志賀高原マウンテントレイル

予定では22時頃福井を出発して早朝3時に会場到着、6時まで車内で仮眠の予定だったが、2日ほど前から怪しかった喉が本格的に風邪の様子になり、28日夕方にはかなり体調が悪く薬を飲むまでになってしまった。ギリギリまで家で仮眠し出発時間を遅らせて24時発の5時前着、1時間だけ仮眠する予定に切り替え、24時前に家を出る。

高速を走るが薬の作用かいかんせん眠い。途中3回もPAで仮眠をする事になってしまった。
予定より少し遅れて5時半に会場の駐車場に到着。すでに何台か停まっていた。端っこの方に車を停め、少し仮眠。6時過ぎに起きて準備。天気は微妙だ。予報は回復の方へ向っているが昼過ぎから怪しくなりそう。

準備していると男性に声をかけられた。なんと僕のブログを読んでくれている方だった。まさかこんな所で読者の方と会えるとは。とても嬉しかった。一緒に写真を撮らせていただく。その方は目標5時間だという。それって相当早くないですか。お互いの健闘を誓ってそれぞれ準備へ。

P1010735.jpg
埼玉から来られたとういうお二方。声を掛けて貰ってありがとうございます。狙うは5時間台。すげー!


7時過ぎ。熱があるのか寒気がするので、ウィンドブレーカーを着て会場受付へ。選手駐車場からは700mほど歩かなくてはならない。
すでに会場には人が集まって受付の列を作っていた。僕も列に並び、特に問題なく受付を済ませ記念Tシャツとナンバーカードを貰う。荷物が増えてしまったので一度車へ戻り再度会場へ。
8時過ぎ。すでにレースブリーフィングが行われていた。コース等の解説が丁寧に行われていた。トップ選手が現れ、スタートゲートの最前列に並び始めた。僕も真ん中付近へ並ぶ。
皆装備がカッコイイ。専用のウェアやハイドレなどバッチリ決まっている。サロモンが多かった。僕は相変わらずの登山装備に背中にはキュゥべぇが。スタート時に「キュゥべぇがんばって!」と声を掛けられた。

P1010742.jpg
P1010745.jpg
P1010748.jpg

8時半、カウントダウンとともにスタート。ゲート最前列付近は猛然と走って行く。僕は真ん中からゆっくりスタート。ガンガン抜かれるが気にしない。

P1010751.jpg

P1010754.jpg

ゲレンデを横断しトレイルへ入る。ここは狭くとても抜けるような場所ではない。少し段差や障害物があると一気に渋滞になる。なかなか進まないが僕には好都合だった。喉と鼻が痛く呼吸がつらい。我慢我慢。

P1010757.jpg

P1010760.jpg

1時間ほどで登りが始まる。ここで全体が一気にペースダウン。ゆっくりとした歩きで進む。30分ほど登りが続く。足元は前日の雨でドロドロだ。急登が過ぎ、ピークのノッキリへ到着。(この時点ですでにトップグループはセクション2を走っていた)

P1010762.jpg
P1010763.jpg
登りは渋滞。

ここから稜線上を細かいアップダウンと共に走る。晴れていれば最高の展望だろうが、残念ながらガスであまり展望はなかった。足元がドロドロなのでいたるところで選手がスリップダウンしていた。僕も慎重に走る。道は狭くやはり抜く事は難しい。フラストレーションが溜まった人も多いだろう。
こんなコンディションでもスポルティバのラプターはしっかりグリップしてくれたし、直前に購入したマウンテンハードウェアのゲイターは大活躍で、終始シューズに異物が入る事は一切なかった。大正解だ。

P1010768.jpg

P1010770.jpg
晴れていれば最高の展望と気持のよい稜線トレイルだろう。足元はドロドロで難儀した。

稜線を下るとゲレンデへ。ここから全体が一気にスピードアップ。フラストレーションを発散するかのように駆け下りていく。僕は後半のために膝を温存。後ろ向きで下っていると何人もの選手が笑ってくれた。

P1010772.jpg
皆渋滞から解放されて一気に走りだす。

セクション1を通過しセクション2へ。スタートと同じゲートを通るのだが、この時アナウンスが通過する選手のナンバーと名前を読み上げてくれるのが嬉しかった。

セクション2入口に第1エイド。
蒸し暑かったので結構水が減った。ハイドレに水を補給し、VAAMとコーラを頂く。エイドはオレンジやバナナ、温泉饅頭、ポテチがあって充実していた。岩塩と塩が嬉しかった。僕は饅頭と塩を頂いて、持参したゼリーを投入し再びスタート。

P1010774.jpg
シューズの汚れがコースの厳しさを物語っている。

P1010776.jpg
P1010778.jpg
補給完了!さあ行きますか。

セクション2は27km。ゲレンデを横断し焼額山を目指す。ゲレンデからトレイルに入り、気持のよい道を進む。途中天然記念物の「しなの木」を通る。トレイルを過ぎるといよいよ焼額山への登り。登山道を少し行くとゲレンデ直登になる。登り得意な僕はガシガシ歩く。ゼリーもガンガン投入。皆は厳しい登りだったようでここでかなりの人数を抜く事が出来た。
P1010779.jpg
P1010781.jpg
P1010782.jpg
P1010783.jpg
ゲレンデ直登は皆厳しかったようだ。僕は得意の登りでガンガン行けた。

ゲレンデを登り切り焼額山山頂直下へ。ここで半分の20km。ここから下りが始まる。一気に林道を下るが、前半はコンクリート、後半は砂利道でかなり厳しかった。

P1010787.jpg
P1010786.jpg


40分ほどで第2エイドへ。
ここまで4時間10分ちょい。体力は余裕があるが体調がきついというジレンマ。エイドで水と塩とVAAMを補給し出発。スタッフの対応がフレンドリーで嬉しかった。ここでもゼリー投入。

P1010790.jpg

ロードを2km走りトレイルへ。ここからずっとトレイルが続くこの大会最高の区間。アップダウンも沢を超える時だけでほぼフラットなトレイルを気持ちよく走る事が出来た。ここで先を行く岐阜から来られたお兄さんとご一緒し、ずっと引っ張ってもらう事が出来た。本当にありがたかった。

P1010791.jpg

P1010794.jpg
気持の良いトレイルが続く

P1010795.jpg
ご一緒した岐阜からこられたお兄さん。早かったです。


トレイルでは随所にスタッフが設置したクスリと笑える看板が設置してあり和ませてもらった。
12kmのトレイルを一気に走り抜けいよいよゲレンデへ戻ってきた。ゴール前2kmはゲレンデの登り返しできつかった。最後のゲレンデを横断し、いよいよウィニングランへ。

P1010793.jpg
P1010797.jpg
いよいよウィニングラン。

大会フラッグが並ぶコースを通り、多くの人から応援を受けてゴールゲートを通過。フィニッシュだ。
やっぱりこの瞬間は最高だ。振り返ってコースへ一礼。アナウンスで名前も呼ばれて嬉しかった。
その後駐車場で声をかけていただいた方とお話しする事が出来た。その方は4時間台のタイム。凄すぎる。是非またブログへ遊びに来てください。トレイルで引っ張ってもらったお兄さんともゴール後握手。本当に助かりました。ブログに是非遊びに来てください。
ゴール後は一気に緊張が解け、寒気が襲ってきた。熱があるのか?エイドで水とコーラを貰い、ゲレンデの草地に倒れこんだ。ゴール付近はゲレンデの草地になっているので皆思い思いの場所で休んでいた。大きな大会ではこうもいかないだろう。

P1010799.jpg
ゴール!この瞬間は最高だ。

P1010801.jpg
P1010802.jpg
リザルト

完走証も直ぐに発行してもらえた。結果は総合193位(550人中)30代67位だった。特に目標を決めていたわけではなかったが、出来れば半分から上にはいたいと思っていたので目標は達成出来た。

しばらく休んで駐車場へ向かう。車でウェアを着替えて一息ついた。会場前のホテルで温泉に入る。500円なり。本当は完走直後にお湯で温めるのは良くないのだが、一刻も早く身体を休めたかった。身体を綺麗に洗って湯船でゆっくり休む。その後まだ大会の続く会場を後にすた。途中のコンビニでグレープフルーツジュースを一気飲み。
高速に乗って途中のSAでうどんを食べ、ちょっと仮眠して22時前には家に着く事が出来た。

体調が悪く一瞬DNSもよぎったが、何でも挑戦しないとわからない。勿論走って良かったと思う。体調が良くてもこれ以上の結果が出たかどうかはわからないが、色々な人と出会え、勉強もさせてもらった。トレイルの戦い方を良く分かった。これからあまり大会は出ないかもしれないが、次の大会ではこの経験を必ず活かす。

大会はとても雰囲気が良かった。それほど大きくなかったからかもしれないが、スタッフの対応も良く、選手も皆フレンドリーで良かった。エイドはもう1つくらいあっても良かったかもしれない。コースは登りが長くきつかった見たいだが、僕には良かった。特に後半のトレイルは最高だった。しかし前半のドロドロには参った。

大会で出会った方、ありがとうございました。ぬいぐるみ背負った妙な野郎を見かけた方は是非コメントを。
そして大会関係者の方に感謝、協力してくれた家族に感謝。ありがとうございました。

これにて志賀高原マウンテントレイル、完結でありんす。おわり。

日々練成

P1010805.jpg
お疲れ様でした。



[ 2013/06/30 15:03 ] 大会、レース | TB(0) | CM(8)

志賀高原マウンテントレイル完走

雨にも降られず完走出来ました。
色々な方ともお話出来て楽しかったです。
今から福井へ帰ります。詳細は後日。

日々錬成
[ 2013/06/29 15:57 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

志賀高原へ出発

いよいよ志賀高原へ向けて今夜出発。
体調も天気もイマイチだが頑張って楽しもう。

シューズは黄色のラプター、ザックはオスプレイ。怪しいヌイグルミを背負っている変態がいたら僕です。

頑張るぞ!
日々練成

IMAG0847.jpg
こんな遊び心も必要
[ 2013/06/28 22:28 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

休養とゴリラ屋さん

いよいよ明日夕方志賀高原へ向けて出発する。
明日は準備と最終チェックになるだろう。天候は良くないが頑張るのみ。大会を楽しみつつ自分の出来る事を出し切る。レポートも頼まれたので写真もしっかり撮ります。

今日は白山の疲れが少し脚に残っていたので無理せず休養。筋肉痛もあるので大会に備える。若干喉の調子が気になる。加賀温泉郷マラソンの時もこんな事言っていたような気がする。病は気から、気にしない。

職場の先輩と後輩と共にゴリラ屋さんへ。
かねてから行きたいと先輩が言っていたので仕事明けの残業を終わらせて昼過ぎにゴリラ屋さん集合となった。
初めてファーストロットが取れなかったがこういう日もいいだろう。

後輩は以前、中豚で撃沈しかけたので今日は小豚W。先輩は中豚。無謀にも後輩はコールでヤサイマシマシコールだった。この後地獄を見る事になる。僕は小麺柔らかめで手堅く。
甘く見た後輩は危うくギルティ。前回もこんな感じだったな。先輩はギリギリ完食お疲れ様でした。僕も美味しくいただきました。

今日もゴッソサンシタ!!

日々練成

IMAG0841.jpg
小豚Wと甘く見てヤサイマシマシコールの結果wwwww。

IMAG0842(1).jpg
この表情が全て。僕がかなり手伝ってギルティ回避の後輩君。甘くないニャ~





[ 2013/06/27 17:58 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

まだまだ足りないです。

昨日はサブスリーさんが立山をランで往復した。今日はYASUHIRO先生と髭魔人さんが海抜0mから朝日岳を往復している。みんなハードな挑戦をしているのに僕はまだまだ甘いなと思った。

今週末は大会がある、その次はいよいよ「プロジェクトΔ」だ。
大会では経験する全てを吸収しておきたい。40kmという距離は初めてのトレイル大会には丁度いいだろう。そして適度な刺激の後に休養を入れて大一番に備える。

今年の目標はまだフルマラソンしか達成出来ていない。釈迦新道~中宮道往復ワンデイも7月になったら実行日の決定と計画を立てる予定。ロングトレイルはワンデイと2泊から3泊程度のビバークも含めた縦走も計画している。
海抜0mから北アルプスを目指すのも面白そう。海抜0mから早月尾根経由剣岳往復ランも計画中。

まだまだ足りない事ばかりだが、みんなに追いつけるよう日々練成です。

[ 2013/06/26 19:51 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

白山登山 トレーニング

予定通り白山へ。
仕事明けでごたごたしていたら別当出発が11時になってしまった。しかもGPSロガーの掴みが悪くうろうろしているうちに11時過ぎ。GPSは放置して吊り橋からスタート。今日は何となくベストを狙ってみようかなと吊り橋途中で思った。

IMAG0825.jpg
完全に夏山の様相です。

11時14分 別当出会
11時29分 中飯場
11時43分 別当覗
11時58分 甚之助避難小屋
12時23分 黒ボコ岩
12時34分 室堂
12時51分 御前峰

最初の石畳で作業員の方が30kg近い石を一人で一生懸命転がしていた。登山道の整備に使うのだろう。本当にお疲れ様です。お陰様で快適に歩く事が出来ます。お礼を言って中飯場へ急ぐ。

IMAG0826.jpg
一人で登山道の整備をする作業員の方。お疲れ様です。

中飯場を過ぎ別当覗を過ぎると若干の残雪。緩んでいて歩きにくい。素直にトレースを辿っていたら甚之助避難小屋を外れたラインへ行ってしまった。少し戻って避難小屋を通る。

IMAG0829.jpg
甚之助避難小屋付近はガスで真っ白

十二曲がりまでのトラバースは残雪上を歩く。所々踏みぬきそうなブリッジが出来ていてちょっと怖かった。
やはり雪が緩んでいるのでなかなか進まない。

IMAG0831.jpg
急登部分はステップが切ってあった。ありがとうございます。

黒ボコ岩では何人もが休憩していた。僕は先を急ぐ。
一番タイムを稼げる弥陀ヶ原も残雪で脚が埋まる。我慢して小走り。五葉坂は残雪僅かなのでがんばって登る。
室堂はすっかり雪解け。若干社務所裏に200m程残雪。これまた緩くて難儀でした。

IMAG0834.jpg
すっかり雪も溶けた室堂。山頂までもう少し。

この時点でベスト更新は怪しい雰囲気。甚之助避難小屋までは45分だったのにどうしてこうなった・・・。
しかしやってみなけりゃわからない。気合いを入れて山頂へ。
何気に白山は最後の登りがキツイのです。心拍数もMAXで青石を過ぎ、高天原を過ぎれば山頂は直ぐそこだ。
ラスト1分、何とかいけるか。奥社でお参りをして三角点へ。ゴール、1時間37分。どうにか1分更新でした。もうギリギリでした。
少し息を整えていると雨粒が。次第に強くなりたまらず奥社へ雨宿り。通り雨なので直ぐ止むでしょう。奥社でエネルギー補給し、神戸から来たという2人組と少し話をした。

IMAG0835.jpg
キュゥべぇもやる気ないわ・・・

雨も小降りになったので下山。歩幅は小さく、濡れた石畳のスリップを注意して進む。
下り出せば早い。40分で甚之助避難小屋。少し控えめに脚を使って1時間24分で下山。

駐車場でYASUHIRO先生のHP読者であり、かかりつけの患者さんというご夫妻とお話する事が出来た。僕の事もご存じのようで感激です。改めて先生の凄さを感じました。

結果はイマイチだったが、1週間のストレスを放出出来たいいトレーニングでした。
やっぱり白山は最高だ。

日々練成

[ 2013/06/25 19:32 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

明日は絶対白山&チャンスはもうすぐ

明日は絶対に白山へ。
もう限界ギリギリなので白山に癒されないとどうにかなってしまいそうだ。
仕事明けなのでやっぱり10時半に別当を出発出来ればいい方か。しばらく白山に会っていないのでどこまで雪解けしたのか楽しみだ。

NOZAさんと髭魔人さんがそれぞれ海抜0m薬師岳往復、奥穂~西穂縦走(ゴンドラ不使用)に行ってきたらしい。
うーん、流石お二方。負けていられない。
しかしここで焦りは禁物。例の計画(プロジェクトδ)の為にコツコツ準備を進めている。その前に志賀高原マウンテントレイルもある。これはプロジェクトδの為にもいい前哨戦になるだろう。

まだまだアタックする時じゃない。じっと伏して機会を待つ。その時は近い。

日々練成
[ 2013/06/24 20:35 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

前泊条件と高額参加費&志賀高原マウンテントレイル参加通知

今朝は白山の予定だったがサッカーの審判が割り当てられているのをすっかり忘れていた。正午からの試合なので流石に無理。今日は諦めた。明後日25日晴れたら行く予定。

今日は立山ヒルクライムが開催されている。ヒルクライムとしては国内最大級の大会だろう。YASUHIRO先生も随行医として参加されているはずだ。先生の事だからAED背負いながらレースしてたりするんじゃないかなんてマジで思った。

初めてこういった大会に興味を持って思ったのが、参加費の高さと前泊条件という意味不明な条件だ。参加費の高さは大会によってもの凄く違っている。大きな大会だと2万オーバーとかざらにある。それに加え、開催地に宿泊する事が条件となると最低でも7000円前後の出費になる。参加だけで3万近く取られ、更に交通費まで加えると本当に気軽に参加出来る大会ではなくなってくる。

理由の一番不明な前泊条件というのはいったい何所からきているのか。
建前は開催地に貢献するとあるが、泊まりたくないのに参加条件だからといって無理やり泊らされて、いい印象を持つ人がいるのだろうか。それに大会に休みを調整しても、前泊条件があるので参加出来ない人も大勢いるだろう。一時的に儲かればそれでいいんだろうか。

本当に開催地貢献をするなら逆に地域で大会を盛り上げるようにした方がリピーターの獲得に繋がるだろう。高い宿泊費に無理やりな条件を認めさせて大会以外でその場所に来たいと思う方がおかしい。

大会参加者には広く門を開放して欲しい。カリカリに仕上げたセミプロみたいな人ばかりで大会を開くなら認定制にして一般人参加不可にした方がよっぽどレベルも上がるでしょう。


月末の志賀高原マウンテントレイルの参加通知が届いていた。
4月のマラソンの時もそうだが、いよいよ来たなという感じだ。しかし練習はなかなか出来ていない。僕が参加するクラスは550人のエントリーがあった。半分より上を目標としてがんばりたい。

日々練成

IMAG0823.jpg
志賀高原マウンテントレイル。福井から参加される方もいるようだ。見かけたら声かけてください。
信州トレイルマウンテンさんもブース出店するようなので是非お邪魔してみたい
[ 2013/06/23 17:28 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

Madone洗車&大市ラーメン&絶品ソフトクリーム&明日は白山

今日は仕事だったが、急遽昼間は休みを貰ってゆっくり過ごした。
朝雨が止むと同時に大阪ロングライド以来車に積みっぱなしのMadoneを洗車。ディレイラーやギア周りの油汚れも丁寧に落とした。流石に1週間で東京大阪と走るとチェーンにも汚れが目立つ。後日じっくりチェーン周りの清掃もやりたい。

昼はゴリラ屋さんかと思ったが、少し時間が無いのでちょっと浮気してあわら市の大市さんへ。久しぶりのとっときラーメンは豚骨出汁と刻みチャーシューが良く絡んで美味しかった。

その後、道の駅みくにのソフトクリームを食べに行く。何やらイベントで激混みだったが、ソフトクリームは混んでいなかったので直ぐに買えた。やっぱりここのソフトは絶品。ふわっと軽い食感にさらっと溶ける感じは上質の生クリームの様だ。甘さを良く抑えてジャージー牛乳の味と香りが口いっぱいに広がる。有名ソフトは大抵食べてきたがここのソフト以上に出会った事はまだ無い。是非皆さんもどうぞ。

明日は白山に癒されに行く予定。
仕事明けなので10時半に別当につければいい方か。どこまで雪が溶けたのだろうか。天気も良さそうなので存分に白山に甘えてきます。

日々練成

IMAG0819.jpg
あわら市の大市らーめんさんの「とっとき」豚骨スープに刻みチャーシューがたっぷり入り、ねぎと卵がアクセント。他では無い味です。

IMAG0822.jpg
道の駅みくにで味わえる絶品ソフトクリーム。ソフトクリームマニアの僕もこれ以上のソフトに会った事は無い。
[ 2013/06/22 21:59 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

2014TJAR

2014年TJARの参加要件が発表された。
昨年よりも厳しく、より具体的に絞り込まれた内容になっている。しかし要件を良く読んで気が付いた事がある。やはりスピードはそれほど重視されていない、という事だ。これはUTMFやハセツネのようなタイムレコードレースとは違うという事を表している。

そもそもTJARは順位を付けこそすれ、各々が定めた目標に向かってゴールする大会だ。自分が決めた時間内ゴールを目指し、結果として1位となった。完走目標の中で、同じく完走した人達と比べてゴールが先か後かというだけで、本人は順位を気にしてはいない。
そう、TJARはトレイルランイングレースではないのだ。トレランを極めた先にこの大会があるのではない、とTJAR実行委員会のメッセージに書いてあった。実際トレランレースでビバークを伴う事など無いだろう。山中でのビバークがどれほど過酷で孤独で不安か知る人は少ないのではないだろうか。

昨年の放送を見て多くの人がこの大会を目指すだろう。自分もその一人だ。しかし自分にその資格があるのかは、ずっと参加を決意してから自問自答を繰り返してきた。まだ参加要件の条件をクリアしていない項目もある。しかし挑戦しないと何も変わらないし、進まない。
条件の内何個かは今年実際僕が挑戦しようと思っていた計画の中で消化出来る。唯一のネックが70km以上のトレラン大会参加だ。土日仕事が多い僕にとってはなかなか厳しい。参加大会も限られるので相当絞り込まれるだろう。しかしフルマラソンの条件もクリア出来たのだからやってやれない事はない。

縦走ビバークとはなんと楽しそうな響きだろうか。去年テント泊縦走をしてみてテントは最低限でいいなと思ったところだ。食事も行動食で十分だし、着替えも非常用だけで十分だ。安全性も確保した上でギリギリのところでやってみたいと常々思っていた。
限られた日数の中、単独でどれだけ遠くの山まで自力で行けるか。誰とも会わない数日を過ごしてみたい。アクシデントさえも楽しめるような、そんな山を歩いてみたいと思っている。
TJARにはどんな感動が待っているのだろうか。今から楽しみでならない。

日々練成


[ 2013/06/21 10:15 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

結果と過程

今朝FIFAコンフェデレーションズカップでサッカー日本代表対イタリア代表のゲームがあった。
結果は3-4で日本の負けであった。世界の強豪相手によく打ち合った試合をしたものだと思った。試合後中心選手の本田選手が「いい試合したという事だけで終わってしまった」と言っていた。結果が全て。内容がいくら良くても負けては意味が無いという事だろう。
スポーツの世界に限らず、世の中の大抵は結果が全てだ。良く頑張った。素晴らしい内容だった。しかし負けた、失敗した、では意味がないのだ。僕もその考えには大いに同意する。勝たなければ意味が無い、と常に思っている。

しかし山に関してはちょっと違う。そもそも勝ち負けなど無いのかもしれないが、山に負けるというよりは自分に負けるといった方が近いのかもしれない。山頂に立つのが勝ちだとするなら、天候の急変、体調不良、その他アクシデント。様々な要因で途中で引き返すのは敗退となる。しかしこれは山、登山という行為に対する敗北ではないと思っている。自分の準備不足、予想不足、対応能力不足に対する結果なのだ。登山は山に勝つためではない、山に登るのは自分の実力を推し量ってもらうのだと思っている。

山頂に立てなかったのは自分の体力不足だったから。たまたまチャンスが無かったから。思いもよらないアクシデントが重なった。色々あるだろうが、結局は自分の実力不足なんだと思う。以前11月の白山で途中敗退と書いたが、あれも僕が精神的に追いつけなかったのが原因だ。やってやれない事はない。本気じゃなかったという事だ。

今度の企画は相当精神力が削られるだろう。体力も限界を超えるかもしれない。しかし最後は必ずやり遂げる強い意志が結果を左右するだろう。当然リタイヤの考えは無い。限界突破しても必ず完遂する。
今から楽しみだ。

日々練成


IMAG0779.jpg
やっぱり完全燃焼したい!
[ 2013/06/20 22:25 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

新しい企画

次は志賀高原マウンテントレイルが月末に開催される。なかなかトレーニング出来ていないが、今の自分の実力を知るにはいい大会になるだろう。準備はしっかりして挑みたい。

その次は再びサブスリーみなもっさんと一緒にある企画を実行予定。
かねてから計画していたが、いよいよ実行に向けて動き出した。日程的に厳しいところもあるが、なんとしても成功させたい。時間を見つけてトレーニングしよう。

日々練成
[ 2013/06/19 17:25 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ロングライドの感動&疲労回復ゴリラ屋さん

1週間で東京大阪と2つのロングライドは走り応え十分だった。
それぞれ辛い事や楽しい事があり、まさに一生の思い出になった。

昨日は4時起きの仕事に間に合わせるため打ち上げの後テルメで仮眠して2時半に金沢を出発し3時半には自宅に帰り30分程仮眠して仕事へ向かった。さすがに脚の疲労感は強かったが、やりきった達成感でまだ体が火照っていた。
思い出せば出すほど楽しいロングライドだった。東京ロングライドの感動は嬉しさと達成感で泣ける感動、大阪ロングライドは楽しさMAXの感動だった。これからもどんどん挑戦を続けていきたい。またあの感動を味わって見たい。

今朝はYASUHIRO先生の独り言に僕の紹介が載っていてビックリした。
まだまだ足りない事ばかりだが、恥ずかしくないようにこれからも日々練成でがんばります。よろしくお願いします。

IMAG0799.jpg
河川敷の快適な自転車道を走りきればいよいよ大阪だ!


今日は愛車Madoneの洗車と整備をと思ったが朝から雨でテンションは低い。最低限の整備だけして洗車は明日に持ち越し。

仕事やサッカー、ロングライドと立て続けに体を使ったので疲労感や筋肉痛が強い。こういう時はあそこに行くしかない。

やってきました「ゴリラ屋」さん。今日もよろしくお願いします。
開店15分前に到着すると定休日の看板が!そんなバナナ、ブログで確認したはずなのに!店の前でウロウロしてると店主がドアから。定休日のプレートを外すのを忘れたとの事でびっくりした。
今日も「汁無し」を選択。開店と同時に満席になる相変わらずの人気っぷり。最後に入ってきた若い男女は激盛りをオーダーして店主に警告されていたが果たしてギルティ判定は受けなかったのだろうか。

着丼した汁無し、最高です。見た目だけでKOされそう。ニンニクもばっちりでしっかり身体に栄養補給です。これを食べれば明日から大丈夫。やはり疲れた時はゴリラ屋さんに限る。1週間の疲れも吹っ飛ぶ大満足でした。今日もゴッソサンシタ!

日々練成

IMAG0814.jpg
汁無しにはカラメコールが良く合う。ニンニクは最後まで取っておき、ラストに投入するのがベターだ。
[ 2013/06/18 16:35 ] 独り言 | TB(0) | CM(3)

大阪城ロングライド 詳細報告

大阪城ロングライド詳細報告。

まずはYASUHIRO先生、髭魔人さん、NOZAさん、ありがとうございました。足手まといにならないかだけが心配でしたが、無事完遂出来てほっとしています。

金曜日に先生からお誘いをいただき何としても参加しようと日程調整。土曜日は職場のサッカー北進越大会で長野県飯田市まで遠征しなくてはならない。勿論試合にも出場だ。爆走して帰ってくれば何とか間に合うか。

15日は飯田市で試合。1試合は勝ったが決勝リーグをかけた2試合目は先制され猛追したが及ばず敗退。風雨の中走りまくったので足が持つか心配だ。
16時半に飯田市を出発し、養老SAで皆で夕食。僕はガッツリ食べてエネルギー補給。ここで解散となったので福井まで爆走し後輩2人を降ろして家に着いたのが22時半。友人に預けてあった自転車を取りにいき、準備完了して23時過ぎに家を出て一路金沢へ。間に合うか本当に心配だったが0時過ぎには集合場所に着けてほっとした。まだ皆さん来られていないようだ。
14日から仕事明けで4時間ほどの睡眠だったので、どこでこのツケが来るか心配。今はまだ興奮しているので大丈夫だが・・・。

0時15分
着替えて自転車を組み立てる。が、ここで痛恨のミス。慌てていたのでボトルとサイコンを家に忘れてしまった。今日は暑くなるのでボトル無しは考えられない。サイコンも無いとペースがわからない。深夜だし店も当然やっていない。これはマズイ。ふとルートを思い出すと、僕の家の近くを通ることに気がついた。この時に取りに戻る事にした。福井まで70kmは気合で乗り切る。

0時半
NOZAさん、髭魔人さん到着。今日一日よろしくお願いします。お二方とも体力ありそうってか間違いなくあるでしょ。
0時45分
先生到着。流石のオーラ出てます。よろしくお願いします、みさごです。
出発前に全員で写真を撮っていよいよ出発。

若干小雨がパラつくが問題無しで走る。4人のローテーションは先生>髭魔人さん>みさご>NOZAさん。距離で交代。
いきなりの爆走。ペース早しとは聞いていたが飛ばします。サイコンは無いので正確にはわからないが30km前半は出てます。
金沢市を通り抜け小松市を抜ける。ここからはいつものトレーニングコースで庭のようなものだ。先頭は髭魔人さんに交代。僕は2番手へ回る。40km過ぎあたりから水分と塩分が明らかに不足する。しかし迷惑はかけられないので気持ちでペダルを踏む。50kmを過ぎいよいよ僕の先頭。ハイペースを崩さないよう感覚で飛ばす。道がわかるのがせめてもの救いだった。65km付近で自宅近くまで来た。ここで皆さんにはコンビニで休憩してもらい、僕は自宅へボトルとサイコンを取りに戻る。無事ゲット。これでようやく安心出来ます。コンビニへ急ぐ。

4時
ここから越前海岸へ。夜明け前で静かな海岸線は快適だった。
が、ここで睡眠不足のツケがまわってくる。走りながらウトウトしだし、オマケに幻覚まで見え出した。何度となく電柱が人に見え、点滅信号が自転車のバックライトに見えて突っ込みかける。一度は危うく海岸へダイブしそうになった。約1時間弱、この時が一番つらかった。
そろそろ僕はお役御免で先頭はNOZAさんへ。若いNOZAさん体力ありまくりで飛ばします。最後尾は付いて行くだけなので楽をさせてもらう。100km付近で2回目の補給。あっという間の100km、流石早いです。みなさんまだまだ余裕の表情。

IMAG0783.jpg
コンビニではガッツリ補給。ハイカロリーな菓子パンとコーラは定番です。

OLR01.jpg
夜明けの快適な越前海岸 (YASUHIRO先生提供)

olr07hige.jpg
髭魔人さん提供

早朝の交通量の少ない越前海岸を飛ばす。
あっという間に敦賀が見えてきた。ここから国道8号線に合流。交通量も増えてくるので慎重に走る。再び僕が先頭。

7時
県境の峠前のコンビニで休憩。ここから先はヒルクライムなので各自のペースでと先生。峠集合予定で出発。
斜度が増してきていよいよヒルクライム。僕が先頭でノロノロ進んでいると後から先生と髭魔人さんがダンシングで爆走開始。音速でかわされた。NOZAさんがバトルが始まった!と叫ぶ。3人に僕はとてもついていけるペースでは無いので機会を伺ってシッティングで粘る。
7km程の登りの中間でNOZAさんが2人にちぎられ始めた。ここはペース維持でNOZAさんをかわす。何とその先では先生が髭魔人さんにかわされている。さすが栂池で勝っただけある。粘りの走りで先生をかわして髭魔人さんを視界に捕らえる。残り2km。まだ勝負ではない。そっと背後からチャンスを狙う。髭魔人さんは気がついていないようだ。脚はもう残り少ない。残り500m、ここでアタック。頂上手前直前で髭魔人さんを捕らえてかわした。もう脚は無いです。何とか抜けたが先生も髭魔人さんも半分ほどしか出していない感じだ。完全に遊ばれてしまったか。まだまだ二人を本気にさせる脚はありません。

峠からダウンヒルで琵琶湖へ。ここで2回目の先頭が終わりNOZAさんへ交代。
琵琶湖周回は快適そのもの。30km以上のペースで快走だ。天気も良く本当に気持ちがいい。

8時
琵琶湖の入り口で集合写真を撮る。琵琶湖に来たのはいつ以来だろうか。まさか自転車で来るとは。
多くのチャリダーが湖周道路を走っている。絶好の自転車日和だ。

olr09noza.jpg
YASUHIRO先生 (NOZAさん提供)

OLR02 yshr
髭魔人さんと僕 (YASUHIRO先生提供)

olr03 yshr
琵琶湖記念 (YASUHIRO先生提供)

市内へ入ると交通量も増えてきて快走とはいかない。トラックも多いので注意して進む。しかし日が昇ると暑い。途中たまらず水を浴びて体を冷やす。そろそろ琵琶湖も終盤。

olr08noza.jpg
途中のセブンイレブンでまったり。先生と髭魔人さんが渋いぜ (NOZAさん提供)


12時前
琵琶湖を過ぎて京都へ入る。ここから交通量爆増で思うように進めない。我慢して大阪を目指す。
宇治川沿いの堤防を走りもうすぐ大阪というところで僕が痛恨のパンク。バルブが吹っ飛んでいた。ナンテコッタ。直ぐチューブ交換。タイヤに異常が無かったのが救いか。ご迷惑をお掛けします。

olr04yshr.jpg
唯一のパンクは僕でした。(YASUHIRO先生提供)

13時
いよいよ大阪へ。
快適な河川敷自転車動を走る。広い自転車動は多くのチャリダーが走っていた。混雑や信号とは無縁の快適な走り。
しかし1km毎にあるゲートを通過する度に自転車から降りなければならないのが面倒だった。

olr14.jpg
ついにここまできました。大阪城は目前。

13時50分
いよいよ視界に大阪のビル群が入ってきた。胸が高鳴る。河川敷もここで終わり、大川沿いを走って大阪城を目指す。

14時15分
高架下をくぐり、階段を登ると大阪城の天守閣が!ついに来た!テンションMAX思わず声が出てしまう。いよいよウィニングランだ!

大阪城公園へ入り、先生を先頭にフィニッシュ。
やりました。やっぱりこの瞬間の感動は最高だ。最高の思い出がまた一つ出来た。全員で記念撮影。

olr05ysho.jpg
大阪城にて。この瞬間最高!(YASUHIRO先生提供)

olr12msg.jpg
相棒のMadoneもがんばってくれた。エーリカのエースマークは流石だ。

折角来たのだから大阪城内も観光。
さあ堪能したら帰ります。大阪駅で輪行準備。16時過ぎのサンダーバードで金沢を目指します。金沢についたらテルメで宴会予定。早く風呂に入りたい。(2日入ってませんから)
olr13msg.jpg
大阪駅。風呂とビールが楽しみ。

19時前に金沢駅到着。そういえば5日前にも東京からここに帰ってきました。1週間で東京と大阪2つのロングライドをやるなんて思ってもいなかった。やる気さえあればなんだって出来るのだ。
自転車を組み立て医院へ。途中走行距離が300kmを越えた。1日でよく走りました。
医院へ到着してフィナーレだ。集合写真を撮る。みんな笑顔です。ありがとうございました。握手を交わす。
olr06yshr.jpg
大阪ロングライド完遂!最高に楽しかった!(YASUHIRO先生提供)


テルメへ移動して温泉へ入る。僕の体はハードな日程をがんばってくれました。
焼肉へ移動して打ち上げ。ビール最高です。生きてて良かった!

olr10msg.jpg
先生のHPで良く見かける風景。まさかこの中に自分がいるとは信じられない。

13時間のロングライドが終わり、本当に挑戦して良かったと思った。
正直日程が厳しく、迷惑を掛ける事になると思ったのでお誘いを受けてから参加を少し考えた。参加表明した後も長野からの帰り道、正直ヤバイかもと思っていた。一日サッカー2試合でもハードなのにこれから大阪まで自転車なんて。しかし挑戦してみないと分からない。やってやるという気持ちでチャレンジした。
終わってみれば辛い事もあったが楽しくて楽しくて最高のロングライドだった。人間挑戦しないと成長しない。今回のロングライドで精神的にも肉体的にも成長出来た。これは東京ロングライドの成果も出ているのだろう。


YASUHIRO先生、髭魔人さん、NOZAさん、ありがとうございました。
是非次回もよろしくお願いします!

最後に今回も無理なお願いを快く聞いてくれた自転車ショップの友人に感謝。ありがとう。

これにて大阪ロングライド、完結なのです。

日々練成

[ 2013/06/17 15:40 ] 特別企画 | TB(0) | CM(2)

大阪城ロングライド。

大阪城ロングライド、無事完遂しました。
YASUHIRO先生、髭魔神さん、NOZAさん、ありがとうございました。

今は帰りの特急の中。今日はこのまま打ち上げの予定。
色々勉強になり、厳しい日程の中で参加し完遂出来た事はとても自信になった。

詳細は明日アップします。
みなさんお疲れ様でした。

日々錬成
[ 2013/06/16 16:20 ] ロード(自転車) | TB(0) | CM(0)

ロングライド

現在岐阜県養老SA
長野でサッカーの試合を2試合こなして福井まで帰宅中。
11時に帰宅してすぐ準備して金沢へ向かう。先生からお誘いを頂いてロングライドに
ご一緒させてもらうことになった。
出発に間に合うかギリギリのところだ。迷惑をかけないようにしたい。

日々錬成
[ 2013/06/15 20:07 ] ロード(自転車) | TB(0) | CM(0)

Who dares win

Who dares win あえて挑んだ者が勝利する。

イギリス陸軍空挺部隊、通称SASのモットーである。
僕の大好きな言葉だ。挑戦しなければ何も始まらない。成功や失敗より挑戦する事が重要なのだ。困難だからこそ挑戦する価値がある。結果も大事だが、まずは始める事が難しい。
常に挑戦し続ける人生でありたいと思っている。身の丈に合った事なんてつまらない!限界に挑戦してこそ成長出来るのだ。

Now or never!
日々錬成!
[ 2013/06/14 22:05 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ゴミを捨てるな&ロードバイク洗車

とあるコミュニティで堂々と白山の頂上にコミュニティ名の入った札等を埋めたとネットで公表している人がいた。
しかも何年も前から埋めているらしい。これはゴミを埋めてきたと自慢するのと同じである。本人とそのグループにしてみれば記念のつもりかもしれないが、白山は国立公園の中でも最も制限の高い特別保護地区に指定されている。そこで個人的な記念の札等を埋めるというのは明らかな禁止行為である。うっかり置いてきてしまった、とは違うのだ。

これは自然公園法第三十七条第一項第一号違反に該当し、同法第八十六条第一項第九号により30万円以下の罰金刑に該当するのではないかと思う。

山頂に登頂の記録を残したい気持ちは良くわかる。しかし本人以外にとってはゴミ以外の何物でもないのだ。山頂に多くの人が記念を残して行ったらすぐに山はゴミであふれ荒廃してしまうだろう。

残していいのは思い出だけ。とっていいのは写真だけ、拾っていいのはゴミだけ、である。
自主的に撤去する事を強く願います。なんならちょっといって捨ててきますよ?


今日は午前中仕事明けで昼まで残業。
帰ってから庭の草刈りをして東京から帰ってアウトバックに積みっぱなしのMadoneの洗車をした。

ノントラブルで470kmを一緒に駆け抜けてくれた相棒のMadoneはかなり汚れていた。泡をたっぷりつけて洗車。スポークの一本一本や細かな箇所も入念に洗う。水滴を拭き上げ、ワックスで磨き込みとオイル補充。車体を点検するとタイヤが前後とも一ヶ所づつ、サイドウォール部分からトレッド面にかけて2~3cm裂けていた。幸い内部のベルト部分までは裂けてなかったが、ここまで裂けるともう使用不可能だろう。鋭利なガラス片でも踏んだのだろうか。パンクせず本当に良かった。新品を投入したのだが残念ながら交換だろう。

パンクせずノントラブルと思えば代償は安いもんだ。思えば国道脇は事故の残骸かガラス片が多数飛び散っていた個所も沢山あった。祈るように避けて通過したがやはりダメージはあった。

自転車は入念に点検整備してくれた友人のおかげでトラブルや不具合は皆無だった。本当に感謝である。本人はまだまだ経験が浅く任せられる仕事は出来ないと謙遜しているが、十分店でやっていけるだろう。商売っ気が無いのが少し気になるが、それが彼の良いところでもあるのだろう。

YASUHIRO先生は髭魔人さんと海抜0m平瀬道経由白山往復を完遂された。
もうここまで来ると変態である。僕も負けない変態になるよう、もっと面白い企画を考えないと。

IMAG0773.jpg
Madoneちゃんを泡泡洗車。長い道のりを共に戦った戦友です。

日々練成
[ 2013/06/13 18:39 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

一日経って

東京ロングライドから一日。
今朝も4時起きの仕事で流石に起きる時はつらかった。身体はまだ火照った感じで目を閉じればまだ自転車に乗っているような感覚だった。
昨日は家に帰ってから直ぐ写真の整理とブログアップの作業に入ったが、まだ頭と体の整理が付かない感じで色々間違いもありブログの修正が大変だった。みなもっさんから写真も沢山いただいた。僕はカメラを持って行かなかったので本当に助かった。

夕方になって独りで乾杯。ビールは美味かった。勝利の美酒だ。思いだされるのは苦しい行程ばかりだが、ラストの皇居から東京駅までのウィニングランは感動だった。あの瞬間、あの場面でないと感じる事は出来ない感情だ。

終わってみれば本当にやってよかったと心から思う。次はどんな計画に挑戦しようか。まだまだやれる事ばかりだ。

日々練成

IMAG0766.jpg
ゴール直前の風景。あの感動をまた味わいたい。
[ 2013/06/12 19:27 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

東京ロングライド ~詳細報告~

東京ロングライド詳細報告。

まずはパートナーであるサブスリーみなもっさんに感謝。
そして最初に企画し実行されたYASUHIRO先生、勇気ある第一歩がなければ全ては始まりませんでした。ありがとうございました。
達成者としてアドバイスや情報を頂いた髭魔人さん、NOZAさん。ありがとうございました。お二方の協力無しに達成は出来ませんでした。
最後に嫌な顔せずに送りだしてくれた家族に感謝。ありがとう。


さあ始まります東京ロングライド。
21時に金沢西部緑地公園でみなもっさんと待ち合わせ。15分前にみなもっさん到着。早速準備して行きますよ。

TLR01.jpg
出発記念。長い行程の第一歩。

21時半出発
金沢市内を通り抜け一路富山へ。
県境の倶梨伽羅トンネルを目指す。道に疎い僕はみなもっさんについていくだけ。裏道を使い快調に進む。勿論、信号を始めとする交通法規は遵守。(重要)

22時半、県境の倶梨伽羅トンネル到着。トラックが怖いのでトンネル内はスプリントで通り抜けます。車のこないタイミングで1.5kmのスプリント。登りスプリントは疲れました。無事に3つのトンネルを通過してまずは一安心。コンビニで一息。

tlr02.jpg
最初の補給。反射材が光ってます。

23時
ここから射水、富山市内を抜け、す、滑川経由で親不知を目指す。深夜の富山市内は交通量も少なく快適に飛ばす。適宜コンビニで補給。
微妙な追い風が嬉しい。

TLR03.jpg
富山市内爆走みなもっさん。

tlr0225.jpg
爆走僕。

3時半
海岸線に到着してここから朝日を抜けて親不知の危険地帯へ。
見通しも悪く急なカーブの連続する暗いトンネルを抜けるが、アップダウンも加わり後方だけでなく前から来るトラックもセンターを割ってきて怖い。横を通られる時は一瞬息が止まる。しかし全身の反射材とライトのおかげでこちらを認識はしてくれているようだった。写真撮る余裕は全く無し。ひたすらペダルを踏む。

4時
親不知を無事抜けて糸魚川へ。
この辺りで夜が明け始めた。見た事のない朝焼けが空を染めていた。
tlr04.jpg
燃えるような朝焼け。思わず一枚。

ここから白馬まで登りか続く。しかもトンネルが連続してトラックが猛スピードで通る道だ。核心部に備えてコンビニでしっかり補給。みなもっさんにはレッドブルが気に入ったようだ。

5時
さあここから登りとトンネルの危険地帯。
十分準備してきたつもりだったがトンネルは想像以上だった。

暗く狭いトンネルが急勾配で延々と続く。おまけにトラックが猛スピードで駆け抜け、トンネル内にエスケープゾーンは無い。ヒルクライムでスピードは上がらず、後ろからトラックが迫る。トラックが横を抜ける瞬間は気圧差で一瞬トラック側に身体ごと吸い込まれ、巻き込まれそうになる。その度にハンドルを握り必死で耐える。登っても登ってもトンネルは絶える事無く、ただペダルを踏む。後ろを走るみなもっさんが監視役になってくれ、トラックが見えるとギリギリまで左側に寄り祈るしかない。

6時半
途中道の駅小谷で休憩。二人ともぐったりだ。みなもっさんがYASUHIRO先生のホームページに僕達の事が書いてあると教えてくれた。なんとしても成功させねばと気合が入る。装備を整え出発。

8時
ひたすらトンネルを耐え抜き、ついに白馬へ。ようやく核心部を抜けられた。ほっとした。二人とも無事で良かった。再びみなもっさんがYASUHIRO先生が僕たちの事を書いてくれていると教えてくれた。本当にありがたい。気合が入る。ヒルクライムで使ったカロリーを補給して出発。ここから通称オリンピック道路を下る。

TLR05.jpg
白馬三山をバックに。無事危険地帯を通り抜けました。

オリンピック道路は快適だった。多少の登りはあるがほぼ下りで道も広く、交通量も少ない自転車には嬉しい条件。糸魚川からの苦しみがウソのように快適に飛ばす事が出来た。
TLR06.jpg
下りは気持ちいい!

9時半
有料道路のゲートを抜けここから再び登り。山を一つ越えるルートを走る。いきなりの激坂にガックリくるが炎のシッティングで登る。30分で頂上へ。疲れました。ゼリーを補給しダウンヒル。
tlr07.jpg
暑い。ボトルの水はガンガン減っていく。

10時半
千曲市へ向けて国道を走る。しかし国道は交通量が多く、なかなか進まない。おまけにトラックも多くて路側帯ギリギリを通過するのだからここでも危ない目にあう。あまりの交通量と信号に全くペースが上がらない。11時を目安に食事を取る事にした。ラーメンと冷やし中華大盛りでエネルギー補給。
再び国道18号を行くがペースは変わらず。サイコンの平均は15kmを指している。しかし道は他にないので行くしかない。上田から小諸へかけてずっと上り坂。国道の混雑したノロノロ運転に加え延々と続く登り坂。おまけに押し戻されるような向かい風が僕らを襲う。もう二人とも無言でペダルを踏むだけ。苦しくて苦しくて勘弁して欲しい。しかし坂と向かい風は容赦なかった。

16時
軽井沢に入る。ようやく登りから解放。最高標高の看板が目に入り一息。長く苦しい行程だった。ある意味糸魚川~白馬より厳しかったと思う。ここから軽井沢バイパスをぶっとばし、碓氷峠ではなく入山峠を目指す。

tlr08.jpg
5時間の苦しい行程がようやく終わった。笑顔は無い。

16時半
入山峠へ向かう最後の登りをクリアしてようやく最高標高地点へ。ついにここまできました。あとは下りだけです。疲れました。カロリー不足で力が入らない。ここでゼリーをケチったのが後で痛い目を見る事に。

IMAG0746.jpg
あとは下るだけ。こんな苦しい登りは初めてでした。

峠を爆走して一気に高崎市へ。ここで今日はホテル宿泊をする事に。スマホで探すと格安で素泊まり出来るホテルが。ネットのみの値段だったが電話で交渉すると快くOKしてくれた。自転車も部屋入れOKで助かった。対応してくれたお姉さんもフロントの方の対応も素晴らしく好印象。宿が決まれば早くシャワーが浴びたい。宿まで12kmが遠い。何やら天気が怪しいが・・・
tlr09.jpg
in高崎市。ここから事態は急展開。

ホテル「高崎ビューホテル」はとても立派なホテルでした。フロントの対応も素晴らしく、僕たちの無理なお願いも快く聞いてくれて本当に感謝です。19時にチェックインしてすぐさまシャワーへ。ほっと一息。しかし何か身体がおかしい。震えが出て手足の痺れが出てきた。手足に力が入らずフラフラになる。これは低血糖か?すぐにパワージェルを舌下吸収。1分ほどで症状は治まりすっかり元気に。ハンガーノックを甘く見ました。反省です。
天気予報を確認するとなんと明日は雨。台風が接近しているという。これはマズイ。雨の走行は絶対避けたい。ならば雨雲より早く東京へ行くしかない。出発を0時半にして東京入りは6時半とすることにした。残り110km明日はやるしかない。

tlr10.jpg
高崎市に来たら「高崎ビューホテル」へ!自転車大歓迎です。

みなもっさんと食事へ。ホテル近くのトンカツ屋に入る。ご夫婦で経営されているお店はとても気さくで味もボリュームもばっちり。金沢から東京駅を目指しているというと驚いていた。沢山サービスまでしていただいて大満足でした。「菊の家」さん、おいしかったです。ごちそう様でした。
IMAG0748.jpg
味もボリュームも満点でとても元気が出ました。しっかりリカバリーして明日に備えられた。ごちそうさまでした。

IMAG0755.jpg

IMAG0756.jpg
ホテルに戻り2時間の仮眠。0時に起床。僅かな睡眠だったがすっかり元気が出た。水洗いしてウェアも気持ちいい。装備を整え自転車を部屋からだす。短い間だったがとても快適だった。本当にありがとうございます。

さあラスト110km行きますよ。天気予報はやはりよろしくない。ならば急ぐのみ。
深夜の国道をハイペースで飛ばす。ロングライドは深夜に限るとみなもっさんと再確認。
さいたま市内へ入るとトラックが増えてきた。シグナルダッシュに巻き込まれると危険なのであえてトラック後ろについてドラフティングで40km後半のスピードで付いていく作戦が当たりかなり距離を稼げた。

IMAG0758.jpg
tlr11.jpg

荒川が見える、東京都だ。ついにきた。ラストまで気を抜かない。まだまだ交通量は少ないので一気に攻める。

IMAG0760.jpg
東京入り。ついにここまで来た。ラストは近い。

裏道を抜け水道橋方面へ。
ついに見えた。皇居だ。本当にここまできてしまった。多くのランナーが走っている。以外にも感動よりもうロングライドが終わってしまう寂しさの方が大きかった。

tlr12.jpg
皇居前にて。もうすぐフィニッシュ。感動よりさみしさが上回る不思議な気持ち。


見えた、赤煉瓦の建物、東京駅だ。本当に終りなのだろうか。信じられない。まだまだ続きそうな気すらする。さぁ、ウィニングランだ。
着きました。総距離460km、走行時間27時間の試練でした。みなもっさんと握手を交わす。東京駅の石碑前でウィニングショット。
tlr53.jpg
東京ロングライド完遂。

tlr54.jpg

写真を取ると急に疲れがどっと押し寄せた。早々に自転車を分解して輪行モード。トイレで着替えて新幹線に乗る。まだ実感がわかない。本当に終ってしまったのだろうか。みなもっさんがYASUHIRO先生にメールしてくれて、先生からお祝いの言葉をいただいた。
弁当を買って金沢へ向けて新幹線は動きだす。数時間かけて来た道のりを一瞬で駆け抜けていく。ほんの数時間前まで車窓から見る景色を走っていたとは信じられなかった。
tlr55.jpg
寝ちゃいました。

家に帰ったが、まだまだ実感がわかない。
夢ではないかとさえ思うほどだ。しかしあの瞬間、あの気持ちはもう一生味わう事は出来ない。心の奥底から湧き出るようなあの感覚はロングライドという苦しみを乗り越えないと味わう事は絶対に出来ないだろう。
本当にやってよかったと思う。困難を乗り越えてこそ成長と感動がある。僕は何を成長出来たのか。今はまだ分からないが、やらなければ何も変わらなかっただろう。振り返れば楽しい企画であった。

あらためて協力いただいた方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。

これにて東京ロングライド、完結でありんす。

※画像はみなもっさんのデジカメ撮影が多数含まれています。
 みなもっさん、画像提供ありがとうございました。


日々練成


[ 2013/06/11 18:42 ] 特別企画 | TB(0) | CM(6)

東京ロングライド完遂

東京ロングライド無事完遂しました。
帰りの新幹線でこれを書いてます。出し切りました、やりきりました。
とりあえず休みます。

今夜には詳細書きます。



誘ってくれたみなもっさん。この企画を最初に計画実行したYASUHIRO先生、アドバイスしてくれた髭魔神さん、NOZAさん、気持ちよく送り出してくれた家族。本当にありがとうございました。

日々錬成
[ 2013/06/11 09:33 ] ロード(自転車) | TB(0) | CM(4)

途中経過

とりあえず順調か。
明日は雨が心配。
頑張るのみ。必ず完遂して無事に帰る。

日々錬成
[ 2013/06/10 19:06 ] ロード(自転車) | TB(0) | CM(4)

出発

いよいよ出発。
必ず無事に帰ってくる。

日々錬成
[ 2013/06/09 20:50 ] ロード(自転車) | TB(0) | CM(0)

ヒルクライム

今日YASUHIRO先生とひげ魔人さんは栂池ヒルクライム大会に出場されている。もう結果は出ているだろう。果たして超人と魔人、どちらに軍配は上がったのか。

僕はあまり坂が得意な方ではないのできっと二人にはちぎられるだろう。しかし苦手なりに戦い方というものも心得ていて、負担の大きなダンシングはしない。軽いギアでシッティングで回すというのが僕の坂での乗り方だ。何を当たり前な、と言われそうだが、坂といえばダンシングな人はかなり多いのではないだろうか。

ダンシングはその効果も高いが負担も大きく、正しい踏み方をしないといたずらに脚を使ってしまう。僕は坂でダンシングしたらあっという間に脚を使いきってしまうので、シッティングでトロトロ粘る方法で走っている。

ヒルクライムのみの勝負だと勝機は薄いかもしれないが、総合的なコースならまだ分からない、などと勝手に想像している。

さあ明日はいよいよ、といいたいがその前にサッカーの審判がある。少々疲れるだろうがウォーミングアップと思って頑張ろう。今日は炭水化物を多めに食べてカーボローディング。準備の最終点検をして備えます。

日々練成
[ 2013/06/08 19:12 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ゴリラ屋さん&タイヤ交換&ロードトレ&タイヤ交換

今日は午前中に散髪を済ませ、直ぐその足でゴリラ屋さんへ。
前回訪問すると言っておきながら急用で訪問出来ずに大変申し訳ない事をしてしまった。
今回も後輩とファーストをいただきました。

限定メニューは食べられなかったけど汁無しが始まったと聞いたので早速頂きます。後輩は中豚。
後輩はニンニクヌキコール。目の前の丼にビビってます。少し遅れて汁無しコールが。お、生卵の有無も選択出来るんでがんすね。勿論タマゴとちょいニンニクコール。

着丼ドン。うほー!しっかりとカネシに絡んだ麺の艶!彩を添える控え目なヤサイが散らされ、真中には特別な存在を象徴するような黄身が鎮座。全体に荒挽き胡椒がちりばめられ、スパイシーな香りがグッと全体を引き締めます!勿論の豚も存在感たっぷりに丼の一角を占めてます。そして僕は見逃しません。丼の端にそっと添えられた焦がしネギを!これこそが汁無しのコンサートマスターなのです。店主、流石ですねぇ。

早速いただきます。惜し気もなく気味を崩し麺と絡ませます。これは賛否両論ありますが、王道こそベーシックであり全ての帰依するところなのです。スパイシーなヤサイを食し、豚を最下層へ避難。荒挽き胡椒と黄身の絡んだ芸術品の様な麺を口の中へ・・・!
ウマニッシモな衝撃が全身へ響き渡り、まだ一口目なのにアンコールがかかりそう。もう全身スタンディングオベーションです。一口ずつ味わう度にブラボーが自然と湧き出ます。気がつけばもう完食寸前。最後に残された豚をしっかりと味わい、箸を置くとカーテンコール。まさに夢のような時間はあっという間に過ぎました。水を一口飲みグランドフィナーレ。

まさに素晴らしいオペラを見た後のような余韻に包まれました。是非皆さんも一度食してみてください。
帰り際に店主様からゴリラ屋特製Tシャツを頂きました!TDMデザインの最高にイケてるTシャツです。本当にありがとうございます、これからも通わせていただきます。

後輩君は最後の豚で撃沈するところを無理やり口に詰め込みギリギリ完食でした。いきなりギルティ判定出るとこだったけど良かったな!

IMAG0726.jpg
もはや芸術。食べるしかないでしょう。

その後レガシィアウトバックのタイヤ交換へ。お世話になっているお店が格安で新品タイヤを仕入れてくれた。本当にありがとうございます。30分程で新品タイヤへ交換。走りだすと明らかにロードノイズが減って突き上げ感も減少している。これでまた数年安心して走れます、ありがとうございました。

3時頃からロードトレ。北風なので勿論空港コース。ゴリゴリ踏んで1時間12分で空港到着。帰りはかなりの追い風デザート。快調にぶっ飛ばして1時間で帰宅。ロングライド前に最後のトレーニングになるか。

IMAG0729.jpg
いつもの場所で。前後にライトが追加されてロングライドモードです。

帰宅してから頂いたロードタイヤの交換。前後共新品に交換だ。箱を開けてみてビックリ。何とタイヤが赤ではないですか。ハデハデですが贅沢は言っていられない。前後とも新品に交換。チューブはまだ使えそうなのでそのまま使用。予備チューブは3本あるので何とかなるだろう。

さあいよいよモチベーションもあがってきた。ウェアと持ち物を最終点検。マシンは信頼している友人が点検してくれる。出発が楽しみだ。

日々練成
[ 2013/06/07 20:37 ] トレーニング | TB(0) | CM(2)

富士山の入山料

富士山が世界遺産に認定された場合、現在より10万人以上多い登山者が予想されるという。
ただでさえ人の多い富士山に更に人が増え、混雑やゴミ問題が顕著になる。それを抑制するためには7000円の入山料が必要だと京大の教授が試算した。

もはや富士山はすでに山ではなく観光地となっているだろう。とりあえず登っとこう的な雰囲気で登る人も多いのではないか。僕はそれを悪い事だとか遠慮してほしいとは思わない。誰だって等しく山に登る権利はある。ただそこで起こる事は全て自己責任だと登山者全員が理解してほしいと思う。

7000円の入山料を設定すれば登山者が抑制出来るというのは、7000円のお金を払ってまで登るつもりはない、という人が多いという事だ。そこまで富士山に登るという価値を感じていないのだろう。

僕の大好きな白山は水の豊富な山だ。日本屈指の積雪量となだらかな山容、工事関係者の努力のお陰で真夏でも山中の蛇口をひねれば冷たい水が飲める。2000m後半の山で水が無料でいつでもどこでも飲める山なんか日本中探しても無いんじゃないかと思う。その白山でも近年トイレは任意のチップ制になっている。任意なので払う人も少ない。水も今は無料だが、チップ制にしようという動きもある。僕はどちらも賛成だ。無料だから使い放題というのは間違っているし、少しでも金額を設定した方が価値が分かるんじゃないか。

無くなって初めてその価値がわかるというが、水の無い白山など考えたくない。豊富な水でいつまでも登山者を潤して欲しいと願っている。

富士山も入山料など設定しなくても観光地化する事無く、いつまでも登山者が憧れ、日本人の心の象徴で有り続けてほしい。

日々練成
[ 2013/06/06 19:49 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

サッカー練習&ロードのタイヤ&計画準備

今日は職場のサッカーチームの練習だった。午前中の練習だったが気温も高くみんなはバテ気味だったようだ。僕はまだ大丈夫だったがまだまだチームで練習しないとフィジカルやテクニック、連携の部分で大会上位を狙う事は難しいだろう。がんばって練習しましょう。

知り合いの方から使わないロードタイヤをいただいた。
今度の計画のためにも前後共新品に変えたかったのでとても助かった。交換して試走してみなければ。

体調不良のおかげでロードのトレーニングが全く出来ていない状態だ。しかしモチベーションを高めて必ず完遂する強い意志を持って挑戦すれば大丈夫と信じている。

日々練成
[ 2013/06/05 20:01 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

準備中

例の計画の準備中。
ライトや反射材、ヘッドライト等万端にしなければ。
後ろは点滅ライトとヘルメットかバックにもライト。フロントはメインライトと点滅ライトのダブル体制。
足首にも反射材を準備予定。バッグを背負うか悩み中。
準備はいくらしてもやり過ぎということはない。

日々錬成
[ 2013/06/04 21:50 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

ボチボチ回復?

今日一日は普通の食事で過ごした。少しお腹の痛みが残るが通常に戻りつつある。
今日は早めに休むつもり。例の計画も準備が進んでいる。安全装備をもっと詰めていかないと。
なかなかトレーニング出来ないがしっかり治さないと余計に時間がかかる。

日々錬成
[ 2013/06/03 20:06 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

まだ回復の途中

まだ体調は戻っていないらしい。
しばらくトレーニング出来ていないが仕方ないだろう。
YASUHIRO先生と髭魔人さんは乗鞍岳へヒルクライムトレへ行かれた。僕も負けていられないがこの状態ではどうにもならない。やはり健康第一だと強く思った。例の計画まで一週間、体調もマシンも万全で挑みたい。

日々練成

[ 2013/06/02 23:48 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)