FC2ブログ






白山TT&白山観光(砂防新道~百四丈の滝)

台風一過で素晴らしい快晴となった。
5時半に別当手前の路肩駐車場に車を止めて準備。別当に向けて歩きだすと下の駐車場は半分以上埋まっていた。皆さん今日の快晴の予報を見て昨夜から泊っていたのだろう。

別当ではすでに何人かの登山者が登り始めていた。少しアップした後、いつも通り鳥居に礼をしてスタート。
気温は7度と寒い。中飯場まで登っても汗をかかない。体調は悪くないが朝食に車の中で食べた菓子パンが胸やけして気持ち悪い。甚之助避難小屋までは予想より少しだけ遅い感じ。ここからイマイチスピードに乗れず遅れだす。黒ボコを過ぎ五葉坂を登り室堂の鳥居で参拝。最後の坂を登り切り奥宮で参拝して三角点タッチ。あ~疲れたぁ。

中飯場 14.22 ラップ
甚之助 42.32(28.10)
黒ボコ 65.38(23.06)
室堂  74.43(9.05)
山頂  89.44(15.00)

結果 89分44秒

一応今年の目標90分は切れたが何だかイマイチな結果となった。もう少し頑張れたと思う個所が何か所かあったので次回がんばりましょう。

さあTTは終わったので誰もいない頂上でゆっくり過ごす。今日は立山連峰までバッチリ見えて、風もなくとても気持ち良い山頂だった。ここでブログを見てくれているコマQさんとお会いして記念写真を撮った。いつもありがとうございます。※コマQさんのHPへ
珍しく山頂で40分も滞在してしまった。それぐらい気持ちの良い山頂だった。

IMAG1002.jpg
今日の荷物はウエストパックだけ。あ、キュゥべぇもいますよ。

IMAG1003.jpg
室堂
ここから加賀禅定道方面へ向かう。今日は四ッ塚と百四丈滝を見に来た。誰が積んだか石積みの塚と白山奥地にある滝だ。いつか見たいと思っていたので今日はベストタイミングだろう。
しかし今朝はかなり冷え込んだらしい。そこらじゅうで水溜りが凍っていて、土には霜柱が立っていた。

IMAG1007.jpg

IMAG1008.jpg
バリバリに凍った水溜りとでかい霜柱。

大汝峰を巻いて七倉山へ。ここで分岐を加賀禅定道方面へ向かう。途中の御手水鉢の水まで凍っていた。七倉山を過ぎると直ぐに四ッ塚山ピークの横に塚が見えた。あれだ。ピーク横は平たんな砂利地になっている。そこに大きな塚が4つ並んでいた。この場所の石を積み上げて作ったのだろう。誰が作ったのか。色々伝説はあるが、やはり信仰心の表れなのだろうか。勿論人力だろうから、とてつもない労力だろう。色々思いを馳せる。

IMAG1010.jpg
御手水鉢も凍る。

IMAG1011.jpg
誰が積んだか石積みの塚。強い信仰心の表れだろうか。

IMAG1012.jpg
清浄ヶ原へ続くトレイル。

いくつか急な下りと登りを交えてピークを越えていく。
途中の油池下で水を補給し天池付近の室跡を見学。江戸時代まではここに参拝者用の室があったという。今は石垣と平地が残りその名残を残している。

IMAG1016.jpg
石垣と平地が室の名残を見せる。

木道を渡るといよいよ百四丈滝が見えてきた。
展望台へのわき道へ入る。見えた、百四丈滝だ。崖から真っ直ぐに落ちるその様子は今まで見たどの滝よりシンプルで美しかった。山頂から流れ出た水がここで滝となる様子が良く分かった。是非冬に来てあの姿も見てみたい。
やはり来て良かった。さあ観光は終わりで帰ります。
IMAG1013.jpg
清浄ヶ原から突如として現れる百四丈滝。冬には珍しいあの姿に変わる。

帰りはサクサクと来た道を戻るだけ。
暑くなくとても気持ちの良い天気で気分も乗って来る。室堂まで2時間半で戻る。山頂付近は僅かに紅葉が始まっているようだ。もう山は秋。間もなく冬が訪れるだろう。

別当まで特に急がず下りで15時には車に戻れた。着替えて家路に。

台風で潰れた連休だが、最後の一日は白山を存分に楽しむ事が出来た。やっぱり白山は何度来ても素晴らしい山だ。また近いうちに登りたい。

日々練成



[ 2013/09/17 19:49 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(6)