気になってダメ


 今日は午前中に用事を済ませて昼過ぎに帰宅した。選考会通過後、少し気持ちが切れた感じがあり、ランニングにも手が(足?)がつかず10kmしか走れていない。今日もいつものコースを走ろうと思ったが途中でやめてしまった。職場の休暇申請があまりうまくいかず、ずっと気になってしまっている。食欲もなくあまり良い睡眠も取れていない……。心労というやつだろうか。最後の関門が悩み多くて厳しいな…。

 日々練成

[ 2016/06/30 20:15 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

TJAR2016出場決定


 昨夜TJARのホームページでTJAR2016選考会の通過者が発表された。
 僕は「通過」の判定をいただいた。選考会通過者は20名。辞退者が出たので前回完走者11名(含マーシャル)と合わせて30名以下となり、抽選会は行われない事となった。この時点でTJAR2016への出場が確定した。

  TJAR2016選考会通過者はこちら
 
 あれから2年はあっという間だった。TJAR2016の選手となり本当に嬉しく思う。ただ残念なのは、多くの志同じ仲間が不合格となってしまった事。同じ目標に向かって進んできた仲間がTJAR2016に出場出来ないのは残念でならない。

 TJAR2016の舞台に立てなかった仲間の思いも背負い、大浜海岸に行きます。おっと、途中で忘れ物も回収しないとね。
 
 大会実行委員会、そして関係者の尽力と、多くの方々の協力と理解をいただいて僕は選手としてスタート出来る。特に職場の皆さんにはとても大きな迷惑をかけてしまう事になる。それでも選手として出場出来る事の重みを受け止め、残り1ヶ月、準備をしていきたいと思います。

 日々練成


 
[ 2016/06/29 19:48 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(13)

TJAR2016選考会(2日目)


 2日目
 夜は風が強くシェルターが揺れた。じっとり濡れる感じで寒かったが浸水しないだけでも寝る事が出来る。2時間程寝て12時半に起床。ガスでお湯を沸かし、アルファ米特製カレーを食べる。しっかり芯から温まったところでパッキングし直し、トイレを完了させる。しばらくシェルターで待機して、1時半にシェルター撤収。点呼の後、少し説明があり2時にスタート。両俣からの登りは渋滞するので真ん中ぐらいでゆっくり登る。稜線に出ると雨はないが風はそこそこある。ガスが濃く足元が滑るので注意だ。予定していた時間で仙丈ケ岳到着。ここから丹渓新道へ行くため仙丈小屋方面へ。小屋へ行くと千原さんがいた。前日アクシデントでリタイアしてしまったとの事。残念でならない…。
 
 所見の丹渓新道は滑りやすいトラバースさえ気を付ければ快適な下りだった。江口さんと一緒に下り、ロードに出て歌宿へ行くと望月さん、雨宮さん、石田さんがチェックポイントで待っていた。軽くいじられて出発。下りなので快適クルージングだ。途中岳さんに追い付き、そのまま橋へ。ファンの方が待っていてくれて応援していただいた。ここでもYaedaさんに素晴らしい写真を撮っていただき感謝です。
 ラストのロードを流してゴール。設定時間もOKですぐに筆記試験開始。内容は一般的登山であれば問題ない内容だった。風呂に入って汗を流し、12時のバスで駒ヶ根へ。さとみんがわざわざ応援に来てくれて感謝です。さすがTJARマニア。
 
 2日間の選考会が終了した。特にこれといって問題はなく、とても余裕を持てて挑めた。とても収穫だったのは、2年間のトレーニングがしっかり結果になって出た事。特にロードの強化は顕著に表れて、ロードでの失速が全く無かったのは大きな自信になった。
 あとは結果を待つのみ。願わくば仲間全員が合格出来ますよう。

 日々練成


 
[ 2016/06/28 19:58 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

TJAR2016選考会 (1日目)

 高速を走り、駒ヶ根SAに23時に到着。来るまでに雨が凄く、仮眠中にも雨の音が凄かった。1時半に起きて駒ヶ根ファームスへ向かう。雨はまだ強い。
 いつもの無料駐車場に停めるとすでに満車近い。みな選考会参加者だろう。3時前に受付場所へ行くとすでに多くの人が集合していた。知り合いにも何人か会い、TJAR仲間もスタッフとして参加している。思ったより気楽にいられる自分に驚く。
 
 受付と装備チェックを済ませ、ブリーフィング。飯島委員長の説明を聞いて、いよいよスタート準備だ。雨はまだパラついている。プロテクトJ1を入念に足裏に塗り、スタートラインへ。2年前と同じように集合写真を撮る。今回は最前列でスタートだ。6時、ついにTJAR2016選考会がスタートした。皆いいペースで走っていく。僕はマイペース。いつもの練習ペースを着実に守る。Yaedaさんがいたるところで先回りして写真を撮ってくださった。ありがとうございます。市街地を岳さんや江口さん、竹内さんやブログを読んでくれている方と前後しながら通過。途中、住民の方の応援がうれしい。天竜川を渡るといよいよ登りだ。脚は止めずに地道に走る。15km地点で予定ペース。中沢峠まで5kmがきつかったが歩く事なく走り切った。峠からは下りをクルージング。自販機でコーラを飲み、市野瀬へ。TJAR2014では相当時間がかかったが、今回はあっという間だ。

 市野瀬ではスタッフの望月さん、雨宮さん、石田さんが待機中。水分を補給して柏木集落の登山道へ。ここの2kmはいつもきつい。雨はパラっとくる程度だが、森林限界からは風が強そうだ。地図を出して現在位置をロストしないように進む。試走に来た時にチェックしておいた、特徴的な地形や岩を随時確認。地図読み課題は地蔵尾根で3か所だった。それぞれ特徴のある地形だったので特に問題はなかった。
 松峰付近で岳さん、江口さんと合流して前後しながら進む。森林限界の尾根に出ると風が強い。ためらわず雨具の上下を着た。後続の江口さん岳さんにも風が強い事を話す。雨具を着て稜線を進む。読図ポイント付近で震えている人がいたが大丈夫だろうか。仙丈ケ岳山頂付近はガスも風もそこそこあって厳しそうだ。到着予定時間5分前に山頂到着。山頂にはNHKの駒井さんがカメラで撮影していた。お疲れ様です。
 そこから大仙丈方面へ向かう。西側からの風は強かったが、二重稜線の東側に入れば風は関係なかった。どれくらい吹いているかな?TJAR2014に比べればふつうな感じか。でも温度は低いだろう。
 伊那荒川岳を過ぎ、男澤さんと合流する。寒さと雨で厳しそうだ。ここまで読図のチェックは大体OK。途中のコルで救急対応の課題。足首の捻挫処置は2年前と同じだった。テーピングでがちがちにしてチェックOK。あとは両俣へ下るだけ。横川岳からの下りはTJAR2014でビバークした場所。一発で発見してびっくりした。覚えているもんだ。両俣への下りはいつも悪い。予定時間5分前に両俣到着。シェルターの設営は少し順番待ちしてテスト開始。いつも通りに張り問題なく終了。おはりんとくっちーにチェックされるのが不思議な気分だ。見ていると結構シェルター設営が厳しい人がいた。これで今日のテストは終了。小屋でカップ麺とありがたいおにぎりを購入してシェルターに潜り込み一息。防寒着を着て仮眠体制。明日は2時出発なので0時半に目覚ましをセットして仮眠。少し寒かったが防寒着のダウンのおかげでそこそこ眠れたようだ。
 2日目へ続く…

 日々練成

 ※写真はスマホ使用禁止だったので撮影出来ませんでした。後ほど撮っていただいた写真を掲載したいと思います。


[ 2016/06/27 06:19 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

TJAR2016選考会【速報】

昨日、今日と2日間TJAR2016の選考会へ参加してきた。まあまあの天気でそこそこ本戦想定な感じでした。

とりあえず無事ゴールしました。まずは速報まで。参加された皆さん、スタッフ、関係者の皆さんお疲れ様でした。

日々練成

スタート直前。雨の中でのブリーフィング風景

[ 2016/06/26 21:27 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(8)

明日は選考会出発


 さて明日は選考会へ出発予定。ここまで来たら、もうジタバタしても始まらない。忘れ物ないようにパッキングを点検して、食料を多めに持って準備完了。あ、シェルターを少し干そうかな。
 ここ数日あまり面白くない(普段も面白くないですが)更新が続いてしまっているので週明けには盛りだくさんでお届けしたいと思います。

 日々練成


 
[ 2016/06/23 06:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

調整ランニング


 今日は昼前に帰宅。強度は上げず、いつもの半分の距離をランニングした。湿度が高く汗が出る…。ランニングだと汗の影響もあってファイントラックのパワーメッシュは背中が擦れてしまう。どうも生地のコシが強く、荒いので肌が負けてしまうのだろう。山では汗冷えせずとても使い勝手がいいパワーメッシュだがロードではザックの揺れや身体の動きが違うのでイマイチだ。一度擦れてしまうとかなり厳しい事になるので、ロードでは違うアンダーを着る事にする。
 その他ウェアや道具をチェックしておおまかにパッキング。食事はハイカロリーな菓子パンを中心に色々考え中だ。新メニューのカレーも試してみよう。ともあれ後3日。やるしかない。

 日々練成

 
[ 2016/06/22 20:24 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

徐々に上向き

 選考会まで後4日。体調は徐々に上向きになってきて良いサイクルに入っている。残りの日数で装備と道具を最終決定。選考会のプランも最終決定だ。試走した地形図も頭に入れておく。当日の天候で食糧や行動食を最終判断。残りの日数でやる事をやりきるのみ。

 日々練成

 
[ 2016/06/21 06:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

白山


 久しぶりの白山へ。
 仕事明け直前に白山に行こうと思いついた。選考会へ向けて強度はあまり上げないようにしているので、今日が選考会前最後のチャンスだろう。天気はイマイチっぽいが、雨に打たれてもいいかーぐらいの気持ちで一度帰宅して即行パッキング。

 車を飛ばして別当出会へ向かう。11:30駐車場スタート。車は路肩のスペースに数台程度だ。半分から上はガスだし、午後から雷雨の可能性もある平日なんて工事関係者以外は登らないだろう。直前まで降っていた雨の影響と濃いガスで湿度100%。中飯場手前ですでに汗だく。しかしそれに反して脚は軽くグイグイ登れた。今日は挨拶しても無視するような登山者が2人ほどいて残念だった。トレランのマナー同様に登山者のマナーも考えてもらいたいものだ。

 甚之助小屋を越えてトラバースに入ると少し肌寒い。黒ボコから弥陀ヶ原に出ると白山は完全にガスの中だ。今日は美神さんはその姿を見せてくれなかった。室堂も従業員のみで閑散としている。少し寒くなったので雨具の上とグローブを着用。鳥居に一礼して進むと、ガスの合間から太陽が見え隠れ。やっぱり歓迎してもらえていると嬉しくなる。久しぶりの奥社に到着。丁寧にお参りをした。とたんに空が晴れて青空と太陽が!しっかり菊理媛神は願いを聞いてくださった。選考会へ向けてこれで思い残す事はない。
 山頂で記念撮影して、奥社にもう一度お礼をして下山開始。途中クロユリが咲いていたので写真をパチリ。帰りはそこそこ飛ばして雷雨が来る前に下山だ。甚之助手前で暑くなり雨具その他を脱ぐ。2000mから下はもう暑いくらいだ。15:30には車に到着して帰宅した。

 選考会前に白山に行けて良かった。僕の登山原点でもある山。いつ来てもその美しさが変わる事はない。

 日々練成

 IMAG2340.jpg
 いつものスタート

IMAG2341.jpg
 ガスガス

IMAG2342.jpg
 弥陀ヶ原でもガス

IMAG2346.jpg
 山頂到着

IMAG2347.jpg
 時折ガスが晴れだす。室堂方面

IMAG2348.jpg
 青空が!

IMAG2349.jpg
 クロユリはつぼみと花が半分くらい

IMAG2350.jpg
 群生しています

IMAG2351.jpg
 五葉坂よりガスの晴れた弥陀ヶ原
[ 2016/06/20 19:20 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(4)

調整期間


 前半は天候に恵まれた週末だったが今日の午後からは雨模様だったようだ。僕は仕事なので何も出来ず。フェイスブック等で上がってくる仲間の活躍を見るたび焦りそうになるがここはぐっと我慢。今焦ってもどうしようもない。今まで通りの事をするだけだ。ここからは体調管理も重要。ピークを持って行けるよういままでの経験を活かして調整だ。

 そういえばTJARのホームページに書類選考通過者の名簿が載っていた。仲間が大勢合格したようで嬉しい限り。ここからは自分との戦い。誰かにかまっている暇はないんだ。やりきるのみ。

 日々練成

 
[ 2016/06/19 06:41 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

海は夏間近


 今日は仕事が早く終わったら山に行こうと思っていたが、生憎遅くなってしまったので山へは行けず。いつも通りランニングした。気温に続いて湿度も上がってきて、夏らしさが出てきた。湿度が上がって来ると途端に走っていてもきつくなる。今日はいつものコースではなく、海辺を走るコースにした。風はそこそこあるのでそこまでは暑くないがやはり蒸し暑く汗が出る。砂浜近くを走ると夏間近の雰囲気だ。今日明日と天気が良いので観光客も多かった。
 今日はアンダーシャツとの相性が悪かったのか、背中がザックで擦れてしまった。背中の上の方は手が届かないのでプロテクトJ1を塗る事が出来ない。TJARでは誰かにサポートを受ける事も禁止なのでこれもお願いするわけにはいかない。肩関節を柔らかくしないと駄目だな。ザックを背負っての長距離もボチボチ慣れてきた。そろそろ地図のチェックとパッキングを決定しないと。

 日々練成

 IMAG2337.jpg
  夏間近。近所のビーチ。
[ 2016/06/18 21:16 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

ザック軽量化計画


 荷物の軽量化はなかなか大変だ。水と食料込で6kg以内にしようと思ってもすぐオーバーしてしまう。僕の場合ザックが6lgを越えてくると山中でのスピードある行動に制限が掛り始める。ロードでは6kgでもランニングで巡航出来るようにしているが、それでも軽いに越したことはない。
 まずザックが650gあるので、ここを軽量化しようと思って色々なザックを試したが、OMMクラシック25を超えるザックに出会えていない。ある程度重さがあるのは丈夫な証拠でもある。この辺は使いやすさと丈夫さ、走りやすさを考慮すると目をつぶる重さなのかもしれない。OMMはショルダーベルトにポケットがないので後付けで探していたが、今回OMMより純正のショルダーポーチが販売された。しかし値段が一つ3000円近くと二つで6000円にもなる。ザック自体を8000円ぐらいで買ったのにポーチ二つで6000円ちょっと……。
ポーチには蓋が無く、コードでコンプレッションして中の物が落ちないようにする仕組みだが、やはり蓋があった方が安心感はある。100均で探してみてもなかなかいい物がないので悩み中だ。とりあえず選考会はこのままの状態で、内容を考えて軽量化していこうと思う。というより、荷物で軽量化するよりは体重を落とした方が一番確実で効果のある軽量化なのだけどね。

 日々練成

 m328b-og011c.jpg
 OMMのGOPOD よさそうだしカッコいいけどショルダーポーチとしては高くね?
[ 2016/06/17 06:43 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ザックラン


 今日も仕事明けで午前中は残業。昼に帰宅すると強風で雨が降りそうな天候になっていた。飽きもせずザックにペットボトル3本を入れて6.5kgでランニング。途中で雨がパラついて、復路では完全に本降りになってきた。雨の中走るのは嫌いじゃないけどはたから見たら変人だな。これも自分のためと思えば俄然やる気が出てくるのが不思議なところ。先日も駒ヶ根から深夜3時過ぎに走っている人を見かけた。トランス装備だったので選考会参加者だろう。みんな努力している。僕も負けるわけにはいかないのだ。

 日々練成


 
[ 2016/06/16 20:22 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

TJAR2016選考会コース試走


 TJAR2016選考会のコースである仙丈ケ岳へ続く地蔵尾根へ大塚さんと試走へ行って来た。
 前回のTJARで試走、選考会、本戦と通り、もう来る事はないと思っていたが4回目の訪問である。長く、展望のない樹林帯が続き、基本は尾根筋だが細かなアップダウンや小ピーク、特徴のないトラバースが連続して、地図読みには最適(?)なコースである。

 3時に駒ケ根ICで大塚さんと合流し選考会コースを車で走り、市野瀬から柏木集落の登山口へ。相変わらず人気のないコースだ。車を止めて4時過ぎに出発。雨は上がっているがガスが濃く視界も遠くは効かない。大塚さんと地形図を見ながら分岐をチェックし、特徴的な地形を地図にマーキングしていく。通る登山者も少ないので登山道も細く、平坦なトラバースでは現在位置をロストしやすいので注意だ。2人で丁寧に確認しながら森林限界を超えるとガスが晴れだして青空が。4回目の仙丈ケ岳でようやく青空が見えた。TJAR2014でお世話になった仙丈小屋のご主人にご挨拶。激励をいただいた。

 南アルプスの天然水をたっぷり補給して山頂へ。山頂に到着すると後続の1名が。なんとホッケさん!こんなところでお会いするとは!3名で記念写真を撮影して僕たちは北沢峠へ。ホッケさんは仙塩尾根へ試走へ。途中で選考会へ出られる男性とお会いして少しお話。選考会頑張りましょう。
 北沢峠からは6km走り、歌宿でバスに乗って仙流荘へ到着するも定休日でガーン。バスまで2時間近くあるので7kmの距離を走って車を取りに行った。
 車で柏木から駒ケ根まで戻り、大塚さんにソースかつ丼をご馳走になった。ここで今日は解散。選考会へ向けていい準備が出来ました。大塚さんお忙しい中ありがとうございました。次は選考会でお会いしましょう!
 コースの試走はこれで終了。そろそろパッキングを決定しないと。選考会まで出来る事をやりきって挑むのみ。

 日々練成

 1 (1)
 ガスの中出発

1 (2)
 平坦で特徴のない地形は現在位置を見失いやすい

1 (3)
 仙丈小屋に到着するとガスが晴れて青空が

1 (3)
 小屋でご主人にご挨拶 

1 (2)
 山頂でホッケさんにお会いしました!3人で記念撮影

1 (5)
 小仙丈ケ岳までの稜線を行く

1 (6)
 仙丈ケ岳をバックに

1 (7)
 ライチョウたん

1 (8)
 駒ケ根名物ソースかつ丼 大塚さんご馳走様でした


 
[ 2016/06/15 20:30 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

仙丈ヶ岳(地蔵尾根~北沢峠)


 今日はKTFの大塚さんとTJAR2016の選考会が行われる仙丈ヶ岳の下見へ。選考会へ向けて良い準備が出来ました。大塚さんありがとうございました。詳細は明日!

 日々練成
 
 seth s
  なんと自身4度目の仙丈ヶ岳(大塚さん提供)


 
[ 2016/06/14 22:10 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

遠征出発

今夜選考会のコースへ出発。明日はしっかり下見しておきたい。

ところで昨日職場のサッカーがあった。人数不足なので息子を連れていったのだが、いつの間にか上手くなっていて驚いた。フィジカルもついてきて見違えるようだった。そして僕は筋肉痛と手首を捻挫wwwしばらくはサッカーはやめておきます。

日々練成

[ 2016/06/13 20:59 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

想定ランニング3回目


 今日も残業で昼過ぎに帰宅。ちょっと休もうかと思ったがここで一度身体を休めるとずるずるといってしまうので意を決してランニング開始。今日も6.5kgのザックを担いでランニング。太陽の照り付けは無いが、湿度が高く蒸し暑い。スピードはそこそこだが心拍も高めだ。前回何故か背中のあたりが擦れてしまった。汗をかいた状態で長時間同じ様な動きが連続すると擦れ発生の原因となる。ザックと背中の擦れも今日のように汗だくの状態でランニングを続けると当然擦れるリスクも高くなる。僕は擦れ防止にアンダーウェアをTシャツの下に着ているが、今回はそれに加えて背中にもプロテクトS1を塗ってみた。結果は擦れ無しで大正解。やはり信頼のおけるアイテムです。某外国製の擦れ防止クリームが慌てて無料でばら撒いているらしいが、今更遅いだろう。

 TJAR想定の荷物を背負った状態で、練習の元気な身体なら最低でも5.30/kmで巡航出来るようにしなければならない。余裕をもって走れる距離を知っておくのは長距離を走るうえで大切な要素の一つだ。地脚をつけるには地道な練習しかないのだから。

 日々練成

 
[ 2016/06/12 22:14 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

14日は遠征


 今日は天気が良く、多くの人が選考会コースの試走に行っていたようだ。思えば僕も2年前一人で試走に行き、選考会コースをトレースした。その時にTJARの実行委員長、飯島さんにお会いしたが、飯島さんといえばあのDVDのイメージ(道端の草を千切っているシーン)が強かったのでまったく気が付かなくて失礼をしてしまった……。その後選考会と本戦と地蔵尾根を登り、もう来る事はないかなと思っていたが、自分のミスのせいで2年後再び地蔵尾根に行く事になろうとは。長く展望も少ない、地味な尾根の地蔵尾根だが、嫌いではない。似たような地形が多く現在位置がズレやすい尾根でもあるので、しっかり地形図と照らし合わせて特徴を把握したいと思う。

 日々練成
 
[ 2016/06/11 06:02 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

想定ランニング


 仕事明けで定例の残業。昼過ぎに帰宅するともうクタクタである。貴重な午前中が仕事で潰れると半日がパーになってしまう。
 15分だけ仮眠して今日もザックを背負ってランニング。2リットルのペットボトル2本に隙間埋め用のバスタオルを数枚詰め込んで約5kg。ザック自体が670g。追加でボトル2本に500ml水を入れて約1kg。水は飲むので総重量6.5kg程か。TJAR想定だと少し重めだけどこれにストックやヘルメット、GPSも追加されるので6kg程が想定重量となる。
 
 前回はかなり疲れてしまったが、今回は走り始めからスムーズに走れる。慣れもあるが、朝からしっかり炭水化物を取っていたので力が出るのだろう。正直前回は朝から殆ど食べず、走る前に甘い物を口に入れたぐらいだった。(なので後半に効いてきたのだろう)
 前回よりタイムも早く、心拍も低く、身体やザックの揺れも少ない。選考会想定の距離を走っているが、これに登りが加わるのでタイム設定は辛めになると想定。何度も言うがやれる事をやりきるのみ。強い気持ちを持って進むだけだ。

 日々練成


 
[ 2016/06/10 20:04 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

MH-TRCチーム方針 ザックラン開始


 所属チームであるMH.TRC(Mount HAKUSAN.Trail Running Club)で、チームの方針について議論があった。クラブメンバーも増えてきて、これからのチームとしてのルールやマナー、モラルを決めたいという話し合いである。事の発端は、恒例の里山でのタイムトライアルを行っていた際、登山者とちょっとしたやりとりがあったという件だ。何かトラブルになったという事ではなかったが、これからこういう事態が増えていくと、いつかトラブルや事故が起こってしまう。そんな事態が起こる前にクラブとして一度方針を整理して、メンバーはそれを遵守しようという事になった。

 1ヵ月近い間、LINE会議をメインに、一度メンバーが集合しての会議も行われ、それぞれの考え方、守るべき事項を集約していった。その結果、源君がクラブ代表として(Maruiさんの多大な協力もあり)クラブの方針をまとめてくれた。現時点でクラブの理念がまとまった文章が出来たと思う。素人作成なので細かな表現に多少の誤謬はあるかもしれないが、わかりやすくまとめているのでご一読してもらえたらと思う。

 源君のHPにある「MH.TRC チーム方針」へ

 昨日はいつものランニングコースを総重量6kgほどのザックを背負ってランニングした。やはり重心が後ろに取られるとフォームが全く変わってしまう。フォアフットでなく踵着地になり、腕の振りもバラバラで体幹のブレも酷い。それでも5kmほど走ると慣れてきてそれなりに走れるようになった。久しぶりのザックランだったが、少し取り戻せた。選考会まではこのスタイルでいこうと思う。選考会まで時間はない。出来る事をやりきるのみ。

 日々練成


 
[ 2016/06/09 06:39 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

天皇陛下にお会い出来ました!


 岳さんの家から出発する時に、長野市内が厳戒態勢なのに気がついた。沢山の警察関係者が歩道に立っている。何かあるのか?どうやら植樹祭で天皇陛下が来られているらしい。しかも今僕達が車で走っている道路にもうすぐ来られるのだとか?!これはお見送りするしかない!急遽車を停めて歩道で待つ事にした。反対側の歩道だったが、もう道路を横断してはいけないと私服警官に制止されてしまった。反対側だが仕方ない。こちらは僕達のとその他15人程の集団だけ。
 間もなく先導車両に続いて陛下の乗られた車が!と、その瞬間、反対側に僕達がいる事に気づかれたのか、わざわざ窓を下げて手を振ってくださった!感動感動!天皇陛下にお会い出来ました!まさか最後にこんなサプライズが待っているとは……!

 色々あったが最後が良かったので全て良し!大満足の遠征でした。さあ、次は選考会へ向けてやれる事をやりきるのみ。
 何があっても、今年でケリをつける。

 日々練成

 cxfyhjx.jpg
  反対側にいたので逆に良かった!初めて陛下にお会いしました。
[ 2016/06/08 19:55 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

妙高山、火打山


 土曜日に用事を終えて一路妙高方面へ。今日はamatchさんとおはりんが新潟の雨飾山へ登った後、長野の岳さん家へ合流しているはずだ。日曜日にはamatchさんとおはりんと三人(岳さんは仕事)で妙高山から火打山と縦走しようという計画。当初は僕は妙高周辺で車中泊予定だったが、長野の岳さん家に二人が泊まるのであれば車中泊なぞしている場合ではない。急遽予定変更で長野へ向かう。
 21時頃岳さん家に到着。すでに宴会は始まっているようだ。劇うま煮かけ蕎麦をご馳走になり、4人で楽しい夜を過ごした。翌朝は5時起床で妙高へ向かう。天気はボチボチ。燕温泉登山口からスタートだ。ここは無料の野天風呂があり、帰りのご褒美が待っている。

 スタートから絶壁のトラバースが続き少し緊張。根曲がり竹の山菜がそこらじゅうに生えていて山菜取りの方もザックまんぱんに詰めていた。新緑のブナ林に癒されながら、3人でわいわい進むと温泉の源泉に突き当たる。そこから沢沿いの道になり、雪渓からの水が冷たく気持ちいい(飲用不可っぽい)
 胸突き八丁の急登を超えると、山頂が見え隠れしてきた。振り返れば長い尾根が美しい。ここから鎖場が続き、高度感もなかなかだ。鎖場を越えれば妙高山山頂到着。さすがに2400mを超えると風も冷たい。しばらく山頂を堪能して火打ち山を目指す。

 悪い下りを降りて雪渓をグリセード。トラバース道に入ると直下の湿地帯が秘境のようだ。尾根を乗り切り、黒沢池ヒュッテまで下る。ヒュッテはまだ営業前だ。ここから高谷池ヒュッテまでは気持ちのいい尾根道。軽快に飛ばしてヒュッテまで。高谷池ヒュッテは高谷地のほとりに立つヒュッテだ。高谷池は秘境のような湿地帯でとても気持ちいい。そして登山道は全てとても丁寧に整備されていた。雪渓を上り1時間強で火打山へ。山頂は広く気持ちがいい。残念ながら展望はガスでイマイチだったが、今度は是非スキーで来たいと思った。

 さあ下山。来た道を戻り黒沢池ヒュッテから分岐で妙高山をトラバース。燕新道を通り、つり橋付近の野天風呂へ寄り道。そこからすぐに登山口まで歩いてゴール!お楽しみの黄金の湯へGO!

 白濁したお湯は独特で気持ちいい。このメンバーで行く山は本当に最高だ。3人で乾杯して贅沢な山行のフィナーレ。その後は岳さん家へ……(続く)

 日々練成

 1.jpeg
 新緑のブナ林が幻想的

2.jpeg
 高度感のある鎖場を行く

3.jpeg
 妙高山山頂(標高点は別の場所らしい)

3-1_201606072253144a0.jpg
3-2.jpg
3-3.jpg
 雪渓ダッシュ3連発

4.jpeg
 トラバース道を行く

5.jpeg
 黒沢池ヒュッテは分岐点にもなっている

6.jpeg
 火打山が見えてきた

6-1.jpg
 湿地帯に残る雪渓が気持ちいい!

7.jpeg
 ご機嫌!

8.jpeg
 火打山山頂到着

9.jpeg
 さらば火打山 湿地帯を行くamatchとおはりん

10.jpeg
 燕新道から見る妙高山は大迫力

11.jpeg
 フィナーレは無料野天風呂で!最高!

[ 2016/06/07 06:23 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

書類選考通過


 妙高山、火打山の記事を書く前にこちらから。
 
 まずはTJAR2016書類選考通過しました。
 結果メールを見る時はやはり緊張しました。今年は細かい要項内容が沢山あり、必要な書類を揃えても何度も確認したり、記入内容の不備がないかも何度も確認したので合格の文字を見た時は嬉しかった。
 
 何度も言うが、僕にアドバンテージなんて無い。常に強い気持ちを持って挑みたいと思う。
 まずは選考会へ向けてやれる事をやりきるのみ。

 日々練成


 
[ 2016/06/06 21:13 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(6)

妙高山、火打山

いつもの3人で妙高山、火打山ピストン。最高でした。

下山後は無料温泉へ。詳細は後日。

日々練成

[ 2016/06/05 21:57 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

集合

なんだかんだでやっぱりこのメンバーが集合。

明日も楽しい週末になりそうだ。

日々練成

[ 2016/06/04 23:04 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ショーツ探し


 僕は脚が太い。とてもランナーに見えないぐらい太い。山を登っていても太い脚だねとよく言われる。以前やっていたウエイトトレーニングの影響で(特にスクワットが好きだった)下半身の筋肉はがっちりついていると思う。(今ではただの重りになっているが…)
 走ったり山を登る上で、太腿を上げる動作があるが、特に登りではこの動作が重要になってくる。僕は脚が太いので通常のランニング用ショーツでは太腿が引っかかりやすく、登りでストレスになる事が多い。以前買ったアークテリクスのショーツはサイドにガッツリとスリットが入っていて脚上げの良さはピカイチだ。デザインや肌触りも良くて愛用しているが、あまりヘビーローテーションするとヘタリも早くなるので、ローテーション用にもう一着何かショーツが欲しいところだ。

 現在愛用しているショーツにロンヒルのトレイルショーツがあるが、これはもう絶版になってしまったので買い足せない。脚が太い僕でもストレスなく履けるショーツはなかなか無い。まあこれを探すのがまた楽しいのだけれど……。
 アークテリクスを使って思ったのだが、いい値段がするウェアはやはり使い心地も着心地も良いという事。なので機能もそうだが、今回は着心地の良いショーツを探している。何点か候補が見つかったが値段もいい…。思い切って買おうか悩ましいところだ。

 日々練成

 thumb_original-mspulseshorts_riderblue_f_4927.jpg
  HOUDINIの Pulse Shorts 着心地に定評があるので、一度着てみたいHOUDINIです。
[ 2016/06/03 06:00 ] 独り言 | TB(0) | CM(3)

走れてない時は何かの前兆?


 仕事明けで午前中は残業。午後に帰宅してランニング。気温はそこそこだが風が冷たく、強い。最近フォームがバラバラでどうもうまく走れてない感じだ。前半は特にバラバラできつかったが後半はまあまあ走れた。たまーにこういう感じにフォームが崩れてくる事がある。一時的なモノだったり、ブレイクスルーの前兆だったりするのでこういう時は我慢して走り続ける事。そのうち元に戻るか、新たな領域へ進めるかは我慢している時の意識次第だと思っている。色々試行錯誤したり我慢したりと繰り返している走りが続いているが、信じて走り続けるしかない。

 日々練成


 
[ 2016/06/02 19:19 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

書類選考結果延期


 TJAR2016の書類選考結果発表メールがある予定だ。夜20時発表と睨んでいたのだが、予定時間を過ぎてもメールが来ない。気が気でなく待っていると、21時過ぎにTJAR実行委員会からメールが来た。焦る気持ちをこらえて表題にちらっと目をやると何やら様子が違う?良く見ると結果発表か延期とある。ざっと延期理由を内容を斜め読みした。これだけの選考内容を少ない委員会で精査しているのだから膨大な情報量の処理だろう。延期もやむを得ないと思う。このまま結果を待ちたい。とはいえ、待っている間はドキドキものだ……。

 日々練成
[ 2016/06/01 06:04 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)