チョコようかん 実食レポ


 チョコ羊羹なるもの。
 少し前に井村屋からチョコようかん、保存食「ちょこえいようかん」としても販売されている。
 炭水化物の比率が非常に多い羊羹は行動食に向いている。しかもグラムあたりのカロリーも高く、かさばらず、常温でも保存できて暑い時期でも溶けない羊羹は僕も愛用している。(グリセミック指数的な話は今回はなしで)ジェルと違って「食べた満足感」も高いので山では外せない行動食の一つだ。何より安い。(一つ50円前後)

 欠点といえば味のバリエーションが少ない事。羊羹味ばかりではさすがに飽きる。実際僕も3年ほど前からこればかり使っていたが、去年のTJAR前ぐらいから突然食傷気味になってしまい、食べられなくなってしまった。(今は復活している)もっと味のバリエーションがあればいいのにと思っていた。そんな時チョコ羊羹なるものが井村屋から登場してこれは良いと思いさっそく買ってみた。なるほど味はチョコ風味の羊羹。これなら味に飽きることも少なくなるだろう。抹茶味もあり、こちらも抹茶の風味がしっかりいきていておいしかった。だが売っている店が少ない!僕の住む田舎では事実上通販のみになってしまう。通販ではかなり割高なのでなかなか取り入れることは難しかった。

 だが先日、友人のツイッターの情報から、セブンイレブンでチョコようかんが発売されているとの話を聞き、早速買いにいってみるとあった!製造元は井村屋ではなく、「和楽の里」である。和菓子製造メーカーとしては100年以上の歴史を持ち、羊羹をメインで手掛けている。これは期待値が高い。一つ購入して、白山で食べてみた。

 食感は井村屋より柔らかく、なめらか感が高い。チョコの風味もしっかりある。井村屋は食感も味ずっしりしていて、より「羊羹」の食感に近かった。対して7.11は先述したように柔らかく、なめらか。これは個人の好みもあるのでどちらがいいとは言えないところだ。カロリーは57g/174kcalと井村屋(55g/190kcal)に比べて若干低い。
 
 味は羊羹感は少し控えめで、チョコの風味が井村屋より強い。しっかりとした味や食べごたえは井村屋の方が上か。しかし行動食として考えるなら、水分が多く感じられて柔らかく滑らかな7.11を選択するだろう。水はなくとも食べられる範囲だ。気になる価格は税込み105円。ドラッグストアで安売りしている山崎の羊羹(54円)と比べると倍近い価格だが、コンビニで買えるチョコようかんとすれば及第点か。

 行動食として新たな候補が加わったのはうれしい。軽さと嵩張らなさ、気温に左右されない携帯性は長時間の山行になるほど有効になってくる。値段は高いが、基本はノーマル羊羹を食べつつ、気分替えでチョコようかんを食べるというハイ・ロー・ミックスでやれば問題は少ないだろう。また山前のコンビニは7.11が多くなるな…。

 日々練成

 123_20170602192828a75.jpg
 パッケージも開けやすく、途中で切れてしまったりすることもない。
[ 2017/06/02 06:48 ] 道具 | TB(0) | CM(0)