どこでも行ける きっと行ける


 先日初ランした TERREX AGRAVIC SPEED は予想以上に良いシューズだった。履き心地は柔らかく包み込まれるような一体感があるが、左右の剛性は高く踏み込みや横への体重移動でも不安はない。グリップも抜群で初期のラプターに似た吸い付き感がある。(あそこまでソールは柔らかくないが)
 ミッドソールは固めのEVA素材で反発もいい。土踏まずの違和感だがインナーソールを外して見てみると丁度土踏まず部分に固いシャンクが入っているようだ。これで蹴り出し時の反発を出しているのか、ソールのねじれを防止しているのかはわからないが慣れる必要がありそうだ(僕の場合)

 気をよくしてそれほどスピードを出さないで山に行く場合用に(こっちのが圧倒的に多い)SPEEDモデルでないTERREX AGRAVICも購入。こちらはしっかりとした剛性と素材の丈夫さ、プロテクションに比重をおいた作りになっている。そしてSPEEDのように内部は一体構造でないのでフィット感は劣る。ソールは一枚フラットソールだが、より細かなラグ配置となっていて安定感を出しているようだ。
 そしてBoostフォームがフルレングスで搭載されている。Boostは未体験だが、反発フォームの火付け役となったこの素材をいつか試してみたいと思っていた。Boostで楽に走れるなんては思ってもいないが、新しい素材だしどんな感じか体験してみるのはいいことだ。2足ともラスト(足形)はほぼ同じなようでサイズ感も一緒だ。手持ちの在庫限りのMana7はロード専用にして山はこのシューズで行こうと思う。やっぱりトレイルはトレイルシューズでしょう!

 マッハさんのシーサイドトレイルの記事へ

 日々練成

IMAG4248.jpg
 どこでも行ける きっと行ける から黄色 から
[ 2018/03/20 20:42 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

ビブパンツ最高な件


 先日の山スキーに初めて投入したフェニックスのビブパンツ。
 
 結論からいうと最高であった。動きやすさはいうに及ばず、深いパウダーでもまったく雪が入る心配がないというのがこれほどメリットがあるとは。心配された暑さもほとんど感じることはなかった。
 パンツだとどうしても足上げを繰り返すと腰の位置が下がったりして気になるし、インナーシャツがずり上がったりして腰が出てしまうととても不快。サスペンダーをつければいいのだろうけど、それなら思い切ってビブパンツにしてしまったほうが良い。

 胸まである安心感と、たくさんの内ポケットがあるので体温で行動食も凍らず取り出せる。春スキーまでは当面ビブパンツでよいと感じた。

 フェニックスのウエアは初めてだったが、とても丁寧でしっかり作らていてかなり好感が持てた。縫製部分のシームテープが重なるところはすべて補強もしてあり、カッティングは動きを妨げることがないように立体裁断になっている。素材であるドライベント(e-vent)の性能も素晴らしく、激しいラッセルでも蒸れで内側から濡れることをかなり高いレベルで防いでくれた。来季もセールがあるなら是非とも確保したい。

 日々練成

1517016547551.jpg
ビブパンツなら腰ラッセルでも雪が入り込む心配はない

IMAG4119.jpg
ポケットもたくさんあって便利。縫製も作りも丁寧
海外メーカーにはない、日本メーカーだからこそ作れるウェア

[ 2018/01/29 19:52 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

newゴーグル (DICE JOKER)


 山にいかずとも装備は増えていく。
 今回は新しいゴーグルを購入。一応オークリーとスワンズ(熱線レンズ)はあるのだけど、オークリーはそろそろ寿命だし、スワンズは良コンディションの山では重装備過ぎる(あとやたらフレームがデカイ)
 コンパクトで使い勝手のいいゴーグルを一つ欲しかったのだ。ネットで探してみると今は球面レンズのフレームレスが主流でとにかくでかい!ゲレンデ使用が前提なんだから仕方ないか。

 こんなときはやっぱり日本メーカー。スワンズの山本光学から出ている別ブランド、DICEにはしっかりありました。シンプルで高機能。そして日本製。日本の山にはやっぱり日本のゴーグルってことでDICEのジョーカーを購入。型落ちモデルなので格安で購入できた。スワンズでレンズトラブルがあったときの山本光学の対応は素晴らしかったので、これも選択理由のひとつ。届いたらレビューします。

 日々練成

frdthyd.jpg
ゴーグルは見える事が仕事。見た目はシンプルでも見える機能が充実しているのがいい。
[ 2018/01/15 19:47 ] 装備 | TB(0) | CM(2)

phenix Snow Ridge 3L Jacket Bib Pants(フェニックス スノー リッジ 3レイヤージャケット  ビブパンツ)


 注文していたフェニックスのジャケット、ビブパンツが到着した。
 サイズもバッチリ。作りや質感もかなり上質だ。特にシームシーリングは難しい曲線部分も曲がりやシワなくぴっちりと処理されていて丁寧な作りが見て取れる。アウトドアウェアはシーム部分をみればそのウエアの作りが大体わかるのだ。
 表面素材も固めの磨耗に強そうな素材。内側は肌触りがよく、少しだが保温性がありそう。完全なアウトドアハードシェルより、一歩だけスキーウェアに寄った感じだ。ポケットは袖1箇所と胸の外側に2箇所だけ。内側ポケットがないのはビブパンツと併用を想定しているからか?
 フードの作りが素晴らしく、フルジップで襟が鼻まで覆ってくれる。調整箇所も多く強風でもばたつかないだろう。これは素晴らしい。

 ビブパンツはジャケットより薄めの内側素材でアウトドアウェアのゴアテックス3レイヤーと変わらない質感。軽く、動きやすい。ビブのポケットも多彩で、これならジャケットのうちポケットがなくても大丈夫そうだ。立体カッティングで膝あげも楽。ただ。裾が開かない仕様なので、ブーツのウォークモードのときに裾でブーツを覆う事が出来るのか微妙なところだ。覆えないとラッセルが深い場合、ブーツに雪が入る懸念がある。これはブーツを履いて試してみたいところ。

 全体的に非常に質感が高く作りも良い。スキーウェアという感じでは全くなく、ほぼ完全にアウトドアウェアといってもよい。発色もとても綺麗で白い世界にとても映えるだろう。

 とても満足度の高いウェアだ。あとは実際に使ってみてどうなるか。また詳細にレビューします。

 日々練成

IMAG4036.jpg
 勿論全て止水ジッパー。細かい処理も丁寧だ

IMAG4037.jpg
 ビブパンツは薄めの内側素材。シームテープは全てズレなく完璧

IMAG4039.jpg
 発色が綺麗!これは雪に映えますよ
[ 2017/12/26 20:24 ] 装備 | TB(0) | CM(4)

ニュートレランシューズ adidas TERREX AGRAVIC SPEED


 今更かよ!と言われそうだがこの時期にトレランシューズを買った。

 今シーズンの夏山で5年前に買って死蔵していたトレランシューズを履いてトレランシューズの素晴らしさを知り、今シーズンはトレランシューズを履いていたがさすがに5年前のシューズは(足型が変わったのか)足にイマイチ合わず下りで爪先が当たって痛かった。
 
 いい機会なので新しいトレランシューズを買おうかと思っていたが今時のトレランシューズ事情がさっぱりわからない。サロモン?TNF?最近はテクニカ?HOKA?ブルックス?モントレイルってコロンビアなの?さっぱりだ。
 先日一緒に走った新藤さんに聞いたところアディダスのトレランシューズが素晴らしいとの情報をもらった。アディダスといえば名機XTシリーズ。そのシリーズは廃版だが、新しいシリーズとして展開しているらしい。

 ロードを走ることは考慮せずに山での性能が高ければよい。アディダスのトレランシューズを調べてみると14,000円と結構なお値段だが丁度セールになっておりかなり安く売っていた。この値段なら買ってもいいかな。ということで早速ポチ。送料も無料だし公式が一番安いとか小売を潰しにきているのかアディダス。

 最新のトレランシューズがどこまで進化しているのか楽しみだ。とはいえもう今シーズン履く機会はないから来年かな。届いたら外観レビューくらいはします。

 日々練成

 132eq.jpg
  TERREX AGRAVIC SPEED 山ではトレランシューズだ!(テノヒラクル-)
[ 2017/10/30 06:31 ] 装備 | TB(0) | CM(0)