今ノースリーブかよ、と思ってしまうが、セールで安かったのだ。品物はアディダスのテレックスシリーズ。今夏の猛暑で流石に涼しいウェアが欲しいなと思っていたところにセール品があったで買ってみたがこいつは当たりだった。というかノースリーブがこれほど快適なのかと初めて知った。
 ランニングではとにかく冷却効果が高く、廃熱が追いつかないことはまずない。腋が冷やされるので血液も効率良く冷却される。腕ふりがとても楽にできて、汗で肩回りの生地が張り付いて不快ということもない。おはりんがずっと着ている理由が良くわかる。登山でも涼しいので汗をかきにくく、肌寒くてもアームカバーで凌げるのが良い。(日焼けは気になるかも)
 出来る事なら胸元がジップ仕様になっているともっと嬉しいが、何となくガチ勢っぽくなってしまいそうなのでこれぐらいがちょうどいいのかも。1枚ではローテーションできないのでもう1着ほしいところだ。久々の当たりウェアに出会えてよかった!
 
 ※kouさんが来ていたアークのタンクが欲しい

 日々練成

cf4754.jpg
 カラーは白もあったけれど、乳首が透けると恥ずかしいので///
[ 2018/10/17 20:43 ] 装備 | TB(0) | CM(2)

adidasのシューズが調子良い


 山用のシューズとして今シーズンデビューさせたadidasのアグラビックスピードがとても調子が良い。ソールの持ちは今後の経過観察だが、今のところ全体の剛性やアッパーの通気性、つま先のプロテクションや耐久性は問題なさそう。ソールのグリップも良く、最近流行り(?)の厚底系ではなくランシュー並の厚さが丁度よく地面の感触や力を伝えてくれる。ドライでもウェットでもグリップが変わらないのが素晴らしいと思う(これは新藤さんもオススメ)
 ヒールカップもやや深めで立体形状になっているので、急な登りでも踵が浮いたりすることもない。一つ難点をいえば紐が長すぎるので引っ掛からないか心配なところ。これは切ったりして調整するとよい。あとシューレースホールが少ないので紐によるフィット感の微調整が難しい。もともとシュータン一体型の作りなので紐は絞めれば良いという設計思想なのかも?
 
 30kgちょいのザックを背負って登ってもグリップ不足や剛性不足になることはなかった。走っても登っても良いシューズは久しぶり。大切に履いていきたい。

 日々練成

rtjyurj.jpg
  このカラーがお気に入りなんだけどもう絶番。マイナーチェンジ早いよ!


[ 2018/07/31 06:38 ] 装備 | TB(0) | CM(2)

どこでも行ける きっと行ける


 先日初ランした TERREX AGRAVIC SPEED は予想以上に良いシューズだった。履き心地は柔らかく包み込まれるような一体感があるが、左右の剛性は高く踏み込みや横への体重移動でも不安はない。グリップも抜群で初期のラプターに似た吸い付き感がある。(あそこまでソールは柔らかくないが)
 ミッドソールは固めのEVA素材で反発もいい。土踏まずの違和感だがインナーソールを外して見てみると丁度土踏まず部分に固いシャンクが入っているようだ。これで蹴り出し時の反発を出しているのか、ソールのねじれを防止しているのかはわからないが慣れる必要がありそうだ(僕の場合)

 気をよくしてそれほどスピードを出さないで山に行く場合用に(こっちのが圧倒的に多い)SPEEDモデルでないTERREX AGRAVICも購入。こちらはしっかりとした剛性と素材の丈夫さ、プロテクションに比重をおいた作りになっている。そしてSPEEDのように内部は一体構造でないのでフィット感は劣る。ソールは一枚フラットソールだが、より細かなラグ配置となっていて安定感を出しているようだ。
 そしてBoostフォームがフルレングスで搭載されている。Boostは未体験だが、反発フォームの火付け役となったこの素材をいつか試してみたいと思っていた。Boostで楽に走れるなんては思ってもいないが、新しい素材だしどんな感じか体験してみるのはいいことだ。2足ともラスト(足形)はほぼ同じなようでサイズ感も一緒だ。手持ちの在庫限りのMana7はロード専用にして山はこのシューズで行こうと思う。やっぱりトレイルはトレイルシューズでしょう!

 マッハさんのシーサイドトレイルの記事へ

 日々練成

IMAG4248.jpg
 どこでも行ける きっと行ける から黄色 から
[ 2018/03/20 20:42 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

ビブパンツ最高な件


 先日の山スキーに初めて投入したフェニックスのビブパンツ。
 
 結論からいうと最高であった。動きやすさはいうに及ばず、深いパウダーでもまったく雪が入る心配がないというのがこれほどメリットがあるとは。心配された暑さもほとんど感じることはなかった。
 パンツだとどうしても足上げを繰り返すと腰の位置が下がったりして気になるし、インナーシャツがずり上がったりして腰が出てしまうととても不快。サスペンダーをつければいいのだろうけど、それなら思い切ってビブパンツにしてしまったほうが良い。

 胸まである安心感と、たくさんの内ポケットがあるので体温で行動食も凍らず取り出せる。春スキーまでは当面ビブパンツでよいと感じた。

 フェニックスのウエアは初めてだったが、とても丁寧でしっかり作らていてかなり好感が持てた。縫製部分のシームテープが重なるところはすべて補強もしてあり、カッティングは動きを妨げることがないように立体裁断になっている。素材であるドライベント(e-vent)の性能も素晴らしく、激しいラッセルでも蒸れで内側から濡れることをかなり高いレベルで防いでくれた。来季もセールがあるなら是非とも確保したい。

 日々練成

1517016547551.jpg
ビブパンツなら腰ラッセルでも雪が入り込む心配はない

IMAG4119.jpg
ポケットもたくさんあって便利。縫製も作りも丁寧
海外メーカーにはない、日本メーカーだからこそ作れるウェア

[ 2018/01/29 19:52 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

newゴーグル (DICE JOKER)


 山にいかずとも装備は増えていく。
 今回は新しいゴーグルを購入。一応オークリーとスワンズ(熱線レンズ)はあるのだけど、オークリーはそろそろ寿命だし、スワンズは良コンディションの山では重装備過ぎる(あとやたらフレームがデカイ)
 コンパクトで使い勝手のいいゴーグルを一つ欲しかったのだ。ネットで探してみると今は球面レンズのフレームレスが主流でとにかくでかい!ゲレンデ使用が前提なんだから仕方ないか。

 こんなときはやっぱり日本メーカー。スワンズの山本光学から出ている別ブランド、DICEにはしっかりありました。シンプルで高機能。そして日本製。日本の山にはやっぱり日本のゴーグルってことでDICEのジョーカーを購入。型落ちモデルなので格安で購入できた。スワンズでレンズトラブルがあったときの山本光学の対応は素晴らしかったので、これも選択理由のひとつ。届いたらレビューします。

 日々練成

frdthyd.jpg
ゴーグルは見える事が仕事。見た目はシンプルでも見える機能が充実しているのがいい。
[ 2018/01/15 19:47 ] 装備 | TB(0) | CM(2)