FC2ブログ






海抜0mから槍ヶ岳日帰り (sea to summit Mt.Yarigatake 1day)

 今年の宿題の一つ、日本海から槍ヶ岳日帰り。海抜0mチャレンジは何度かやってきたが今回は初の3000m級。本当は9月中にやりたかったが、TJARのダメージからの回復に時間がかかり1ヶ月ずれ込んだ。天気が午後から崩れそうだったが、今回の休みが最後のチャンスと見て決行。

 2日早朝0時半に富山県岩瀬浜に到着。ここから41号線と471号線をひたすら進みまずは新穂高バスターミナルを目指す。

 1_201410031426309af.jpg
岩瀬浜の海岸にて。真っ暗で街灯も無くて不気味。

 0:45
 岩瀬浜を出発。41号線へ合流する。富山市内は信号が多くストップ&ゴーの繰り返し。高速をくぐるとようやく快調に飛ばせる。神通川沿いに進む道から少しづつ勾配を感じるようになる。心配したトラックもそれ程多くなく安心して進む。

 2:30
 トンネルを抜けて岐阜県神岡へ。まだ標高は220m程。細かなアップダウンを繰り返す。ダム沿いを進むが真っ暗なダム湖は不気味だった。

 3:10
 471号線へ合流。神岡宙ドーム近くのコンビニで小休止。一度止まると汗が冷えて寒い。上着を着て出発。この辺りから勾配が出て来てなかなかスピードが出ない。我慢の走り。4時を過ぎると少し眠気でふらついてきたので少し休む事にする。

 4:42
 道の駅のベンチで5分程目を閉じる。眠くなったら5分仮眠。TJARで覚えたテクニック。一瞬で寝て起きて頭はスッキリ。さあ出発。5時を過ぎると空が明るくなってきた。北アルプスのシルエットが浮かび上がってテンションも上がる。

 5:20
 蒲田川沿いは勾配もきつくなりなかなか進まない。我慢してペダルを踏む。トンネルを抜ければ新穂高への登り。登山者用駐車場は半分近く埋まっていた。

 5:40
 新穂高センター到着。建物と場所が新しくなっていて驚いた。センター裏に自転車を停める。少し休憩して着替えて準備。

2.jpg
新穂高センター。新しくなって綺麗でした。

 6:20
 右俣林道から出発。ここから標高差2000mを登る。林道はジョグを交えて進む。予定より遅れてしまったので先を急ぐ。
 
 6:47 穂高平小屋通過。
 7:12 白出沢通過。
 7:47 滝谷通過
 8:12 槍平通過

 3.jpg
右俣林道へ。ガスは晴れて青空が。天気は持ちそうか?

4.jpg
白出沢。ジャンダルムも良く見える。
 
 平坦な巻き道を過ぎ、槍平を越えればようやく飛騨沢への登りへ。標高は1900m、登りはキライじゃないのでガシガシ登る。途中ガスが晴れて槍ヶ岳山荘がキラリと光る。飛騨沢の紅葉はピークを過ぎた感じだ。左手に見える西鎌尾根を見るとTJARを思い出す。

5.jpg
中央に小屋がキラリと見える。時折ガスがかかる。

6.jpg
今年の紅葉は赤が少なくイマイチらしい。飛騨沢もピークは過ぎた感じ。

7.jpg
米田選手と進んだ西鎌尾根。あの時は夜でガスだったので苦労した。


 9:44飛騨乗越通過。
 9:53 槍ヶ岳山荘
 槍ヶ岳山荘。槍は時折ガスに隠れたりしているが概ね晴れている。今のうちにピークを踏むべし。風が強くかなり寒そう。僕だけシャツに短パン。皆ダウンとか着ているしかなり場違いだった。
 槍の鎖場では岩が初めてなおねーさんが先行していた。手足の置き場に困っていたので下からレクチャーしながら一緒に登る。

8.jpg
飛騨乗越を過ぎれば槍がどーん

 10:12 槍ヶ岳
 槍ヶ岳山頂。 やりました(加賀)
 海抜0mから槍ヶ岳に到着です。時折ガスって風が強く寒いものの、晴れた山頂はやっぱり最高。展望も良く、槍沢からの紅葉もなかなか見事だった。一緒に登ったおねーさん2人と写真を撮り合う。さあ帰ろう。

9.jpg
標高差3180mを走破。

 10:41 槍ヶ岳山荘
 下りもおねーさんをサポートしながら山荘まで。落石を起こさないように注意しながら飛騨沢は快調に飛ばして下る。途中雷鳥にも会えた。
 
 10_20141003142709479.jpg
中央右に雷鳥

 11:42 槍平小屋通過 水分補給
 12:06 滝谷通過
 12:40 白出沢通過 登山者と少し談笑
 13:00 穂高平小屋通過

 13:23
 新穂高センター到着。
 自転車があって安心する。汗で濡れっぱなしだった自転車ウエアを少し乾かしながら休憩。

 11_201410031427303ff.jpg
ラスト3/4残すのみ。
 
 14:00 
 自転車を組み立て、シューズを履いてさあ海へ向けて出発。まだ天気は持ちそうかな?
 下りは快適なダウンヒル。常時45kmオーバーで飛ばす。

 14:17
 道の駅通過
 少しのアップダウンも勢いで登る。行きに比べれば快適過ぎる帰り道。しかし神岡に入るとついに雨が降ってきた。次第に雨足が強くなり、トラックの通行量も多くなってきたのでドラッグストアで休憩も兼ねて雨宿り。

 15:00
 ドラッグストアで休憩しながら雨雲レーダーを見ると後30分後には雨雲が抜けそう。丁度いい、少し目を閉じて休む。

 15:15
 雨足が弱まり、仮眠して頭もスッキリしたので出発。残り60km。日没までに間に合うか?

 15:45
 41号線合流。トラックが増えてきたが強引に抜いていく車は少なく、危険を感じる事はなかった。何故かマナーの良さを感じた。申し合わせしているのかな?

 16:16
 富山県に入る。さあラスト30kmだ。

 16:40
 富山市内に入ると渋滞でなかなか進まず、スピードも落ちる。おまけに雨も強くなり山間部より辛い。車に注意して進む。

 17:30
 富山駅通過。後10kmが進まない。

 17:55 岩瀬浜
 やりました(加賀)
 海抜0mチャレンジ槍ヶ岳日帰り、完遂です。ラストは渋滞と雨で酷い事になりましたが、無事到着出来て良かった。
 山頂も晴れたし大満足です。今年の宿題をやりきれて良かった。完全燃焼です。応援してくれたMH.TRCのメンバー、自転車を整備してくれた友人に感謝です。

 日々練成

 12_20141003142731563.jpg
岩瀬浜にて。マドン君も良く頑張ってくれました。

 

 
 
 
 
[ 2014/10/03 13:43 ] 特別企画 | TB(0) | CM(14)