FC2ブログ






カッコよくありたいです。

教養を養いに県立美術館で開催されているミケランジェロの特別展示会へ。
神のごときと称された巨匠が書いた幾つかのスケッチや彫刻を見る事が出来た。
美しい物は年月を経ても変わらず素晴らしいものである。作品やスケッチから放たれるオーラのようなものは芸術に疎い僕でもビシビシ感じる事が出来た。

性能を進化させると美しさに繋がるとは誰の言葉だったか。ドイツの諺にも造形の神はディテールに宿るとある。高性能は美しく、逆もまた然りだ。

僕は山のアイテムや自転車も見た目は重視する。
美しく作り込まれた造形は高性能の塊だ。ウェアにもそれは現れる。上辺だけ真似したコピー品の何と不細工な事か。

やはり何事もカッコよくなければならない。汗だくでも泥だらけでも全力で打ち込んでこそカッコいい。そこには装備にも妥協しないスタイルも表れる。

僕はまだまだカッコよくなれないなぁ

日々練成

IMAG0964.jpg
システィーナ礼拝堂にあるミケランジェロの大作「最後の審判」
元となった本物のスケッチや下絵はそれだけでも美しかった。
[ 2013/08/23 20:03 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)