FC2ブログ






白山白川郷ウルトラマラソン 詳細報告

 今日は酷い足の痛みで、布団から起き上り階段を降りるのもやっとだった。特に左足はレース中盤から痛みが出ていて無理やり抑えつけていたので故障したようだ。しかし目標内完走とあのゴールの感動に代えれば惜しくない代償だ。本当に頑張って良かったと思った。

 前日受付なので15時頃受付会場で受け付けを済ませ、少し会場で開会式を見学してからイオンで夕食と朝食を買ってスタート地点の道の駅瀬女へ。17時頃到着だったが、すでに車中泊組は結構いた。良い場所を確保して夕食を済ませる。明日は1時起きの予定なので20時前には寝たい。しばらく車内でゴロゴロした後ぼちぼち寝袋を広げて就寝。会場のテント設営の音がうるさかったが、シェルター泊に比べればなんと快適な事か。すぐさま落ちてぐっすり。
 携帯のアラームで1時に起床。会場はすでに準備に忙しそうだ。まだ起きている人も少ないが、朝食用にお湯を沸かしてうどんとおにぎりを食べる。準備していると2時過ぎにMH.TRCのMamoruさんが会場に到着と連絡があった。寒いのでまだ車内で待機。手荷物を預けたりして3時15分頃にはサブスリーさん、Nozaさんも到着。会場で集合して記念撮影。気分も盛り上がって来る。

 tjar51383286_426599237452134_668057226_n.jpg
メンバーでスタート前記念撮影
※サブスリーさん提供

 3時40分にお祓いを受けてスタートラインへ向かう。勿論最前列!ここで久しぶりにMaruiさんにお会いする事が出来た。少ししかお話出来なくて残念!今度地図読み勉強させてください。
 
 4時
 カウントダウンを経てスタート。いよいよ100kmへの挑戦が始まった。500m程Mamoruさんと一緒に走ったが先へ行ってもらう。ここから10kmは平地を走る。星空が見えて気温も走っていると丁度いい。真っ暗の中、早朝から多くの住民の方がライトを持って応援してくれた。ありがとうございます。
 折り返して再びスタートラインを通過する。ここで後方からNoza君とNoza君の先輩であるYさんが抜いていった。暗くて僕だとは気がつかなかったようだ。10km地点で55分。、予想通りのペース。
 ここから瀬女スキー場方面へボチボチ登りが出てくる。無理せず、常に余裕を心がけて走る。Noza君の背中は見えていたので、離されてはいないようだ。
 瀬女スキー場エイドでNoza君、Yさんに追いつく。ここから3人の旅が始まった(笑)

 中宮レストハウスでトイレに寄る。僕はお腹がイマイチだったので個室へ。ここでまさかのMamoruさんに遭遇!さらにサブスリー弟さんにも遭遇し、偶然にもメンバーが集まった。
 トイレを済ませて先に行っていたNoza君Yさんに追いつく。中宮温泉を越えるといよいよゲートをくぐって白山スーパー林道だ。夜も明けて快晴の空が綺麗だ。スーパー林道は絶景の連続。常に楽しみながら走れた。しかし行く先の遥か上を行く道路を見るとあそこまで登るのかと笑いが出てくる。
3人でペースを合わせて喋りながら走れたおかげで余裕を持つ事が出来た。写真撮影スポットで記念撮影をして、エイドでは充実した地元特産品を食べまくった。常に空腹にならないように飲む食べるは意識した。

 tjar51380509911723.jpg
スーパー林道の写真撮影ポイントにて。まだまだ余裕。
※Noza君提供

 38.2km
 ピークの三方岩エイドに到着。エイドでは預けた手荷物を直ぐに持ってきてもらってとてもありがたく助かった。ここでマッハさんの知り合いである女性に声をかけて頂いた。ありがとうございます、頑張ります。
 エイドはとても充実していて、食べきれない程だった。温かいスープとホットドックが美味しくて帰りもここで食べようと思った。手荷物からゼリーを補給してさあ下りです。岐阜側は勾配がキツイ坂になっていた。しかし天候や気温、景色は最高だった。遠く立山連峰も見えて剣岳もその姿を見せてくれた。
 下りは膝にダメージが溜まるので慎重にペースを抑えて走る。林道をあっという間に下りゲートをくぐる。このあたりで先頭ランナーが折り返してきた。流石に早い。しばらくするとオレンジのウェアーが見えた。サブスリーさんだ。3人でハイタッチ!頑張れ!エイド付近でMaruiさんともすれ違って応援する。サングラスをしていて最初は気がつかずすいませんでした。
 トンネルを抜けると雛見沢村白川郷へ。観光客から応援をもらって力が出る。私設エイド?の蕎麦は美味しかった!「乃むら」さん、ご馳走様でした

中間計測 50km 5:24分

tjar51380444006611.jpg
エースのサブスリーさん折り返し。ハイタッチ!

tjar51380509891057.jpg
白川郷では多くの観光客に応援を貰う。
※NOZA君提供


tjar51380509867622.jpg
これぞ日本の風景。最高に気持ち良い走り。
※Yさん提供


 55.2km
 嘘だ!の坂急登を越えると第2関門の展望台へ。ひぐらしオープニングを白川郷をバックに3人で記念撮影。応援を受けて出発。

tjar51380444094004.jpg
白川郷最高でした!
※Noza君提供

 57.3km
 ここのエイドで食べた飛騨牛鍋が美味しかった。プールで顔を洗っていよいよ核心の登り返しへ。

 ゲートをくぐりふたたびスーパー林道へ。
 最初から激坂が続く、ところどころ10%の看板も出てきて足が進まない。しかし絶対に歩かないと言い聞かせて走る。すれ違うランナーには全員応援するつもりで声を掛ける。

 60km 6:41分

 急で長い坂が連続する。もう足は棒のようで膝だけでなく足首や足裏も痛い。歯を食いしばって走るのみだった。エイドまでの距離がとてつもなく長く感じた。途中で会ったアメリカ人のジェイクに頑張ろうと声を掛けて一緒に走る。

 70km 8:15分
 
 71.8km
 ピークの三方岩が見えてきた。ようやく長い登りが終わる。ジェイクにお礼を言われる。こちらこそありがとう。 手荷物からゼリーを補給。Nozaさんは着替えるようだ。楽しみのホットドックを食べる。うどんも美味しかったです。足はバキバキで一度止まると走りだすのが大変だ。3人で気合いを入れて出発「ultra soul!hey!」
 Yさんは下りから脚のダメージが酷そうで少し遅れ気味だ。エイドで十分補給して3人で頑張って走る。下りはきつい。登りで頑張ったが、下りの早いランナーにバンバン抜かれてしまった。急登は歩いて下り飛ばした方が早いのかもしれないが、そこは拘って全て走る。

 80km 9:43分

 86.5km
 スーパー林道事務所のエイドでは凄い応援だった。再び気力でパワーが出る。ラスト15kmは切った。もう完走しかない。スーパー林道も間もなく終わりだ。先行していたジェイクと再び合流。登り返しまで一緒に走る。坂は走れないのでゴールで会おうと僕たちは先に行く事にした。

 90km 10:47分

 ここで頑張れば11時間台には間に合うと計算、ラスト10kmを6分/kmで走れば大丈夫だ。しかし細かなアップダウンと急な下り坂で最後の最後で膝ダメージを受ける。まだまだ確信は出来ない。最後のパワージェルを投入。残り僅かと考えると思わずウルっと来てしまう。

 98km
 ラストエイドで最後の補給をしてラスト2km。もういくしかない。ラスト1kmを越えると自然とペースが上がる。ゴールである小学校が見えた。完走したランナーから応援が嬉しい。小学校への道を曲がると3人で手を繋いでゴール会場へ。Finishゲートが見えた。アナウンスでもコールがかかる。最後は魂の雄叫びをあげて3人同時にゴール。3人で抱き合って喜ぶ。ゴールにはサブスリーさんやMamoruさんも待っていてくれた。メンバーで記念撮影。
後からジェイクもゴールしていたようでお互いに健闘を讃えあった。
 苦しい道のりだったが3人いたから頑張れた。Noza君、Yさん、ありがとうございます。最高に苦しく楽しいレースでした。MH.TRCのメンバーも納得行く記録だったようで良かった。ゴール後父親が迎えに来てくれていたので一緒に駐車場へ。バイクで送迎助かりました。

暫定記録 11:53

tjar51380509859873.jpg
魂のゴール。最高の瞬間。
※サブスリーさん提供


tjar520130930120819.jpg
メンバー記念撮影。お疲れ様でした。
※サブスリーさん提供


 足はボロボロで歩くのも厳しい。この後はテルメで汗を流してメンバーで打ち上げをした。

 こうして初のウルトラマラソンは終了。色々最高の大会だった。大会自体も運営やコース、ボランティアの方々等ほぼ不満の無い充実した大会だった。第一回に参加出来て良かったです。
 また出場したい?うーん、ちょっと考えます(笑)

 これにて白山白川郷ウルトラマラソン、完結でありんす。

 日々練成
 


 
[ 2013/09/30 11:59 ] 大会、レース | TB(0) | CM(4)