FC2ブログ






黒部 下の廊下 その2 完結

 深夜0時頃に一度目が覚めたが再び眠る。気温は高くシュラフに入っていては暑いくらいだ。朝4時半に目を覚まして暗い中を温泉へ。Sさんは5時出発の予定でもうテントを撤収していた。温泉へ向かう途中でなんと雨が降り出してきた。何てことだ。今日は午前中は持つ予定だったのに。まだパラついている程度なので大丈夫だろうと思っていたら、温泉へ入っている途中から大粒の雨に。温泉も何故か半分は水になっており、源泉を入れているホースの傍じゃないと入っていられなかった。

 雨に濡れながらテントへ戻る。この雨じゃ撤収も面倒だと一気にブルー。しかしこればっかりはどうにもならないのでテントで朝食準備。出発は7時予定。ラーメンとおにぎりと鳥団子スープでお腹いっぱいです。そうこうしているうちに明るくなってきた。雨もいつの間にか止んで外を見ると青空が。どおやら通り雨だったらしい。やったぜ、テンションも上がる。コーヒーを沸かして一息ついたら撤収です。濡れたフライを拭いてパッキング。持ってきたビール6本は昨日の宴会でカラになり、食糧もほぼ食べつくしたのでザックは軽い。マッハさんは先に撤収完了。少し遅れて僕も完了し、予定通り7時には阿曽原温泉を出発。空にはまだ青空が見えるが油断は出来ないので先を急ぐ。


 
8:12 折尾谷
砂防堤内に設けられたトンネルは腰まで水が溜まるらしい。通常は高巻きして堤防を超えるのだが、テレビ撮影の為に水抜きがしてあり砂防堤内部を通る事が出来た。 

PA091463.jpg

PA091467.jpg

PA091470.jpg


8:41 大太鼓展望台
対岸に見える奥鐘山西壁の展望が素晴らしい。500mに及ぶ巨大な岩壁、別名黒部の怪人である。この迫力は写真では伝えきれない。圧倒される。
志合谷までは断崖をくり抜いて作られた細い道を歩く。足元は数百m切れ落ちている。

P1020410.jpg

P1020412.jpg

P1020414.jpg

9:08 志合谷
例のトンネルをくぐる。150mの長さで内部は真っ暗なためライトは必須。冷たい地下水が足元を流れている。地下水の影響か中はとても寒い。150mが長く感じた。
トンネルを抜けると志合谷の様子がよくわかる。かつてここでは隧道掘削の作業員が泊まる宿舎があったが泡雪崩によって建物ごと対岸まで吹き飛ばされ80名以上の死者を出すという大惨事があった。建物の基礎部分は今でも谷の下に見る事が出来る。先人達の苦労を思う。

P1020418.jpg

P1020420.jpg

P1020422.jpg


9:40 蜆谷(何て読むんだよ)
ここは雨天時には雨水が岩壁を伝いシャワーとなるが今回は何ともなかった。このあたりから水平歩道も崖ではなく山沿いを歩く普通の歩道になってくる。遥か下には欅平から聞こえるトロッコ列車の汽笛も聞こえてくる。

PA091478.jpg


10:33 欅平
送電線の鉄塔の間を縫うように下っていくと欅平駅の屋根が見えてきた。長かった水平歩道も終わりだ。

10:45 欅平駅
駅の建物の間へ続く階段を下りてフィニッシュ。無事到着です、マッハさんありがとうございました。握手を交わす。2日間だったがとても濃い時間を過ごす事が出来た。紅葉はまだだったがそれ以上に素晴らしい風景を楽しむ事が出来た。やはり苦労した後の感動は最高だ。

P1020424.jpg

P1020426.jpg

 コーラで乾杯して猿飛山荘の源泉かけ流しで汗を流す。最高です。11時46分発のトロッコで宇奈月温泉へ。トロッコの旅もちょっとしたアトラクションのようで楽しめた。宇奈月温泉から電車に乗り換え立山駅へ。交通費が膨大にかかるのは仕方ないか。立山駅には15時40分頃到着。車は無事だった。着替えてさっぱりしたところで高速を飛ばして家路についた。

PA091481.jpg

PA091482.jpg

P1020427.jpg

P1020430.jpg

P1020433.jpg

P1020434.jpg

P1020435.jpg

P1020436.jpg

 秘境と言われる下の廊下は本当に秘境でした。登山ではないがこういうのんびりしたアドベンチャーも楽しい。誘っていただいたマッハさん、ありがとうございました。

 ※画像はマッハさん提供多数、ありがとうございます。

 マッハさんのブログへ

 これにて黒部 下の廊下 完結でありんす。

 日々練成
[ 2013/10/10 16:38 ] 登山 | TB(0) | CM(4)