野谷荘司山 スキー with amatch


 今日はamatchと白山山系の野谷荘司山へBCスキー。予報では天気は悪くないはず。朝5時に待ち合わせて白山ホワイトロードの馬狩料金所付近へ。登山届けを提出し早速準備して出発。天気は曇りだが雲は薄く気温もマイナス1~2度と暖かい。歩き出しから脛ラッセルで先が思いやられるが昨日、一昨日のトレースが残っておりありがたく使わせてもらった。ラッセルドロボーなんて言う極一部の変な人間はここにはいないのだから。

 ロードを少し行って途中の尾根末端から取り付き。新雪は40cmほどだろうか。急登のラッセルはひと頑張り。ここでも途中からトレース跡を利用させていただいた。天気は雪がちらついたり時折風が強かったりするが視界良好で時々太陽も見える。徐々に好転していきそうだ。amatchさんととりとめもない話をしながらの行程はとても楽しい。

 1300mあたりでいやらしい斜面を突破。このあたりから青空が見え出し遠望もきくようになる。テンションもあがりズンズン進む。1500m付近で雪面の凍結箇所も多くなってきたのでスキーアイゼンを装着。1600mのトラバースは気を使った。しかしここから先のピーク達は厚い雲に覆われている。予定していたドロップポイント直下には雪庇の破断面と、点発生の雪崩も見える。視界不良の稜線歩きは危険と判断して1600西側コルの第2ドロップポイントを選択した。

 エントリーする白谷は状況によって雪崩の巣になるので、ピットチェックを2箇所で実施。新雪は40cm程で、表面から60cm程の深さに固いザラメ層。2箇所ともハンドテストでは結合問題なし。抱きかかえで全体重をかけて切断。結合部は強固で滑走に問題はなしと判断。
 早速滑降準備。ところが直前になって急にガスが濃くなり視界が殆どなくなってしまった。足元さえ危ういくらいの濃いガス。ガスが晴れるまでしばらく待機したが、1時間近くまっても状況は好転しない。一瞬ガスの切れ目があったので意を決してエントリー。標高差150mほどは下れたが、そこからまたガスが濃くなり雪面の状態はおろか、上下の感覚やどれくらいスピードが出ているかすらわからない。平衡感覚がおかしくなり眩暈と吐き気まで出てきた。

 雪質はまあまあだが意外と重く板も浮かない。視界がないので先が見えずamatchと二人で交互に少しずつ降りる。左股の両脇は切り立っており、いつ雪崩が落ちるかもわからない。長居は無用だが雪面が見えないので慎重に下るしかない。

 核心部の喉を無事通過。滝は僅かに出ていた。1300m付近からはようやく視界が開けてきたが、ここからはデブリランドで苦労して川沿いまで降下。砂防堤をクリアすればトレースに合流。ようやく安堵した。

 駐車スペースの車まで滑り込んでミッションコンプリート。後続の女性1名が途中まで登り滑り終えていた。少しお話する。
 滑走直前までウキウキだったが、一瞬のエントリー遅れで少々危険な滑走となってしまった。とはいえ無事に帰ってこれたので良かった。終わってみれば楽しくも良い経験。これからも安全に山を楽しみたいと強く思った。


 日々練成

111_201702082144412fc.jpg
 トヨタ白川郷自然学校の近くからスタート

222_20170208214442011.jpg
 しばらくロードを進み、尾根取り付きへ。

333_201702082144435fe.jpg
 樹林帯を進む。木に積もった新雪が美しい。
 
444_201702082144458ee.jpg
 新雪膝下ラッセルで進むamatch。

555_201702082144461d6.jpg
 稜線に出る頃から青空と太陽が。 

666_20170208214741fea.jpg
 僕も先頭を行く
 
777_20170208214742427.jpg
 jojoにナイスコンディションにテンションアップ

881.jpg
 エントリー予定の斜面。中央に雪庇崩壊発生の雪崩跡が見える 

882.jpg
 素晴らしいロケーション

888.jpg
 feel so good!(ここまでは)

999.jpg
 ピットチェック(雪崩弱層試験)実施中

1000.jpg
 エントリー予定の斜面。よだれでそう。

1010.jpg
 ガスが出てホワイトアウトなのでしばし雪洞掘って待機
 
1012.jpg
 意を決してエントリー。さすが華麗な滑りのamatch
 
1013.jpg
 まあまあの雪質

1014.jpg
 谷へ向かってダイブ

1015.jpg
 喉付近から見下ろす景色

1016.jpg
 砂防堤をクリアすれば

1017.jpg
 フィニッシュ。お疲れ様でした。



 

 

 
[ 2017/02/08 21:32 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)