笈ヶ岳 ワンデイ 2013 4月 (笈ヶ岳登山2013年)

かねてから行きたかった笈ヶ岳へワンデイでマッハさんと挑戦してきた。

200名山の中でも登頂困難として知られる笈ヶ岳。登山道が無く、猛烈な藪山であるため残雪期の限られた時期にしか登頂する事が出来ないという。それでもこの時期になると全国から登山者が山頂を求めてやってくるのは魅力のある山だという事だろう。

笈ヶ岳の取り付きである中宮展示館までのアプローチである白山スーパー林道はこの時期まだ通行止め。自転車をアウトバックに積んでゲートでマッハさんと合流予定。

ゲートを4時出発予定だが、福井からだと2時間弱かかるので前日入りで車内泊とした。
23時にゲートについて缶ビール1本を飲んで就寝。朝3時前に車が来る気配がして目が覚める。マッハさんの車ではない?誰か別の登山者かと思って声を掛けると新車に乗り換えたマッハさんだった。予定より早いが3時半過ぎにはゲートを出発する。

P1010677.jpg
深夜のゲート。さあ行きますよ!

自転車でしばらく進むがGPSの掴みがいまいち悪くマッハさんに先に行ってもらう。15分ほどで中宮展示館へ到着。自転車を隠し、4時丁度に取り付き尾根があるジライ谷への遊歩道を歩く。ところどころ雪崩で埋まっていたが問題なく通過。

P1010680.jpg
例のスノーシェッド。暗くて不気味

ジライ谷渡渉地点の野猿広場につくが、水量が多く渡渉に時間を取られる。
ジライ谷左岸に渡った後も日の出前でライトを頼りに取りつきポイントを探すがここでも時間をロス。
ようやく取り付きポイントのトラロープを見つけて尾根によじ登る。

P1010681.jpg
野猿広場の建物が目印。

P1010684.jpg
藪藪で急峻な取り付きをよじ登る


取り付きは第一核心部分の噂通り急峻で険しい谷尾根だ。
両手両足を使って登る。しかし踏み跡はしっかりついておりルートに迷う事はない。久しぶりに登山らしい登りで楽しくなる。快調に高度を稼ぐ。

P1010686.jpg
1時間ほど急登が続く

しかし最初の小ピーク寸前で僕にアクシデント。下を見て登っていた僕が枝の折れた根本部分に頭を当てて出血。傷は小さいが頭なので出血がポタポタ。圧迫しとけば止まるだろうと思って放置。心配してくれたマッハさんからティッシュをもらう。程無く止血したので再出発。とんだロスでマッハさんすいませんでした。

P1010689.jpg
グロ画像ですいません。

ようやく尾根に上がるが予想より雪が少なく、細い尾根を藪漕ぎで進むしかない。距離を稼げず時間が過ぎる。ようやく冬瓜山手前に着いたが、中宮展示館より4時間近く経ってしまった。
冬瓜山への尾根上で笈ヶ岳が姿を表す。稜線上にスッと突き出した三角状のピークは一目で分かる。マッハさんとモチベーションが上がる。

P1010694.jpg
雪が少なく藪が尾根筋を塞いでいる。時間がかかる。

P1010695.jpg
稜線から見えた笈ヶ岳。テンションアップ!


第二核心部分の冬瓜山ナイフリッジに進む。しかし雪の付きがイマイチで一番状態が悪い。しかも気温が高く雪が緩んで足場の確保に苦労する。ピッケルを深く突き刺し確保しながら無事通過。
P1010699.jpg
見た目より高度感あって苦労しました。

冬瓜山を超えるとようやく雪の量も増えてスノーシューで快適に歩ける。30分程でシリタカ山へ。緩やかな山頂からは白山が見えるはずだったがいまいち雲がかかって展望はなかった。

P1010701.jpg
どーんと白山が!見えない!


シリタカ山から一度登り返し、笈ヶ岳の稜線へ上がる。登り返しがきつく帰りが思いやられる。
稜線への登りも厳しく、スノーシューのクランポンと両手を駆使して這い上がる。ようやく稜線。風が強い。
ここから前ピークの小笈ヶ岳へ向かう。きつい登りが続くが、しばらく走っていたせいかあまり体力的にきつくはなかった。

P1010705.jpg
登り返しも核心の一つかも。急で距離が長いです。

P1010709.jpg
自然の芸術が。バームクーヘンw


笈ヶ岳最後の登りをマッハさんと登り、10時20分笈ヶ岳登頂。やりました。厳しい山だったが登った甲斐があった。これだから山はやめられない。尾根取り付きから6時間でした。

P1010716.jpg
笈ヶ岳onキュゥべえ

P1010718.jpg
僕とツーショット

山頂で記念撮影。切り立った山頂の南側は切れ落ちて雪が付かない。これが特徴的なシルエットになっているのか。山頂は360度のパノラマだ。少しガスっていて遠望は望めないが、十分です。

P1010710.jpg
山頂は狭いが、三角点や標柱、祠など色々あり、人気が伺えます。

P1010721.jpg
マッハさんからまたしても山路を頂く。今回は胡桃バージョン!いつも本当にありがとうございます。お求めは石川県小松市の松葉屋さんへ!


20分ほど滞在して10時40分下山開始。
登り返しがきつく、ペースが上がらない、頑張るしかない。
ナイフリッジも無事越えて、藪漕ぎへ突入。
ようやく取り付き尾根の下りへ。慎重に足場を確保しながら降りる。

P1010723.jpg
下りはロープを使うがあくまで補助で。

14時30分 山頂から4時間弱で下山。中宮展示館まで30分ほど歩く。
15時10分自転車でゲートへ。勾配はきつくなく、すいすい進む。マッハさんは自転車が苦手なようで苦労していた。
P1010724.jpg
自転車ツーショット。マッハさんありがとうございました。

15時30分。ゲート到着。
ありがとうございました、今日もいい山でした。マッハさんとコーラで乾杯。また行きましょう。
しっかり筋肉を疲労させたので後は回復させるのみ。少し膝と足首を酷使したのでケアをしっかりしてマラソンに臨もう。

日々練成


笈ヶ岳へ登る方へ

4月16日時点では雪が少なく藪漕ぎが多いです。踏み跡、赤テープは良く見え、ルートミスはありません。
核心は最初の急登と冬瓜山ナイフリッジです。急登はトラロープが随所にありますが、古くなっておりあくまで補助程度に。ナイフリッジはここ数日で雪が解け岩肌が露出するので通過は楽になるでしょう。シリタカ山からの登り返しは雪が緩むと非常に苦労します。早めの時間に通過した方がよいでしょう。
雪解け直後なので落石が非常に多発します。後続に常に注意を。

もし答えられる範囲であれば回答します。気軽にコメント、メールでどうぞ。

[ 2013/04/16 22:09 ] 登山 | TB(0) | CM(8)