FC2ブログ






adidas TERREX AGRAVIC (アディダス テレックス アグラヴィック)


 adidas TERREX AGRAVIC (アディダス テレックスアグラヴィック)
 以前紹介したテレックスアグラヴィックスピードのノーマル版。(元ネタはこっちでスピードは軽量版になる)

 アディダスが作るトレランシューズの中でも本命のアグラヴィックシリーズ。以前紹介したスピードはとても素晴らしいシューズで即在庫を確保した。ただ軽量化にステータスを振っているので若干耐久性が低く、特に小指側のアッパーメッシュがダメージを受けやすい。(それでも十分持つけど)
 
 今回紹介するアグラヴィックは軽量化ではなく耐久性に性能を振ってある印象。スピードより全体的に厚みがある作りで、つま先を保護するポリウレタン樹脂は前足部をぐるっとおおっている。履き口もスピードのようなシュータン一体型ではなく通常のシューズタイプになっている。良くも悪くもトラディショナルなトレランシューズといえよう。
 最大の特徴はadidasの肝いり素材でもあるBoostフォームがフルレングスで内蔵されているところだろう。Boostフォームは昨今ランニングシューズで流行りのバウンド素材の先駆けともなったマテリアル。着地の衝撃を吸収するだけでなく、高反発特性によってその衝撃を推進力に変えてしまおうという素材だ。

 僕自身初Boost内蔵シューズだったので使用するのはとても楽しみだった。先日の富士写ヶ岳で使用してみた結果、とても良い感触だったのでレポートしたい。

 コースは踏み均された登山道で全体的に粘土質の土が多く滑りやすいサーフェイス。前日に雨が降ったこともあって湿っている箇所も多くあった。
 アグラヴィックのグリップはスピードよりラグが高く、食いつきも高い印象。登りではソールがしっかりと食いつきスリップするようなことはほとんどない。滑りやすい粘土質でも高めに設定されたラグが食いつくのだろう。ヒールカップが厚く、踵の収まりが良いので急登でも踵が浮くことはなかった。ただシュータンが薄いウレタン素材一枚の作りなので靴紐の圧力を感じやすい。また、前足部の保護が高い反面、硬く感じるので場合によっては足に当たる場所が出てくるかもしれない。
 下りでもグリップに不安を感じる事は少なく、安心して足を置ける。気になっていた下りでの足の収まりだが、厚めのアッパー素材や広くとられた靴紐通しによってシューズの中で足がズレたりすることもない。アウターソールは固いが、Boostフォームのおかげで下りのショックはかなり軽減されていた。スピードにあるダイレクト感は少ないが、逆に場所を選ばずとも足を置ける安心感はある。
 
 スピードと比べて80gの重量増となっているが、さすがに80gの差は感じる。足さばきは軽い方がいいに決まっているので、バーティカル大会だったり、ショートコースでは差が出るかも。

 総評として、保護性能とグリップが高く、Boostフォームのおかげで長時間の行動でも足へのダメージは少ない。しっかり歩きたい時や、トレラン程走らなくても、泊まり装備でのスピードハイク目的の場合はとてもおすすめのシューズだ。疲労がたまってきたときなど登山道の石ころを蹴飛ばして悶絶する時もあるが、つま先の保護が高いので登山靴なみに安心感がある。つくりがしっかりとして安定感があるのでトレランシューズの入門用としても最適だろう。反面、ここ一番の大会や、バーティカルなど軽さが正義の場合はデメリットになる。そしてトレラン上級者にとってはちょっと過剰な保護性能に感じられるかも。

 全体的に満足度の高いシューズだ。やはりアディダスのシューズは総じて素晴らしい(個人的感想)トレラン練習からアルプスのテント泊まで十分対応可能な高レベルのバランスを備えている。間違いなくおすすめの一足だ。

 ※足の形や感触には個人差が大きいので試着を強くお勧めします。

 日々練成

IMAG4628.jpg
 スピードに比べて全体的に重厚なつくり。

IMAG4629.jpg
 贅沢にもフルレングスでBoostフォームが搭載されている。(土踏まずから踵の一部切れている部分も内部に搭載)

IMAG4630.jpg
 履き口は一般的なつくり。スピードのようにシュータン一体型ではない。そしてアッパー素材が厚い…。

IMAG4631.jpg
 つま先の保護がごつい!スピードの2倍くらいありそう。登山靴並みのつくりだ。
 靴紐で前足部を左右から引っ張り上げているので横ブレが少ないのは良い事。

IMAG4632.jpg
 外は固く中は厚みのある柔らかい素材のヒールカップ。収まりがよろしい。

IMAG4633.jpg
 気になったシュータン。ウレタン素材一枚の作りなので靴紐の圧力がダイレクトにかかるのは気になるかも。
[ 2019/04/13 06:06 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

ノースリーブは快適


 ここ数回の登山とランニングは新しく買ったノースリーブシャツで行っているのだが、これがすこぶる調子がいい。
 真夏に着ずに秋の今ノースリーブかよ、と思ってしまうが、セールで安かったのだ。品物はアディダスのテレックスシリーズ。今夏の猛暑で流石に涼しいウェアが欲しいなと思っていたところにセール品があったで買ってみたがこいつは当たりだった。というかノースリーブがこれほど快適なのかと初めて知った。
 ランニングではとにかく冷却効果が高く、廃熱が追いつかないことはまずない。腋が冷やされるので血液も効率良く冷却される。腕ふりがとても楽にできて、汗で肩回りの生地が張り付いて不快ということもない。おはりんがずっと着ている理由が良くわかる。登山でも涼しいので汗をかきにくく、肌寒くてもアームカバーで凌げるのが良い。(日焼けは気になるかも)
 出来る事なら胸元がジップ仕様になっているともっと嬉しいが、何となくガチ勢っぽくなってしまいそうなのでこれぐらいがちょうどいいのかも。1枚ではローテーションできないのでもう1着ほしいところだ。久々の当たりウェアに出会えてよかった!
 
 ※kouさんが来ていたアークのタンクが欲しい

 日々練成

cf4754.jpg
 カラーは白もあったけれど、乳首が透けると恥ずかしいので///
[ 2018/10/17 20:43 ] 装備 | TB(0) | CM(2)

adidasのシューズが調子良い


 山用のシューズとして今シーズンデビューさせたadidasのアグラビックスピードがとても調子が良い。ソールの持ちは今後の経過観察だが、今のところ全体の剛性やアッパーの通気性、つま先のプロテクションや耐久性は問題なさそう。ソールのグリップも良く、最近流行り(?)の厚底系ではなくランシュー並の厚さが丁度よく地面の感触や力を伝えてくれる。ドライでもウェットでもグリップが変わらないのが素晴らしいと思う(これは新藤さんもオススメ)
 ヒールカップもやや深めで立体形状になっているので、急な登りでも踵が浮いたりすることもない。一つ難点をいえば紐が長すぎるので引っ掛からないか心配なところ。これは切ったりして調整するとよい。あとシューレースホールが少ないので紐によるフィット感の微調整が難しい。もともとシュータン一体型の作りなので紐は絞めれば良いという設計思想なのかも?
 
 30kgちょいのザックを背負って登ってもグリップ不足や剛性不足になることはなかった。走っても登っても良いシューズは久しぶり。大切に履いていきたい。

 日々練成

rtjyurj.jpg
  このカラーがお気に入りなんだけどもう絶番。マイナーチェンジ早いよ!


[ 2018/07/31 06:38 ] 装備 | TB(0) | CM(2)

どこでも行ける きっと行ける


 先日初ランした TERREX AGRAVIC SPEED は予想以上に良いシューズだった。履き心地は柔らかく包み込まれるような一体感があるが、左右の剛性は高く踏み込みや横への体重移動でも不安はない。グリップも抜群で初期のラプターに似た吸い付き感がある。(あそこまでソールは柔らかくないが)
 ミッドソールは固めのEVA素材で反発もいい。土踏まずの違和感だがインナーソールを外して見てみると丁度土踏まず部分に固いシャンクが入っているようだ。これで蹴り出し時の反発を出しているのか、ソールのねじれを防止しているのかはわからないが慣れる必要がありそうだ(僕の場合)

 気をよくしてそれほどスピードを出さないで山に行く場合用に(こっちのが圧倒的に多い)SPEEDモデルでないTERREX AGRAVICも購入。こちらはしっかりとした剛性と素材の丈夫さ、プロテクションに比重をおいた作りになっている。そしてSPEEDのように内部は一体構造でないのでフィット感は劣る。ソールは一枚フラットソールだが、より細かなラグ配置となっていて安定感を出しているようだ。
 そしてBoostフォームがフルレングスで搭載されている。Boostは未体験だが、反発フォームの火付け役となったこの素材をいつか試してみたいと思っていた。Boostで楽に走れるなんては思ってもいないが、新しい素材だしどんな感じか体験してみるのはいいことだ。2足ともラスト(足形)はほぼ同じなようでサイズ感も一緒だ。手持ちの在庫限りのMana7はロード専用にして山はこのシューズで行こうと思う。やっぱりトレイルはトレイルシューズでしょう!

 マッハさんのシーサイドトレイルの記事へ

 日々練成

IMAG4248.jpg
 どこでも行ける きっと行ける から黄色 から
[ 2018/03/20 20:42 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

ビブパンツ最高な件


 先日の山スキーに初めて投入したフェニックスのビブパンツ。
 
 結論からいうと最高であった。動きやすさはいうに及ばず、深いパウダーでもまったく雪が入る心配がないというのがこれほどメリットがあるとは。心配された暑さもほとんど感じることはなかった。
 パンツだとどうしても足上げを繰り返すと腰の位置が下がったりして気になるし、インナーシャツがずり上がったりして腰が出てしまうととても不快。サスペンダーをつければいいのだろうけど、それなら思い切ってビブパンツにしてしまったほうが良い。

 胸まである安心感と、たくさんの内ポケットがあるので体温で行動食も凍らず取り出せる。春スキーまでは当面ビブパンツでよいと感じた。

 フェニックスのウエアは初めてだったが、とても丁寧でしっかり作らていてかなり好感が持てた。縫製部分のシームテープが重なるところはすべて補強もしてあり、カッティングは動きを妨げることがないように立体裁断になっている。素材であるドライベント(e-vent)の性能も素晴らしく、激しいラッセルでも蒸れで内側から濡れることをかなり高いレベルで防いでくれた。来季もセールがあるなら是非とも確保したい。

 日々練成

1517016547551.jpg
ビブパンツなら腰ラッセルでも雪が入り込む心配はない

IMAG4119.jpg
ポケットもたくさんあって便利。縫製も作りも丁寧
海外メーカーにはない、日本メーカーだからこそ作れるウェア

[ 2018/01/29 19:52 ] 装備 | TB(0) | CM(0)