白峰ゲート開通

 今日の夕方、白峰から市ノ瀬までの通行止めが解除されるとの事。市ノ瀬まで車でいければあとは自転車を使って楽勝だろう。室堂も5月1日から宿泊のみの営業を開始するらしい。室堂のトイレと水場も使用可能。もうスキーは終わりなので、天気さえよければ体力作りを兼ねてツボ足で山頂往復しようと思う。今は片道3km標高差800mでトレーニングしているが、片道7km、標高差1500mでさらに足元が雪なら、かなりいいトレーニングになるだろう。

 下りは雪の上を飛ばして、標高差1500mの豪快なダウンヒル。このスタイルはこの時期限定の楽しみだ。頑張って登った分、下りは楽しみたい。

 日々練成

 DSC00107.jpg
 広大な運動場と化した弥陀ヶ原を駆け抜ける!
 
[ 2015/04/30 06:22 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

山も下界も暑い


 仕事明け。疲労抜きも兼ねて今日はLSD。2時間程走ったがもう暑いくらいで汗が落ちて来る。ようやく半袖短パンで走れる季節がやってきた。
 
 先日行った白山も富士写ヶ岳も暑かった。特に白山は空からと雪に反射した紫外線が容赦なく襲ってきて、日焼け止めとサングラスを貫通してきた。何度日焼け止めを塗り直したのに帰ってみればバッチリ日焼けしていたし、目は充血して痛かった。NOZA君は帽子を被っていたが大正解だった。
 半パンで走っていると下半身の日焼けも凄い。今まではあまり気にしていなかったが、これからは日焼けにもしっかり対処していかないとと思った。

 日々練成

 [広告] VPS
 白山室堂にて。気温は15度以上でした。
[ 2015/04/29 20:16 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

白山の動画


 先日の白山では動画を沢山撮影した。ほんの数秒のシーンから10分近いシーンまで総カット数は40以上。良い動画を作るには素材集めから。と思っていたがさすがに多すぎたか。まずはどの場面かを分けてそれぞれ編集するシーンを集めないといけない。これはかなり面倒な作業になりそう。良くYoutube等で良い動画があるがあの編集には相当な労力がかかっているのだろう。
 自撮り棒をうまく使ってスピード感のある動画を撮りたかったがこれがなかなか難しかった。それでも何とか1シーンぐらいはいい絵が撮れたかな?

 日々練成

 [広告] VPS

  みんな気になる別当吊り橋でのシーン
[ 2015/04/28 06:14 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

富士写ヶ岳 2発


 白山の翌日で脚は重いかなと思っていが、朝起きたらそれほどでもなかった。天気がいいのに家に居てもしょうがないので富士写ヶ岳へトレーニングへ。今日も2本の予定。

 吊り橋へ行くと沢山の車が止まっていた。平日なのに相変わらず人気だ。開いているスペースに車を停めて準備しているとガサガサ草むらから音がする。何だろうと目を向けるとひょっこりキツネが姿を現した。前回来た時もいたキツネだ。登山者が餌をくれる事を覚えているのだろう。それほど警戒もせず近くまで寄ってくる。持っていたパンを投げてやるとバクバク食べた。

 準備して吊り橋スタート。今日はそこまで追い込まず50分切りのペースで。登り出しは少し脚が重かったが汗が出てくればペースも上がってきた。心拍は170後半維持で。中盤過ぎのロング急登がキツイ。ここは頑張りどころ。これを過ぎれば稜線からの展望も楽しめる。何人かの登山者と挨拶して山頂へ。47分。ボチボチのペース。山頂は10人程で賑わっていた。

 一本目下りで前方からただならぬ気配。新緑に映える青と白のシャツ!なんとMH.TRCの山口君が登ってきた!なんたる偶然。たまたま当初の目的を変えてこちらに来たという。こんな事もあるんですね。後で合流しようと山口君は山頂へ向かい僕は2本目のため一時下山。車に戻って水分を補給して再出発。2本目は流石に脚が重くなってきた。中盤過ぎで山口君と合流しそのまま二人で山頂へ。山口君さすが早かった。2本目は49分と少し遅れた。山頂で登山者に2人の写真を撮っていただいて下山。無事車に到着。山口君ありがとうございました。

 帰りは山口君が寄った茅野の大杉前にある茅野大杉茶屋さんで草団子をお土産に購入。お参りした茅野大杉はゾクっとくるような神秘的雰囲気でした。

 日々練成

 rhnbo (2)
 キツネたん。ホントに野生かお前?

rhnbo (3)
 偶然会った山口君と山頂にて。

rhnbo (4)
 快適トレイル富士写ヶ岳

rhnbo.jpg
 茅野の大杉 ゾクっとくるぐらい雰囲気ありました。
[ 2015/04/27 19:59 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

白山 (山スキーwith NOZA)


 朝5時出発でNOZA君とゲートで待ち合わせ。30分前に到着するとNOZA君もちょっと前に到着していた。車が数台停まっていて、何人か先行しているようだ。
 除雪はかなり進んでいそう。5時にゲートからMTBで出発。あんなに会った雪はすっかり消えて完全に春モードになっていた。NOZA君と快調にMTBを飛ばす。途中先行していた何名かを抜いて市ノ瀬まで1時間かからず。除雪は橋より先に延びていた。これはありがたい。橋を渡って急登をMTBで登る。二個目のヘアピンを過ぎた先まで除雪は伸びていた。ここにMTBをデポしてスキーモードへ。長い林道をこれだけ自転車を使えれば万々歳。別当までの林道は所々雪が切れそうだった。

 白峰から別当へ2時間かからず到着。厳冬期の半分以下だ。体力も全く消耗していない。小休止して吊り橋へ。鳥居は半分近く出ていた。いつもの一本橋状態の吊り橋を渡り取り付きへ。石畳の急登は夏道が出ていたのでつぼ足で登る。中飯場まで乗り上げればあとは好きにルートを取って甚之助へ。雪はかなり減っていて藪もそろそろ出てきそう。雨溝がかなり目立って滑りは微妙か。

 天気は超快晴で暑い!風もなく汗が噴き出て来る。甚之助で小休止。二階入り口は完全に出ていた。塗りが甘かったのか少し足に違和感があったのでプロテクトS1を入念に塗り直す。日焼け止めも追加。いつものエコーライントラバースから弥陀ヶ原へ乗り上げる。相変わらずここはキツイ。弥陀ヶ原に来れば御前峰が。遠く御嶽山はまだ噴煙を上げている。早く見つかりますよう。
 広大な運動場をNOZA君と進む。ライブカメラは完全に埋まっていて場所は分からなかった。五葉坂左側を抜けて室堂到着。建物は半分位出ていた。厳冬期より半分は溶けたようだ。鳥居もくぐれるまで出ていた。鳥居前で定番の撮影会。

 もう岩だらけで直登は厳しいので半分以上出ている夏道で山頂まで。半分からつぼ脚で登る。山頂到着。お疲れ様でした。東面から来たという方が山頂にいたので少しお話。あちら側は除雪が殆ど入っておらず苦労したという。奥宮でお参りして山頂で撮影会。お腹が空いたので早々に室堂へ。雪が繋がる場所からスキーで室堂まであっという間に滑りこむ。

 今日のハイライトはお昼ご飯。厳冬期では考えられない時間だ。僕は主食を準備。今日は取っておきのアルファ米とカップ蕎麦(うどん)。NOZA君は自ら山菜(タラの芽、コゴミ、コシアブラ、ウド)を天ぷらやサラダにして持ってきてくれた。ジェットボイルでお湯を沸かしアルファ米とカップ麺が出来るまで天ぷらをいただく。山菜の天ぷらは本当に最高だった。コゴミのサラダも歯ごたえがあって美味しい。

 フィナーレはNOZA君考案デザート、「ノザート」 スコップでかき氷状の雪を削り出し、フルーツゼリーにかけ、その上にジャムを乗せて完成。これは超美味でした。NOZA君ご馳走様。

 さあお腹も一杯になったのでそろそろ滑降準備。室堂から弥陀ヶ原に滑りこんでエコーラインまで。一気に甚之助まで滑る。雨溝はあったがかなり緩んでいたのでそこまで問題ではなかった。甚之助小屋には何名かの登山者が。挨拶して下る。中飯場手前からはツリーラン。大きな穴に注意しながらあっという間に石畳上部へ。ここでスキーを脱いで石畳を降りる。吊り橋を慎重に渡って別当到着。ここから再び林道をスキーで押し進み。そこそこ板は滑り無事自転車デポ地点へ。さあスキーは終わり、後はMTBでぶっ飛ばすだけ。市ノ瀬までは一瞬。発電所を過ぎれば下りのみ。何もしないでも自転車はスピードを上げて行く。あっという間にゲートが見えた。NOZA君、10時間の山行お疲れ様でした。

 日々練成

IMG_1031.jpg
厳冬期は厳しい歩きも今はMTBで快走! ※NOZA君撮影

001 (2)
林道を行くNOZA君


001 (4)
石畳はほぼ夏道に

001 (5)
天気は快晴

001 (6)
中飯場が見えた

IMG_1046.jpg
小休止する僕 ※NOZA君撮影


001 (7)
しかし暑い!

001 (8)
別山をバックにノザ君

001 (9)
御前峰が見えた。いつ見ても美人。

001 (10)
弥陀ヶ原を行くNOZA君

001 (12)
山頂への最後の登りも夏道。

IMG_1102.jpg
山頂にて ※NOZA君撮影

IMG_1110.jpg
豪華お昼ご飯。 山菜の天ぷらは美味しゅうございました。右は「ノザート」 ※NOZA君撮影

001 (16)
別山をバックにNOZA君

IMG_1121.jpg
別山を正面に滑る僕 ※NOZA君撮影

001 (17)
別当手前。ここまでくればゴール目前。



 
[ 2015/04/26 22:02 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

明日は山


 今日はいい天気だったが風が強かった。明日は山でもいい天気になる事を願います。
 明日は早朝から山へ出発。今日は早く休む事にします。いい動画が沢山とれるといいな。
 
 日々練成
[ 2015/04/25 21:50 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

山でアクションカム


 今週末はようやく休みが重なり山へ行けそう。もう冬山は終り残雪期も終盤。春の山を雪と共に楽しんで来ようと思う。アクションカムで動画も沢山撮影もする予定。動画は素材が命。沢山撮影すればそれだけ編集する内容も増える。しかし撮影時間は限られているのでいかにいい場面を撮影出来るかがカギだろう。白山の魅力を多く伝えられる動画を作れたらと思っている。

 そういえばSONYのアクションカムだがバージョンアップをしていなかった。早速先日ネットに繋いでバージョンアップしたら沢山の新機能が追加された。改めて説明書を読みなおすとスーパースローモードやバースト撮影モードなど多彩な撮影モードがあるのに気が付いた。特にスローは面白い。一瞬のシーンをスローで撮影するといい映像が出来そう。山での楽しみがまた増えた。
 
 日々練成

 IMAG1166.jpg
 SONYのアクションカム HDR-AS100V 買って良かったと思える一品
[ 2015/04/24 06:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

スポルティバXカントリーを発掘


 いま履いているシューズはadidasのmana7。足幅が広めな僕はこいつはちとキツめだが我慢して履いていたら慣れるもので今はこれくらいタイトじゃないと逆に遊びが多すぎてダメに感じている。というか足の形が細くなったのか?以前履いていたニューバランスの2Eのシューズを普段用におろしたら紐をぎちぎちに締めないと緩くて履けなくなっていた。このシューズを履いていたときはジャストサイズだったので明らかに足の形が細くなっているのだろう。順応とは凄い。

 登山もmana7で問題無かったが、流石にトレイルで使うと痛みも激しい。ロード用と併用すると泥を落としたり面倒も多いのでトレイル用に1足mana7を買おうかなと思っていたが、以前安売りしていた在庫は無くなったようで今はあまり安くなっていなかった。安さもmana7の魅力だったのにこれではダメだ。どうするかなと考えていたら、ふと思い出す事が。以前スポルティバのラプターを買った際、同時にもう1足Xカントリーというシューズも買っていた。これは履いて見たら足幅が狭くてとても登山では無理だなと収納庫に入れっぱなしだったはず。ごそごそ探して見るとありました。スポルティバXカントリー。

 スポルティバではもう絶版となっているモデルで、薄いミッドソールでクッションは少なく、強力なグリップを備えた軽量スピードモデル。久しぶりに履いて見るとピッタリじゃないですか。しかもデザインを改めて見ると超カッコイイじゃあないか。元は自分で買ったとはいえこれは得した気分。これでトレイル用のシューズは確保された。めでたしめでたし。

しかし今になって絶版の高いシューズを投入するのはなんとなく気が引ける。悩ましい。

 日々練成

 zgdtgs.jpg
スポルティバのスピードモデルXカントリー。まさかここにきて履く事になろうとは。しっかしカッコイイな。
[ 2015/04/23 20:19 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

増えたのはなんですか


 最近体重が増えている気がする。体重計が最近お亡くなりになったので正確な数字は分かっていないが明らかに鏡で見ると絞れていない身体だ。普段から節制しているしそこそこ運動もしているのだが何故だろうか。こういう何をしても痩せないという時期は定期的にやってくる。それに抗うように節制をするのだがあまりにも効果がないのでしばらくすると節制もあまりしなくなり、体重が増え出す。そしてまずいと思いまた節制、運動。そうするとすぐに体重が落ち出すという事の繰り返しになっている。今は痩せない時期なんだろうか。

 装備の軽量化も大切だが僕の様に重量級な人間はまず自身の軽量化から始めないとだめだろう。装備で1kg削るにはかなりお金を注ぎ込まないとだめだが自身の軽量化で1kgならむしろお金が浮く。よくウルトラライト系の話しをする人の中には自分をまず軽量化した方がいいんじゃあないかな、と思う人がいるがまさにそれだろう。体重が重いとそれだけ行動や消費エネルギーで不利になるし、関節への負担も大きい。やはり軽いに越したことはないのだろう。

 体重が増えた原因でひとつ仮説として怪しいのが脚の筋肉量。去年の年末に比べて少し、いやかなり太くなってきている。もちろん筋肉的な話しだ。この間サッカーの試合をしたときに履いたユニフォームのショーツが太腿部分でパッツパツになっていた。去年買った時はこんな状態ではなかったのだが、その時に比べて太くなってきているのか?正確な数字を測っている訳ではないので分からないが可能性としてはあるだろう。

 筋肉量が増えて体重増なら歓迎だが脂肪で体重増はちょっとイケてない。運動の強度と時間を増やすしかないかなぁ。

 日々練成
[ 2015/04/22 06:26 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

自転車通勤開始(ようやく)


 明日からしばらく天気は良さそうだ。ようやく自転車通勤が開始となりそう。去年は4月頭ぐらいには始めていたので2週間程遅くなってしまった。
 朝運動をすると本当にスッキリとする。その勢いで仕事に入れるのでいい事づくめだ。それなら朝ランニングがいいじゃないかとなりそうだが、どうも朝ランは僕には向いていないみたいだ。ランニングも一つのトレーニングとして考えているので、限られた時間の朝にランニングをすると、僕の場合あまり集中出来ず距離稼ぎに終わってしまいそうな気がする。自転車通勤は汗をかいて血流を良くし、スッキリするのが目的なのでこれなら問題は無い。

 職場から富士写ヶ岳までは25kmほど。仕事が終わってから自転車で向かい、山を走って自宅まで自転車で帰ればいいトレーニングだ。一度家に帰るとどうしても腰が重くなる。仕事明けの勢いそのまま山でトレーニングして戻れるなら一番だと思う。
通勤時間も出来るなら無駄にしないようにしたい。

 日々練成
[ 2015/04/21 20:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

登山道で考えない


 先日の富士写ヶ岳2発の影響か大腿部が筋肉痛。おそらく下りで使ったダメージだろうか。去年もそうだったが久しぶりに下りが入ると慣れるまで結構疲労が大きい。登りはほぼ疲労もないので、冬の間に下りの筋肉がなまってしまったのだろう。国見岳往復でも下りはあるがアスファルトだし傾斜も登山道に比べたら半分以下なのでそこまで筋肉を使う事はないのだろう。

 ロードを走っていると考え事をする時間が多いが、登山道では頭を空っぽにしている事が多い。というより、登山道だと景色は勿論、路面の変化や様々な事を判断しながら進むので他の事を考えている余裕はないのだろう(僕の頭の容量が少ないだけだが)
 ふと気が付いた時に見る景色や、いつの間にここまで進んでいたのだろうというあの一瞬の感覚が大好きだ。よくいう自然と一体になるなんて表現は使いたくないが、日常から離れるような一瞬の感覚が山の魅力の一つだろうと思う。

 日々練成

 20150420201914.jpg
 富士写ヶ岳へと続く吊り橋。ここを行くときはいつもワクワク。
 ※ MAMORUさん撮影

 



 
[ 2015/04/20 06:35 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

加賀温泉郷マラソン2015 応援


 今日は加賀温泉郷マラソン。MH.TRCからもメンバーが出場し、マッハさんと友人も出場する。いつも応援をいただいているので今日は僕が応援へ。
 
 当日朝は少し雨がパラつく感じ。昼まで持てばいいが。会場近くの駐車場からシャトルバスで会場へ。同じく応援に来ていたムロさんと合流。NOZA君は既にスタートラインに並んでいるようだ。マッハさんと友人は残念ながら見つけられなかった。
 そしてなんとTJARの選考会でご一緒した同じ福井の竹内さんに再会!竹内さんは惜しくも本大会出場はならなかったが、今年も資格維持のために頑張っている。TJARでは立山で大きな声で声援をいただいて気合いが入った。久しぶりの再会だったが相変わらず熱い気持ちが伝わって来て僕も刺激をいただいた。次は峨山道にも出られるそうだ!頑張りましょう!

 NOZA君を激励してスタート直後のコースへ待機。9時にスタートの号砲がなるとほどなくNOZA君が勢いよく下ってきた。先は長いぞ。マッハさんと友人も発見出来て応援する。その後は12km地点に移動して待機。予定時間よりちょっと遅れてNOZA君と中野さんが並走で登場。いいペースのようだ。坂が多いが頑張って欲しい。マッハさんもかなりいいペースで登場。「まだまだ余裕!」と頼もしいコメント。友人もいいペースで走ってきた。完走目標でがんばれ。直後から雨足が強くなりたまらず会場内のテントに避難。スマホで調べると同時刻にスタートした長野マラソンでもMH.TRCのメンバーが頑張っているようだ。

 コース的に待ちかまえての応援は難しいのでゴールで待機。3時間を少し過ぎたころNOZA君の姿が競技場へ。雨の長激走お疲れ様。フィニッシュ後は疲労しきって動けなくなってしまったようだ。中野さんも少し遅れてゴール。中野さんも消耗したようでしばらくストレッチしていた。お疲れ様でした。竹内さんもしっかりTJARの資格はクリア。次はトレイルで!

 マッハさんは目標の4時間前に余裕をもって競技場へ。フィニッシュ手前では「余裕!」のコメント!初マラソンsub4、ナイスランでした。友人も完走目標といいながらしっかり4時間ちょいでゴール。こちらも初マラソンでナイスラン。長野組もそれぞれ良い結果だったようだ。お疲れ様でした。

 天気はイマイチだったがそれぞれがしっかり走り切ってナイスラン!マラソンの応援も楽しいと思った。自分が走っている時の応援は本当に力になる。貰った応援は返していきたいと感じた一日だった。

 参加された皆さん。応援に来てくれた皆さん、お疲れ様でした!

 日々練成

 sdthsths (4)
 軽快にスタートするNOZA君。

sdthsths_20150419201434860.jpg
 12km地点での中野さんとNOZA君 並走して応援。 ※ムロさん撮影

sdthsths (2)
 ゴール直後NOZA君。いい笑顔です。(この後グロッキー)

sdthsths (5)
 ラストストレートを激走中野さん。

sdthsths (3)
 マッハさん、フィニッシュ直前!ナイスラン!

 
[ 2015/04/19 20:17 ] 大会、レース | TB(0) | CM(2)

富士写ヶ岳2発 MH.TRCチームトレーニング 


 今日はオフなので富士写ヶ岳へトレーニングへ。折角なのでMH.TRCのメンバーと一緒に切磋琢磨しようと誘ったらMAMORUさんとムロさんが参加してくれる事に。トレーニングなので山頂往復2本という内容で行く事にした。
 
 8時半スタートの予定で吊り橋へ向かうとすでに二人は到着していた。急いで準備して予定通り8時半スタート。
 片道3.3km D+800のそこそこ登れるコース。アクションカムで撮影しながらハイペースで登る。標高300ぐらいでムロさんが遅れだしたので後ろについて気合いを入れながらガンガン行く。MAMORUさんはまだ余裕そうで先へ行きながら写真を撮ってくれた。800の尾根上に少し残雪があった。ラストのブナ急登を登りきり稜線を進めば山頂だ。山頂はまだ残雪が残っていた。山頂までは52分程。ムロさんも頑張って完全燃焼。でも今日はもう一本あります。サッと下山。途中ブログを呼んでくださっている方とお会いした。いつもありがとうございます。一人の方はキュゥべぇをご存じでした。今日は車に忘れてしまったので2本目で取って来ますと約束して下山。
 
 さあ水とエネルギーを補給して2本目スタート。1本目よりは心拍が安定する。一度経験した苦しさは楽に越えられるのだ。苦しみなくして成長なし。どんどん標高を上げて1本目に抜いた人も2回抜く。1本目より楽に山頂へついた。55分。山頂では多くの方が昼食タイム。先ほどの方はTJARも見てくださっていたようだ。ありがとうございます。その方が持っていたぬいぐるみとキュゥべぇのツーショット。また山でお会いしましょう。
 
 下山時も多くの方とお話出来て楽しい時間でした。しっかりトレーニングも出来て良かった。2本目も無事吊り橋まで帰還してフィニッシュ。MAMORUさんムロさんありがとうございました。富士写ヶ岳でのMH.TRCチームトレはなかなかいい手応えだった。次は3本にしてまたトレーニングしましょう。

 下山後、午後からは職場チームでサッカーの練習試合でした。ハードワークな1日でした。
 
 日々練成

 deaff (3)
 下りは軽快にムロさん。

deaff (2)
 MAMORUさんも足取り軽く。

deaff (4)
 応援頂いた方とツーショット♡
 
deaff.jpg
 お疲れ様でした!
[ 2015/04/18 20:29 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(2)

訓練学校再訪


 今日は仕事の研修で新人時代にお世話になった訓練学校へ。
 受付に行くとなんと同期が教官として今年度から着任していた。なんだ出来が悪いから再入学かと冗談を言い合って懐かしんだ。
 16年前はここで寝泊まりして、半年間朝から深夜まで毎日訓練漬けだった。卒業してからも何度も大会や研修で訪れているがその度に新しく入った新人達の元気のいい挨拶に圧倒される。今日も学校内で会う度に新人全員から大きな声で挨拶を受けるので答礼も大変だった。トイレに行くにも10人以上と挨拶するので中々廊下を進めず困った。自分も新人時代はああだったのかなと少し苦笑。
 当時学校内での楽しみといえば食事以外になかった。特に金曜日の昼はカレーと決まっていたのでこれを食べれば1日家に帰れると楽しみでしかたなかった。偶然にも今日は金曜だったので昼食に食堂にいくとカレーが準備されていた。いつもは節制して昼食はあまり食べないが、今日は新人時代に負けないくらい大盛りにして食べた。あの頃はぺロっと食べておかわりしていたが今は苦しくてとてもおかわりどころではなかった。
 卒業した学校というのはいつ訪れても変わらずに当時を懐かしませてくれる。4月に入校したばかりの新人の元気ももらって少しフレッシュな気分になった。

 明日は久しぶりにOFFなので山にいくぜ!

 日々練成


 uyf8ogouyg_20150417193335215.jpg
  ※ 画像はチャンピオンカレーです。


 
 
[ 2015/04/17 19:34 ] 独り言 | TB(0) | CM(4)

山動画


 天気が悪い日が続くが今日は晴れ。バッチリ仕事だった。
 ずっと見ている白山ライブカメラでも別当の鳥居はかなり出てきたようだ。雪が多いシーズンとはいえ、一度溶けだすと早い。そういえば僕の家から見る白山も山頂から黒い部分が見えてきた。除雪は市野瀬まで届いただろうか。あの長い林道を自転車で行けるなら白山は遠い山ではなくなる。
 
 新しくかったアクションカムで今年は白山の魅力的な動画を沢山撮って編集していこうと思っている。
 山の動画といえば「Mt-channel」今までの山での動画の枠を超えた動画が集まりそうでわくわくしている。最近は仲間のamatchさんが動画の編集に凝っているようだ。彼のブログには魅力的な山スキー動画が沢山アップされているので皆さん是非見てみてください。北海道の素晴らしい山スキー動画です。

 日々練成

 
[ 2015/04/16 21:00 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

LSDの効果?


 朝帰宅。結構雨足が強くて今日は体育館ランかなーなんて思いながらネットをしていたらお昼過ぎになってしまった。久しぶりにだらだらしていたみたい。体育館に行こうと準備して外へ出ると雨は上がっている。雨雲レーダーを見たらもう雨雲は切れていた。これなら外が良いじゃんと着替えてLSD。走り出すとパラパラ雨が降り出してきた。MAMMUTのMTRジャケットはしっかり雨を弾いて透湿性抜群。何故か同じウインドジャケットより暖かいのはタイトフィットで空気が流れにくいからかな?
 
 20km 120min AvgHR130/min

 今回気がついたが、心拍はいつも通りだったのにペースはLSDペースより30秒程早かった。キロ6ペースを上回る事もあったが、そう考えると心拍はいつもより低い事になる。体調も考えたがここまで下がる事は無かったので、MAXHRトレとLSDの効果が出てきたのかな?全体的に体力の底上げが出来ている感じがする。この冬の課題はロード強化だったが今のところ順調にいっているようだ。これからは坂道トレを取り入れて登り脚を作っていきたいと思う。

 日々練成


[ 2015/04/15 19:31 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

富士写ヶ岳雪解け & 加賀マラソン


 家から見える富士写ヶ岳の雪がかなり少なくなっていた。前回スキーで行ったときにも中腹より下はもう完全に夏道だったので、この状態ならランニングシューズでも登れるだろう。美しい冬山も素晴らしいが軽快に駆けまわれる夏山も大好きだ。雪が溶けて来ている山を見上げると、ずっとロードばかりだったので久しぶりに土の上を走ってみたいと思った。

 今度の加賀マラソンではマッハさんとNOZA君、そして同級生の友人が出場する。NOZA君は和倉のリベンジ、マッハさんと友人は初マラソン(!)だ。僕が初めて走ったのも加賀マラソンだった。あの時は前半調子に乗って後半は地獄を見た。その時の教訓はずっと活きている。坂が多くアップダウンに苦しめられるコースだが、和倉を走ったNOZA君なら楽勝だろう。マッハさんと友人も練習の成果が出せるように応援しています。

 日々練成


 
[ 2015/04/14 06:48 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

SILVA TRAIL SPEED (シルバ トレイルスピード)レビュー


 またまたSILVAライトの紹介。
 今回のライトは前回レビューした「SILVA トレイルランナー2」上位版ともいえる、「SILVA TRAIL SPEED (シルバ トレイルスピード)」。
 
 このライトもSILVA独自のシステムとして有名な「インテリジェントライトシステム」が採用されており、超拡散光となっている。(インテリジェントライトシステムについてはトレイルランナー2参照)明るさは公称400ルーメンとヘッドライトとしての明るさは現在最高クラス。併せてこの超拡散光のおかげで非常に視界が明るく広く確保される。ライトユニットはバッテリー別体式となっており、ライト本体は非常にコンパクト。トレイルランナー2はLEDが横並びだったが、トレイルスピードは縦2つとデザインに変化がある。
 方持ちアームの方式は変わらず、操作もトレイルランナー2とほぼ同じ。スイッチは本体1度押すと点灯、2度目で減光(50%ぐらい?)3度目で下側のLEDが消灯。長押しでOFFとなっている。バッテリーインジケーターは未搭載。
 パッケージにもあるように、自転車に取り付ける事も想定されていてそのためのアタッチメントも豊富だ。ヘルメットに直接とりつける事も出来るようになっている。

 使用電池は単三4本とトレイルランナー2の単四3本からかなり大容量化している。バッテリーパックは縦2本入る形状で比較的大型。本体とパックを繋ぐケーブルは分割出来て、付属の延長コードで延長可能だ。本体とバッテリーパックは共に防水仕様のIPX6。公称照射時間は最大2時間、最少15時間。しかしこれはアルカリ電池での数値であり、より大容量のニッケル水素電池だと最大でもかなり長時間その光量を維持出来た。

400ルーメンの明るさは流石に明るい。照射範囲も非常に広く、トレイルランナー2の上位といった感じだ。不思議に感じたのは、遠くを照らそうとするほど明るく感じられる事。インテリジェントライトシステム特有の「見やすさ」がそう感じるのかもしれない。
光量を落としてもそれほど暗くは感じられない。通常行動なら2番目のモードでも充分だ。

 実際に使用してみて感じた事は、このライトは登山やキャンプで使うというより、レース等で夜間積極的に走る様なシチュエーションでこそ、その真価を発揮すると思った。登山で夜明け前、日没後1時間程の行動や、テント内の明かりで使うには少々オーバースペックかも?
 
 トレイルスピードは必ず日をまたぐレース、たとえば富士山一周(UTMF)や海外100マイルレース等、「多少の重さは我慢しても圧倒的な明るさを長時間維持したい」という時に、そして「ハセツネカップ」のようなスピードレースで、下りのトレイルで明るさが必要な時に最大限威力を発揮すると感じた。
 UTMFでは二晩をまたぐ選手が多いだろう。そういった場合、トレイルスピードの明るさと照射時間ならかなり優位にレースを進められると思う。そして「ハセツネ」のようにスピードが求められるレースでもこの明るさは武器になるだろう。下りのトレイルでは明るさが絶対的なアドバンテージ。必ず夜間を走る事になるハセツネでもトレイルスピードは活躍してくれると思う。

 これは一部のエリート選手だけではなく、一般の選手にこそ必要だろう。多少バッテリー管理が甘くても長時間使えて、夜間真っ暗な山中に慣れていなくても不安を感じない明るさ、シンプルで分かりやすい操作系、どこでも手に入る単三電池。一般選手にこそこのライトのアドバンテージは大きいと思う。

 今後より長時間で夜間行動が増え、スピードも伴うレースが増えると、ヘッドライトはより専門化していくのではないかな?と思う。日帰り登山で持っていくなら軽くコンパクトなライトでもいいが、レースであれば絶対的な明るさが必要だろう。
 トレイルスピードはそんなレースに特化したライトの先鋒になるのではないかな、と思う。

 強力な明るさと超拡散光で広範囲の視界確保が可能。ニッケル水素電池による長時間照射が可能なトレイルスピード。しかしいい点ばかりではない。
 
 一番の気になる点はそのバッテリーパックの重さだろう。単3電池4本が2列縦に入るので縦長な形状は頭に付けるにはバランスが悪い。
 やはり延長コードを併用して使用するのがいいだろう。そうなるとパックの取り付け場所が気になる。公式ではウエアの腰にはさむようになっている。これでもいいが少々コードが長くなりすぎる気がしたので、僕はザックの肩ベルトに取り付けてみた。付属のバンドでコードをまとめてしっかり止めれば重さは気にならない。ヘッドバンドからコードが下がっているが、走っても意外にも気にならなかった。ザックを降ろすときは一時的にヘッドバンドに取り付ければ問題はない。頭にはライトユニットだけの重さになるのでこれは快適だった。
 少し変わった使い方としては、ライトユニット自体を頭ではなくザックのベルトに取り付けてしまうという方法。本体からベルトは簡単に外せるので、本体をザックのベルトに取り付けてバッテリーパックは適当なポケットに放り込めばいい。ライトは超広範囲を照らしてくれるので頭を向けなくとも全体の様子はわかる。この方法でも問題はなかった。実際、ヘッドライトを腰ベルトに付けて、足元専用の腰ライトと進行方向用のヘッドライトを併用する方法はトレイルランナーの中でも知られたやり方だ。

 そしてもう一点は、超拡散光の弱点であるガスや霧にはやはり弱い。この点は留意して他の代替手段を持っておく必要はあると思う。

 トレイルスピードという名前からしてもやはり夜間スピードを伴うシチュエーションを想定しているのだろう。多少バッテリーパックの重さはあるが、それを上回る明るさと照射時間をどう活かすか。使用する人によってその性能を様々な状況に対応させる事が出来ると感じるライトだ。

 最後に、これは直接的な性能には関係ないが、トレイルスピードはライトの切り替え時や消灯する時に「パッ」と切り替わるのではなく、フワッと僅かにタイムラグを起こして切り替わる。高級車のルームライトが点灯する時の様な感じだ。何となく高級感があって好きです。

 ※ 個人的な感想なのであくまで参考程度に。道具は使ってみないとわかりません。

 例によって購入や詳しい数値は販売店のアカリセンターさんもしくは代理店のノルディックスポーツさんが丁寧に対応してくれます。

 日々練成

 dgxxg (2)
 パッケージ。自転車での使用も想定されている。無駄の無い包装がいかにも北欧的で好き。

dgxxg (3)
 本体セットとパーツ類。様々なシチュエーションでの使用が考慮されている。

dgxxg (4)
 大きさ比較 左:トレイルスピード 右:トレイルランナー2 縦2灯デザインでスリムになっている。
 赤い部分はゴムになっていて、落下や衝突の時にダメージを軽減してくれそうだ。


dgxxg (5)
 上から。トレイルスピードはベースから取り外して別のベースに取り付け可能。勿論上下に可動します。

dgxxg (6)
左側 スイッチは左側1つで共通。トレイルスピードの方が大きくなっていて操作しやすい。本体は金属製で丈夫な造りだ。

dgxxg (7)
 本体、ベルト、延長コード、バッテリーパック装着時。延長コードは身長175の僕が頭から腰まで余裕を持って届く長さ。

dgxxg (8)
 ザックの肩ベルトにバッテリーパックと延長コードを付属のバンドで固定した状態。これだと重さもバランスも気にせず走れた。

dgxxg (9)
 本体とベルトの重さ。72g

dgxxg.jpg
 アルカリ電池4本入れたバッテリーパック。162g
[ 2015/04/13 20:54 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

今年も朝4時から


 天気がいい一日だが今日は早朝4時から仕事だ。朝が早いとその日一日がとても長く感じる。
 今年はまたとある仕事の担当になり、7月終わりまで朝4時起きで仕事となる。休みも関係なくずっと4時起きなのでかなりきつい。峨山道はなんとか休みをもらえたが6月に予定しているチャレンジはどうなるか。なんとか休みを入れないと。

 2013年もこの仕事の担当で山トレーニングに行く機会が減ってしまったが、それでもそれなりに山には行った。今年も7月終わりまでの3ヶ月間頑張るしかない。休みは無いが今も似たようなものだし、少し朝が早くなると思えばいいだろう。朝の仕事場も遠くなるが晴れていれば自転車通勤。担当になったからにはしっかり結果を出したい。

 日々練成


 
[ 2015/04/12 05:43 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

坂道ラン & MAMMUT MTR 201 WS Tech Jacket


 仕事明けでそのまま息子のサッカー試合を観戦。昼に帰宅して少し仮眠したら今日は坂道ダッシュ。600m標高差60m程の坂だがキロ4分切るペースで登ると結構キツイ。今日は3本だけだったが心拍数は194までいった。相変わらず短距離、スピード系のトレーニングは苦手だ。だけどこれを超えないと先はない。楽な事をしてもトレーニングにはならない。上を目指して練成あるのみ。

 今日はとあるご縁があって、Mammutさんから頂いた「Mammut MTR 201 WS Tech Jacket」を着てみた。
 ウインドシェルに分類されるこのジャケットはゴアウインドストッパーアクティブの2.5レイヤー生地。薄い一枚生地のシェルだが、これ一枚でそこそこ温かい。そして透湿性がかなり良く、走っていても熱が籠らず生地全体から抜けて行くのが感じられる。背中のベンチレーションも効果的なようだ。作りもタイトでよくフィットし、特に腕の振りは全くストレスを感じなかった。腕や背中、裾部分にバタつきが殆ど無いカッティングで、いかにも走る時に着るといったデザイン。
 
 山で風を防ぐ時に着るというより、トレイルラン等活動量の多い行動で積極的に着て、着たまま行動も出来るようなシェルだ。胸ポケットにパックイン出来るので、ザックやベストに入れておいても邪魔ではないだろう。
 高性能なだけにそのお値段もなかなか…Mammutさんありがとうございます。

 日々練成

 sgtsg.jpg
 シンプルだけど高機能。Mammutのハイエンドモデルは相変わらずカッコイイ。
[ 2015/04/11 17:05 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

お気に入りが絶番


 いつもエネルギージェル等を買っている海外のサイトでセールが始まった。和倉マラソンの時に使ったエネルギージェルも安くなっていて、1箱の価格でもう1箱サービスとかなりお得に。バッグ類も安くなっていて、お気に入りのメーカーのボストンバッグが半額近く割引されていた。通勤で使うバッグがボロボロなので丁度いいと思って買い換える事にした。
 
 しかし残念な事も。お気に入りのメーカーのトレイル用ショーツがモデルチェンジしてしまい、少々使い難くなってしまった。今履いているモデルがとても使いやすく、TJARにも2着投入した。かなり酷使したので裏地が少し擦り切れて来てしまっているので予備が欲しかったがもう絶番となってしまったので次のショーツを探さないといけない。モデルチェンジしたばかりのモデルは割引も少なく高いので、今あるショーツを丁寧に使っていくしかない。

 気に入ったウェアを探すのは難しい。それだけにお気に入りのモデルが絶番になってしまうのは残念だ。また実戦投入を繰り返して見つけていくしかない。

 日々錬成


 gerss.jpg
 今使っているモデル。バックポケットや小物入れが充実していて使いやすかった。
 モデルチェンジしてポケットが少なくなってしまった。
[ 2015/04/10 06:18 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

国見岳往復(3回目)


 仕事明けで昼前に帰宅したが少々眠いので15分程仮眠した。天気が良いので山に行きたいが毎回こんな時間ではちょっと厳しい。なので登り脚を鍛えるべく国見岳へ。
 今回は少々ペースアップして登る。中間は41分。少し体が重い。道路の雪はもう僅かに残る程度だった。ラスト付近では心拍192を記録。そこそこ追い込めたかな?
 晴れていたが山頂では白山方面はガスっていて白山の姿を見る事は出来なかった。ゼリーを補給して下り。風が冷たい。昨日の寒気がまだ残っているのかな?復路の登り返しでもペースは落とさないように走った。こういうアップダウンの時は下手にペースを変えない方が疲れにくい。中間地点を超えれば下りのみ。色々重心を変えてみて負担の少ない下り方を試してみた。やっぱり下りは難しいな。朽見さんにコツを聞いてみたいところ。

 30.75km 2:48.21 (1:24.50 7.00 1:16.31) 

 日々練成

 regsssu.jpg
 山頂広場。残念ながら白山は見れず。
[ 2015/04/09 19:52 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

お土産は梵


 何かと県外の友人と会う機会が多くなった。というか県外に友人が多く出来たというべきか。個人的な交流は勿論、大会やイベントで会う機会も多いので、お土産選びにも熱が入る。本当は魚介類、特に甘海老や蟹がいいのだが、日持ちしないので手渡しで持って行くには少々厳しい。
 幸いお酒が好きな友人が多いので、その時には福井が誇る日本酒、「梵」を送る事にしている。加藤吉平商店さんが作るこの日本酒は、お酒が好きな人ならまずハズレはない。なかなか取り扱っているお店がないが、近所の知り合いのお店が取り扱っているので比較的楽に手に入るので助かっている。次の峨山道でのお土産もこれで決まりか。参加する方で日本酒好きな方、楽しみにしていてくださーい。

 日々練成

 IMAG1090_20150408192911d50.jpg
 今回アマッチの優勝お祝いに送った限定品。チャンピオンにはチャンピオンのお酒がふさわしい。

 
[ 2015/04/08 06:08 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

LSD & プロテクトS1強化版試作品


 白馬で飲み疲れたのか今朝は珍しく少し寝坊してしまった。といっても休日の1時間程だが。4日間運動していなかったので今日は昼前から20kmLSD。風が冷たくて途中お腹が痛くなってしまった。ロードの走力が足りないとTJARでは大変な目に会う。山での走力と合わせてロード強化も今回の課題だ。次からはザックを背負って負荷をかけていこうと思う。

 皮膚の擦れ防止剤「プロテクトS1」でおなじみのアースブルーさんから、プロテクトS1強化版の試作品が届いた。従来品は効果は素晴らしいが、その効果時間が長時間の山行やレースには少し物足りなかった。今回の試作品はその効果時間と、水に濡れた場合の耐久性向上がされているとの事。早速次のトレーニングにでも、従来の製品と比較してみたいと思う。アースブルーさん、いつもありがとうございます。

 ※ アースブルーさんは峨山道トレイルランのスポンサーでもあります。

 日々練成

 qffqrf.jpg
プロテクトS1強化版の試作品
[ 2015/04/07 19:39 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

始まります!


 今日はアマッチさんを空港まで送る途中にどうしても行っておきたい場所があったので、二人でその場所へ向かった。
 天気は雨。そういやあの時もこんな天気だった。
 
 始まりの場所、ミラージュランド。あの夏はここから始まった。大会を記念する石碑はあの日除幕された時のままそこにあった。納得して終わったはずなのに、いつもどこかでひっかかっていた。納得して終わったと言い聞かせていただけかもしれない。本当は悔しくて情けないだけだった。このままでは終われない。どうするのか?いや、分かっているはず。ならばするべき事は一つ。

 一度は終わったこの物語だが、どうやらまだ続きがあるらしい。
 2016年の夏に繋がる物語は、今日から始まります。

 日々練成

 fdnxx (3)
 この場所に来て、気持が固まった。物語はここから始まる

fdnxx (4)
 スタート地点、日本海にてアマッチさんと。やるぜ!


 
[ 2015/04/06 22:06 ] 独り言 | TB(0) | CM(8)

白馬山岳スキー大会打ち上げ


 5日は白馬で山岳スキーレースの大会が開催され、仲間のアマッチさんと西田さん、ゆうじんさんが出場した。応援に行きたかったが仕事明けなので間に合わず、その後の打ち上げに参加してきた。TJARを応援してくれた上原さんも応援と打ち上げに参加してくれた。
 大会結果はアマッチさんが堂々のテレマーク部門1位。西田さんも僅差で2位という素晴らしい結果だったようだ。流石アマッチさん、北海道で鍛えたスキー凄い。西田さんは惜しくも2分差だったが流石といった感じだ。
 打ち上げは白馬の貸別荘で行われた。アマッチさんが北海道から大量の毛ガニと六花亭のお菓子を差し入れしてくれ、上原さんも手羽先やスイーツのお土産を持ってきてくれた。西田さんゆうじんさんと共に夕方から明け方まで山やこれからの活動について最高に楽しい時間を過ごせた。みなさん、本当にありがとうございました。また飲みましょう!

 日々練成

 fdnxx.jpg
 毛ガニ&毛ガニ&毛ガニ アマッチさんありがとう!

fdnxx (2)
 楽しい打ち上げは未明まで続いた。

gsegses.jpg
 生憎の雨で山スキーは出来なかったけど楽しかった!また飲みましょう!


 
[ 2015/04/05 23:59 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

桜の下には……


 日本各地で桜の満開情報が報告されている。僕の住む家の前は大きな公園になっていて、陸上競技場と野球場の周囲をぐるっと囲むように桜が植えられている。競技場の周囲は一周約1.3kmのランニングコースにもなっていて、桜の季節には満開の桜並木の中を走れる。
 先日ある用事で隣町の桜の名所に行ってみたところ、ほぼ桜は満開状態で素晴らしかった。今年は少し公園の桜の開花が遅いのか、いまいち咲いている気がしないと思っていたが、良く考えてみると目の前なのに公園の桜の状態を見に行っていなかった。勝手に咲いていないと思い込んでいただけだった。記憶なんて曖昧なものだ。名所の桜が満開状態なのだから公園の桜並木も素晴らしい事になっているだろう。一年で数日限定の桜ランニングをしなければ。

 日々練成

 IMAG1505.jpg
 去年の丁度今頃の写真。今年も走れるかな。
[ 2015/04/04 06:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

心拍計電池交換


 二日間休みだったがどちらも休日出勤であっというまに明日は仕事。今日は一日オフ。天気も悪いしこんな日もたまには。

 前々回の国見岳の時に、いつも使っているポラールの心拍計の電池が切れた。昨日国見岳へ行く前に電池を購入してスタート前に交換、さあこれでおkと思いきや、何故か心拍計を時計が認識しない。どうもボタン電池の大きさが微妙に小さく接触が悪いみたいだ。色々試して見てどうやら電池の厚みが薄く+側に接触していないようだ。んーどうするか。厚みが足りないなら何か挟めばいいと思い、とりあえずティッシュの切れ端で試してみたらばっちり作動して心拍計測開始。なんとかスタートする事が出来た。心拍計が無くても走る事は出来るが、記録をずっと取り続けて行く事で自分の成長や弱点が分かる。こういう積み重ねも大切だと思う。先ずは己を知る事からですよね。

 日々練成

 sgers.jpg
 こんな電池だけど高いんですよね。実は100均で売ってます。中身は同じ。
[ 2015/04/03 20:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

国見岳往復(2回目)


 今日は休みだったが午前中は仕事が入ったので出勤。天気が良かったら今日は国見岳へ行こうと決めていた。
 昼丁度に帰って来てご飯もそこそこに準備して出発。前回と同じ場所に停めて13時半にスタート。今日は温かい。前回より汗が良く出る。途中展望ポイントでは白山が良く見えた。相変わらず真っ白な姿が美しい。中間ポイントは44分。それほど飛ばしていないのと少し慣れたのもあって前回より疲れはない。除雪はほぼ完了していて、残雪の処理中だった。ありがとうございます。途中陽気に誘われたのか蛇が道の真ん中にいた。あやうく踏みつけるところだった。国見岳は動物も良く出るが蛇も道によくいるのだ。
 山頂到着。雪は完全に溶けていた。白山の展望を少し楽しんだら復路へ。風が強くなってきて、アップダウンで向かい風になるときつかった。中間ポイントを超えれば下りだけ。長い下りは膝にダメージがあるので気を付ける。快調に飛ばしてゴール。ホースから出る山水で体を洗って帰宅。国見岳往復はキツイけどその分登りの脚を作っている感が凄いので病みつきになる。

 30km 2:54

 日々練成

 dtghsgh (4)
 展望ポイントからの白山。家から見る姿とは角度が違っていてイイネ!

dtghsgh (2)
 冬眠明け?の蛇。ド真ん中にいると枝と間違えて危ない

dtghsgh.jpg
 山頂広場は除雪完了していた。

dtghsgh (3)
 少しガス掛かり始めた山頂広場からの白山
[ 2015/04/02 19:27 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

敦賀気比高校 初優勝おめでとう!


 今日はこの話題しかない。全国高校野球選抜大会で福井県代表の敦賀気比高校が悲願の初優勝。県勢としても春夏通して初の優勝で嬉しい限りだ。エースの平沼投手は福井出身、地元選手が活躍するのは嬉しい。そして何と言っても大会史上初の二打席連続満塁ホームランの松本選手。決勝戦でも決勝点となるツーランホームランを放つなど大活躍だった。
 
 僕はサッカー人間だが、種目が違ってもやはり地元の選手やチームがが優勝するのは嬉しい。全国高校サッカーでは2年連続で北陸勢(富山、石川)が優勝しているので少し福井は水を開けられた感じがしていた。種目は違えど野球で優勝出来たのでこれも嬉しかった。
 
 北陸は屋外スポーツには向かないとずっと言われていた。冬の間に練習が中々出来ないというのがその理由だったが、指導者や選手が、そのハンデを様々な工夫や情熱でクリアしていき、地道なレベルアップに努めてきたのがこの結果だと思う。扉は開かれた。もう進むしかないでしょう。
 
 僕も前へ進む。2016へ向けて始動!

 日々練成
[ 2015/04/01 16:45 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)