1月終わり

今日で1月も終わり。厳冬期のプレミアはあと1ヶ月しかない。1月はあまり山へ行けなかったが、2月はもっとヘルベントに頑張ってもらおう。冬の課題はまだ残っている。タイミングを逃さないようにしたい。
ランニングは1月の走行距離は50kmに満たなかった。後半は体調を崩した事もあってなかなか走れなかった。1月後半は天気も良かっただけに残念。大会まで50日。しっかり走り込んでベスト更新を狙いたい。

日々練成

P1020866.jpg
P1020867.jpg
白鳥山
[ 2014/01/31 20:12 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

白鳥山後日談

昨日の白鳥山は最高だった。稜線は風も穏やかで暖かいぐらいだった。北アルプスから日本海まで一望出来るロケーションは素晴らしい。やはり冬の山は晴れてこそだろう。
白鳥山は標高こそ1200mクラスだがとてもそんな事は感じさせないスケールだった。山頂からの広い稜線はガンガンスキーも楽しめる。稜線からの斜面も最高の滑りを楽しめる場所だ。シーズン1度は是非訪れてみたい山である。

尾根取り付きからの藪はもう少し雪が増えればだいぶ楽にはなると思う。しかし厳冬期の晴天は数えるほど。それをゲット出来たのだから文句はありません。山スキー最高!

日々練成

P1020833.jpg
白鳥山(中央)へ続く正面尾根とsbtrさん。

IMG_0565.jpg
山頂から日本海をバックに(sbtrさん提供)

P1020850.jpg
白鳥小屋は雪に埋もれていました。2階南側の窓は開くので使用可能です。
[ 2014/01/30 17:19 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

白鳥山 山スキー

冬に行ってみたいと思っていた白鳥山へサブスリー(sbtr)さんと山スキーで行ってきました。

僕  k2ヘルベント189  DYNAFIT TLTマウンテン6
sbtr k2ダークサイド169 DYNAFIT TLTマウンテン5

今日は久しぶりに晴れの予報。山で晴れるのは何時以来だろうか。テンションageageで1時前に奥様に作ってもらったおにぎりを持って自宅を出発。3時前に徳光SAでsbtrさんと合流し朝日ICへ向けてアウトバックを走らせる。今日は先生達も白山を狙うネーなどと話しながら4時前に上路の除雪最終地点へ向かうがどうも雪が少ない。これは藪藪確定だなーと思いながら準備して出発。

最初の杉林をすり抜けて正面尾根取りつきへ。しかし雪が少なく取り付きから藪に覆われていて取り付きすらままならなかったが、何とかルートを見つけて無理やりよじ登る。やはり尾根上も藪MAX。狭いルートを見つけてかき分けながら進むがヘルベントは取り回しに苦労した。

小ピークを何個か巻いて700m付近までくるとだいぶ藪も落ち着いた。雪はクラストした斜面に約5cm程の新雪が乗っていたが雪崩の心配はなさそうだった。夜明けが近く周囲も明るくなってきた。急登をジグって登り上げると標高1000m付近からは素晴らしい景色が広がる。広大な尾根を何本も伸ばした白鳥山の素晴らしい山容が一望出来た。ウーンワンダフル。今日は来て良かった。天候も青空が見えて来て気分もノッて来る。やはり山は晴れが良い。

山スキー向きの大斜面にわくわくしながら、1171mから稜線に合流すると朝日が差し込んだ。同時に白鳥山全体に太陽があたって一気に視界が開けた。ビューティフォー、最高です。とても標高1200mクラスとは思えない素晴らしい景色。必殺新型カメラを初投入の絶景ハンターsbtrさん、写真撮りまくりです。

稜線を歩き最高の景色を頂く。僕はは幸せ者です。絶景を撮りまくっていると不意に山頂小屋が現れた。おお、半分雪に埋もれている。夏の姿からは想像出来ない。

sbtrさんと握手を交わして撮影タイム。日本屈指のロングトレイル、栂海新道が続く先には朝日岳の姿が。遠くには剣も見える。遥か彼方に白山の姿まで見えた。振り返れば日本海のうねりまでが見える。何と素晴らしい。本当に来て良かった。

写真を撮りまくって一息ついたらお待ちかねの滑走タイム。さあまずは僕がダイブ。一気に稜線の平たん部まで滑る。sbtrさんを待って写真を撮る。稜線は交互にお互い写真を撮り合った。
大斜面はもう叫び声を上げながらパウダーラン。最高のひと時でした。山スキー最高です。

一通り滑ったら藪藪尾根を我慢のくだり。一部スキーを脱いがないと厳しい場所もあったが、なんとか林道に合流してあとは車まで滑りこんだ。午前中に帰ってくる事が出来て大満足。

初めて心から山スキーをやって良かったと思えた山行だった。この魅力は深いです。
sbtrさん、ありがとうございました。

sbtrさんの記録へ

日々練成


IMG_0396.jpg
出だしは藪藪(sbtrさん提供)

P1020805.jpg
藪藪2

IMG_0431.jpg
徐々に疎林に(sbtrさん提供)

P1020806.jpg


P1020814.jpg
楽しそうな斜面

P1020817.jpg
P1020818.jpg
sbtrさん休憩中

P1020821.jpg
山頂が見えた

P1020824.jpg
稜線までもうすぐ

P1020823.jpg
樹氷が綺麗

P1020825.jpg
山頂その2

P1020826.jpg
朝日キター

P1020827.jpg
ナイスショット

P1020829.jpg
絶景ハンターサブスリー

P1020833.jpg
P1020835.jpg
P1020839.jpg
IMG_0475.jpg
稜線を歩く(sbtrさん提供)

P1020844.jpg
P1020847.jpg
山頂小屋が突然現れた

P1020851.jpg
素晴らしい

P1020857.jpg
遠く白山も。今日も美人さんです。

P1020861.jpg
振り返れば日本海が

P1020860.jpg
IMG_0506.jpg
山頂ショットXX(sbtrさん提供)

IMG_0580.jpg
最初に僕がドロップ(sntrさん提供)

IMG_0581.jpg
快適に滑る(sbtrさん提供)

P1020864.jpg
sbtrさんナイスターン

P1020871.jpg
超快適斜面 sbtrさんパウダースプレー

IMG_0604.jpg
僕も少し(sbtrさん提供)

P1020872.jpg
お楽しみ後は藪藪
[ 2014/01/29 13:43 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

晴れ予報ならあの山

明日は久々に晴れのBigdayになりそう。やるしかないだろう。とはいえビッグルートはまだまだ。冬に行ってみたかったあの山へ行ってみる。

日々練成
[ 2014/01/28 21:14 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ウエイトトレ

職場の後輩が本格的にウエイトトレーニングを始めたみたいなので、僕が使っていたトレーニングの道具を譲ってあげた。フィットネス程度のウエイトでは使わないものばかりだが、後輩が相談しにくる内容がそろそろ本格的になってきたので必要になると思った。とはいえこれらの道具も通過点に過ぎず、しっかりフォームやポジションが安定すれば必要になくなるのでそうなったらまた返してくれればいいと言っておいた。リストラップやニーラップ、パワーベルトはウエイト必須といってもいいし、怪我防止のためにも使う方がいいだろう。

デッドリフト等ローイング系でのリストラップ使用は様々な意見があるし(僕は使わない派。炭マグのみ)ベンチプレスでグローブをする人もいるだろう。パワーリフティングでのスーツ着用も賛否あるだろう。ウエイトトレーニングに一番効率のいい方法など無く、皆それぞれ自分を実験台にして試していくしかない。この試行錯誤こそウエイトの魅力の一つなのかもしれない。

後輩がプロテイン代もばかにならないと言っていたので僕が愛用させてもらっている540プロジェクトさんを紹介した。丁度僕も在庫を切らせていたので2人でプロテイン20kgを注文して10kgずつ分けた。これなら一番割安で後輩も喜んでいた。

寝ても覚めても筋肉の事を考えている後輩を見て僕も今年は再びウエイトを復活しようかと思っている。デッドを引き切った時やフルスクワットを挙げきった時の脳内麻薬ドバドバをもう一度味わいたい。

日々練成
[ 2014/01/27 16:05 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

静養

まだダウン中。よって明日もおとなしく静養します。
つまらない更新ですいません。

日々練成
[ 2014/01/26 17:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

読書

僕は良く本を読む。かなりイメージと違うと言われるが、かなりの本を読む。
ここ数カ月はちょっと遠ざかっていたが風邪で家にいる時間が増えたのでまた読みだしてみた。特にジャンルはなくて気にいった作者がいればとりあえず全部読んでみる感じだ。小学校の時から本は好きで、貸出カードはすぐに満杯になって2枚目3枚目と増えて行き、そのうち読む本が無くなってきたので先生が町立図書館から本を借りて来てくれてそれを読んでいた。
社会人になって作者を意識するようになり、今はずっと「冲方 丁」(うぶかた とう)さんの書く本がお気に入り。この方、その表現力が独特で素晴らしく文章がとてもとても美しい。妄想好きな僕はこの美しい文章でずっと本の中にいる事が出来る。最近は歴史物も書かれていて、「天地明察」は是非とも読んでいただきたい名作です。マルドゥックスクランブルシリーズから読み始めるのもいいでしょう。一番のお気に入りでお勧めは「ばいばい、アース」ですけどね!

たまにはこんな話もいいかと

日々練成
[ 2014/01/25 18:53 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

白い山

世界には「白い山」という名を持つ山がある。フランスのモンブラン、ネパールのダウラギリ。どれも世界に名だたる名峰である。もちろん日本には白山がある。標高こそ及ばないがその山容、自然、信仰の歴史、どれを取っても全く引けを取らない名峰であると思っている。
日本においても白山は3名山に数えられる人気の山であり、シーズン中は多くの登山者が訪れる。しかしシーズンが過ぎ冬になると人を寄せ付けない秘境となる。雪が積もった白い白山の山頂はまさに神々の頂であり、あの景色を見るためならどんな苦労も報われると思う。

冬の晴れた日に麓から仰ぎ見る白山のなんと美しいことか。他の山々とは別格の純白のその姿はいつまで見ていても飽きる事は無い。今年の冬も頑張ってあの頂に立ちたいと思う。

IMAG1328.jpg
近所の海抜0mに近い場所からでもその白く美しい姿が見える白山。今年も登らせていただきます。
[ 2014/01/24 16:34 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

感冒

昨日から喉の調子がおかしいなと思っていたら案の定風邪をひいたようだ。久しぶりにがっつりひいてしまった。熱もあるようで悪寒もガンガンする。こんな日は暖かくして安静にするに限る。僕は風呂に長く入って体温をあげウイルスを殺すのが個人的に治りが早い。ビタミンと水分をガンガン補給して風呂に長く入り、直ぐに寝る。僕にはこれが一番です。
皆さんもお大事にしてください。

日々練成
[ 2014/01/23 20:49 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

同期会


昨日は仕事の同期会があった。ずっとタイミングが合わず中々行けずにいたので何年振りだろうか。仕事上どうしても全員は参加出来ないので参加メンバーは少なめだったが、懐かしい顔ばかりで嬉しくなった。居酒屋から始まって仕事にプライベートに話は尽きない。あっという間に1次会が終わって、2次会3次会とハシゴして最後は閉店間際のホルモン屋に転がり込んだ。ここでも話は尽きず熱い議論が展開されてラストはもう誰がいるのか分からなくなるまで会は続いた。

飲みも飲んで食いも食って閉店した店から半分追い出されるように外へ出ると雪が降っていた。街中で見る雪に少し不思議な感覚を覚えた。やはり雪は山だななんてガラにも無い事を考えながら駅へ歩いた。同期はfacebookやLineで僕が山に行っていることを知っていて危ないからやめろやなんでそんな事をするんだと聞いてきたが上手く答えられなかった。山に行くと苦しい事も多いがそれ以上に達成感や絶景など楽しみもある。こればっかりはやってみないと分からない。良い事ばかりではないけどそれでも山を続けていきたいと思う。

日々練成


IMAG1323.jpg
最後に行き着いたホルモン屋にて。話は熱く続いて夜は更けてい行く
[ 2014/01/22 15:50 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

研修での反省点

大門山では様々な事を学んだが、実際に見た雪崩の破断面にはちょっとビビった。まるで滑り台を滑るように雪が一斉に滑り落ちて行く様子を目の当たりにしていかに雪崩が恐ろしいものかを体感した。急な斜面をトラバース中に目の前の斜面にピシッとクラックが入った時は本当に緊張した。天候や降雪状況、地形を判断して安全第一でルートを選ばなければと思った。

山行中に装備の不備があったので帰宅してからすぐ揃えられるものは注文した。しかしなかなか在庫がなくて厳しいので近くの鉄工所にCADで書いた設計図を持ちこんでみようと思う。

山で命を落としてはいけない。毎年のように冬山や山スキーでの事故が報告されるが、明日は我が身と思って石橋を叩いて壊して隣に鉄橋を作って渡るぐらいの気持ちで臨みたい。

日々練成

IMAG1317.jpg 無題
反省会にて 特選ロース&特選カルビ 圧巻の24人前!!

[ 2014/01/21 16:35 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

大門山 山スキー研修

YASUHIRO先生と大魔神さん髭魔人さん、サブスリーさんNOZA君と共に大門山へ山スキー研修へ。

若手は3時前にゲート集合。準備をしていると大魔神さんも到着。先生と髭魔人さんも到着したので林道を先にラッセルしようと3人で出発した。しかし昨日までの好天と今日夕方から降り出した雪によって林道は表層雪崩の危険が高く、闇雲に突っ込んでしまっては駄目。雪崩危険個所では必ず一人ずつ通過して他のメンバーは監視に当たらないといけないと教えられる。

林道から尾根に取り付き、暗闇の中ガシガシ高度を上げるが、がんばりすぎて汗をかいてしまってはダメだ。稜線に出るとルートファインディングやコースの取り方等詳しく指導していただいた。トレースの重要さは帰りに痛感する。雪洞作成訓練ではいかに雪洞が雪山で最強のシェルターになるかや、設営に適した場所を教えてもらう。ブナオ峠への下りでは帰り道が楽になるようにトレースをつける。主稜線へ上がると風も強くなり厳しい登りだが勉強になる事が多く全く苦にはならなかった。山頂手前では弱層テストも行い、雪の状態から弱層を見つけて雪崩の危険を判断するかを教えてもらった。

あっという間の6時間で山頂に到着。こんなに時間が過ぎるのが早い山は初めてだった。
登り返しがあるので慎重にシールを剥がして滑降準備。皆さんぶっ飛んでいきます。目の前で見ると感動すら覚える滑りで圧巻の一言。しかし下りも雪崩には警戒。危険の少ないコースを先導していただいて滑りを楽しむ事が出来た。
20分ほどでブナオ峠登り返し。シールを貼り直す。稜線まで登るとビーコンによる埋没者捜索訓練。3人が雪崩で埋没した想定で、制限時間は10分。しかし初歩的なミスや平面的な捜索ばかりで立体的な捜索が出来ず時間内に見つけられたビーコンは2つだった。実際だったら助からないと指導を受けた。これは個人的にショックだった。
稜線から林道までトレースが消えかかっているのでラッセル。いかに上手く地形を読んでトレースをつけるかが重要かを思い知らされた。林道への下りでは再びみなさんは僕の視界から一瞬にして消えて行った。林道はラッセルします。ヘアピンカーブでのショートカットでは見事に一回転して撃沈してしまった。
ラストの林道は頑張ってラッセル。無事ゲートに着いた。11時間の山行お疲れ様でした。山行中、特に装備の不備が目立った僕は早急に改善しようと思う。

帰りはテルメで焼き肉大反省会。
立山での敗退を始め、日頃の山行について様々なご意見やご指導をいただいた。耳に痛い言葉ばかりでとても身に沁み、改めて自分を見つめ直さないといけないと痛感した。山に登る姿勢や心構え、山は神々が宿る場所という事を忘れず、常に謙虚に、常に慎重に、常に全力で山に登っていきたい。

先生、大魔神さん、髭魔人さん、マンツーマンでのご指導本当にありがとうございました。
サブスリーさん、NOZA君お疲れ様でした。これからも力を合わせて頑張っていきましょう。

日々練成

P1020773.jpg
雪崩に警戒しながら林道を進む

IMGP0933.jpg
雪洞設営訓練(大魔神さん提供)

IMG_7767.jpg
稜線を行く(NOZA君提供)

IMGP0955.jpg
弱層テスト(大魔神さん提供)

IMG_7791.jpg
写真が上手いのでそれっぽい滑り(NOZA君提供)

IMGP0979.jpg
ビーコン捜索訓練(大魔人さん提供)
[ 2014/01/20 16:51 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

大門山修行山スキー

今日は大門山へYASUHIRO先生withチーム魔人と共に若手三人衆で山スキーの修行をさせていただいた。
自分の考えを改めさせられる様な事ばかりでかなりショックをうけた。
山は舐めてはいけない。常に謙虚に挑まねばならない。

書きたい事が沢山あるので詳細は明日に。

日々練成
[ 2014/01/19 22:28 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

修行山スキー

明日はYASUHIRO先生withチーム魔人さん達とサブスリーさん、NOZA君、僕の若手3人衆で修行山スキーへ。
先生withチーム魔人'sとご一緒するのは初めてなので超緊張。しかしオールスターズと共演なんて贅沢すぎる。お願いしても出来るものではない。つまりこれはチャンスだ。つま先から頭の上まで全部吸収するつもりで勉強したい。

日々練成
[ 2014/01/18 18:07 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

広い視野

元日本陸軍軍人の小野田寛郎さんが亡くなられた。終戦しても任務解除の命令が無かったためフィリピンのジャングルで約29年にわたって戦い続けた方である。日本に帰国されてからは自然塾を開くなどして青少年の育成に努めてこられた。僕も一度息子とこの自然塾に参加してみたいと思っていたが大変残念である。ご冥福をお祈りします。

小野田さんの帰国後、当時のマスコミから「軍人精神の権化」「軍国主義の亡霊」といった批判を受けたという。今も昔もマスコミは真実、事実の報道などせず自分に都合のいい事しか放送しないという事が良く分かる。一昨日発生した海上自衛隊護衛艦と釣り船の衝突事故でも、まだ詳細が分からない段階から護衛艦が悪いという偏向報道を繰り返す姿に呆れてしまった。もはやマスコミの言う事と反対の事が真実ではないかとさえ思う。

僕のもう一人の師匠である方が、ニュースは全世界の放送を見なさい。一つの情報源に頼ってはいけないと言われていたが、まさにその通りだと思う。
何事もネットで簡単に情報が集まる時代。様々な情報に耳を傾け、テレビから一方的に流される情報をうのみにして狭い目でしか世間を見れなくなってしまわないようにしたい。

日々練成
[ 2014/01/17 17:07 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

DYNAFIT TLT6MountainCL ちょこっとメンテナンス

今シーズン使っているDYNAFITのTLT6マウンテンCLブーツ。とても軽くて(僕の冬靴LOWAマウンテンエキスパートと+100g差)スキーブーツとは思えない程歩きやすく気に入っている。滑りの性能は僕が語れるレベルにないので割愛します。
昨日取立山から帰ったあと、いつものように全てのアイテムをチェックしていたらTLT6の心臓部分、ウルトラロックシステムのバックルが固定される穴に付けられている金属パーツが変形しており、歩行モードの時にブーツのプラスチック部分を削ってしまっていた。おそらくロックする時に変形したと思われるが、このままでは金属パーツがプラスチックを削り続けてブーツが破損してしまう。金属パーツ自体は取り外し出来るのですぐメーカーに取り寄せ出来るかメールした。
パーツの変形部分を削れば何とかなりそうなので、ダイヤモンドヤスリで少しずつ削ってみた。フラットな状態にするまで指で触って具合を確かめながら調整してなんとか問題ないレベルにまで削って調整する事が出来た。

このまま使っても問題はないだろうが、一応新品と交換するためにメーカーからの返答を待ちたい。しかし削っていて思ったのがかなり柔らかい金属で作られていると感じた。これでは少しバックルがズレて入れば直ぐに変形してしまうのではないかと思う。僕の使い方が悪いのかもしれないが、この件についてもメーカーに聞いてみたい。

日々練成


IMAG1311.jpg
軽くて動きやすいDYNAFIT TLT6マウンテンCL 代理店の対応も素晴らしいです。

IMAG1307.jpg
ロックバックルをはめる金属パーツ。赤丸の部分が変形した箇所。金属が削れて盛り上がっている。

IMAG1309 (2)
変形した金属パーツで削れたプラスチック部分。このままだと破損の恐れがある。

IMAG1310.jpg
ダイヤモンドヤスリで少しずつ削ってにフラットにしていく。めくれた部分を半分ほど削った状態。
[ 2014/01/16 16:35 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

取立山(山スキー) 「みさご初めてのモナカ雪に轟沈」

時間がないので仕事明けで山スキーの練習に行こうと前日から車に道具を積み込んで仕事へ。しかしタイミングとは悪いもので深夜と早朝に出場が重なって仕事明けはヘロヘロだ。しかし何としても行く、気合いで出発。そこへ職場後輩数名から昼食を一緒にどうですかと電話があった。そういえば前からゴリラ屋へ連れて行くと言っていたのを思い出した。すまぬゴリラ屋より山スキー、今日は勘弁してくれ。次は必ずと約束して勝山方面へ急ぐ。運転中から眠気MAXだったがセブンのコーヒーでカフェインを注入して取立山へ。道路脇の駐車場は7台ほど止まっていた。限られた晴天なら山に行くしかないだろう。考える事は同じだ。

さっさと準備して出発。こんな雪質だとヘルベントの出番ではないだろうがこれしかないので行くしかない。林道入り口からガッツリトレースがある。前回の失敗を踏まえてしっかりGPSで確認しながら登る。しかしトレースの無いところを探すのが難しいぐらトレースだらけでまいった。流石人気の山です。

林道は適当にカットするがそこらじゅうトレースとシュプールだらけでバリバリ凍っている。ルートを確認して藪を分けながら進んだ。振り返ると先日の越前甲が美しい。途中何人かとすれ違い、1パーティを追い越す。良い天気過ぎて汗だくだ。急登をジグって登ると稜線へ。トレースを避けてラッセルトレーニング。

2時間程で山頂へ到着。シールを剥がして滑走準備。今日はシールの貼り直し練習もかねている。今度の山スキーは登り返しがあるのでしっかり予習しておかないと。しかし晴天の貼り直しぐらい出来て当たり前。悪条件だとどうなるか。追い越した団体のおねーさん達が到着。YASUHIRO先生のファンだそうで流石人気があります。僕はみさごという小物ですよろしくお願いします。下手な滑りを見たいというので、とても見せられるものではありませんとお断りするがカメラまで構えられてしまった。南斜面を滑るが途中からまったくスキーを制御出来ないっ!これがモナカ雪かっ!あっという間に轟沈。おねーさん達にバッチリ撮影されました。半泣きでコルまで滑って再びシールを貼って登り返す。貼り直しはまだまだ手間取ったが上手くいった。山頂まで登り返したら再びシールを剥がして来た道を戻ります。稜線は狭いのでやっぱり苦手。でも練習です。九十九折の急登は上手くトレースの隙間を縫って慎重に滑る。林道は雪が溶けてなかなか滑らなかった。元気があれば護摩堂まで周回したかったが少し時間切れで厳しかった。次回は周回したい。
前回より少しは滑れるようになったかな?

日々練成

IMAG1293.jpg
一昨日登った越前甲は真っ白だ。(中央左)

IMAG1294.jpg
狭い稜線はトレースを避けて

IMAG1295.jpg
山頂から勝山方面

IMAG1297.jpg
シールを剥がします。

IMAG1299.jpg
美人さん(白山)は見えず

IMAG1300.jpg
初モナカ雪に轟沈した斜面。再び登り返します。

IMAG1302.jpg
シールは上手く貼り直し出来ました。

IMAG1303.jpg
賑やかなおねーさん達。YASUHIRO先生のファンだそうです。流石ファンが多い。



[ 2014/01/15 18:14 ] 山スキー | TB(0) | CM(4)

Aegisヘルメット

山へ行く時はヘルメットを持っていくようにしているが、山スキーでもヘルメットは欠かせない。
今までは軽量な事もあり、クライミング用ヘルメットで代用していたが、登山やクライミング用のヘルメットは主に飛来物に対して頭頂部の保護を目的としており、転倒の衝撃や側頭部、後頭部の保護は不得意だ。やはり安全は最優先。特に山スキーでは頭の保護を完璧にしておいた方が良いと感じたので、今までスノーボードのレースで使っていたヘルメットを山スキーに持っていくことにした。

イージスヘルメットは今は無き日本メーカーだ。妥協しない、最強最高のヘルメット造りを掲げて一時はレース界でも有名だったが、その贅沢過ぎる作りと高額な価格のため後発の安価なヘルメットを作るメーカーに押されて撤退してしまった。しかしそのヘルメットは今でもMade in Japanの最高峰ヘルメットとして名前を残している。僕が購入した時も2万円以上した。その性能は素晴らしく、平均的なスポーツヘルメットの約4倍の衝撃吸収性を持つ。これはバイク用のヘルメットとほぼ同じ値だ。細かな部分まで丁寧に作り込まれており、塗装までも妥協せず作り込んであるヘルメットはこれ以外で見た事が無い。もう今は手に入りません。たまにオークションで流れる事があるかも?

山用のヘルメットと比べると少々重いし携帯性も悪いが、頭の保護は最優先。多少の犠牲を払ってでもこれを被って万が一に備えたい。

ちなみにイージスとはギリシャ神話に出てくるありとあらゆる邪悪・災厄を払う魔除けの能力を持つとされている盾の事。日本が世界に誇る護衛艦にもイージス艦がありますね。

日々練成

IMAG1289.jpg
パール塗装が美しい外観。形状も機能美溢れてます。

IMAG1290.jpg
入念に張り巡らされた内装。衝撃吸収材はたっぷり詰め込んである。耳あてが嬉しい。
[ 2014/01/14 17:21 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

昨日の事とか

高校サッカーの決勝戦は素晴らしい試合だった。白山より立山の方が僅かに強かったらしい。荒島岳はかすりもしていませんが。

今日は山に行きたかったが少々用事があって行けなかった。
少し股関節が痛むのは昨日の転倒の時かな?まあ放置しておけばいいでしょう。ちょっとだけ休養って事で走りませんでした。
昨日は地形の読みは本当に重要だと痛感した。適当にトレースに従ってはダメだ。自分でルートをつけてこそだと思う。勉強になりました。あーもっと練習したい。

日々練成

P1121301.jpg
何も見えない稜線はちょっと怖かった。
[ 2014/01/13 17:29 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

越前甲山スキー

何気に今年初登りは越前甲で山スキー。

ソロのつもりだったが前夜マッハさんから連絡があって二人で行く事に。しかし朝4時に緊急連絡があり非常招集がかかってしまった。なんてこったい。仕事はこんなもんです。職場へ行って結局6時半まで仕事になってしまった。5時出発の予定がかなり狂ってしまった。雪道を慎重に飛ばして横倉へ急ぐ。林道除雪終点に着いたのは7時半だった。急いで準備しているとマッハさんも到着。明けましておめでとうございます。年賀に帽子もいただいてしまった。ありがとうございます。

8時
出発。マッハさんはスノーシューです。先行者は1名。トレースはしっかりつけてありありがたく使わせていただく。ガシガシ林道を進んで尾根取りつき。雪はおとといからのドカ雪でかなり多い。トレース通りに登る。

9:12 780付近
このあたりから台地になってくる。しかしガスが濃く迷いやすい。帰りはトレースを外さないようにしないと。先行者のトレースに沿って進む。

9:25 800付近
ここで単独の先行者と合流。トレースのお礼を言って先頭交代。ガスが濃くホワイトアウトになってくる。しばらくジグを切って進むが何かおかしい。予定していたルートの地形と合わない。あわててGPSを確認すると、なんと登る予定の尾根の手前を直登してしまっている。予定ではこの尾根上に出なければならないが、手前の斜面を登ってしまっていた。もう降りるには地形が悪過ぎる。この上は崖でトラバースは厳しい。仕方なく斜面を登るがかなりの斜度でジグを切ろうにも滑って登れない。単独の男性も別ルートを頑張ったが尾根が細くなりアウト。ここでマッハさんのスノーシューでステップを切ってもらい、ツボ足で登ってようやく主稜線に出る事が出来た。

11:35 1150付近
主稜線は雪庇が出来ていて上手くかわしながら進む。ここで後方の単独男性は撤退するという。お疲れ様でした。風が強くなりホワイトアウトで雪庇が良く見えず、慎重に進む。

12:20 越前甲ピーク
真っ白で何も見えないがGPSでピークを確認して無事到着。マッハさんありがとうございました。風も強く展望もないので写真を撮ったらさっさと下山。全く前が見えないので雪庇に注意して稜線は慎重に下った。

12:50 1200付近
ここから単独男性は北斜面を滑走したようだ。僕もこのトレースを使わせていただく。マッハさんは来る時のトレースで下山するのでここで一時別行動。トレースを見失わないように滑る。新雪がふかふかで気持ちいい。直ぐに鞍部に出てここから南斜面を滑る。ちょっとルートミスをして僅かだが登り返しをしてしまった。これは反省。

13:20 750付近
快適な広い台地を滑るとマッハさんと合流。ここから林道まで一気に降りる。

13:40 林道合流
トレースを使ってボブスレー。ようやく山スキーでボブスレーの意味がわかりました。斜度もそこそこあってWAXの染みた板は良く走った。

13:45 除雪終点
無事到着。荷物整理しているとマッハさんも到着。お疲れ様でした。握手を交わす。良い初登りが出来ました。ありがとうございます。コンビニで乾杯して帰路についた。

今回の反省点は、他人のトレースを無暗に信用しない事だと思った。常にGPSで地形を確認して予定していたルートを取るべきだ。あと地形も完璧に叩き込んでおく。そうしないとホワイトアウトになると一瞬で迷ってしまう。ジグの切り方もまだまだだし滑りも危うい。マッハさんのスノーシューステップがなければ登れない個所もあった。もっと練習が必要です。

日々練成

P1121285.jpg
林道を行く(マッハさん撮影)

P1121289.jpg
徐々にガスが(マッハさん撮影)

IMAG1277.jpg
急登を登るマッハさん

IMAG1283.jpg
一瞬ガスが晴れて展望が。素晴らしかった。

IMAG1278.jpg
美しい風景

P1121303.jpg
稜線は慎重に(マッハさん撮影)

IMAG1286.jpg
山頂ショット(マッハさん撮影)

IMAG1285.jpg
ツーショット

P1121314.jpg
油断して大転倒(マッハさん撮影)
[ 2014/01/12 17:41 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

高校サッカー北陸同士の決勝戦

昨日朝から激務でようやく仕事明けの今日昼過ぎに開放された。仕事の後仮眠したのは2時で起床は5時。おまけに7時から除雪。それから昼過ぎまでずーっと拘束されていてさすがにぐったりした。

家に帰ると高校サッカーの準決勝第2試合が始まっていた。第一試合は富山第一が勝利したようで、第二試合の星稜が勝てばなんと北陸同士の決勝戦となる。雪国で外スポーツは不利と言われている北陸が全国の強豪に勝って決勝戦とは何という時代が来たものか。試合は優勝候補の京都橘を終始優勢に試合を進め、4-0で下して初の決勝戦進出。隣県としてこれは応援してしまった。福井県代表のダメっぷりがますます際立ってしまう。

どちらが勝っても北陸の初優勝。今大会は名勝負が多く高校サッカーのレベルはとても上がっていると実感した。日本サッカーの未来は明るい。決勝は素晴らしい試合を期待したい。

明日は休みなのでやっと山へ行ける。スキーの練習、練習。

日々練成
[ 2014/01/11 17:46 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

スキーパンツの補修 (Vaude cheilon stretch pants)

Vaude cheilon stretch pantsの補修をした。
先日の荒島岳で裾にスキーのエッジでかなり傷を付けてしまい、貫通している傷もあったので補修キットを買ってやってみた。

補修キットは色々出ているが、ゴアテックスでもないし、裾部分なら透湿性も気にする事もない。しかし再び傷付ける可能性もあるのでなるべく丈夫な素材を探してみた。再び傷ついた時に再補修出来るように熱圧着ではなく粘着テープでの貼りつけタイプを探した結果、Kenyonのナイロンリペアテープが良さそうだったのでこれで補修する事にした。

裾部分は目立つ場所でもないしどうせ雪に隠れて見えない。パンツと近い色を選んで傷よりかなり大きく貼りつけた。小さくツギハギになるよりいいでしょう。やりかたはシールの様に台紙を剥がしてしっかり貼りつけるだけ。シワにならないようにすればOKだ。10分ほどで完了。これでウェアもバッチリです。

IMAG1269.jpg
補強がある場所を外れて傷がつくのは良くある事。ヘタな僕は尚更。
[ 2014/01/10 11:52 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

ゴリラ屋&カーボンウィペット&ヘルベントWAX&ラントレ(公園周回)

仕事が終わったのは9時過ぎだった。この時間ではちょっと山には遅すぎる。気分を変えて後輩と一緒にゴリラ屋へ新年のご挨拶と初ラーメンを食しに。

11時15分、開店15分前だが並びは0。こんな天気だと並ぶのはつらいのか。しかしそんなことではファーストゲットなど無理。寒さに耐えてこそ美味いファーストラーメンが食べられるというもの。11時30分、開店。店主に新年の挨拶。今年もよろしくお願いします。僕は小ラーメン、後輩は小豚ラーメン。今年一発目なので原点に返ったトッピングでと決めていた。約15分でトッピングを聞かれ僕はチョイニンニク、後輩はヤサイスクナメニンニクヌキカラメアブラでコール。スープはトロリと甘みのあるド乳化スープ。ヤサイはしゃきしゃきとした歯ごたえがgooなモヤシ9:キャベツ1。麺はここでしか味わえない艦これ大和改も逃げ出す超弩級極太麺。オーション小麦の香りと歯ごたえはまさにキングオブ麺。豚はカネシが良く沁みた極厚豚。ちょいパサだったがしっかり煮込まれていてホロホロとした食感がごっつぁんです。チョイニンニクのアクセントで全てが調和して新年にふさわしいラーメンだった。夢中でかき込み完食。ご馳走様でした。

その後好日山荘へ行って注文していたカーボンウィペットのパーツを受け取るようやくウィペットが復活した。これでいつでも山へ行ける。

帰りにヘルベントを後輩に預けてWAXをお願い。僕直伝の技術と道具を全て預けているので安心して任せられる。
エッジメンテもお願いした。

さあ午後からはラントレ。みぞれも降ってるし風も強いし寒いし良い事など一つもないがこんな時に走ってこそモチベーションが鍛えられる。意を決して走りだす、予想通りキツイ天候だが走りだしてしまえば何とかなる。

10.4km 46分

まあまあでしょうか。10kmならもう少しペースを上げたい。

明日から寒気が入ってきて雪だろう。仕事の超忙しい時に雪とは鼻水が出てくる。やるしかない。
連休は一人で黙々と山でトレーニングの予定。少しでも練習しなきゃ。

日々練成

IMAG1260.jpg
後輩君の小豚ラーメンヤサイスクナメニンニクヌキカラメアブラ
珍しく弩乳化スープが美味でした


IMAG1265.jpg
復活カーボンウィペット。もうどこにもいかないで!
[ 2014/01/09 16:54 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

地形図とか

咳が治まらず辛い日々が続く。風邪ではないが喉の腫れも続いて大きな声が出せない。耐えるしかない。

最近は山にいけないので地形図を眺める日が続く。ずっと眺めていると立体的にイメージ出来るから不思議だ。山スキーではルートファインディングが大事というが地形図からルートを読み取る力はかなり重要だ。似たような地形図でも山によって全く雰囲気が違うのは当たり前だが、登り返しなくルートをイメージする能力は地形図を見て実際の地形と合わせていくしかない。まだまだ卓上講習の積み重ねも必要です。山にいけないなら今やれることをやるしかない。

明日は仕事明けが遅くなるので山は厳しい。好日山荘へストックのパーツを取りに行ったら帰りはゴリラ屋へ新年の挨拶をしにいこうかな。 

日々連成
[ 2014/01/08 19:52 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ラントレ(町内周回15km)

快晴。休みの日にこんなに晴れたのは1ヶ月ぶりだろうか。さて山かと思ったが仕事明けで冬山に入るには少々準備不足。喉の腫れと咳もまだ辛いので今日は我慢。

午前中は少し掃除をして、正月を怠惰に過ごしてしまったので12時前に気合いを入れて走りだす。やはり晴れに体を動かすのは最高だ。これが山なら文句無しだったが準備不足体調不良で冬山に入れるほどの実力もないです。
6kg増えた体重のお陰で脚が重いかと思ったがボチボチ回るので後半少し上げ気味にしようと思ったがまたもや腹痛ががが。もうトイレも近くにない場所まできてしまったので耐えまくって走るがかなりロスしてしまった。それでも一応70分は切れました。

15.2km 68分

やっぱり晴れは最高です。太平洋側の天気をちょっとでいいから分けてほしいものです。
今度のコラボまでにもっと山に行っておかないと。練習あるのみ。

久しぶりに地元から見えた白山はやっぱり美人さんでした。
ライブカメラを見たら別当にトレースがあった。今日日帰りしたら最高だろうな。早く僕も行きたい。

日々練成
[ 2014/01/07 16:56 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

東京後日談&コラボ山行

太平洋側の乾燥した空気にはまいった。僕は喉が弱いので空気が乾燥していると一発で調子が悪くなる。車でもエアコンは使わず、寝る時はマスクをして寝る。日本海側より乾燥しているのは知っていたがこの時期こんなに乾いているとは思っていなかったのでマスクせずに寝たらガッツリ喉をやられてしまった。初日は声も出ないくらい喉が腫れてしまい、3日経った今もまだ腫れて咳が出て辛い。油断してしまった。明日は天気がいいので山へ行こうと思っていたがこれでは少々厳しい。明日様子を見ていけそうだったらラントレしてみる。

前回の立山敗退からずっとモチベーションが燻り続けている。どこかで燃焼させたいがどうにもタイミングが合わずにいた。しかしこのタイミングでコラボ山行のお誘いがあった。これはやるしかないでしょう。休みが厳しく取れるかどうかわからなかったが直談判してでも休んで行かなければ。どうにもならなかったら仮病で休む覚悟。もう今からドキドキワクワクです。

日々練成

IMAG1226.jpg
東京へ向かう途中、高速道路の車窓から見た妙高、火打は見事でした。
[ 2014/01/06 17:23 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

東京その3

先ほど無事東京から帰宅した。

昨日は靖国神社に参拝してきた。一度訪れてみたかったがようやく機会があって行く事が出来た。4日だったがとても沢山の人で賑わっており、若い人が大半だったのが非常に印象的だった。巨大な大鳥居をくぐり、青銅製の大鳥居に圧倒されながらも境内に入ると少し気持ちの引き締まる思いがした。神門をくぐり拝殿前に行くと沢山の人が行列を作っていたので並んで参拝を済ませた。その後はお神酒をいただいて遊就館を見学した。涙なしには見る事が出来ない先人達の思いに触れる事が出来て良かった。日本人なら一度は行くべきであると思った。

その後秋葉原をぶらついて夕方にラーメン二郎を食すべく亀戸へ移動。4日から営業という事で新年最初の二郎が食べられる。開店30分前に到着、すでに7人ほどの並び。17時40分ほどに開店。小豚の食券を購入。15分ほどでトッピングを聞かれてニンニクマシカラメで。着丼したどんぶりはずっしりとした重さで流石は二郎といったところ。豚は5枚、端入りであたりです。ヤサイは若干クタめで食べやすい。スープは乳化したコクのあるタイプで美味い。ニンニクは粗めにきざまれた辛いニンニク。麺は柔らかい食感でスープが沁みてどんどん胃に吸い込まれる。小だがなかなかの量で豚と合わせるとお腹はパンパンになった。あっという間に完食。いやー最高でした。大満足で退店、ごっそさんでした。

年末年始は乱れた食生活で6kg体重増という酷い有様。明日からしっかりトレーニングと節制の日々に切り替える。

日々練成


IMAG1231.jpg
やっとこれた靖国神社。

IMAG1232.jpg
大鳥居に圧倒される。気が引き締まります。

IMAG1239.jpg
神門には巨大な菊花紋章。

IMAG1240.jpg
拝殿にて英霊の御霊に感謝。



1388825777707.jpg ラーメン二郎亀戸店 小ラーメン豚ニンニクマシカラメ 最高でした。

IMAG1249.jpg
あっという間に行列が。人気あります。
[ 2014/01/05 18:00 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

東京その2 編集中

今日は靖国神社に参拝して隣にある遊就館を見学した。詳細は後ほどアップします。
[ 2014/01/04 20:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

東京その1

仕事明けでそのまま高速を飛ばして長野経由で東京へ。
15時前に無事東京に着きました。さすが太平洋側、ガン晴れワロタ。これならいつでも走れるだろう。外スポーツは太平洋側が強いのも納得です。
明日は靖国神社に参拝予定。一度行ってみたかった。歴史に触れてみたいと思う。

日々錬成
[ 2014/01/03 17:42 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

GORETEX洗濯 MAMMUTアルバロンジャケット

MAMMUTのアルバロンジャケットを洗濯した。
GORETEXプロシェルのアルバロンジャケット。軽量で丈夫、シンプルな作りで気に入っている。ラッセルでかなり汗をかいたりしたのでそのままにしておくと皮脂や汚れで透湿性が無くなってしまう。撥水性も落ちてきているので洗濯する事に。
とはいっても普通に洗濯機で洗います。ネットに入れて液体洗剤を使ってそのまま洗濯。少し弱めに出来るならそれがいいでしょう。粉末洗剤を使うと透湿性が落ちる事があるので液体洗剤が良いでしょう。
洗濯完了したら少し陰干しして水分を飛ばす。その後乾燥機に入れて熱を加え撥水性を回復させたら完了。これでまた快適に使えます。道具に限らずウェアもメンテナンスしてこそその性能を発揮出来ます。しっかりメンテナンスして快適な山を楽しみましょう。

余談ですが2013-2014シリーズからアルバロンジャケットは無くなってしまったようです。かなりの名品だっただけに残念。後継はどうもイマイチなウェアしかないようで軽量シンプルでタフなウェアを探すなら苦労しそうです。


日々練成

明日から3日間、親類へ年始の挨拶で東京へ。年末年始少し乱れた食生活が続いたので4kの体重増加。また3日間食べ過ぎ飲み過ぎになってしまうが帰ってきたら切り替えてトレーニングです。

IMAG1221.jpg
鮮やかなバーミリオンとクリムゾンカラーが最高にカッコイイアルバロンジャケット。残念ながらカタログ落ちに。


[ 2014/01/02 22:48 ] 装備 | TB(0) | CM(2)