FC2ブログ






3年

東日本大震災24時間後に緊急援助隊として現地に入ったがその光景は今でも覚えている。あれほど無力さを感じた事はない。5階建てアパートの4階まで全ての部屋が空っぽで穴が開いた様になっている光景は信じられなかった。ひとつの街が全て瓦礫となって何一つ残っていなかった。規定の3日間の活動後、この惨状を写真に収めて残さなくてはと思い報道では映さない悲惨な写真を多く撮影した。

あれから3年。様々な影響で復興も中々進まずにいるという。僕らはメディアの声に惑わされずに実際に被災地に行ってその姿を見る事が大切だと思う。明日は我が身、震災はいつ起こるか分からない。自然の力には敵わないが、それでも出来る備えはしておくべきだと思う。

日々練成

※撮影した写真のアップは色々考えましたがやめておきます。
[ 2014/03/11 17:04 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)