FC2ブログ






少し離れて分かる事


 先日、日本山岳救助機構「jRO:ジロー」から分担金の連絡がきた。これはいわゆる山岳保険のようなもので、簡単に言えば救助にかかった費用を会員で負担するというシステムだ。今年度の推定負担金は600円といったところらしい。これとは別に会員費用もかかるが、他の山岳保険に比べて割安であり、トレッキングも登攀も全て対象なのが特徴だ。2013年度と2014年の救助費用支払い対象の事故一覧が添付されていたが、その中には何件か僕の知っている方の事故も含まれていてハッとなった。事故は雪山だけではない。低山だからとか、トレランだからとかいう区別はなく事故は起こる。少し山にいかない期間があるとそういった恐ろしさが良く分かるようになる。

 慣れと油断がいつのまにか自分の中に入り込んできているのかもしれない。少し山に行けない時間が続いたが、これを機会にもう一度安全登山を再確認してみようと思った。

 日々練成

 sgtrs.jpg
 jROの対象事故。その多さに改めて安全登山を再確認。

 
[ 2015/03/03 21:11 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)