海から白山往復

とりあえず完走
22時間でした皆さんありがとうございました。

更新完了



日々練成
[ 2015/07/31 23:00 ] 特別企画 | TB(0) | CM(0)

海抜0mチャレンジ


 今夜は車で移動して石川県手取川の河口へ。海抜0mチャレンジの最難関に挑戦。
 24時間以内の達成なるか?安全第一でやってみる。

 日々練成
[ 2015/07/30 19:50 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

ビアガーデン


 夏恒例の職場仲間とのビアガーデンに行ってきた。恒例とはいえ2回目なのだが…。
 気温も曇り空でそれ程上がらず、心地よい夜風の中、屋上で楽しいひと時を過ごす事が出来た。
 そして仕事が終わるのも午後だったのでランニングはせず脚を休めた。もうすぐ山トレだが、しばらく山に行っていないので不安もある。まずは無事故で帰ってくる事を第一にやりたい。

 日々練成


[ 2015/07/29 06:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

イノベーター


 昨日はネットのマウンテンスポーツネットワークで連載されている、TJAR2014出場者への質問という事で取材があった。いつもお世話になっているMさんから色々と質問を受けていて、自分が山に行き始めたきっかけとかTJARを知ったきっかけを自分でも思い出しながら答えた。そういえば今のスタイルになったのは誰かのマネとかではなく自然と自分に合った方法を選んでいたんだなと思う。当時はトレイルランという言葉も知らなかったし、どうやったらいかに速く遠くへ行けるかを考えて行動していたら自然とこんなスタイルになった。なので無理をしているとは思わないし、誰かのマネで理由もなく装備を使っているわけでもない。雑誌やネットに書いてある事をまるっきり真似しても自分のスタイルは見つからないだろうと思った。
 最新の事が最良とは限らない。常に新しい情報は入れつつ、それを自分に合わせていけるかが大切なのかな。 

 日々練成



 
[ 2015/07/28 14:41 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

メッシュ焼け


 案の定何もしなくても3時前には目が覚めてしまった。そこからは30分おきに目が覚めて寝たのか起きたのかわからないまま朝を迎えた。時間の感覚が戻ってないので昼間が短く感じる。早く日常時間を戻さないと。
 久しぶりに日常の仕事に戻ったがごっそりと仕事が待っていた。今までの仕事の後片付けも終わらないまま取り掛からなくてはならない。僕だけのために仕事は待ってくれない、やるしかない。

 昼間に走るときは日焼け防止で長袖かアームカバーをして走るが、昨日走った時に長袖のコンプレッションウエア一枚で走った。背中の中心がメッシュになっているタイプで、帰ってみるとメッシュの形に背中が綺麗に焼けていた。何ともかっこ悪く焼けてしまったものだ。隠すために上半身を焼かないといけないのか。日焼けは体力を奪うので出来れば避けたいところだが…。

 日々練成

[ 2015/07/27 06:42 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

山トレ開始


 慰労会で久しぶりに飲んだせいか、昼になってもアルコールが抜けていない。しばらく昼寝をして4時頃からアルコール抜きでランニング。大量の汗と共に疲れとアルコールが抜けて行った。

 15km 85min

 さて、次の休みから山トレーニング開始。TJARのビバークポイントも取らないといけないので、あまり悠長にやっている時間はない。まずは足慣らしに白山ビバークから始めてみようかな。しかし白山でコースタイム15時間以上とれるのは中宮道と北縦走路ぐらいか。ビバークは南竜ヶ馬場でしか出来ないのでここまでくる必要がある。北縦走路は岐阜からなのでここを使うなら北アルプスに行った方がいい。いっそ北アで未踏の表銀座でも行ってみようかな。でもそこまで行くならコーストレースしたほうが…。悩ましい。

 日々練成


 
[ 2015/07/26 19:27 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

これにて終了


 結果は4位と健闘だったが優勝には届かなかった。1位から4位までが2点差、しかも同率3位が2チームという超大接戦だったが結果的に勝たないと意味はない。良く頑張ったではだめだろう。
 ともあれ5月から続いてきたこの仕事もこれにて終了。一区切りつけたので明日からシーズンインだ。

 日々練成

 
[ 2015/07/25 18:25 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

市民ランナーグランドスラムって


 今日は富士登山競争だったようだ。facebookにも沢山の完走記録が上がっていた。源君も自己ベストに挑戦したようだが、残念ながらベストとはならなかったようだ。富士登山競争の3時間切りというのは相当レベルが高いのだと思った。
 
 市民ランナーのグランドスラムというと

 フルマラソン 3時間切り(サブスリー)
 100kmウルトラマラソン 10時間切り(サブテン)
 富士登山競走 完走(4時間半以内)

 と言われている。
 はっきりいってどれも達成していないところに僕の中途半端さが出ている気がする。
 ランナーではないので当然といえばそうなのだが…。どれか一つに的を絞るならやっぱりフルマラソン3時間切りだろうか。ランの目標としてこれは達成しておきたいという気持ちがある。過去3回参加したフルマラソンで本気で3時間切りを目指したのは前回の和倉マラソンだけだった。目標達成にはしっかり練習しないとだめだと思った。

 次の目標はもう決まっている。それに向かって練習あるのみ。

 10km 60min 疲労抜き

 日々練成


 
[ 2015/07/24 20:32 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

使い分け


 二日続きでSILVAの話。
 上州武尊ウルトラトレイルに参加した女子トレイルランナーの西田さんが、シルバのヘッドライト「トレイルランナー2」をレースで使ってみたところ、とても良かったらしい。他社のヘッドライトを使っていたが、コリメーターレンズで照射されたスポット光との境目で目が疲れやすく、眠くなってしまうとの事だった。その点トレイルランナー2は境目がないので眠くもならず快適だったという。日本女子トップトレイルランナーも認めた性能というところか。

 好みの問題もあるだろうが、やはり僕もスポット光と暗闇との境目には目がチカチカして疲れやすい。全体を把握出来た方が目に入ってくる情報も多く、夜間は超拡散光の方が気に入っている。
 しかし完璧な道具など存在しないわけで、状況に応じて使い分けるのが一番だ。トレイルランナー2だって万能ではないし弱点もある。ライトも性能の違う何種類かを持っていた方が選択肢の幅が広がって対応しやすい。この辺は経験しないと分からないところなので、メーカーや雑誌が勧めるからと鵜呑みにせず、好き嫌いを無くして色々試してみるべきだと思う。

 そういえば何やら海外から荷物が届いていた。また面白そうなモノかも。

 日々練成

 
 IMAG1406.jpg
 おや、また海外から何か届いたようだ……。
[ 2015/07/23 03:55 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

SILVA 「Tyto」 シルバ タイト レビュー


 シルバから発売している超小型ライトの「Tyto」を紹介。
 当初は自転車やランニング用の認識灯と思っていたが、実際に使ってみるとこれはかなりの実力派ライトだと思った。

 まずは気になる明るさ。
 点灯させてみるとその照射範囲に驚く。シルバお得意の超拡散光がこのTytoにも活かされている。スポットで照らすのではなく、広範囲をぼんやりと照らすシルバ独特の明るさ。ルーメンの数値以上に明るく、見やすく感じるのはこの独特の超拡散光ならではだろう。
 ライトを地面と垂直に持つと、ほぼ真下から真上まで照らす事が出来た。前方に対しては死角無く照射してくれる。LEDは白色を3灯使用。LEDの上に半透明のカバーが被せてあり、これが超拡散光を生み出している。
 フラッシュモードではかなり速めに点滅をする。比較したPETZL e-ライトの1回に対して2.5回点滅する感じだ。安いライトにありがちな弱いフラッシュではなく、ハッキリ点滅するので遠くからでも認識しやすい。

 操作性はシンプル。
 中央のボタンを一回クリックすると点灯。もう一度クリックでフラッシュモード。もう一度押すと消灯。長押しやダブルクリックの必要はない。クリック感もシルバ特有の指先でハッキリ確認出来る心地よいクリック感だ。独特のボタン位置のおかげで、ザックの中で誤作動する心配はかなり少ないだろう。
 防水性はIPX-6。雨中の使用には全く問題ない。多少水に浸かっても平気だろう。
 取り付けは本体についているクリップで直接取り付けるか、付属のベルクロバンドをクリップに通して何かに巻きつける方式だ。バンドは直系4cmの円柱までは取り付ける事が出来たので、自転車等で困る事はないだろう(TTバイクは知らん)

 使ってみて気がついた事として、認識灯や緊急用だけではなく、積極的に使っていけるライトだと言う事。特に通常の点灯モードでは前述の超拡散光のおかげで17ルーメンながら結構見やすい。本体13gという軽さも相まって、2つぐらい腰ベルトやショルダーベルトに取り付けておけばかなり周囲の状況を確認しやすいのではないだろうか。
 勿論メインとして使ってもいいだろう。ただし経験やアイデアが必要になるのでいきなり夜間登山に投入は控えた方がいいかもしれない。最初はサブライトとして使い、状況に応じて使い分けてみると自分なりの使い方が分かってくると思う。

 重量実測値がベルト込みで16gと公称値より10g近く軽い。公称より軽いライトって珍しいよね。16gなら両ストックに取り付けてもいいんじゃあないかな。面白い使い方になると思う。
 
 このクラスのライトだとPetzl e-ライトが実力実績ではトップだろう。e-ライトは赤色点滅も出来て、巻き取り式のコードリールまで備えている。ライトの角度も変えられるという多機能ライトだ。しかしTytoも独特の明るさやアイデア次第で色々な使い道が出来たりと非常に良く出来ている。どちらがいいとは言い切れない。自分の好みや、状況に応じて使い分けて行くのがいいだろう。

 SILVA Tytoはサブライトや緊急用、認識灯と限定するのではなく、アイデアを膨らませて積極的に使って行きたいライトだ。今回テストしたのは白色だが、赤色バージョンも発売している。こちらはまた違った使い方になると思うので、後日追ってレポートしてみたい。

 日々練成
 
 公称値 17ルーメン(白色タイプ) 25g(付属のベルト含む) 使用電池 CR2032 ×2

 ※実測値 重量 本体13g(電池込み) ベルト3g

 ネット参考価格 1600円ちょい。 e-ライトは4000円弱

 シルバ代理店「ノルディックスポーツ」さん
 シルバライト取り扱い店「アカリセンター」さん


 
 
 IMAG1398_20150717200701cf5.jpg
 パッケージ外観。今回は白色を使用。

1 (3)
 Tyto本体(電池込み) 13g(!)

1 (6)
 取り付けバンド込み 16g (公称値より10g近く軽い!)

1 (2)
 比較用 Petzl e-ライト 26g(電池込み)

1 (7)
 本体比較 正面

1 (9)
 上から

1 (4)
 Tyto照射範囲 壁面まで1mの位置でテスト。 Tytoはムラなく全体を照らしている

1 (5)
 比較用 e-ライト 壁面まで1mの距離 中央を集中して明るく照らすタイプ

1 (12)
 LEDの光り方 Tytoは半透明カバーで覆われているので全体的に光っている。

1 (10)
クリップ部分。 バネとかで取り付けるタイプではないので、無理は禁物。

1 (11)
 付属のベルクロバンド。直径4cmの円柱には取り付け出来ました。
 

[ 2015/07/22 20:53 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

中国産とかwwwwww


 今年はウナギの稚魚であるシラスウナギが比較的豊漁で、昨年より市場価格は少し安くなるという。もうすぐ土用の丑の日。僕も鰻は好きだが、確かに近年価格はずっと上がっている印象なので嬉しい知らせだ。
 しかしお店で鰻を見ると安めの鰻は全て中国産が殆ど。以前のスニッカーズの記事でも書いたが、口に入れるもので中国産はありえない。少しの価格差で健康を害してしまっては意味が無い。ウェアや道具は中国製でも我慢出来るが、さすがに食品関係は絶対に口にしたくない。廃油から食品油を合成したり、プラスチックの米を平気で製造販売するような国である。ディスカウントストアとかで異常に安い食品は大抵中国産なのでこれも買わない。というか中国産を扱う店には行かない。毎日口にするもので健康を損なってしまっては意味が無い。鰻も国産を食べたいものです。

 日々練成

 
 
[ 2015/07/21 03:42 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

猛暑ラン


 仕事明けでどうにか午前中に帰宅。
 山へ行こうかとも思ったけど時間も遅いし連休で人が多そうなのでやめた。少し休憩して昼前にラン開始。35℃近い暑さで日差しも強烈。日焼け止めが申し訳程度にしか効かなかった。流石に中間地点で給水タイム。自販機で水分補給をする。少し生き返った。予定通り20kmを走ったが後半はかなりバテた。反省。
 こんな暑さの中走るのは僕ぐらいかと思ったが、走ったり自転車に乗ったりしている人はいるものだ。そしてその誰もがかなり走り込んでいる雰囲気満々。かなりやる感じだった。やはり意識を高く持つ人は雰囲気が違う。厳しい条件でトレーニングしてこその考えがあるのだろう。お互い雰囲気を感じるのか、すれ違う時は自然と手を挙げてエールを送り合うようになる。

 この連休は多くの仲間が大会やロングコースに挑戦していた。夏は短い。スタートが遅れてしまう分、内容を濃くして挑むべし。

 日々練成


 
[ 2015/07/20 19:51 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

親子登山


 岳さんがブログで書いていた親子登山。
 僕も子どもが小学五年生の時に北アルプスの笠ヶ岳にテント泊で行った事がある。帰りのクリヤ谷の下りも疲れた顔せず文句一つ言わず降りきったのを覚えている。小学生ながらなかなかやるなと思った。
 
 あれからクラブ活動や中学生になって部活がありなかなか土日の時間が取れず一緒に山に行く事は出来ていない。今年は下の子供が白山に登ってみたいと言い出した。なので是非とも夏休みに白山でテント泊をしてみたいと思っている。山に登る楽しさはまだ分からないかもしれないが、少しでも山の感動を体験してもらえたら嬉しい。

 日々練成
[ 2015/07/19 03:51 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

週末は皆山


 心配された台風の影響もこちらではそれ程無かったようで一安心。
 今週末は大きな大会が沢山あるようだ。僕も分水嶺トレイルに米田さんから誘われていたのだが、今の仕事がラストスパートを迎えている時期なので残念ながらお断りさせてもらった。よねっち怪我無くゴールを期待してます。

 アマッチブログの雨宮さんも大雪山グルリに挑戦中。皆この連休に続々と大きな事にチャレンジ中のようだ。
 僕はと言えば今の仕事でしっかり結果を出す事が最優先。勿論一番を取らないと意味が無い。引き受けたからには中途半端では絶対に終われないのである。来週末まで休み無し。やるしかない。
 というわけで、週末山に入っている奴らを羨ましがってなんかいないんだからねっ!

 あ、今日も走りました。
 20km 91min

 日々練成


 
[ 2015/07/18 19:44 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

SILVA Tyto 


 ヘッドライトでお世話になっているSILVAの代理店、ノルディックスポーツさんが面白そうなライトを出していた。SILVAの「Tyto」
「チョト」じゃなくて「タイト」と読むのです。いわゆる認識灯の類になるのだが、これから夜間行動やロングライドでは後方へのアピールは必須。命に係わる事もあるので出来る限りアピールしておきたいところだ。

 このTytoはデザインがとても秀逸なので良さそうな予感がビンビンする。デザイン=性能は高確率ではまると思っている。早速次回使ってみてレポートしてみたい。
 ノルディックスポーツさんいつも素晴らしいアイテムをありがとうございます。

 日々練成

 IMAG1398_20150717200701cf5.jpg
  角の取れた北欧らしいデザイン。使うのが楽しみだ。
[ 2015/07/17 03:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

日焼けにはプロテクトUV+


 台風の影響か風が強く朝方は雨も降っていた。休みだったが朝3時から昼まで仕事をして12時に帰宅。ちょっと仮眠のつもりが起きると13時半だった。走る気力もテンションも無く休みにしようかな何て9割ぐらい思っていたが、こんな事では到底大浜海岸どころかミラージュランドにも行けないので気合い一発いつもの20kmへ。風が強く往路はきつかったが復路は追い風で良かった。
 最近はLSD主体から少しずつペースを上げるようにしている。あまりLSDに慣れ過ぎて速いペースがキツくなるのも考えものだと思うから。
 暑さもそうだが日焼けも凄い。日焼け止めだけでは貫通してくるのでもう長袖かアームカバーは必須になってきている。近頃は長袖のコンプレッション一枚で走る事も多い。
 幸い日焼け止めはプロテクトS1の姉妹品、プロテクトUVがあるので助かっている。プロテクトS1に日焼け止め成分を加えたものなのでとても使いやすい。勿論プロテクトS1と同じく擦れ防止効果もあるので日焼け止めだけじゃなくどこにでも使える便利なアイテムだ。
 脚と首筋にはたっぷり塗らないと走った後大変な事になる。足首にクッキリ靴下焼けがついてしまっているのが最近恥ずかしい。

 今夜から台風が本格的に接近してくるようだ。明日は仕事なので水害が無い事を祈るのみ。皆さんも十分警戒してください。

 日々練成


 age.jpg
 プロテクトUV+ 日焼け止め、擦れ防止以外にも実は優れた効果があるのです。

 
[ 2015/07/16 19:47 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

123


 今日も暑い一日だった。それでも朝夕は涼しかったのでひと段落したのかな?12時から走り始めたが昨日より風が暑くてきつかった。でも暑い時に走る練習だと思えばどうということはない。

 今日は面白い物が手に入った。ガソリンストーブのSVEA123。言わずと知れたガソリンストーブの代名詞的存在であり、最も信頼性のある道具として世界中の登山家が愛用している。実に半世紀以上生産され続けている超ベストセラーである。
 ストーブ系はアルコールから灯油まで一通り持っているが、実は何故かこのSvea123だけは持っていなかった。ベストセラーという肩書が、レア系コレクターである僕の食指を動かさなかったのかも(なんのこっちゃ)
 
 面白い経緯で手元にやってきたこのSvea123。かなり使い込まれているようだが、故障箇所はないようだ。むしろしっかり手入れされている印象だ。ガソリンも満タンに入っているのでタンクの保存状態も良いだろう。
 さっそく点火してみたが問題なくこのタイプ特有の「咆哮」をあげて燃焼した。しっかり青い炎で燃焼しているので調子良さそうだ。ただちょっと息継ぎをする事があるのが気になる。ガソリンが満タンだからだろうか?後で少し調整しみるとしよう。

 この手の「雰囲気道具」は使わなくなって久しい。もっと手軽で軽量で熱量も多いガスストーブがあるのでどうしてもそちらを選んでしまうが、こういった道具は性能よりその存在感に価値があると思う。たまに出してきて手入れしたり火を入れたりする時間が楽しいのだ。調整して磨き上げたら綺麗な真鍮の輝きが蘇るだろう。またいつの日か山で使ってみたい。

 日々練成

 seth.jpg
 使い込まれた感満載のSvea123。しっかり調整してあげようと思う。
[ 2015/07/15 20:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

庭の桔梗、今年も咲く。


 朝10時に仕事を上がる時にはすでに31度だった。家に帰っても熱風で座ってもいられない。何とか扇風機で少し仮眠をして昼過ぎに外に出て見ると以外に暑くない。何だこれはと思ってアメダスを見てみると僕の住む地域だけ29度になっている。これ幸いと直ぐ走る準備をしてランニング。いつもの20kmコースを走った。
 暑くて汗が出まくったが前回経験しているのでもう慣れた。一度経験した痛みは越えられるのです。今日も良いトレーニングでした。

 自宅の庭に桔梗が咲いていた。毎年同じ場所に咲く桔梗だ。冬になると涸れて茎も残らなくなるのだが、毎年この時期になると芽を出して美しい花を咲かせてくれる。草刈りをする時もこの場所は気を使って草刈りするようにしている。冬になると茎も残らなく涸れるのに毎年同じ時期に同じ場所に芽を出すとは不思議だ。そういえば水仙も毎年同じ場所に群生する。夏は全く面影なくなってしまうのに。生命の神秘というか、自然の凄さをこんな小さな庭でも感じる事が出来る。
 あ、ヲチはないです。

 日々練成

 gaerga.jpg
 風船のような桔梗の蕾。決してポンっと弾けさせてはいけません。

gaerga (2)
 今年も咲いてくれました。
[ 2015/07/14 19:27 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

エアコンはなるべく使わない


 僕はエアコンを極力使わない。夏は扇風機選手がシーズンインから終盤戦まで大活躍だ。エアコンは確かに気持ちいいが、ずっとあたっているわけにはいかない。いつかはエアコンが効いている部屋から出ないといけないので、その時の温度変化がとても苦手なのだ。それに僕は喉がイマイチ弱いので、エアコンをしたまま寝ると一発で風邪をひく。家族も鼻が悪いのですぐズルズルしてしまいくしゃみ連発になってしまう。何よりあの人口の冷たい風がどうも苦手だ。

 特別我慢している訳ではないし電気代がもったいないわけでもない。どうせ1時間運転しても電気代3円程だ。それでもやっぱりエアコンより扇風機がいい。自然の風があれば一番だけど。
 しかし最近の暑さは夜中でも30度の時があるのでキツイ日もある。でも扇風機に慣れれば寝れるもので、今シーズンもエアコンを使わないで過ごせるようにしたい。日中はどうせ走って汗をかくから一緒だしね。

 日々練成

 
[ 2015/07/13 03:51 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

暑い日


 仕事明けで車に乗った瞬間から温度計は30℃を指していて、朝10時にはすでに35℃に達しようかという猛暑日だった。
 子供のサッカーを見に15km程離れたサッカー場へランニングしたが流石に堪えた。35℃にもなると連続して走るのはキツイな。
 こんな暑い日はやっぱり山に行くに限る。同じ暑さでも山の暑さは全く違うし、高いところへ行けば涼しい。冷たい雪解け水も美味しい。涼しい山でテント泊をして、ゆっくり山を楽しみたくなった。

 一昨日からTJAR仲間の江口さんがミラージュランドから上高地までのトランスコースをトレースしたようだ。最後は走って松本まで。今回は台風直撃とはならず快晴の北アルプスとなったようだ。皆続々と始動している。少し遅れてしまうが僕も今月末から始動する。負けませんよ、再びあの舞台に立つのだ。

 日々練成

 IMAG0448.jpg
TJAR2014 立山アルペンロード旧登山道にて。手前は千原さん。奥に江口さん。この後は台風の余波で風雨に。

 
 
[ 2015/07/12 19:07 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

雨は経験


 今日は中央アルプスでTJARトレーニングキャンプが行われている。前回の参加選手もナビゲーターとして参加しているようだが、今日は好天過ぎてトレーニングというよりは楽しいランニング登山になってしまったかもしれない。ビバークも雨が降らなければ快適だろう。やはり悪天でビバークしてこそ経験値が多く積めると思う。
 
 1日だけの行動なら、どんなに行動時間が長くてもほぼ問題はない。2日目、3日目と続けてビバークすると違いが出ててくる。そして出来れば悪天候を挟む事で難易度があがる。濡れた装備での行動やビバーク時の対応。晴れた時とは全く違うこれらを経験しないと上には行けない。僕もまだまだ経験が足りないのでトレーニングあるのみ。晴れの状態が当たり前ではなく、常時荒天を想定したトレーニングと準備をして、その状況を楽しむぐらい余裕を常に持っていたい。

 日々練成

 
[ 2015/07/11 06:16 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

晴白山


 仕事を終えて今日も白山へ。9時過ぎに自宅を出発して11時には別当からスタート出来た。今日はMH.TRCの山ちゃんも自転車で別当まで来て登っているはず。丁度車からスタートする時に別当から自転車で下ってきた。帰りも気を付けて。

 7月11日から週末に市ノ瀬~別当管はマイカー交通規制が掛かるので別当に行かれる方は注意。

 一昨日と違ってもう暑い。別当ではトレランスタイルの外国人が丁度降りてきたみたい。往復タイムを聞くと2:40分。早ー。僕も目標を持ってスタート。最近は中飯場までは絶対に歩かないようにしている。たった10数分なのだが登り始めから心拍が上がるのでキツイ。でもキツイ事をやらないとね。前回より50秒程短縮して中飯場。しかし蒸し暑い。あっという間に汗だくだ。別当覗きを越えるとガスの中に突入。ずっと展望はなし。でも何となくこの雰囲気は弥陀ヶ原からガスが晴れる感じだ。期待して登る。
 12曲がり手前のトラバースでやっぱりガスが晴れてきた。上空には青空が見える。テンションも上がって黒ボコ岩へ。弥陀ヶ原からは白山が待っていてくれた。暫く弥陀ヶ原から山頂を見れなかったので嬉しい。やっぱりここからの白山は美人。
 
 室堂では明日の御来光狙いの宿泊客が結構いるようだ。祈祷殿の建て替えは基礎から柱まで出来てきた。山頂へ鳥居をくぐって進む。山頂は風もなく穏やか。奥社にお参りして少し山頂を堪能。さて降りますか。
 山頂から直ぐのところで一人の男性とお話。聞けば全国で野花のカメラマンを30年以上続けてられる安原修次さんという方で、30冊以上の野花の写真集を出版しているそうだ。今回は北陸新幹線開通に合わせ、観光PRになればと白山周辺の花を撮影しているのだとか。色々なお話が聞けて楽しかった。帰り際にお守りの手作り草鞋キーホルダーまでいただいた。ありがとうございます。またどこかでお会いしましょう。

 下山はそれなりに。色々確かめながら降りる。下山中に登って来られた方と少し話をしたが、今日はトレイルランナーが5,6人いたという。ついに白山もトレランが流行ってしまうのかと少し気になった。
 吊り橋を渡り車に到着。いつも通りポリタンクの水で脚を洗って帰宅。今日も白山ありがとうございました。

 日々練成

 hak.jpg
 笑顔の山チャン。山だけじゃなくて自転車も乗るよ。

hak (2)
 ずっとガスだけど僕にはわかる。

hak (3)
 ここを抜ければ

hak (4)
 ほら、待っていてくれた。

hak (5)
 山頂奥社

hak (6)
 withキュゥべぇ

hak (7)
 雲沸く室堂

hak (8)
 開山1300年に向けて建て替え真っ最中。

hak (9)
 下山後の〆 今日はコレ

hak (10)
 安原さんから頂いたお守り草履。丁寧な説明文も。
[ 2015/07/10 20:35 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(2)

長野の蕎麦打ち山屋こと、岳さん。ブログ復活


 TJAR2014を共に目指し、あの7日間を共に過ごした長野県在住の岳さんが再びブログを再開した。
 岳さんとはTJARを目指すという同じ志のブログが縁となって知り合い、ずっと切磋琢磨してきた。中々ハードな事を思いついてサクッと実行してしまったり、はたまたかなりの子煩悩だったり、最近は以前お店で修行していたという蕎麦打ちが復活したようで、峨山道トレイルランの後に我が家で出張蕎麦打ちをしてくれた。お店で食べてもここまでの蕎麦はなかなかないだろうという素晴らしい味だった。
 色々と引出の多い魅力的な男である。

 TJAR2014選考会でお会いしてから、一緒に飲んだり、情報交換したりしながら本戦を迎えた。序盤の北アルプスや木曽までのロード、中央アルプスなど前後しながら行動した。南アルプスの荒川小屋で岳さんがリタイアした事を聞いた時は本当に悔しかったのを覚えている。

 もちろんこれで終わるはずはなく、すでに次の目標に向かって動き出している。そんな岳さんがしばらく休止していたブログを復活させたので皆さんも是非訪れてみてください。
 山やトレイルランの大会、そしてTJARへの気持ちをストレートに書いているブログは必見です。見ていて熱くなる。

 岳さんのブログへ
 「信州発☆60㎞/Dayを進むUL冒険野郎」

 日々練成


 
[ 2015/07/09 03:54 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

雨白山


 休みだったが3時起きの仕事を7時に終えてから天気を見るとまあまあ雨の予報。どうせ濡れるなら色々テストしようと雨の白山へ。別当から10時にスタート。雨はボチボチ降っていた。鳥居に一礼していつもの吊り橋からスタート。そういえば駐車場には大型バス2台があったが団体が入っているのだろうか。

 気温はそれほど低くなくTシャツとランパンで甚之助を超える。甚之助までは42分。南竜分岐からトラバースに入ると雨が強くなってきた。別当谷から吹き上げて来る風も強くなってくる。十二曲がりまでくると流石に雨が強くOMMのジャケットを着る。ここからは風雨。弥陀ヶ原を抜けて五葉坂から室堂へ。室堂は祈祷殿の建て替えが本格的に始まっていた。ルートは鳥居をくぐらずに山頂へ向かっているがここは意地でも一礼して鳥居をくぐる。
 ここで室堂を出発する高校生の大集団が。皆この風雨の中、学校ジャージの短パンにスポーツ用のウィンドブレーカーという軽装。足元はランニングシューズだ。ウィンドブレーカーどころかトレーナージャージしか来ていない生徒もいる。雨具を着ているのは数人。良くて100円のビニールカッパ。流石にまずいんじゃないと思った。全員を抜いた後山頂へ。山頂も風雨がそこそこ強い。奥社にお参りして三角点を触ったら下山。この天候であの装備だと低体温は近いなと思っていたが流石に途中で引き返したようだった。

 一安心して室堂へ。係の方に聞いたら高校生はすぐ下山していったという。室堂の方もあの装備はマズイでしょうと思ったらしい。五葉坂の途中で高校生に追いつく。みな一様に寒い寒いと言っている。そりゃそうだろう。中には唇が青くなっている生徒もいてこれはちょっとマズイと思って引率の先生を探すが先生も寒さに震えている。50人近い大集団は弥陀ヶ原からかなり分断されて前後がかなり長くなっている。雨で濡れた石段の下りでスピードも出ないので体温は上がらないだろう。皆寒そうだ。

 ああ、こうやって学生の集団遭難は起きるのだなと思った。

 見過ごすにはあまりにも不安だったので最後尾について風雨が弱まる南竜分岐手前まで行動を共にした。分岐からは風も止んで体温の低下は防げそうだ。ここまでくれば大丈夫だろうと先に行かせてもらった。

 雨はずっと降り続いていたので、テストはおおむね目標を達成。車に到着してポリタンクの水で脚を洗って帰宅。良いトレーニングでした。

 日々練成

 aweaf.jpg
 いつもの別当から

aweaf (2)
 トラバースから風雨になる

aweaf (4)
 山頂はガスガス雨で風もそこそこだった。

[ 2015/07/08 17:35 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(2)

最軽量クラス100円ライター


 amatchブログで最軽量クラスのストーブが紹介されいていたので便乗して最軽量クラスのライターを紹介。
 最軽量クラスのストーブでは当然着火装置は付いていない事が殆どだ。点火するためには当然火器が必要なわけで、必ずライターを持ち歩く事になるのだがそれが重ければ意味がない。で、軽量のライターを探す事になるがライターといえば100円ライター。ハッキリいって100円ライターはほぼ完成されたといっていいぐらいの性能なので、その中から更に軽量で高性能な物を選択となるとかなり難しい。

 しかしどの分野にもスペシャリストはいるもので、今回紹介する「BIC社製のミニライター」は軽量、高性能、信頼性ではおそらくトップクラスだろう。

 登山やウルトラライト系では知る人も多いBIC社ライターだが、重さはミニライターで10g(メーカー公称)と抜群。着火回数も1400回(メーカー公称)と紹介しているところに製品への自信を感じる。電子式は標高2000mぐらいで使用不能になるので山ではフリント式(着火石)が必須。その中でもベストな選択の一つだろう。
  amatchが紹介しているストーブ、BRS3000T(25g)と合わせると35gでストーブ本体が完成する事になる。これは火器システムとしては十分過ぎる重さではないだろうか。最悪このライター1本あればカップ1杯のお湯を温める事が可能なので、緊急用として2本ぐらいザックに入れておいてもいい。僕はそうしています。
 
 後は自身の使用用途に合っているか、山での使い勝手、信頼性を自分で試していけばいい。僕の考えではビバークをする山行では火器システム(食器を含む)は必須だと感じている。去年のTJARでもお湯を沸かせた事で随分と助かった経験もある。エネルギーバー1本以下の重さと引き換えに温かい物が食べられる火器が持てるのなら、試して見る価値は十分にあると思う。

 日々練成
J25_l_20150707204234c68.jpg

   見た事あるデザインのBIC社ミニライター ミニなのにBICとはこれいかに(白目)

 
[ 2015/07/07 20:45 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

過ちは繰り返しません(次は負けないからな)


 なでしこジャパンは残念だった。アメリカの作戦通りにやられた印象。警戒した高さのセットプレーの裏をかかれ、スピードとパワーに押されると厳しい日本の弱点をしっかり押さえてきたアメリカの完勝といったところか。
 W杯の借りはW杯で返す。過ちは繰り返しません。

 ちょっと残念な気持ちだったが切り替えていこう。
 仕事明けなので少し仮眠して午後からランニング。今日はザックを背負って。重さは6.5kg。いつもの20kmコースを127分だった。前回より少しペースを落としたので疲労感はほぼなし。揺れも気にならない。なんとなくザックを背負って走るベースは出来たかなといった印象。もうすぐ梅雨も明けそうなのでいよいよ山トレーニングが始まる。出来るだけ高所で長時間行動する練習を積んでいきたい。

 日々練成



[ 2015/07/06 20:19 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

言い訳はいいわけねぇ(プラトーン)

 
 足が痛いとか調子が悪いとか常に言い訳を探してトレーニングをすると、手抜きをする癖がついてしまう。それが当たり前になってくると自分の全力が分からなくなってしまい、手抜きが全力になってしまう。
 僕も調子が悪いとかどこか痛いとか怪我明けとか病み上がりとか昨日はハードだったからとか言い訳はいくらでもあるが、トレーニングするときは全力でやる事を心掛けている。もちろんいつも全開でやるわけではなく、その日のメニューに対して全力と言う事。LSDだって手抜きでやる人はいないだろう。ちゃんとしたフォームとペースのLSDがどれだけキツイかはやっている人なら知っている。

 「今日は山でトレーニングだけど、調子が悪いからペースを落として……」
何て事を考えてしまっては何のトレーニングなのか分からない。それならいっそゆっくり山を楽しんだ方がいい。調子が悪い何て事はなくて、悪いと思っていてもそれなりにペースも上がるし力も出るものだと思う。本当に体が動かないのは調子でなくて体調が悪いのだ。ツライ事は誰だって嫌だけど、手抜きでは上へはいけない。トレーニングするなら全力で。言い訳なんか穴でも掘って埋めてしまえ!

 日々練成


 
[ 2015/07/05 05:33 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

SONYのアクションカム HDR-AS100Vの事


 少し前に購入したSONYのアクションカム、HDR-AS100Vだがすこぶる好調だ。当初は頭やショルダーベルトに取り付けて定点カメラ的な使い方を想定していたが、以外にも自撮り棒に取り付けて撮影すると非常に面白い動画が撮影出来る事が分かった。それ以来ずっと自撮り棒に取り付けっぱなしで山に持ち出している。防水ケースに入れておいても音声は録れるし、万が一何かに当てたり落としたりしても安心だ。

 風景だけでなく自分を入れて広角で撮影出来るのが面白い。広角で撮影すると山の風景が大きく写るので迫力もある。動きながら動画を撮影して、後からその中で1シーンだけ写真にも出来る。自撮り棒を活用してドンドン山の魅力を伝えていけたらと思う。TJARにも投入出来たら凄い絵が撮れそうだ。

 日々練成

 vzvz (2)
 キムラさんから受け継いだ自撮り棒にHDR-AS100を装着。1.5mくらい伸びます。

vzvz (3)
 4月にNOZA君と入った白山。滑っているシーンを一人で後方から撮影なんて事も。(動画から切り取り)

vzvz.jpg
 同じく白山からの帰り道。自分を入れて後方のNOZA君と共に。自転車やスキーは迫力ある動画が撮影出来る。
[ 2015/07/04 21:43 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

現状でやる


 7月末になるとようやく3時過ぎの仕事が終わるので本格的に山でのトレーニングが開始出来る。しかしそれまで白山以外の高峰に登っていないので少し不安でもある。出来る限り高いところでトレーニングをしたいが、現状では休みがないので仕方ない。装備テストとかもとりあえずは、ほぼ去年のまま投入する事になる。使い慣れた道具なのでその辺りの不安はないが、逆に使い込んでいるので耐久性はどうだろうか。

 道具類はマメにチェックをしているが、ザック等に使われている化繊は徐々に劣化していくので山中で破れたりでもしたら大変だ。補修用にガムテープと少しの針糸は持っているがあくまで応急処置程度。予備を用意しておいて、使い慣れた新品とするかローテーションで使えるのが一番いいのだが色々と事情もあるので難しい。

 しかし贅沢はいっていられない。条件は皆似たようなもの。今の状況、条件でやるしかない。

 日々練成

 
[ 2015/07/03 06:01 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

勝利を目指す事


 今日は職場の慰労会だった。
 4月から昨日まで若手を中心に連日訓練に励んで、大会の結果は3部門制覇という素晴らしい結果だった。今日は大いに飲んで健闘を讃えたい。

 健闘といえばなでしこジャパンもイングランドに勝利した。誰も思いもよらなかったかたちでの決着だったが、勝負はお互いが全力を出した結果。ただ勝者と敗者がいるだけ。責める者はいない。お互いの健闘を讃えたい。
 
 しかしこういう結果を見るとあらためて思うが、スポーツは勝たないといけないなという事。小学生の指導で勝ち負けにこだわらないとか聞くけど、それは違うと思う。スポーツは勝ってこそ。勝利を目指す過程に色々学ぶ事があるのだろう。勝ちを目指さないとスポーツである意味が無い。負けてもいいのならスポーツでなくてもいいのです。
 次も勝利で連覇だなでしこジャパン!

 日々練成
 
[ 2015/07/02 23:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)