ネタバレ厳禁


 一昨日から何となく違和感があった喉が本格的に嫌な感じになってきた。認めたくはないがどうやら風邪っぽい。幸い喉だけの異常で済んでいるが、若干熱っぽい感じなので早めに休んで回復に努めたいと思う。

 それと、けものフレンズのネタバレ本当にやめてください。まとめて見るのを楽しみにしている人もいるんです。まじやめて。

 日々錬成

[ 2017/03/24 06:04 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

まだ疲労が…


 今日も残業で帰宅は昼過ぎになってしまった。貴重な時間を無駄な残業で消費させられるのは悲しい。帰宅して少しやすんでランニング。いつもの22kmコースだがまだ回復していないようで復路から脚の疲労感が出てきた。2週間近くたつのにまだ疲労が抜けないなんてはじめてかもしれない。よほど身体の芯まで疲労していたのだろうか。

 ランニングを終えたら今日は送別会。はっきりいって全く行く気が起きないが仕方ない。味のしないアルコールを飲んで帰宅した。早く明日に備えて寝よう。

 日々練成


 
[ 2017/03/23 22:25 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

出会いと交流


 なんでもそうだと思うが、色々な人達と交流すると世界が広がる。山もそうだ。TJARという素晴らしい経験を通して多くの人達と知り合う事が出来た。これは本当に人生の財産で、山への考え方や山に対しての価値観、色々な山での遊び方など、たくさんの事を教えてもらえた。その中でもやはり人との出会いは素晴らしい。今までいかに自分が狭い世界でしか活動していなかったかを痛感した。

 多くの人と交流がなければ自分だけの狭い世界でしかない。狭い世界でいくら誇示してもかなしいだけだ。どうしても自分に合わなければやめればいい。無理やり付き合うこともないだろう。
 
 そういう意味で今シーズンの山スキーはとても素晴らしい出会いが多い。一昨日も素晴らしい人達と知り合えて世界が大きく広がった。山スキーは横の繋がりが大切とはあまつちの名言。出会いを大切に、積極的に交流をしていきたい。

 日々練成

 
[ 2017/03/22 06:26 ] 独り言 | TB(0) | CM(4)

乗鞍山系十石山 BCスキー 詳細


 20日 金沢市内でTさん、Nさん、Uさん、Yさんと合流し、UさんのD-BOYで一路乗鞍方面へ。平湯から白骨温泉へ向かう。温泉ではKさんと合流し計6名で白骨温泉除雪終了地点からスタート。
 
 僕以外皆さんテレマーカーだ。テレマーカー独特(?)の楽しげな雰囲気に初めましての緊張が緩む。早朝の冷え込みでいきなりのカリカリ斜面が核心部だったがどうにか突破。1450付近のコルにでたらあとはひたすら尾根を1000mのハイクアップだ。日差しは強いがカラマツの樹林帯でそれほど暑くはない。雪も激モナカにはならずにいてくれそう?ボチボチ高度を上げ、1800辺りで先行者の2人に追いついてトレースのお礼。急な尾根を登り、適当に休憩を挟みながら進む。

 2200ぐらいから徐々に疎林になってきていい雰囲気。足元はシールに団子がはりつき苦労する。それでも右手に笠と穂高、左手に乗鞍の展望が見え始めるとテンションも上がる。ラスト150mを頑張って十石山山頂に到着。約4時間弱のハイクアップだった。

 山頂は快晴無風。穂高連峰と乗鞍の大展望、そして遠く白山も見える。絶景を見ながら昼食タイム。僕は犯罪的カロリーのドーナツを楽しんだ。
 山頂をひとしきり堪能したらいよいよ滑走タイム。山頂直下の十石峠小屋からドロップイン。雪は適度に締まっていてテンポの良いターンで耳からカツゲンが漏れる至福の時間(1分)。標高差150mの滑降を楽しんだらあとは疎林の斜面と樹林帯尾根を修行滑降。重く、モナカチックな雪質にテレマーカーの皆さんは苦労するようだ。それでもツリーランを楽しみ、最後は急斜面を転げるように降りてどうにか1450のコルまで到達。後は林道を滑って無事車まで。合計6時間の楽しい時間でした。

 みなさん初めての顔合わせだったがとても明るい方ばかりで楽しかった。テレマークやスキー、色々な山の話が聞けて山スキーの世界がとても広がったと感じることが出来た。色々な方と交流してこそ世界が広がる。この出会いを大切にしていきたい。

 みなさんありがとうございました。またよろしくお願いします!

 日々練成


1_20170321200702a62.jpg
 平湯料金所では笠ヶ岳がドーン

2_2017032120070368b.jpg
 林道除雪終了点からスタート

3_20170321200705fe4.jpg
 カラマツとシラビソの樹林帯を登る

4_20170321200706a05.jpg
 JOJOに疎林に

5_2017032120070825a.jpg
 標高が上がると穂高連峰が右手に見えてくる

6_20170321200720e89.jpg
 山頂では乗鞍岳の大展望

7_20170321200721f2f.jpg
 笠と穂高も素晴らしい

IMAG3162.jpg
 恒例 乗鞍に祈る

9_20170321200723cbd.jpg
 山頂直下の十石峠小屋 是非泊まってみたい

10_201703212007248a0.jpg
 大斜面に刻まれる美しいシュプール
 
11_20170321200726b63.jpg
 華麗なテレマークターン

12_20170321200732ed7.jpg
 下山。お疲れ様でした!
[ 2017/03/21 20:15 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

乗鞍山系 十石山BCスキー 速報


 今日は初めましてのKDMさん、NBKWさん、YASさん、UTDさん、KNZWさんと乗鞍山系の十石山へBCスキー。
 僕以外は全員テレマーカーだったがとても楽しく、BCスキーの世界が広がった一日だった。

 みなさんありがとうございました!詳細は明日!

 日々練成

 IMAG3162.jpg
  乗鞍に祈る
[ 2017/03/20 22:00 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

山を楽しむ


 明日は山へ。久しぶり?の乗鞍山系だ。初めましてのメンバーばかりなので足手まといにならないか不安でしょうがない。とはいえ、初めての山はやっぱりわくわくする。どんなメンバーなのだろうか?どんな山なのだろうか?登りは?滑りは?道中はいったいどうなるのか?!明日は楽しむをテーマに山に行きたいと思います。

 日々練成

 
[ 2017/03/19 20:00 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ランニング再開


 昨日は娘の卒業式だった。6年間は長いようで短い。特に娘の小学校は短かった。親に似ず、文武両道成績優秀とがんばってくれた。中学校に入学しても頑張ってほしい。

 卒業式から帰宅してランニング。マラソンから中4日だが、まだまだダメージは根深いようだ。キロ5分は全く切れず、5.20が精いっぱい。半分ぐらいで脚が売り切れ脹脛の筋肉痛も強い。脚の筋肉痛はなくなったが、まだまだ筋力は回復していない感じだ。ラスト5kmは本当に辛くて厳しかった。それでも22kmを走れたのはよかった。だが左の脹脛を筋肉痛の状態で使いすぎてしまったのか少しダメージを負ったようだ。無理せず走るようにしたい。週末は山だ!

 日々練成

 
[ 2017/03/18 06:33 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

DVD先行視聴 「限界に挑め!天空の超人たち」~激走!日本アルプス・2016~ #TJAR2016#DVD


 9月にNHK BSプレミアムで放送され、大きな話題となり、再再再放送もされたTJAR2016の番組がDVD化して発売される。一足早く製作見本として、完成したDVDが選手、関係者に配布された。僕の元にも今日届いたので早速視聴。TV放送時より再編成されたようで、音楽や一部の演出が変更されているようだ。特にBGMはより重厚な感じになり(鉄血のオルフェンズバージョンも良かった)、より過酷な感じが表現されていた。(個人的にはもう少し楽しさもあってもいいかな)
 映像特典として、本編が放送されたあとにサイドストーリーとして特集された番組も集録されている。このうち一つは僕も少し登場しているようだ。DVD本編のメニューは2日目早朝の薬師岳で仲間と撮影してもらったシーンがバックになっていてびっくり。思い入れのあるシーンだけに嬉しかった。

 一般発売は3月24日になるようです。今なら先行予約割引も。是非みなさん見てください(ステマ)

 Amazonでの販売はこちら

 日々練成

IMAG3138.jpg
 パッケージはえぐっちゃん!とモチニキ。

IMAG3137.jpg
 左二枚は僕(やったぜ)
[ 2017/03/17 21:35 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

食事内容


 マラソン前後にしばらくフリー化していた食事を再び野菜多め、低脂肪、低炭水化物、高蛋白質の食事に移行中だ。

 寝る前に炭水化物を多く摂るとどうも眠りの質が悪い。(一番眠りの質が悪くなるのはアルコールだが)やはり夜は低炭水化物で野菜中心、高蛋白質の食事が良いようだ。朝の食事はリンゴが旬ではなくなったので、低脂肪ヨーグルトと牛乳、蛋白質粉末をシェイクしたものを起きてから飲んでいる。果物100%ジュースも忘れないように。それに+してマルチビタミンとビタミンB複合剤も朝、夜にとるようにしている。ビタミンは(過剰でなければ)摂りすぎという事は無い。
 
 野菜中心、高蛋白質とはいえ、心がけているのは極端に偏らないバランス。炭水化物も脂肪もある程度は摂らないといけない。全く摂らない食事だとそれはそれで過ぎたるは及ばざるがごとしになってしまう。あと我慢しすぎは良くない。たまには好きなものを食べないとストレスがマッハになる。

 炭水化物はメインで食べなくとも、ある程度は食事や調味料に含まれている。僕がメインで食べるのは朝ごはんと昼食のおにぎり1個ぐらい。後は他の食品に少し含まれている炭水化物を合わせれば、それだけで普段は十分だと思う。
 野菜は色の濃い野菜を意識して食べる。お気に入りはブロッコリー。蒸しても焼いても揚げても(これマジ)美味しい。野菜は水溶性ビタミンが多いのでなるべくお湯に漬けない調理方法が良い。オクラは生でもいける。
 蛋白質は低脂肪な鶏のササミや胸肉中心に多めに。魚も優秀な栄養源。青魚を中心に。トレーニング後はご褒美の甘いもので炭水化物補給。そして蛋白質粉末、ビタミン剤を忘れずに。

 なんとなく防備録のようになってしまったがおおまかな食事内容でした。個人の趣向なので真似しない方が良いぞ!

 日々錬成

 
[ 2017/03/16 06:31 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

次なる目標


 大会から中2日でランニング。疲労抜きで10kmだけ走ってみたが脹脛の筋肉痛が強い。35km以降は太腿が限界だったので脹脛に頼る走りをしていたのだろうか?普段からフォアフットを心がけているのでそこまで脹脛は弱くないはずだが、やはりどこかで無理をしていたのかもしれない。
 ともあれこれでマラソンは一段落。次の目標はもう一発大会に出て結果を出そうと思う。と、昨日何気なく大会案内のWEBページを見ていたら愕然。エントリー締め切りが3月10日になっているではないか。んなばかな!5月のローカル大会にしては早すぎないか?!いきなり目標喪失となってしまう。
(本当は駄目だが)だめもとで事務局へ電話すると、「締め切りは4月ですよ~」との事。へ?だってネットに3月と…。よく見ると公式HPではないページだった。おそらく間違いで入力したのだろうか。まったく驚かせないで欲しいデス。走る前からDNSは勘弁して欲しい。という事で次の目標も決まった事だしあとはトレーニングあるのみ。過ちは繰り返しません(次は負けない)

 日々練成


 
[ 2017/03/15 19:57 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

筋肉痛

久しぶりの強烈な筋肉痛にヤラレている。そこまで追い込んだ走りだったか?練習不足とはいえ2月まで走っていたベースは何処に行ったのか。しばらくは回復に務めないといけない。筋肉の回復にはタンパク質が不可欠。という訳でmyproteinのimpactホエイプロテインを普段より多めに摂取。ビタミンBも多く摂取して早く回復させて次の目標へ練習しないと。

日々練成

[ 2017/03/14 06:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

能登和倉万葉の里マラソン2017


 能登和倉マラソンにターゲットをあてると、12月から2月までの期間に走りこまないといけない。この時期北陸は悪天候が続き、外で走るのはなかなか辛いものがある。しかし例年走ってきたのでそれほど苦にはならなかった。今年の練習スタートは順調で、11月の時点でペース走の記録などは昨年を上回っていた。しかし体重がどうしても減らない。去年に比べて12月比較で3kg重い。粘り強く節制しても増える一方で流石に嫌気がさしていた。

 1月にはビルドアップやペース走を走りこむ予定だったが、良い練習が出来ず日常ランニングばかりになってしまう。その流れのまま2月に入り、BCスキーがメインになり、一番追い込む時期に北海道遠征となり、完全に気持ちが切れてしまった。去年サブスリーを達成し、TJARも完走。どこか気持ちが切れていたのかもしれない。きつい事は少し休んで楽しいことをしよう、そんな気持ちもあったのは確かだ。

 3月になると完全に気持ちも切れてほぼ走らず。体重増加にも歯止めがかからず節制も一時停止。最終的には去年のスタートより4kg近くの増量になってしまった。おまけに30km走も一度もしないという暴挙。結果は見えている。

 それでもいままでのベースに頼ってどうにか3時間一桁に収めたいと淡い希望を抱き、キロ4.20ぐらいでいけそうじゃない?みたいに思っていたが、スタートから4.20で走ってみるととても持ちそうにないペース。どうにかキロ4.30を維持しつつ、マラソン中初めて源君やMH.TRCのメンバーと話ながら並走することを楽しむ。正直こんなに楽しんで走れたのは初めてかもしれない。中間を越えるといよいよ脚がやばくなってくる。それでも源君には勝ちたいと思い、30km手前の源君のスパートにもなんとか食らいつく。ペースが落ちてきた源君をどうにか引き離し、35kmを越えると脹脛が攣りそうなのを気合でねじ伏せるが、明らかに推進力が出ていない。太腿が完全に機能停止しているようだ。40kmではもう泣きそうになりながらゴールへ向けて這うように走る。どうにかゴールしたが一桁なんて遠く及ばす、あやうくワースト記録になるところだった。

 原因は練習不足に気持ち切れ。はっきりしている分救われたかもしれない。ようは自分が弱かったということだ。しかし下ばかり向いていられないので、気持ちを切り替えて次の目標に向けてトレーニングします。次は優勝目指す!

 日々練成

 1489400523877.jpg
 貴重なツーショット。ノムラさん写真ありがとうございます!

1489400557787.jpg
 完全燃焼できたかな? しょももさん写真ありがとうございます。
[ 2017/03/13 19:45 ] 大会、レース | TB(0) | CM(2)

能登和倉万葉の里マラソン2017 速報


 練習は裏切らない。3:13分の危うくワースト更新となるところでした。
 後半は久しぶりにマラソンの厳しさを味わう結果となった。苦しいところばかりでいいところはまず見当たらない結果だったが、今の実力を知ることは出来た。また明日から練習します。詳細は後日。
 
 大会関係者の皆さん、ありがとうございました。そして共に能登を走ったみなさん、応援してくれた皆さんありがとうございました。
 今年も素晴らしい大会でした。来年もよろしくお願いします!

 日々練成

 1489320838049.jpg
  MH.TRCのメンバーと走れたのは最高に楽しかった!
[ 2017/03/12 21:18 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

明日は和倉マラソン


 明日は和倉マラソン。年に一度の体力測定だが、正直一番練習量、調整、コンディション、気持ち等が仕上がっていない状態だ。本来なら2月は走りこんでいるはずが、色々と重なって良い練習が出来ていない。おまけに北海道から帰って完全に気持ちが切れてしまった。自分の弱いところを見せつけられた気分だ。走り始めて初めて気持ちが切れた状態でのマラソンとなる。明日はフルマラソンの厳しさを存分に味わう事だろう。だが悪いなりに何とかする、ということを忘れず、最後は苦しみさえも楽しんで走りたい。

 明日走られる皆さん、頑張りましょう!

 日々練成
 

 IMAG3132.jpg
  見かけたら握手してください!
[ 2017/03/11 21:11 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

卒業式


 今日は長男の卒業式だった。ついこの間入学式だったと思ったがあっという間の3年間だった。よく見れば体も大きくなりヒョロヒョロだった体格もがっちりしてきたような気もしないでもない。自分から何かを見つけてするという事もいつのまにか少しずつやっている。3年間で成長したなと感慨深かった。間をおかずすぐに次の学校生活が始まる。これまでとは全く違う学校生活。自分に厳しく、ところんつきつめてやり遂げてほしい。そして何より無病息災で過ごしてくれることを願う。

 日々練成


 
[ 2017/03/10 06:17 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

パウダーマスター イージースキンセーバー 


 スキーのシールを山で収納する時に最近ずっと使っているのがパウダーマスターの「イージースキンセーバー」だ。これは所謂チートシートの一種なのだが、細長い袋状になっていて、シールを剥がして収納するときにはがしやすく、そして再使用しやすいのが特徴。BDのチートシートはあのメッシュがイマイチでシートを張っても吹雪のときなどははがしている間にメッシュの隙間から雪がはりついたり、はがすときにグルーがシートに残ったりとイマイチだった。
 
 このイージースキンセーバーは素材が布になっていて、一度はってもはがすときに簡単にはがすことが出来る。そして袋状なのであまり深く考えずに手を袋の中にいれて、シールの末端を掴んでひっくり返すだけでよい。多少ずれても袋状なので問題ないのが便利。特に悪天候下や厳しい状況の中で威力を発揮すると思う。使っていてわかったことが、布製なのでシールの接着面についた水分を多少吸い取ってくれるみたいだ。なので再使用するときに接着面が水分ではがれやすくなる事を多少防いでくれるっぽい。従来のチートシートと嵩張り方も変わらないし(むしろコンパクト?)まるめて乱雑にザックに入れておいても大丈夫だ。

 ノーマルのサイズでシール幅130弱までOK。ファットタイプだと130以上でも大丈夫なので殆どのシールサイズに合う。長さもノーマルならシールサイズ最大170弱。ファットなら180ぐらいまでなら大丈夫だ。(実際175のシールはファットタイプにちゃんと収納できました)

 この辺の道具は使い勝手に個人差があるので万人向けとはいえないが、現行のチートシートに不満があるなら試してみる価値はあると思う。個人的には大変気に入っております。

 日々練成

IMAG3128.jpg
 ファットタイプ(620mm×200mm)のイージースキンセーバーとBDのチートシート(サイズ110だったかな?) 

IMAG3127.jpg
 折りたたむとこんな感じ。見た目より嵩張らない

IMAG3129.jpg
 シール収納状態

IMAG3130.jpg
 こんな感じに袋状になってます。残ったシールは折りたたんでEスキンセーバーの上下に貼り付ければOK

 無題
[ 2017/03/09 20:04 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

飛騨沢動画 from ゆうじんさん


 先日行った飛騨沢の動画を同行したゆうじんさんがかっこよく編集してくれた。
 スピード感と勢いがあってBCツアーの雰囲気が伝わると思う。僕たちには僕たちのスタイルがある。楽しく安全第一。そんな雰囲気を感じてもらえたらと思う。
 
 そういや久しぶりにだしたSONYのアクションカムはいい仕事をしてくれました。ずっと持って行くのが億劫になっていたが、これからは積極的に活用しないとね。写真もいいけどスキーは動画でその迫力や楽しさを伝えるのもいいと思う。今後も良い絵を届けられたらいいな。

 日々練成

 
  ゆうじんさん動画編集ありがとうございました!また行きましょう!
[ 2017/03/08 06:59 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

三方崩山 BCスキーツアー(詳細)


 槍ヶ岳のあとは平湯に移動して温泉施設で、1年ぶりに再会のほーらい君と、偶然隣で一緒になったグループと宴会。楽しすぎて飲みすぎた…

 槍ヶ岳の翌日は場所を移動して、初めましてのYKRさんとHIRO君とあまつち4人で白川郷エリアの三方崩山へBCツアー。道の駅で合流し、林道入り口へ移動してスタート。天気は良すぎるくらいで出だしからアンダーシャツ一枚だ。

 YKRさんとHIRO君はBCスキーは2回目だがそんな事を感じさせない体力。しかし今日は標高差1200m一発の登りなので頑張って登ってもらおう。林道終わりからデブリが頻発していて時々トラバース。弓ヶ洞谷をつめて左股合流ポイントでは滝が出ていてちょっときわどいトラバースもあったがおおむね危険箇所はなくひたすらハイクアップだ。

 暑い気温に容赦ない日差しで体力が削られる。しかし適宜休憩を挟みながらの登りで2人も頑張ってくれた。樹林帯ではないので対岸の景色が良い。目的のコルまであと200mが遠い。HIRO君は最後は根性の登りで全員無事コルへ到達。白山の大展望を楽しみ、少し小休止したらいよいよショータイム。

 先ずは僕がドロップ。最初はモナカ気味だったので北側斜面へ少し移動するとそこそこ柔らかい雪で楽しい。YKRさんとHIRO君もガンガン滑ってくる。あまつちは華麗なるテレマークターンだ。どんどん標高を落としていくと下部は快適ザラメで思い思いのラインを描く。1050あたりからそろそろ尾根をトラバースして反対の沢へ。弓ヶ洞谷右岸を滑って最後は快適ファミリーゲレンデを楽しみ国道まで。ほぼ車to車の素晴らしいコースだった。時期がばっちりなら大滑降も楽しめる。初の2人も楽しんでもらえたようでよかった。またいきましょう!

 日々練成

あ1
 天気ばっちり。

あ2
 徐々に標高が上がっていく。

あ3
 目指すは正面のコル。YKRさんと一本のトレース

あ4
 大斜面をハイクアップ。がんばー

あ5
 今日のバーンに感謝の祈り

あ6
 目的のコルにて集合写真

あ7
 YKRさん決まってる!

あ8
 HIRO君も落ちていく

あ9
 あまつちの華麗なるテレマークターン(見えない)

あ10
 を疲れ様でした!

 
[ 2017/03/07 20:20 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

槍ヶ岳 BCスキーツアー with あまつち ゆうじんさん (詳細)


 以前からあまつちと長いやつやりたいねーと話していたが、今回全てのタイミングが噛み合って北アルプス槍ヶ岳へ行くことに。
 すでに時期は3月で厳冬期から残雪期だがスキーが滑れれば時期は問題じゃない。ひさしぶりにゆうじんさんとN田カメラマンも合流して4人で槍ヶ岳を目指すことになった。

 3時に新穂高出発の予定で22時に自宅を出発。1時にあまつちと道の駅で合流し平湯経由で新穂高を目指す。2時に駐車場に到着し準備。ほどなくゆうじんさんも到着。しかしN田カメラマンがアクシデントで来れなくなってしまったらしい。残念だが仕方ない。3人で準備して登山届を出して出発。

 昨日から晴天のようだが僅かに降雪もあったようだ。カリカリ斜面を覚悟していたがこれは僅かにパウダーの期待も持てる。先行者はスキー2名にスノーシュー2名?トレースはありがたく利用させてもらった。2時間程で白出沢。ここで僕がルートミスして30分ほどロスしてしまった。なんとかルート復帰して蒲田川左岸に降りる。ここから快適な河原歩き。3時間程で滝谷へ。jojoに明るくなりジャンダルムも見える。今日は約束された快晴だ。

 7時過ぎに槍平到着。あまつちと僕は珍しく足に違和感。早めに処置する。ここから核心部の飛騨沢が始まる。標高差1000mの大斜面だ。先行者のトレースを辿り飛騨沢を登る。ゆうじんさんは少し足が痛いみたいだったが流石ソロで厳冬期常念岳を登るだけあって体力は抜群。だが3人とも2800mを超えると流石にきつくなってきた。先行者1名が滑って行く。ラッセルのお礼をいうとストックを挙げて応えてくれた。綺麗なシュプールを描いて落ちて行く。飛田乗越まで標高差100mといったところでもう一人の先行者が。ベクターグライドの板がカッコいい。なんと僕とあまつちの事もご存じで嬉しかった。BPさんありがとうございました。

 ここから氷化斜面となりアイゼン歩行。しかし風が強い!飛田乗越に上がると爆風で吹き飛ばされそう。そして槍の穂先が巨大な姿を見せてくれた。道標にしがみつくようにしてどうにか穂先を撮影。この風では危険だし寒すぎるので今日は穂先は諦める。少し高度を落とせば風が弱まったので2900mあたりで滑降準備。今回はアクションカムでの撮影もあるでよ。大迫力の笠ヶ岳と稜線を見ながらの滑降はなんて贅沢なんだろう。
 僭越ながら先頭でドロップ。予想外の軽めの雪に雄たけびが上がる。あっという間に300m程落とした。あまつちの華麗な滑りは相変わらず。ゆうじんさんの軽快なターンが決まっている。1本目は3人とも大満足の滑降だ。

 後続のスノーシュー2人組が上がって来た。なんとしても槍に登りたいとのことでエールを送る。頑張ってほしい。
 2本目は少し硬めだったがそれでも満足のいく雪質を堪能。2100まで落ちると極厚モナカ雪に大苦戦。修行の滑りだ。槍平前で大休憩。穂高連峰を見ながら贅沢なランチタイム。ここからトレース上をアトラクションだ。高速レールやショートアップダウン。きわどいトラバースや枝くぐりなどこれはこれで超楽しい。1時間半程で白出沢到着。シールで少し登り返す。白出沢へ合掌。ここからは林道をジェットコースター。あっという間に新穂高到着。12時間行動でした。山、天気、仲間言う事無しのThe Dayだった。
 あまつち、ゆうじんさんありがとうございました!

 あまつちのブログへ

 日々練成

1_2017030621423406a.jpg
 珍しく暗闇スタート。

2_201703062142357cf.jpg
 蒲田川左岸を行く。夜明けの穂高稜線が荒々しく美しい

3_201703062142368e1.jpg
 滝谷でジャンダルムがお出迎え

4_201703062142386f7.jpg
 飛騨沢に祈る

5_20170306214240ab4.jpg
 爆風の飛騨乗越で槍の穂先を望むあまつち

6_20170306214249c2a.jpg
 大斜面に美しいシュプールを描くあまつちの華麗なターン

7_20170306214251eed.jpg
 ゆうじんさんの軽快な滑り。ショートターンが決っていく

8_20170306214252333.jpg
 僕も一枚。カメラマンの腕がいいようです

9_201703062142549b6.jpg
 笠ヶ岳の大展望。最高のロケーション

10_20170306214255869.jpg
 贅沢なランチタイム

11_2017030621430398d.jpg
 3人で記念撮影。お疲れ様でした!

[ 2017/03/06 06:44 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

三方崩山(BCスキー)


 今日も今日とてあまつちとBCスキーツアー。晴天に恵まれた貴重な休日。今日は初めましてのYKRさんとHIRO君も一緒だ。
 今日の舞台は三方崩山。白山の稜線上にあるBCスキーとしてもメジャーな山だ。しかし登りは5kmで標高差1200mとかなりのボリューム。しかしアプローチから下山まで車to車なのはかなり便利。
 
 出だしから汗だくになるような気温で体力を消耗するが、YKRさんとHIRO君は登りも滑りもばっちり。斜面も適度に雪が緩み、日陰はそこそこ柔らかい雪が残っていたので楽しかった。

 とりあえず昨日の槍ヶ岳も速報まで。明日以降詳細アップします。

 日々練成


 P1040765.jpg
P1040767.jpg
17148847_1302772683144578_1618277075_o.jpg
17036773_1302772876477892_116529140_o.jpg
[ 2017/03/05 20:57 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

槍ヶ岳(BCスキー)

晴天のど真ん中を突いて槍ヶ岳BCツアー

爆風で山頂は諦めましたが飛騨沢の滑降を楽しめました。

皆さんありがとうございました!

日々練成

[ 2017/03/04 20:26 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

明日は山へ

 明日は約束された晴天。頑張ってきます。

日々練成

[ 2017/03/03 22:07 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

北海道回顧録(最終回)


 北海道で一番食べた(飲んだ)のはサッポロクラシック(富良野ヴィンテージ)とカツゲンであろう。どちらも北海道限定で本州では全くお目にかかれない。特にカツゲンは完全に僕の体液となり身体に流れている。一説には北海道のパウダースノーを溶かすとカツゲンになるらしい。それなら本州で売っていないのも納得だ。
 当然だが食べたものは全ておいしかった。初日のスープカレーに始まってザンギ(から揚げのことを北海道ではこう呼ぶらしい)パーティ。ペンション恵み雪でいただいた美瑛ポーク。結婚式での料理に振る舞い酒。5次会での寿司。〆はいくら丼とロイズとルタオのチョコレートともうおなかいっぱいでした。北海道は食もすばらしい。惜しむべきは利尻昆布らーめんを買い忘れたことか…。まだまだ食べていないものがあるので次は食の北海道でもいいな。

 日々練成

 IMAG2994.jpg
 Picante スープカレー、36億年の風

IMAG2995.jpg
 大通りのニッカウイスキーの看板。ハイボールでおいしくいただきました。

IMAG3013.jpg
 サッポロクラシック富良野ヴィンテージ。北海道でも貴重なビール、飲みまくりました。

IMAG3017.jpg
 クラシックとヴィンテージを従えた、だいまるさん特性ザンギ(から揚げ)パーティ。
 写真撮り忘れた美瑛ポークはやわらかくジューシィでした
…。

IMAG3031 (1)
 忘れちゃいけないカツゲン!毎朝飲みました。

IMAG3037.jpg
 店名失念のカレー。パキスタン人の作る本場カレーと大ボリュームナンがめっちゃおいしかった。

IMAG3045_BURST002.jpg
 吹雪の藻岩山山頂からの夜景もおいしかった

IMAG3083.jpg
 ピッケル鏡割りによる振る舞い酒。北国のお酒はおいしかった。

IMAG3099.jpg
 結婚式5次会(!)での寿司。酔ってないときにもう一度食べさせて!

IMAG3109.jpg
 新千歳空港、ルタオのソフトクリーム。チーズとチョコが入ってもう最高です。

1488192134107.jpg
 いくら丼。空港で食べたらいかんな

1488192165018.jpg
 実は超楽しかったロイズチョコレートファクトリー。お土産たくさーん!すごーい!たーのしー!

 
[ 2017/03/02 06:16 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

北海道の片付け


 北海道回顧録はちょっと中断。
 今日北海道遠征の荷物が自宅に届いた。スキーの荷物一式何なので荷解きから大変だ。(スキー自体はあまつちにお願いしたのでかなり楽になった)濡れたまま仕舞い込んで発送したものも多数あり、先ずは洗濯、乾燥からだ。平行して消費したバッテリー類の充電も。その場でやってしまわないといつまでたっても片付かない。特に今週末また山に行く予定なので今日やってしまわないと間に合わない。1時間ほどかかってどうにかひと段落。その後はお土産の振り分けだ。千歳空港では両手いっぱいに買い込んでしまったのでこれも宅配便で送った。箱から出して小分けの袋に詰め替える作業だけでも1時間。こちらもどうにかめどがついた。旅慣れていないと荷物が多くなって大変。次からはもっとうまく荷造りできるだろう。それとマルチスキーケースは買ったほうがいい。次からは通じないかも!

 日々練成


[ 2017/03/01 21:53 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)