FC2ブログ






山トレーニング (北アルプスTJAR試走) 後半

 2日目続き

 6時9分 双六岳
 山頂は多くの人で賑わっている。大会では中道ルートが一般的だが今回は山頂を踏んでみた。

 6時50分 双六小屋
 テント場は8割埋まっている。これから槍ヶ岳へ向かう多くの人で小屋は賑わっていた。小屋はスルーして樅沢岳へ向かう。この樅沢岳頂上付近で後ろを振り返ると少し後ろに朽見さんが見えた。5時に黒部五郎を出たという。流石に早い。
 西鎌尾根の稜線は平坦な場所も多くスピードが稼げる。数人のパーティを追い抜いた時後ろから声をかけられる。何と3月の白山ワンデイでお会いしたKさんだった。落としたキュゥべぇを届けてくれた恩人です。久しぶりの再会がまた山とは嬉しいです。
2734のピークを超えるといよいよ槍も大きく見えてきて足元も岩がメインになってくる。ここですれ違った男性にもブログを見ていますと声を掛けられた。いつもありがとうございます。

 8時50分 山頂直下急登
 ここで後方の朽見さんと合流し再び一緒に行動する。

 9時10分 槍ヶ岳小屋
 小屋は多くの登山客で賑わっていた。山頂は渋滞している。登頂目的ではないし時間ももったいないので山頂はやめて小屋でジュースを補給する。朽見さんはここで食事をして上高地へ向かう。僕の試走もここまでなのでこれで今回はお別れです。とても楽しく、勉強になり心強い道中でした。必ず選考会と本戦でお会いしましょう!

 IMAG1043.jpg
山頂は混雑していた。流石人気の山です。
 
 9時50分 槍ヶ岳小屋
 トイレを済ませ小屋を出発。下りは注意して降りる。再びKさんと再会。しばしお話して別れる。また遊びにきてください。硫黄乗越あたりから少し疲労が。行動食だけなので少しバテ気味。樅沢岳までが長く感じた。

 IMAG1044.jpg
大迫力の北鎌尾根。近いうちに必ずワンデイします。
 
 12時15分 双六小屋
 相変わらず沢山の人。カップラーメンでもと思ったが無いとの事。混雑していて食事も時間がかかりそうなので持っていたパンを食べてジュースを1本補給する。ここでも2人の男性から声を掛けられた。本当にありがとうございます。またブログに来てください。
 食事したかったが時間も押しているので水を補給して出発。双六岳は巻道ルートを進む。ここも長く感じた。

 13時45分 三俣蓮華分岐
 三俣小屋方面へ。明日の夕方には用事がある。必ず帰宅したいので今日は頑張って太郎平まで戻る。

 14時11分 三俣山荘
 このあたりから徐々に回復してきた。三俣山荘で雲の平までの時間を聞くと3時間程だという。半分で行けるだろう。受付の子供が可愛くて和む。黒部源流を超えれば雲ノ平までの急登だ。景気付けでパワージェルも投入。

 14時33分 黒部源流
 急登を気合いで登る。コースタイム半分以下で頑張った。

 15時19分 祖父岳分岐
 木道が延々と続く。雲ノ平山荘は見えるが中々近づかない。

 IMAG1045.jpg
 雲ノ平。日本最後の秘境と言われるが・・・。うーん。
 
 15時56分 雲ノ平山荘
 やっと雲ノ平山荘。あの特徴的な建物です。ここから木道を行き、薬師沢小屋までの激下り。苔むした岩が滑りやすく苦労した。

 17時10分 薬師沢小屋
 小屋では沢山の人がテラスで宴会をしていた。僕が通る隙間も無いくらい盛り上がっていました。冷たく美味しい水を補給する。小屋の方曰く太郎までは1時間半もあればいけるらしいが・・・。
 小屋裏からはカベッケ平をほぼ平坦な木道が続いていた。

 17時47分 薬師沢左俣出合
 シンプルな橋を渡る。そろそろ暗くなりかけてきた。先を急ぐ。太郎兵衛平までの登りで幻聴が聞こえたような気がする。不眠で15時間も行動すれば仕方ないか。もう日は落ちてヘッドライトを点けての行動。

 18時34分 太郎平小屋
 ようやく太郎平小屋に到着。テント場の受付をする。カップラーメンがあるので玄関先をお借りしていただく。2日ぶりの暖かい食事だ。体が温まる。ホッカイロまで頂いて太郎平小屋の方の好意に感謝です。

 19時12分 テント場
 半分ぐらい埋まっているか。ところどころで賑やかな宴会が開かれている。ワインやらシャンパンやら生ハムやら美味しそうな名前が飛び交っていた。僕はシェルターを張ってありったけの防寒をしてヴィヴィに潜り込む。流石に今日は疲れた。ろくに食事もしなかったのが響いた。21時前に僕のシェルターを見て笑ったヤツ正直に出てきなさい。

 IMAG1048.jpg
 寒い夜の始まり。
 夜はやはり寒くて眠れず。2時半までの我慢だが15分が長い。折角のホッカイロもあまり役には立ってくれなかった。でも結露が凍らないので昨日程ではないかな?
 2時半にヴィヴィを抜け出してアルコールストーブでお湯を沸かしてコーヒーを飲む。暖かい飲み物最高。結露もストーブの熱で消えて行った。しばらく暖かい飲み物を飲み続けてカロリーメイトをかじって朝食代わりに。周りも少し起きている人がいた。しかしラジオつけるのはどうかと思うんですが。
 
 4時07分
 撤収完了して出発。今日は折立まで降りるだけ。少し雲が多いが晴れるでしょう。4時28分太郎平小屋通過。薬師岳へ向かう数人とすれ違う。ヘッドライトを付けて折立へ。

 5時36分 1984三角点
 日の出時間を過ぎてすっかり明るくなった。ジャケットを脱いでゼリー投入。

 6時30分 折立登山口
 お疲れ様でした。到着。車で荷物をおいてトイレの水道で顔を洗う。駐車場は薬師岳へ向かう人達が出発準備をしていた。

 2日間の山トレ終了です。
 天候は良かったが夜の寒さにはまいった。良いビバークトレーニングでした。2日間ほぼ寝ていなかったが長時間の行動が出来たのは良しとしよう。
 同じ志の朽見さんとお会い出来て一緒に行動したのは大きな経験だった。是非またお会いしたいです。
 沢山の方にブログ見ていますと声を掛けられてとても励みになります。本当にありがとうございます。また遊びに来てください。

 これで北アルプスの山岳コース試走は終了。後はロードと南アルプスのコースを試走予定。その他にも山での長時間行動を繰り返して走力と順応力を上げていきたい。特に食事は要検証だ。もっとしっかり食べないと。
 装備やウェアで欲しいと思った物も出てきたので今後考えていきたい。

 日々練成
 
[ 2013/09/24 17:35 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(8)