ラントレ&大会中の天気傾向

午前中仕事を終えて帰宅。今日は昨日より暑そうだ。14時頃暑さ対策も兼ねてラン。ペースはガクンと落ちて後半は脱水気味できつかった。

15.2km 83分

日本気象協会からお盆の天気傾向が発表された。大会中は東~西日本は高気圧に覆われて晴れる日が多いとの事だ。一時的な雷雨もあるらしいので気を付けないと。しかし気温が高く厳しい天候になるのは間違いない。灼熱のロードはかなりキツイだろう。なるべく涼しい時間にクリアしたい。

日々練成

[ 2014/07/31 18:03 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

白山(市ノ瀬~チブリ尾根~別山~御前峰~別当~市ノ瀬)


 明日の朝に仕事が入ってしまったので今日は日帰りトレーニングに変更。久しぶりに別山から御前峰へ行ってみる。
 朝用事を済ませて急いで市ノ瀬へ。スタートは11時前になってしまった。何年かぶりのチブリ尾根。確か避難小屋に泊って別山往復したのが最後だから何時以来だろうか。序盤は斜度も緩く軽くジョグも混ぜて快調に進む。避難小屋を過ぎると少し斜度も出てくる。同時にガスも上がってきて御前峰はずっとガスで見えなかった。市ノ瀬から2時間20分で別山到着。ガスで展望もないので写真を撮ってそのまま南竜へ向かう。稜線はお花畑が素晴らしかった。ハクサンコザクラの群生が見事。南竜へ下って冷たい水をゴクゴク。トンビ岩コースを登って室堂へ。室堂は多くの人で賑わっていてびっくり。平日なのに流石人気の白山です。山頂へ到着してお参りすると同時に雷雨が。少し奥宮で雨宿り。居合わせたおねーさん3人にTJARの応援をいただく。ありがとうございます。ガスも濃く雨も降っているので山頂三角点を触って下山。黒ボコ岩まで来ると雨も降っていなかったようだ。甚之助小屋で綺麗なお姉さん山ガールに写真を撮ってもらう。快調に下山するが、別当覗きあたりで後ろからただならぬ気配。これは追いつかれると思いペースを上げて一気に中飯場まで。少し様子を見るともう気配はない。誰だったのだろうか?ゆっくり吊り橋を渡って市ノ瀬まで快適ラン。合計6時間30分のトレーニングでした。

日々練成

agrgfawe (3)
別山への素晴らしい稜線。久しぶりに歩いた。

agrgfawe (2)
何年ぶりかの別山。御無沙汰してました。

agrgfawe.jpg
別山から南竜への稜線でひと株だけ咲いていたクルマユリ。サブスリーさんの好きな花だ。白馬には咲いているのだろうか。
[ 2014/07/30 22:22 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(4)

行動食一部公開&大会中の食事

行動食と朝夕のα米を集めてみた。
これに羊羹と柿の種と+何かが加わる。この中から市野瀬までの行動食を選んで持って行く。市野瀬で再び補給といった感じだ。全行程を通して山小屋では食事をする予定なので必須なのはビバーク明けのα米とジェル系。α米は水で食べた事もあるがやはりお湯で戻したほうが美味しいし食べやすい。ビバーク明けの山中で水戻しのα米は精神的にキツイだろう。そのためだけにガスストーブ一式を持っていくのかと言われればYESだ。温かい食事は何にも勝る活力になる。寒くて眠れないビバークも暖かい食事を採って体が温まっているうちに眠れば快適だ。スープ類を飲むだけでも全然違う。僕は0時に行動開始の予定なので、19時~23時までの間に仮眠をとりたい。コンビニ以外でこの時間帯に食事を出来るところは無い。後半になるにしたがって食事の重要性は増してくるだろう。全行程を通して安定した食事をしていきたい。
僕はカレーが大好きなので山小屋でのカレーが楽しみである。山小屋さん、超大盛りでオナシャス!!

日々練成

ahteg.jpg
左上から ザバスピットインリキッド、クリフバー、グリコワンセコンド、サタケマジックパスタ、マジックライス
サタケマジックライスは初体験です。
[ 2014/07/29 19:05 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(2)

MT1210発見&マット小細工

ここにきてシューズのMT1210が見つかった。サイズも幅もバッチリ。離れている場所だが、購入のあてもついて良かった。これでシューズの不安が消えた。ニューバランスさんありがとうございます。

OMMのクラシック25に付属しているマットはコシも強くてビバークには申し分ないのだが、背中に入れておくと少し硬い部分もあるので思い切って少しカットしてみる。実際に広げてみてもお尻から先に伸びている部分があるのでここは使わないだろう。ギリギリの装備にするつもりはないが、切詰められるところは詰めていきたい。

日々練成


[ 2014/07/28 19:56 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ラントレ&タイム設定

午前中に帰宅したが昨日の猛暑の疲れが少し残っていたのでちょっと仮眠。昼過ぎに起きてラントレ。今日は前回ほど暑くなく、そこそこ走れた。途中海岸に寄って、ライフセーバーをしている友人と談笑。この暑さの中ライフセーバーも大変だろう。お疲れさまです。ちょっとゆっくり走り過ぎたかな?

15.2km 81分

この週末にTJARに出場する仲間が畑薙からの80Kmオーバーの試走や北アルプスの試走を終えていた。皆のモチベーションは凄い。僕は今週TJAR前に最後の休みがあるが、試走にはいかず最後のロングトレにする予定。
それとコースタイムの試算だが、最初の北アルプスを抜けるところまで設定して、後は設定しないようにしようと思っている。僕にとって難関はおそらく上高地から木曽までのロードであろう。ここの通過タイムを設定して無理に合わせるとどうも良くない気がしている。ここは自分の調子と天候も合わせて現場判断で行こうと思う。といいつつタイム設定してしまいそう。山は分からない。

日々練成


[ 2014/07/27 21:51 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

暑い一日&準備

灼熱の一日だった。朝7時の時点ですでに30度。道端の温度計は午後4時を過ぎても37度から下がらない。外で作業していたが仕事を終えて屋内に入ってもしばらく汗が止まらなかった。明日からは雨も降って少し気温も下がるだろう。

行動食とアルファ米の調達は完了。メインのウェアはやはり上はミズノと下はロンヒルの定番で。デポにも使い慣れたウェアを置いて後半は交換していく予定。シューズはどうしても見当たらないので最終手段は違うモデルをデポに用意するか・・・。予備のストックも欲しいところだが予算も厳しいのでどうするか。

日々練成
[ 2014/07/26 19:03 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ラントレ&MT1210補強

仕事明けで残業して昼過ぎに帰宅。
今日は暑い。やばいぐらい暑い。昼少し仮眠して3時頃に走りだす。信号で止まると大量に汗が噴き出す。ウェアが重く感じるぐらい汗が出る。温度計は36度を指していた。暑さ対策と思えばいいトレーニングです。流石にペースは上がらなかった。

15.2km 81分

ニューバランスMT1210の補強を行った。このシューズ、サイドからつま先にかけての素材メッシュになっているので、登山道で木や岩にひっかけると破けてしまいそうで不安だ。そこでシューグーをサイドとつま先の一番弱い部分に塗って補強した。乾燥してみるとメッシュ部分がしっかりコーティングされていて強度もありそうだ。少しでも不安要素は減らしておきたい。

日々練成

aavav.jpg
軽量化のために素材が張り合わせになっているので、その部分とメッシュ部分をシューグーで補強
[ 2014/07/25 18:32 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

試走は終了

今回の中央アルプスの試走でTJAR2014の試走は終了。残された時間はデポ品の用意と最終的な道具の選定。そして各チェックポイントの通過予定時間の予想にあてる。トレーニングもハードな事はせずに少し山へ行って、ロードの走力維持をメインに。

今悩んでいるのは持っていく食事だ。アルファ米とスープ類は外せないが結構な重量にもなる。行動食のジェル系も予備を考えればきりがない。かといってギリギリは怖い。でも悩んでいる時が楽しいのかも。

日々練成


[ 2014/07/24 20:42 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

中央アルプス試走 旧木曽駒スキー場~中央アルプス~菅ノ台BT

中央アルプスの試走へ。
21日の夕方家を出て平湯経由で木曽を目指す。釜トンネル入り口からはTJARのコースでもあるので下見も兼ねる。狭く暗いトンネルが連続する危険地帯だ。奈川渡ダムを右折して野麦街道へ。途中TJARコースでも有名な補給地点「スーパーまると」を通る。藪原から国道へ合流して原野駅付近を左折して旧木曽駒スキー場へ。0時半、ペンションの駐車場に到着して準備をしていると先行者が1名出発していった。こんな時間に出発する人は初めて見た。僕も少し遅れて出発。

少し林道を歩くが登山口がわからずウロウロ。ルートミスや行ったり来たりで時間をロス。駐車場から40分かかってようやく林道の先に登山口を見つけて安心。試走しておいて良かった。ここでトラブル。ブラックダイヤモンドのディスタンスFL、伸縮固定部分が固着して動かない。どう頑張ってもびくともしない。仕方なく固定無しでだましだまし使う。2時半前に7合目避難小屋で先行者に追いつく。なかなか健脚の方だ。神奈川から来られたというこの男性と頂上まで前後しながら向かう。途中の雪渓でルートロスしてウロウロ。風が強く少し寒い。ずーっとトラバースが続きなかなか高度が上がらない。ようやく稜線へ登って3時半に玉ノ窪小屋へ。風が強くガスも濃いので、小屋の石垣を風除けにして長袖アンダーとタイツ、レインウェア上下とグローブを装着。ガスが濃くてヘッドライトの光が殆ど届かない。慎重に足元を照らして進む。木曽小屋を過ぎて山頂神社へ到着。お参りして先に進もうとするがガスで道が分からず反対方向へ進んだりとここでもウロウロ。ようやくコースを見つけて山頂へ。

4時12分木曽駒ヶ岳山頂着。神社にお参り。風はどんどん強くなり雨も交じってきた。ガスも濃く、先に進んだ神奈川の男性はガスで道が見えないので引き返してきた。日の出までここで少し待ちましょうと言って少し雑談。4時半になると明るくなってきて僅かにルートも見えるようになってきたので出発。中岳分岐で男性と別れて先へ進む。宝剣山荘ぐらいで風雨は更に強くなる。フードを深く被って防御力UP。宝剣岳は鎖場もあるが問題無く通過。途中聖地巡礼中のヤマノススメファンの2人とお話「全然ゆるふわじゃないですよ~」と嘆いていた。

4時48分宝剣岳通過。風雨とガスで何も見えないのでさっさと進む。登山者に会う事もなく稜線を行く。晴れていれば素晴らしい景色とルートなのだろう。アップダウンを淡々とこなす。少し雨は弱くなってきたかな?

6時16分檜尾岳通過。明るくなりガスも少し薄くなる。7時10分熊沢岳通過。東川岳を過ぎて木曽殿山荘に7時55分到着。あとは空木岳を目指すのみ。駒ヶ根駅の電車の時間を考えて空木岳を10時に通過がタイムリミットだったが、これなら十分な貯金が出来ている。途中携帯を拾う。先行者のだろう、無事追いついて渡す事が出来た。半分くらいで風も弱まり青空もちらほら。大きな花崗岩が折り重なる凄い景色だ。巨大な岩の間を抜けて行く。

8時40分空木岳着。ガスは残っていて遠望は出来ないがいい景色だ。山頂で男性とお話。TJARの事も知っているようで応援をいただいた。ありがとうございます。さあ後は下るのみ。空木駒峰ヒュッテは綺麗な小屋でした。小屋番の方も親切でした。駒石はなんでこんな形になったのだろと考えるような石だった。そこからの景色は雄大で中央アルプスの美しい山容が良く見渡せた。稜線が晴れていればなぁ。どんどん下って平坦地でふと地図を見る。下りのコースタイムは4時間なので2時間で下れば駅まで余裕で間に合うはず。しかしここでアクシデント。良く地図を見るとコースタイムは4時間だが、地図にはまだ先がある。登山道から4時間であって登山口へは下りで+2時間と書いてある。OMGなんてこった。1時間半の貯金を一気に吐き出して借金まで出来てしまった。まずい電車に間に合わない。+2時間を埋めるべく必死で飛ばす。駐車場から更に先のスキー場までずっとダッシュ。何とか菅ノ台へ着いたものの駅まで走っては間に合わない。しょうがないのでバスに乗る事にした。選考会で来た時以来の駒ヶ根ファームスだ。また来ます。

直ぐにバスが来て駅まで。原野駅まで切符を買って少し時間があるので駅向かいのスーパーでとんかつ弁当を買う。各駅停車で3時間の旅だ。ゆっくり弁当を食べて車内で昼寝しようとウキウキ気分。しかしまさかのここからが核心部だった。

到着した電車は僕の想像した2,3人だけ乗っているのんびりした電車ではなく、女子高生満載の電車であった。マジかよ、汗臭いシャツの小汚い格好をした僕は何処へ乗ればいいんですか。少しでも汗臭いシャツを遠ざけようと僕は隅っこへ行きたいが女子高生満載の電車でそんな事は無理であった。クスクス笑いと目線が全て僕に向けられているようで弁当の楽しみはどこへやら。恥ずかしさと恐怖で震えながら立ったまま過ぎるのを待つ1時間は地獄であった。

岡谷駅でようやく乗り換え。山より疲れた。ここから塩尻駅へ向かい、塩尻駅では乗り換え待ちで40分程時間があったので誰もいないホームのベンチでようやくとんかつ弁当にありつけたのであった。
電車に乗り原野駅へ。危うく乗り過ごすところだった。駅から木曽駒スキー場駐車場へ移動してお疲れ様でした。

今日は長野でTJARへ出場するGAKUさんとご飯の予定なので長野へ急ぐ。19時には合流してホルモン焼きをご馳走していただいた。TJARや山の話をしながら飲むビールの何と美味い事か。夜も更け2次会を終えて解散。GAKUさんご馳走様でした。次はミラージュランドで会いましょう!

車中泊し今日は白馬へ移動。サブスリーさんが転勤して働いている好日山荘へ。途中の直売所で桃とネクタリンを買う。ひと箱1000円とか安いワロタ。
新店舗で働くサブスリーさんは元気そうだった。お互いの近況を報告してしばし雑談。彼は明後日に富士登山競争に出場する。最低でも自己ベストを狙うというので頑張って欲しい。TJARの応援をいただいて白馬を後にして夕方帰宅。盛り沢山の遠征でした。

日々練成

1 (7)
宝剣岳。ガスが濃くてこれしか撮れませんでした。

1 (8)
聖地巡礼お疲れ様です。

1 (9)
檜尾岳

1 (10)
熊沢岳

1 (3)
空木岳への稜線でようやくガスが晴れる。

1 (11)
空木岳への稜線から

1.jpg
素晴らしい登山道

1 (2)
雄大な中央アルプス

1 (4)
駒石

1 (5)
帰りはダッシュ

1 (6)
新店舗で元気そうなサブスリーさん。

[ 2014/07/23 18:09 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(4)

無事下山

とりあえず無事下山
まずは報告まで

日々練成
[ 2014/07/22 22:21 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

出発

では行ってきます。

日々練成
[ 2014/07/21 18:11 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

試走予定とか

明後日から休みが取れたので未踏のコースへ試走へ行く予定。
本当は南アルプス後半の試走がしたかったのだが、休みや交通手段、遠征費用を考えるとちょっと厳しい。準備品や予備のウェアやシューズでもかなりお金がかかっているのでここは我慢。少しでも試走出来る事に感謝です。

学校も夏休みに入って子供は部活に忙しいようだ。毎朝学校へ行くより早く家をでて真っ黒に日焼けして帰ってくる。自転車に荷物満載で朝から部活へ行く子供を見て逞しくなったな~と感じた。僕も頑張らないと。

日々練成
[ 2014/07/20 19:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

ラントレ&クリフバー

仕事明けで午前中に帰宅。涼しいうちに庭の草刈りをと思ったがもう暑い。暑いが仕方なく長袖長ズボン長靴装備で庭の草刈り開始。汗だく覚悟で裏庭まで雑草を刈った。
午後からサッカーの審判が入っているので間に合うように11kmコースをささっと走る。久しぶりにキロ5分を切った。冬はキロ4分15で走ってたのが信じられない。慣れってコワイ。

11km 54分

サッカーのレフリーは灼熱であったが後半は涼しい風も出てきた。雷に注意しながら無事終えた。
帰宅すると注文したクリフバーが届いていた。3箱36本のまとめ買い。これがTJARで行動食の一翼を担うのだ。ホワイトチョコマカダミアナッツを食べてみたがしっとりして水分がなくても食べられるのがイイネ!

日々練成

ava.jpg
3種類36本。甘すぎず食べやすくて高カロリー。日本でも定番になりつつあるか?


[ 2014/07/19 19:09 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

あれから10年

今日は福井豪雨からちょうど10年であった。現場へ行った身としてはあの光景の衝撃や恐ろしさは今でも覚えている。初めて死ぬかもしれないと感じた現場だった。目の前を家が流れて行き、車ぐらいの大きさの岩が簡単に流れて行った。膝上の流れになると全く進めず、泥水で足元が見えないので何度も転倒してその度に流されそうになって必至でボートやロープにしがみついた。それでも濁流の中、孤立した住宅へ濁流を渡ってロープを張り、ボートを運んで取り残された方々を救助する事が出来た。水の引いた帰り道、自分達が車を止めたほんの数m下に止めてあった車が全て流されていたのを見てぞっとした。

自然が牙をむけば人間などひとたまりもない。これは山でも一緒である。福井豪雨から10年という期間を経て改めて自然に対して謙虚に生きなければという思いを強くした。山でもTJARでも常に自然に対して敬意を持って謙虚に安全第一で行動したいと思う。

日々練成


[ 2014/07/18 20:23 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ラントレ(町内周回15km)&行動食

仕事明けで昼に帰宅。
少し洗濯物を片づけていると雨が降ってきた。今日は降らないと思ったのだが。ボーっとしているといつのまにか午睡。3時過ぎに起きるととんでもない湿気。今日は走るの止めようかとネガティブになるがそこはいつものルーティンでカバー。4時前に町内周回をゆるゆる走る。汗が全く乾かず、出た分だけウェアに溜まって裾から滴る程だった。それでもあまり疲れず走れたのは暑さに慣れてきたかな?

15.2km 77分

行動食を確保するべくネットでポチポチ。色々悩んだがメインはやっぱり使い慣れているグリコのワンセコンド、ザバスのピットインリキッド、塩羊羹、クリフバーで決まりそう。クリフバーは海外通販で3種類を箱買い。それでも5000円しなくて助かった。ワンセコンドとピットインリキッドは、重量:カロリーで見るならピットインに分がある。しかし飲みやすさはワンセコンドなので前半のまだ余裕がある時にピットインを多めに持って行く予定。塩羊羹は瞬間的火力があるが少々食べにくいので、水分と共にガツンと補給。クリフバーは朝ご飯や寝る前の補助的にも使えるので一番多く持っていきそうだ。


日々練成

sththsths.jpg
塩羊羹に比べて値段は高いが味、内容共に満足出来ます。ジェル系はやっぱりキャップ付きの容器が使いやすいです。

[ 2014/07/17 19:39 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

マナーマナー

昨日は久しぶりの白山で楽しかった。やっぱり定期的に登らないと。
初投入のMH.TRCのチームジャージもなかなか良かった。汗がすぐ乾くし何より着心地が良く気に入った。しかし看板を着て山に入るのだからその影響も考えないといけない。他の登山者に迷惑や不愉快な思いをさせないのは勿論、自然を大切に、登山道を荒らさないよう、注意を払わなくてはいけない。今までやってきた事と何も変わらないが、今以上に気にして注意する必要があると感じた。山を、自然を好きな気持ちは誰も同じ。お互いが気持ちよく楽しめるようにしたい。

日々練成

IMAG0366.jpg
キュゥべえ再び。アニオタさん見てる~?
[ 2014/07/16 19:58 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

夏白山 

仕事が昼まであったが、山に行きたくてしょうがなかったので仕事終わりにそのまま白山へ向かった。
13時に別当出会い到着。今日はマイカー規制がないのでいつもの路肩駐車場に行くとちょうどポールポジションが空いていたので停めさせてもらった。

13時15分別当鳥居。今年も夏シーズンよろしくお願いします。今日はそれほど急がず、登り2時間のタイム設定でボチボチ進む。蒸し暑く汗が出るが、ロードを走る時のような暑さでは無いので大丈夫だ。山開きも終えた白山は平日でも多くの登山者が登っていた。中飯場付近でマッハさんのお友達とお会いした。白山ウルトラでエイドのスタッフをされていた時も声をかけてもらいました。ありがとうございます。避難小屋手前ではブログ読者の女性の方とお話した。いつもありがとうございます。

避難小屋で顔を洗うと男性に声を掛けられた。初対面のしょももさんでした。いつもありがとうございます!十二曲がりまでのトラバースは軽く走って延命水を一口頂く。黒ボコ岩を越えれば弥陀ヶ原の絶景。雪はすっかり溶けて夏山全開です。うーん、数ヶ月前とは別世界。やっぱり白山っていいね!

室堂では祈祷殿が工事中。鳥居に一礼して山頂までボチボチと。今年はキンポウゲが当たり年なのかかなり広範囲で群生していた。その中でクロユリ発見。今年も見れました。
山頂へは110分で到着。奥社で無事登頂とTJAR出場のお礼と報告をした。風も穏やかで良い山頂だ。鹿児島から来たご夫妻と少しお話。白山は最高だといっていただいて僕も嬉しいです。
15分ほど滞在して下山。途中山ガールとお話して写真を一枚。南竜分岐でブログを見てくださっている男性と色々お話した。いつもありがとうございます。中飯場では若い男性グループと一緒に分岐まで。吊り橋を渡り無事下山。昼過ぎからの白山だったが天気も良く堪能しました。沢山の方とお話出来て楽しかった。いつ来てもやっぱり白山は最高です。

日々練成

werqggqw.jpg
別当夏バージョン

werqggqw (2)
珍しく午後でもガスの無い別山。緑が眩しい。

werqggqw (3)
弥陀ヶ原は夏でも別世界。青と白と緑のコントラストが綺麗です。

werqggqw (4)
群生するキンポウゲの中にクロユリが!

werqggqw (5)
「This is Life!」 生きてて良かった! 左腕には「perfect combustion!」 完全燃焼!

werqggqw (6)
きゅんきゅん山ガール☆

werqggqw (7)
アークテリクスなお兄さん。いつもありがとうございます!

werqggqw (8)
元気な若者グループ!ナイス白山でしたね!

werqggqw (9)
行動食は一口羊羹「塩」バージョン。いつもの羊羹より水分が多く、スルリと食べられる。これ、最高です。50円なり。
[ 2014/07/15 21:26 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(6)

Herzlichen Glückwunsch zur Weltmeisterschaft! & 国見岳往復(TJAR仕様)

今朝は4時に起きてワールドカップの決勝戦を観賞。決勝戦に相応しい熱戦だった。しっかり組織を作りパスを回しながら控えを含め全員で守備と攻撃をするドイツに対し、エースメッシの一発を狙い残りの10人が奮闘するアルゼンチン。結果こそドイツの勝ちであったが、歴史に残る名勝負となった。ゲルマン魂ここにあり、であった。おめでとうドイツ!
Herzlichen Glückwunsch zur Weltmeisterschaft!

今日明日と休みの予定だったが二日間共に仕事が入ってしまった。山に行こうと思っていたのにググギギ。
今日は昼前まで仕事。朝早くから起きていて眠いが仕方ない。昼に帰ってきてさあどうしようか。山は時間がないのでやっぱり国見岳へ林道トレ。30kmをTJAR仕様の装備で。ザックは6kg+α。

今日は選考会での経験を反映して、決して急がず、疲れないペースを探るようにした。本戦では30km、70km、30km、80kmとロードがある。80km以外のロードは全て北中央南アルプスへ向かう道。ロードで疲れてしまっては意味がない。楽に呼吸が出来て余裕を作れるぐらいのペースで進まなければならない。今回はそれを意識してみた。

30km 3h30min

このペースなら心拍も150まで行かず、楽に進める。10%を越えるような坂は無理に走らず歩く方がエネルギー対距離の効率が良い。山に行けなくともやれる事を探して準備していかないと。

日々練成

ytjsnm.jpg
山頂広場手前は濃いガスにまかれたが抜けると少し青空が見えた。暑くないけど湿度たっかー。
[ 2014/07/14 18:46 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

Final Battle Come on! !

あと1ヵ月無いと言っておきながら、今日は午前中ドロドロになってサッカーのレフリーをしただけで後は寝て過ごしてしまった。仲間は荒天の中、南アルプスに入ってトレーニングしているのに・・・。こんなんじゃだめだ、明日は午前中仕事だが午後からは何としてもトレーニングしないと。

 明日早朝にFIFAワールドカップの決勝戦が行われる。僕の大本命ドイツが2002大会以来の決勝戦に進んだ。今大会のドイツはなかなか隙がない。スーパースターはいないが全員が高いレベルでバランス良く組織されている。それに誰かが欠けても交代メンバーだけでもう1チーム作れるぐらい分厚い層が安定した戦いをさせているのだろう。
 何としてもドイツに優勝してもらいたい。今日寝てしまった分は明日朝の決勝戦のためと思って早朝からテレビの前で応援します。Deutschland, Tore Tore Tore! !

 日々練成
[ 2014/07/13 18:58 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

予備やデポ品とか


 本番まで1ヶ月を切った。メインの装備はほぼ固まっているが、予備やデポ品の調達がちょっと遅れている。特にシューズは廃番になってしまっているので、同じモデルを探すのが一苦労だ。行動食のゼリー類もまとめて購入。持っていく量は限られているので、市ノ瀬のデポまでどれくらい必要か。
各チェックポイントまでの通過タイムと山小屋の営業時間のを考えてどこで補給出来るのかも計算。出来るだけ山小屋では食事をしたいので営業時間内の通過を目指したいが無理な部分もあるのでそこをどうするか。こういった計算や作戦も考えていて楽しい。

スタートまで時間は少ない。やれる準備をやるのみ。

日々練成
[ 2014/07/12 20:03 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ラントレ(町内周回15km)

昼過ぎに帰宅。台風は逸れて地元にはあまり影響は無かったようだ。里山ぐらいなら行けるかと思ったがずっと続いた雨で登山道はずるずるだろうからやめた。また町内周回をゆるランで。いつもは普通に見える堤防の先まで霞んで見えなかった。湿度が凄いのだろうか。サングラスまで曇ってくる程だった。しかし家に帰ってパソコンを見るとPM2.5も昨日の4倍の数値と出ている。これがやはり原因だろう。まったくたまらんですよ。

15.2km 79分

夕方は奥様の誕生日プレゼントを買いに市内へ。スポ小のコーチで駆けまわっているので夏用のジャージでもと思って注文しておいた。暑い夏を少しでも快適に過ごしてくれればいいです。

日々練成


[ 2014/07/11 22:24 ] トレーニング | TB(0) | CM(2)

台風とか

台風接近で今日から明日は荒れた天気になりそう。山へ行きたいが流石に台風の時に入る気にはなれません。
またロードを走る事になりそうだ。

7月に入ってまだ一回も30kmを走っていない。山にも行けてないので少し集中的にトレーニングしないと。試走がまだのコースもあるので7月中には走破しておきたい。

日々練成
[ 2014/07/10 20:06 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

暑さ対策ラン

朝7時でもう30℃だった。
仕事明けで昼前に家に帰ったが暑い!クーラーは苦手なので扇風機選手、今年初めての登板です。
暑いが暑さ対策ランにはもってこいだと思い20kmのランへ。道端の温度計は34℃を指していた。往路は追い風だったので汗が乾かず茹でダコ状態。流石にペースも落ちるが暑さに慣れるにはいい条件だ。10km地点で自販機でペットボトルでを買って水分補給。復路は向かい風なのでそれほど体温も上がらず進めた。

20km 108分

これだけ濃い汗が出るとスポーツドリンクでは塩分補給が追いつかない。直接塩を舐めるのも有効だろう。電解質の補給にはソルトスティックがかなり良いと聞いたので試してみよう。

日々練成

ogoiug.jpg
総合電解質補給剤ソルトスティック。ツール・ド・フランスでも愛用されているらしい。
[ 2014/07/09 16:42 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

選考会記録 後半

 選考会後半の記録

 0時半にアラームで起床。思ったよりぐっすり眠れた。ビバークで眠るコツはいっぱい食べて身体が温かいうちに寝ること。寒くなって起きたら行動開始とすれば寒さで眠れずに時間だけが過ぎる事もない。
 水を入れておいたアルファ米をモソモソ食べる。ちょっと時間が経っていて食べにくいが水を飲みながら食べる。アルファ米の次はバナナケーキ。菓子パンだがカロリー470kcalで炭水化物は70グラムと超ハイカーボ。混む前にトイレを済ませ1時過ぎにシェルター以外のパッキング終了。雨はずっと降っているようだ。シルバのヘッドランプを点けて1時半にシェルター撤収。みんなも撤収している。1時40分には集合が始まっていたので小屋前に集合完了。点呼を受けてさあ後半スタート。

野呂川越までの急登は後方でゆっくり進む。トップグループは速い速い。ここは急登で岩と木の根が滑りやすく、テープもロストしやすいので慎重に行った方がいいと試走で思っていた。両俣小屋から雨宮さんと横川岳過ぎまで一緒に進んだ。
高望池を過ぎて結構明るくなるが雨はずっと降り続いている。伊那荒倉岳はいつのまにか通過。フキの平を過ぎて2755ピークあたりでライトを消す。稜線は風が強い。そこそこ気温も下がっているようだ。大仙丈ケ岳直下のコルでツェルトを被っている人がいた。何人かが声をかけていたが大丈夫ですというのでそのまま通過。

大仙丈ケ岳から仙丈ケ岳の間はかなり風も強く皆相当寒かったようだ。厳冬期に比べればどうって事はなかった。仙丈ケ岳は予定より10分早く到着。小仙丈ヶ岳方面へ下る。少し下ると一気に雨雲が晴れて青空が。南アルプスは綺麗です。

小仙丈ケ岳からは阪田さん、小野さんと前後しながら進む。小野さんの激下り速い、マジ速い。阪田さんは笑いながら超余裕で進んでる。2位と3位はやっぱり凄いです。

登山者とすれ違いながら北沢峠には予定の10分前に到着。試走の時はゆっくりしすぎたので少し早めに申告していたが丁度良かった。北沢峠の関門でも望月さんにお会いする。先に到着していたGAKUさんが出発。そのうち朽見さんも到着。望月さんに応援をいただいて20kmのロードへ出発。試走で走った時より身体は軽くよく動いた。3kmほど進むとGAKUさんが。しばらく二人で話しながら進む。そのうち朽見さんが追いついて軽快に抜いていった。GAKUさんと分かれて一人旅。
バスの定期便から応援をもらった。よのすけさん?橋手前で米田さんと一緒になりゴール直前まで一緒に進んだ。しかし下界は暑い!

仙流荘へは予定時間の5分前に到着。疲れはなく気持ちいいぐらい。写真撮影をして直ぐに筆記試験。4問で20分の制限時間。ほぼ予想通りの問題で、登山をしていれば常識の範囲で答えられる内容だった。書き漏れの無いように丁寧に答えて終了。食事を注文してお風呂へ。風呂から上がったら食事まで時間があるので塗れた装備を乾かす。

帰りのバス第1便が出発するので先に帰る朽見さん、雨宮さんとミラージュランドでの再会を誓って別れた。

食事の席では西田さんと望月さんとご一緒させていただいた。望月さんから沢山のお話を聞けて勉強になった。
食事を終えて装備を撤収。午後からはWMAJの講習会。普段経験する事の無い山中での応急手当のアプローチを知ることが出来て勉強になった。機会があればもっと詳しく受講してみたい。

16時のバスで駒ヶ根ファームへ。皆とミラージュランドでの再会を願って解散となった。

二日間の選考会、自分が感じたポイントを書いておきます。

・最初のロードは普段からザックを背負って走るトレーニングをしていれば問題なく走れると思います。林道などを利用して自分がどれぐらいのスピードで進めるか普段から知っておくといいと思います。

・地蔵尾根は試走の時にGPSでログを取り、地図に特徴的な地形を書き込んでおきました。平坦なトラバースが何ヵ所かあるので歩測でおおまかな距離を出せるようにしておいたのも良かったと思います。(100m間隔で歩測)地形図にない10m未満の小ピークの場所を書き込んでおいたのでピークに騙される事無く位置をつかめました。仙丈ケ岳から両俣小屋まではピークが連続するのでオリエンテーリングポイントが多くあると予想していたのですが、実際は5個中4個が地蔵尾根でした。これはいい意味で予想外で、ポイントを大きく外す事は無かったと思います。仙塩尾根は岩のピークが何個かあるので試走しないと難しいかもしれません。

・今回の実技課題は足首の捻挫の応急処置でした。持っている物での応急処置だったので自分はテーピングを選択しました。もし無ければシャツを破いて固定するぐらいの対応が必要だと思います。持ってないから出来ないでは駄目だと思いました。

・シェルター設営テストは何度も設営を繰り返せば問題ないと思います。自分の設営パターンを作ってしまえば大丈夫です。
ペグの刺さりは悪いとはいえ、全く効かないわけでもありません。少し角度を変えればしっかり効きます。自分はストックシェルターでしたが、足元のペグループに2mmロープと自在固定をつけてテンションをかけれるようにしておきました。ストックで立ち上げた後も自在でしっかりテンションをかけられるので強度が出ます。両サイドのペグ打ちも必須だと感じます。省略している方もいましたが、強度の違いは明らかだと思います。

・今回は両俣小屋を利用出来たのでガスストーブは持っていきませんでしたが、やはり火器は必須だと感じます。寝る前や朝の食事には温かい食べ物が何よりです。体温が上がっていないとよく眠れません。朝は温かいスープだけでも飲めれば元気が出ます。

・筆記問題は山の常識レベルです。今回は熱中症、低体温、雷、道迷いの4問でした。引っ掛けや専門的な事はありません。普段から安全な登山を心がけていれば常識の範囲で回答可能でした。

・選考会に臨むにあたって心がけていた「余裕のある行動」が選考会を通して出来たので上手くいったのかな、と感じました。周りは早い人ばかりなのでそのペースに惑わされず、行動だけでなく、食事やシェルター撤収、トイレまで自分のペースで周りに引っ張られずに行動出来たのが良かったのだと思います。

選考会を終えて思った事は、やはりTJARは登山そのものだという事です。安全を疎かにせず、いかに自分の力で道を切り開けるか。自分の状態と、現在、これからの状況を判断して正しい選択が出来るか。そこにスピードという要素が少し必要になってくるのだと感じました。トレランだけでなく、もっと山を安全にスピーディに楽しめる余裕があれば通過の可能性は大きくなる、と思います。

装備記録

行動ウェア
・上:メダリストクラブ コンプレッションロングスリーブ(ベースレイヤー)
・上:メーカー無し 化繊Tシャツ(ベースレイヤー擦れ防止)
・下:ロンヒル トレイルカーゴパンツ
・下:ティゴラ ロングタイツ(就寝、レインウェア着用時使用)

アンダーウェア
・ブロススポーツブリーフ(タイツ着用時使用)

防寒着
・上 スポーツ店オリジナルダウンジャケット(就寝時使用)
・上 パタゴニア キャプリーン2

レインウェア
・上 OMM カムレイカジャケット
・下 OMM カムレイカパンツ

靴下
・化繊×ウール5本指靴下

シューズ
・ニューバランスMT1210

グローブ
・ロンヒル ファントムグローブ 

帽子
・マムート シュトーレンビーニー

ザック
・OMM クラシック25改造(付属マット込み)

ストック
・ブラックダイヤモンド ディスタンスFL

シェルター
トレイルマウンテン ストックシェルターPRO

シュラフカバー
・SOL エマージェンシーヴィヴィ

ヘッドランプ
・SILVA トレイルランナー2 ・PETZL ティカプラス

行動食(出発時)
・グリコワンセコンド×3 ・ザバスピットインリキッド×5 ・薄皮アンパン×1袋 ・菓子パン×1
・柿の種小袋×2 ・アルファ米×1 ・スポーツ飲料(500mlペットボトル) ・水(1Lプラティパス半分:ハイドレシステム)

参加者のザックはテラノヴァ、グレゴリー、OMM、ノース、レードライトがよく使われているようです。シューズは意外にラプターは少なく、アディダス、サロモンを良く見ました。レインウェアはモンベル、ノースが大半でした。

以上個人的な記録です。

日々練成


     
[ 2014/07/08 20:37 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(0)

選考会記録 前半

 選考会の記録 前半

 20:00に家を出発して一路駒ヶ根ICへ。23:30に到着。コンビニで朝ご飯と水を買って駒ヶ根ファーム横の無料駐車場へ向かう。途中ザックを背負って歩いている紺野さんを発見。声をかけて一緒に駒ヶ根ファームまで。ファーム前で別れて僕は駐車場へ車を停めて車中泊。3時起床予定でおやすみなさい。

 朝3時に目が覚める。回りはヘッドライトが動き回り準備している人もちらほら。僕も朝ご飯のおにぎりを食べてウェアを着替える。水を移して3:45分準備完了。途中でよのすけさんに声をかけていただく。暗いのに良く分かりましたね?

 4時前に駒ヶ根ファーム到着。多くの人が準備している。雰囲気最高。ベンチでザックを下ろすと見覚えのあるアークテリクスのTシャツ。朽見さんと10カ月ぶりの再会。ここまできましたね、後はやりきるだけです。
 受付をしているとスタッフが望月さんでビックリ。よろしくお願いします。荷物チェックを待っているとGAKUさんに声をかけていただく。頑張りましょう!その後男澤さん、釘宮さん、江口さんとも会う事が出来た。ちょっとでも知り合いがいると安心します

 荷物チェックは不備なく終了。ここでまさかの安井さん登場。愛知から出勤前に駆けつけてくれた。嬉しくてちょっと泣きそう。めっちゃ元気でました。ありがとうございます。
 飯島委員長からブリーフィングを受けてスタッフの紹介。すこし雨が降ってきたが問題なし。その後スタート地点へ移動して集合写真を撮り、いよいよスタート。

 最初のロード26kmは市街地を抜けていく。10kmにある駒ヶ根小学校までは頑張って走り、その後の勾配がきつくなる中沢峠まではゆっくり歩くつもり。市街地はGAKUさん、内田さん、雨宮さんとワイワイ話ながら進む。途中の交差点で集団と別れて4~5人のグループで進む。市街地を抜けると前後に選手は見当たらない。集団は先にいったのかな?駒ヶ根小学校を過ぎるとボチボチ登りが。無理せず歩いて進む。15km地点で後ろからきた選手に、後ろに何人ぐらいいますか?と聞くとなんとラス2だという。みんな早いなー。予定ペース通りなのでこのまま峠まで歩きを入れて進む。途中岩崎さんとお話をさせていただいた。中沢峠を過ぎると下りのみ。途中の自販機でコーラを補給。市ノ瀬まで3kmほど走って予定の12分前に到着。水を補給して出発。

 柏木までのロードはなかなか勾配がきつい。地蔵尾根からは先週試走したので大丈夫だ。試走で付けたポイントを落とした地図を見ながら進む。林道が終わりピークを巻く道に出た時にラインオリエンテーリングのポイントがあった。皆止まって位置を確認している。ここは分かりやすい。地図にチェックをして先へ進む。地蔵尾根は4つのポイントがあって思いのほか時間がかかってしまった。日差しは無いが蒸し暑く湿度が高いので汗が出る。シャツを脱いでアンダーだけになるが暑い。水を多く消費してしまってこのままでは両俣まで持ちそうにないので仙丈小屋へ寄って水を補給してコーラとポカリを購入。よのすけさんがカレーを食べていた。外へ出ると寒くなったのでOMMカムレイカジャケットを着る。仙丈ケ岳には5分遅れの15:05分到着。

 オリエンテーリングと実技課題の時間を見て両俣までは先週の試走+30分の時間で計算。少し雨が落ちてきたが寒くは無い。特徴的なピークの横でラストのポイント。なんかポイントで望月さんに会うので緊張します。ここから30分程先で実技課題があった。捻挫をしてしまったので持っている物で応急手当をするという課題。テーピングを持っていたので内反しないように固定して終了。少し固定が甘かったかな?

 再び朽見さんと合流。少し時間が押しているので先へ行くという。野呂川乗越までは20分ほど早いがこのまま進む。両俣へは予定の10分前到着。15人くらいの人がシェルター設営テストを受けていた。同じ頃到着した西田さんとテストの順番を待つ。北野さんがいたので挨拶させていただいた。

 シェルター設営テストは先週試走で来た時に張った場所がそのままあったので迷わずその場所を申告。スタッフの合図でザックを降ろし設営開始。2分半程でキッチリ張れた。中にもぐりこんで強度テストを受ける。中からだと思った以上にストックが動く気がしてちょっとビビる。その後中に入った状態から撤収テスト。これも問題無く少し大きめのスタッフサックに収納し、2分程でザックに収納して背負って終了。ザックのパッキングチェックを受けて初日が終了。

 ストックシェルターを張り直して濡れたシャツを脱いで長袖とダウンを着る。下もタイツとカムレイカパンツを履く。これで寒くなく眠れる。両俣小屋ではお母さんがおにぎりを用意してくれていたので、カップ麺と合わせてありがたく購入。温かい食事が出来るのは力になる。食事を終えて小屋から出るとテント場の8割はストックシェルター。壮観です。シェルターへ戻り、明日の朝ご飯用にアルファ米に水を入れてヴィヴィに潜り込んで就寝。カップ麺の熱で暑いくらい。0時にアラームをセットしておやすみなさい。あっという間に寝てしまった。

続く

日々練成

a (3)
受付風景

a (4)
安井さん登場!本当に力になりました!

a (1)
最初のロードを行く


[ 2014/07/07 20:28 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(2)

出場決定後日談

TJAR2014への出場が決まって一日経った。今ようやくここまで来たんだという思いがわいてきた。沢山の方から応援をいただいた。選考会を通っても出場出来ない仲間もいる。改めてこの大会に出場する自分の責任の重さを感じている。

僕に出来るのはしっかり準備して万全の状態で大会に出場し、完走する事。それしかない。今までやってきた事を続けるだけだ。

明日はオフ。久しぶりに白山に行きたかったが雷雨の予報なので様子を見て。TJAR2014出場が決まって少しほっとして気が抜けているので、再び気を引き締めてトレーニングしていきたい。

日々練成


[ 2014/07/06 21:33 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

TJAR2014出場(速報)

本日東京でTJAR2014出場選手抽選会があり、抽選の結果本戦に出場出来る事になりました。
まずは応援していただいた皆さん、協力していただいた方々、そして山、自然に感謝です。本当にありがとうございます。

まずは報告まで。

日々練成

10527820_618460848251732_176423311104650521_n.jpg
画像は会場へ行ってくれた朽見さん提供
[ 2014/07/05 14:48 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(16)

明日はTJAR2014抽選会

 いよいよ明日はTJAR2014抽選会。ここまできたら出場完走しかない。必ず出場完走するという強い気持ちを持って挑みたい。

 願うんじゃない、勝ち取るんだ。

 日々練成
[ 2014/07/04 21:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

MH.TRC チームジャージ完成&ゆるゆるゆるラン

5月に企画して発注していたMH.TRCのチームジャージが完成して昨日届いていた。
デザイナーさんとのデザイン打ち合わせや、メンバーの意見反映、製作会社とのやりとりなど、難しい内容もあったが最後は満足のいくジャージが出来た。1ヶ月半待って手元に届いた完成品は素晴らしい出来だった。これを着てメンバーと白山を駆け巡ってみたい。
しかしチームジャージは看板と同じ。無責任な行動は慎み、模範となるような行動をしなければいけない。トレイルランではなく、自然が好きな登山者として、ルールとマナーを守って活動したい。

昼過ぎから雨の中超ゆるラン。6分/kmのペースで久しぶりの町内周回。たまの平地ランもいいかな。

 15.2km 92分

日々練成

無題

デザイナーさんの素晴らしいデザインとメンバーの意見が融合したMH.TRCチームジャージ。カッコヨスギィ!
[ 2014/07/03 16:31 ] MH.TRC | TB(0) | CM(2)

サブスリーさん白馬へ行く

蚊に刺された脚の腫れも引いてきて、明日から少し走り出す予定。少し天気が悪いが梅雨だしこんなもんでしょう。

 マイパートナーのサブスリーさんが今日から転勤で白馬へ行く事になった。金沢から少し遠くなってしまうが、山に行けばいつでも会える。勿論、今年も沢山の企画を彼とやっていきたいと思っている。慣れない地での仕事になるが彼の人柄なら大丈夫、すぐに打ち解けて沢山のお客さんにも信頼されるだろう。
 稜線の長い後立山なら色々面白い企画が出来そう。白馬でも活躍して有名人になって欲しい。
 北陸から応援しているぞ! Good luck

 日々練成

 P1010822.jpg
サブスリーさんと挑戦した 24時間以内3名山登頂(←リンクへ飛びます) 
彼なくしてはこんな企画は考えられない。白馬でも、誰もやった事の無い挑戦を続けてくれ!
[ 2014/07/02 19:43 ] 独り言 | TB(0) | CM(5)