30km走 & ニッチな道具達


 今日は30km走。仕事明けだったのでそれほど無理せずペースを作る。後半はエネルギー切れ気味でちょっときつかったのが反省点。大会まで1ヶ月ちょい。まだまだ頑張れるはず。

 トレランが人気になってからガレージメーカが増えてきた。大手ではなく、少数精鋭でモノ作りをするメーカーだが最近は乱立気味で徐々に消えて行くメーカーも出て来ている。最初は物珍しさもあったのだろうが、やはり使い手に受け入れられる道具というのは少ない。より軽く、より早くを追求すれば尖った性能になるし、大半の人はそこまで求めていないというのが現状かもしれない。

 多くのガレージメーカーが言う、自分が使いたい物を作るというのは一つの方向性だが、それが受け入れられるかはまた別の話かもしれない。一つ面白いメーカーが出てきたと思ったらすぐに消えて行くというのは寂しいが、当然それを使える人間がいないとダメだろう。
 
 そう考えるとロングセラーの道具というのは凄いなと思う。多くの人のスタンダードになるというのは難しい。しかしその中でも誰かが革新的な道具を作って、それが次のスタンダードになっていくのだろう。今はそんなトレラン道具の転換期になっているのかもしれない。僕もマイナーメーカマニアだが、僕が使っているメーカーが次のスタンダードとかになると嬉しいかも。

 日々練成


 
[ 2015/02/04 20:46 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)