塩化ベンザルコニウムによる化繊ウェアの機能回復と殺菌消臭


 長年悩まされてきた化繊ウェアの吸汗機能低下問題。機能低下どころか水分を弾くレベルで生地が汗を吸わず、本来なら化繊の生地が水分を素早く拡散して乾燥を早めるはずなのに、汗を吸わないためべっとりと水分が生地にはりついてしまい、乾くのも遅いし汗で生地が張り付くしまったくいいことなしの状態だった。色々な洗剤を試したり、熱湯をかけたり、酵素系漂白剤につけたりしたがだめ。新品が半年足らずでこのような状態になってしまうのは使用頻度が高いため生地の寿命かとあきらめていた。

 話は飛んで、少し前にAmatchがブログで紹介していた殺菌消臭効果のある塩化ベンザルコニウム剤。漬けておくだけで汗をかくと出てくる嫌な臭いがほとんど取れるという話だった。南アルプスに行ったとき、自分のウエアが汗ですごく臭ったので帰ってからさっそく塩化ベンザルコニウム剤である「オスバンS」を購入して、洗っても臭いウエアを1時間ほど漬けてみた。(正直このとき何か手ごたえのようなものは感じた)

 漬け置きしたウェアを水洗いして干し、乾いたところで試しに水を一滴たらしたところ、見事に瞬間吸収して生地に拡散するではないか。長年水を弾き続けてきたウェアの吸汗速乾機能が回復した瞬間でもあった。

 他のウエアにも試したが全て吸汗速乾機能が回復。さすがに新品同様とまではいかないが、十分に実用以上に回復してくれた。あの水弾き状態はウェアについた雑菌のバリア的な何かだったのかもしれない。当然汗をかいても臭いは全くしない。わずか数百円でこの効果は素晴らしい。

 繊維ものを長年使うとどうしても汗による雑菌臭は避けられない。そんなときは是非とも塩化ベンザルコニウム剤に漬け置きしてみてほしい。臭いはもちろん、機能も回復してお気に入りのウェアを再び使うことができると思う。

 日々練成

 
argsaerg.jpg
 Amazonで300円くらい。バケツ2杯で10回以上は使える。
[ 2017/08/31 19:24 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

秋の風


 一昨日から猛烈なゲリになってしまい水分もまともにとれない状態だったが、今日はかなり楽になってきた。仕事明けで健康診断だったので影響あるかなと思ったがあまりないようで良かった。苦手な血液検査で穿刺をミスられて悶絶した以外は…。

 昼前に帰宅して少し様子を見るが走れそうなのでボチボチランニング。だが走り出してすぐふわふわした感じで意識と身体が合っていない感じ。こりゃなんだとよく考えてみたがどうも低血糖だ。昨日から炭水化物は殆ど食べていないし、水分も最低限しかとっていない。そりゃこんな状態で走ればふらふらになるでしょってもんで。予定の半分で切り上げて終了。帰宅して少し休んだらお腹の調子もそこそこ良くなってきた。水分補給して今日の練習は終わり。

 先日の立山もそうだけど下界も完全に秋の気配だ。特に今日の風は涼しさのなかに少し鋭さもあって秋の風を感じた。夏ももう終わり。山の装備も少し見直していこう。

 日々練成


 
[ 2017/08/30 19:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

TJAR写真集お届け


 早月小屋にTJAR関係のお使いがあり、26日仕事明けで番場島まで移動。12:00に番場島をスタート。1年ぶりの早月尾根はやっぱり楽しい。序盤こそ今朝の雨の影響でぬかるみが多かったが1000mから上は快適尾根。ところどころで展望もあり気持ちのいい登りだ。数パーティに会い少し話をしながら14時前には早月小屋に到着しご主人にご挨拶。お使いで来たのに痛恨のコーラをご馳走になってしまった。ごちそうさまでした。用事を済ませて下山。15時過ぎには下山して身体を洗ったらすぐさま立山駅まで移動。明日は剱立山周辺の山小屋にTJAR写真集を届けるのだ。

 朝7時が始発で、5:20分に切符の販売開始だという。なんぼ何でも4時半行けば一番だろうと思っていたら既に並んでいる人がいてびっくり。とりあえず切符を買って写真集4冊とその他を詰め込んだ70リットルザックを担いでケーブルカーとバスを利用して立山室堂へ7時に到着。まずは剱御前小屋を目指してスタート。小屋のご主人に写真集を手渡すととても喜んでくれた。さらに剱沢の警備隊にご挨拶して剱澤小屋、剣山荘と写真集をお届け。TJAR以来の小屋だったがとても親切に迎えてくれ、TJARにもとても理解をしめしてくれた。
 一度来た道を戻り一ノ越山荘へ。室堂から向かう途中どうもシューズに違和感。よく見るとアッパーが破れて指が飛び出している。テープで応急処置するがどうにも持ちそうにない。一ノ越に写真集を届ける。小屋のご主人は喜んでくれたが僕はトラブルで意気消沈。最近どうにもこうなるとテンションが上がらない。今日は五色まで行く予定だったがこの調子じゃちょっと無理なので来週折立から往復することにして今回はここで終了。どうもだめだなあ。

 意気消沈の帰り道、なんとミスターボーダーラインの宮崎さんに偶然会う。なんとミラージュランドから歩いてきたという。偶然の出会いにとても元気をもらう。泊りの予定が日帰りになってしまった。なんとか写真集だけでも届けられたので来週もう一度頑張ります。

 日々練成

IMAG3832.jpg
 早月小屋でコーラをご馳走になる

IMAG3835.jpg
 2年ぶりの雷鳥沢は賑わっていた

IMAG3840.jpg
 剱沢上部より、迫力の剱岳の展望

IMAG3850.jpg
 ミスターボーダーラインとツーショット うれしい出会いだった
[ 2017/08/29 06:04 ] 登山 | TB(0) | CM(5)

UTMB 「チームHOKKAIDO YETI」 PTLスタート

 日本時間の本日16時頃、世界最大ともいわれるトレイルランニングの大会、UTMB(ウルトラトレイルモンブラン)がスタートした。あまつちこと雨宮選手と泉田選手、及川選手もチームHokkaido Yetiとしてチーム戦カテゴリーのPTLに参加。(2年ぶり)距離300km以上、累積標高26000近くと壮大なレース。6日間の制限時間でモンブランをぐるっとまわってスタート/ゴールへ戻ってくる。道中は色々なことがあると思うが無事之名馬で完走して欲しい。 

 頑張れ!HOKKAIDO YETI!

 チームのライブログ、GPSトラッキングはこちら

 日々練成

 
[ 2017/08/28 17:39 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

TJAR写真集お届け速報


 剱岳周辺の山小屋にTJAR写真集をお届けしてきた。ちょっとトラブルがあって最後まで完了できなかったので来週また行かねば。とりあえず速報まで!

 日々練成

IMAG3847.jpg
 剱岳周辺は良い天気でした
[ 2017/08/27 20:17 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

早月小屋お使い からの立山駅

馬場島から早月小屋までお使いに。
一年ぶり(トランスぶり)の早月尾根はやっぱり楽しい。登り一辺倒は嫌いじゃない。ガシガシ高度を上げていく感覚は好きだ。
馬場島は暑かったが高度を上げると完全に秋の風。涼しさの中にほんの少しだけピリッとした空気を感じた。あっという間に早月小屋。ご主人にご挨拶してお使いを完了。御礼をいう立場なのに痛恨のコーラご馳走になる。もっていかれもっていかれ、と富山弁で話すご主人はまさに義理堅い山の男でした。

さっと下山して馬場島から立山駅に移動。明日はあさイチの便を確保して室堂からデリバリーに向かいます。
荷物重いぞ!

日々練成
[ 2017/08/26 20:03 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

大型ザックって…


 週末のデリバリー用に大型ザックを調達。自分のザックを出して来たら久しぶりすぎていろいろマズイことになっていた。なので急遽さとみんにお願いして大型ザックを貸してもらった。(さとみんいつもありがとう)
 
 いつ以来かの大型ザック。背面長の調整のために荷物を入れて背負ってみたところその背負い心地に良さにびっくりした。腰と背中、そして肩ととてもバランス良く重さが分散されていてまったく重さを感じない(まったく感じないとは言ってない)
 しっかり腰荷重するようにベルトを調節するとほんとに楽ちんだ。写真集をできるだけ丁寧に梱包して詰め込む。丸いザックに四角い荷物はとても入れにくい…。悪戦苦闘してどうにか写真集をザックに詰め込んだ。おっと、今回はこれだけじゃなくて自分の野営装備も持たないといけないんだった…。色々と準備が追い付いていない。

 明日は仕事明けで移動して昼過ぎに番場島から早月小屋方面へ。その後立山方面へ移動の予定。それほど余裕のある行程ではないが、お世話になった山小屋にしっかり感謝を伝えたい。

 日々練成


 
[ 2017/08/25 06:55 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

お別れ会


今日は退職する後輩のお別れ会だった。
残念ながら今の職場を離れて別の人生を歩む後輩君。人生人それぞれだが、別れはやはりつらい。どうか新しい人生を楽しく歩んで欲しい。またどこかで会おう!

日々練成
[ 2017/08/24 21:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

週末デリバリー計画


 TJARの写真集をお届けするために今週末は剱・立山周辺へ向かう。僕の担当は4冊だが、ほとんどの小屋が集中しているのでそれほど大変ではない。もう一つ大切な用事があって薬師方面まで足を延ばす予定。だがマイカーでいくとちょっと都合が悪く一筆書きができないのが悩みだ。色々ルートを考えたが2日間でまわったとしても帰りの折立からのバスに間に合いそうにない。今回は自分の都合だけでなく、山小屋の都合優先での計画なので時間配分も重要なのだ。頑張れば間に合う可能性もあるのだが、万が一間に合わないと大変なことになる。山道を急いで事故をおこしてもダメなので今回薬師方面は再来週に延期させてもらった。これでゆとりを持ってまわれると思う。お世話になる小屋に感謝をこめて写真集をお届けしたい。

 日々練成

 そうそう、先日の南アルプスを一緒に歩いたはるはるのブログと相互リンクしました。シンプルながら素敵な文章がとても好印象。みなさん是非遊びにいってみてください。

 ブログはこちらから→ Stay Gold
[ 2017/08/23 06:46 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

バックパッカーとの出会い


 久しぶりに日課のランニング。日差しも弱く快適かと思いきや、湿度が高く30度の気温とあいまって妙にきついランニングだった。途中能登半島から歩いてきたというバックパッカーと遭遇。木製のポールを持って日焼けした風貌はかなりのベテランぽい。少しだけお話したがとても好印象の青年でした。舞鶴までいくらしい。旅の無事を祈ります。(これ見てたら是非コメントを)

 先日の常念山脈は久しぶりに山を歩いているという感覚を思い出させてくれた。走っていては見えない景色もたくさんある。今回は山の楽しさを思い出させてくれる良い機会だった。先日の南アルプスではボコボコにされてしまい、少々自信喪失だった。正直山を楽しく思えていなかった部分もある南アルプスだったので、今回の北アルプスで再び山を楽しく思える事が出来た。やはり北アルプスは僕のホームなのかもしれない(本当のホームは姫様の白山です)

 ともあれ、山を楽しく思う気持ちが復活してくれたので良かった。季節は秋に向かっている。残り少ない夏山を楽しみたい。今週末は剱立山に出没する予定です!

 日々練成


 
 
[ 2017/08/22 20:37 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

Fizan compact4 フィザン コンパクト4 


 常念山脈で初投入となったFizanのコンパクト4。結果からいうと概ね良い。10点中7.5点という感じか。

 まず収納状態。長さこそ50cmオーバーだが折り畳み式と違い1本にまとまるので、ザックへの収納や持ち歩きが折り畳み式に比べてとてもやりやすい。折り畳み式のようにパイプをまとめる必要がなく、パイプ1本なのでコンパクトに収納可能。これは思ったより便利だ。

 スクリューロック式の強度は問題なし。説明書には「力を入れて締めなくても十分にロックされるのであまり力を入れて締めるな」とも書いてあるがその通りだ。使用中にロックがずれて縮んでしまう様なことはなかった。後述するが、ポールに体重をかけて降りるような場面でも大丈夫だった。

 本体の強度。こちらも問題なし。BDのアルミディスタンスとそん色ない強度がある感じ。段差などで体重をポールに預けて降りる場面でもたわんだりすることもなく、しっかり荷重を受け止めていた。4セクションなのである程度はたわむかな?と思っていたがそんなことはなかった。

 秀逸なのがストラップ。長さ調節が超簡単に出来て、ストラップの質感も上質。幅広なので手首にひっかけて登る場面でも力がしっかり伝わる。長さ調節がすぐに出来るというのはこれほどストレスがないものかと感心した。この部分だけでも半分くらいの価値があるかも。

 グリップがBDに比べて短いため、疲れてきた場面などではパイプを直接持つ事になってしまい使いにくい。形状も日本人には少し太く感じる。

 素材のアルミの特性なのか、作りからくるものなのか、石突で固いものを突いたときに「ビーン」と全体が振動することがしばしばあった。使い方によってはならない事もあったので原因は定かではないが気になる点だ。

 付属の石突キャップはゴミだった。なぜか石突の先端がゴムキャップから飛び出る設計になっており(中央に穴が開いている)はめるとキャップから石突の先端が飛び出る仕様。これではキャップの意味がない。ヨーロッパと日本では認識の違いなのかもしれないが、地面に穴をあけないという目的が果たせていない。早々に新しいキャップを注文した。

 あとはやはりスクリューロックの煩わしさになれるかどうか。フリックロック式に慣れているとどうしても面倒に感じる。そんなに頻繁に長さ調節するシーンはないのでその辺はあまり問題ないかもしれないが…。

 全体の塗装や仕上げなど丁寧な作りで好感が持てる。ポールに求める僕の条件を良く満たしてくれている。これからも愛用決定だ。あ、値段は8,500円くらいでした。

 日々練成

IMAG3811.jpg
 素材の質感が滑らかで、スルスルと長さ調節ができる。これは秀逸なストラップ。
[ 2017/08/21 06:34 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

常念山脈

釜トンネル~上高地~横尾~常念山脈~燕岳泊~大天井~西岳~水俣乗越~上高地

急遽予定が開いたので山へ。アルプスへ入るならしっかり計画したいとこだが時間がなかったので以前から行きたくて未踏区間だった常念山脈を歩くことに。縦走するには北陸側からいくと上高地から入るのがベストだがいかんせん駐車場がない。高いバス代を払うのもくだらないので焼岳登山口に車を停めてそこから走って釜トンネルへ。上高地バスターミナルを4時にスタート。ガスガスでヘッドライトの光も役に立たないレベル。ときおりガスが晴れると穂高方面で雷光が。これは天気は期待できそうにない。林道を歩いていくと番場島から来られたという方にお会いした。TJARの事もご存知でこのあと薮原駅までいったとか(!)

 上高地側からは歩いたことがないのでちょいちょい違う道に入り込みながら横尾に6:00到着。どうにも眠いので20分ほど座って眠って起きると雨が降っていた。超カッコいいSILVAのザックカバーを装着して蝶ヶ岳への登りへ。ガスというか湿度が半端なく汗より湿気でウェアが濡れる。それでも高度を上げれば雨雲は抜けたようだ。稜線間近で森林限界となり稜線はガスガスながらも好転を予感させる感じ。気持ちい稜線を想像していたが実際は樹林帯のアップダウンがかなりありおまけにぬかるみ多数で難儀。トレラン多数見かけて聞けばトレイルマウンテンのツアーだとか。店長にご挨拶と思ったが結局会えずでした。

 初常念岳山頂は混んでいたので写真を遠めから撮って小屋へ。途中で男性に声をかけられてお話。ありがとうございます。小屋でコーラ一本補給して大天井へ。人気のコースだけあって稜線歩きがスンバラシイ。槍穂高方面はガスって展望なしだが天気も良くなり快適な稜線。途中よしきょーさんに偶然お会いして元気をもらう。高瀬ダムから入って蝶までとか。元気ありがとうございます!
 ザックデポして大天井岳をピストン。表銀座縦走コースも素晴らしかった。燕山荘は凄い人。北ア屈指の人気の小屋だけある。シェルターをどうにか張って山頂ピストン。テラスやベンチではみな宴会開始している。生ビール1リットル1200円とかで売ってて笑う。やることもないので夕食作ってビール1本飲んだら早々に就寝。騒がしくて20時頃起きたら音楽かけてる人がいて勘弁してください。そのまま寝て起きたら0時半。空は星が出ていた。2時出発なのでそのままシェルターでご飯食べて撤収。

 表銀座ルートを夜2時に歩くと空は見事な星空。時折ライトを消して見入る。喜作新道に入るとうっすら東の空が明るく。大天井ヒュッテで眠くなって15分仮眠。起きるとそこそこ明るくて西岳まで槍の展望を見ながら進む。水俣乗越から槍沢に下ってダラダラ林道を走ったり歩いたりして上高地まで。釜トンネルを通って駐車場でフィニッシュです。

 未踏区間であった縦走路を歩けてよかった。噂に違わぬ素晴らしい道でした。会う人も皆良い人で思い出に残る山行となった。夏ももう終わり。次は立山方面かな?

 日々練成

1_2017082020065217b.jpg
 幻想的な雰囲気(ムシムシムシ)

2_20170820200653307.jpg
 常念手前でやっと青空(ここまでガスで写真なし)

3_201708202006552d4.jpg
 常念山頂は混んでいたので遠目から証拠一枚

4_201708202006568be.jpg
 燕岳へ向かう縦走路

5_20170820200658bd5.jpg
 うーん素晴らしい

6_20170820200659795.jpg
 山頂証拠写真

7_20170820200701455.jpg
 歩いてきた道を振り返る

9_20170820200704e9c.jpg
 二日目の夜明け

8_20170820200702e6e.jpg
 槍も姿を見せた
[ 2017/08/20 20:14 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

常念山脈縦走速報


未踏区間であった常念山脈の主要ルートを歩く事が出来た。今日は燕山荘のテン場でビバーク。あすは下山します。

日々練成
[ 2017/08/19 18:54 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

急遽山へ


 急遽予定が開いたので明日から一泊二日で山。北アルプス未踏区間を埋めようと実は未踏だった常念山脈へ。あまり余裕がないので釜トンネル経由で上高地から行くという軟弱ルートだが勘弁してください。

 日々練成


 
[ 2017/08/18 20:42 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

fizan コンパクト4 開封の儀


 先日イギリスの店で海外通販したFizanのトレッキングポールが到着した。注文してから7日の到着と優秀。価格も送料込で8,000円前半と思ったより安く購入することができた。
 さっそく開封の儀。

 梱包はプチプチに厚く包まれていてショップのビニール袋に入れてある。商品自体が厚い段ボールに固定されているので梱包は問題はないだろう。
 内容物は

・Fizan コンパクト4 1組
・バスケット 大 小 それぞれ一組
・石突キャップ 一組
・Fizanの文字いりカラビナ 

 とおまけにしては十分な内容。さっそく公称値と実測値の比較。
 
 重さ 1本  公称169g→実測183g  
 長さ 最少 公称49cm→実測52cm (最大は未計測)
 
 と、重さに関しては14g、長さは3cm長いという残念な結果だった。
 うーん、重さで1割近い違いはちょっと厳しい。長さも収納で3cm違うと干渉するとこが出てくる。正直がっかりしている部分が大きい。
 よい点でいうなら、ストラップの作りが秀逸で、使用感や調整がとてもよろしい。とくに長さ調整はどちらかに引くだけですく調整できるので登りで疲れたときに手首にひっかけながら使うときに便利だ。ストラップの感触も柔らかく幅広で手首への負担が少なそうだ。
 全体的な作りも丁寧で、艶消し仕上げの塗装が美しい。パイプの継ぎ目もスムーズで、スクリューロックの固定力も体重をかけてもズレるようなことはなかった。全体が思ったより太目のパイプなので耐荷重に関してもブラックダイヤモンドと遜色なさそう。

 軽さと長さは公称よりかなり多くなっているが、全体的な作りはかなり好感触。良いところもあり、悪いところもある。あとは現場投入でどうなるか。今の状態ではバスケットは使用しなくてもよさそうだ。石突がかなり重く先バランスになっているので、思い切って石突を取り外してしまおうかとも考えている。まずは使ってみてからかな。次の山行でさっそく投入してみよう。

 日々練成

IMAG3766.jpg
 イギリスから7日で到着。送料800円ぐらい?合計8000円前半。お買い得

IMAG3769.jpg
 付属品はバスケット大小2組、石突キャップ、カラビナ 

IMAG3771.jpg
 本体のみ、実測183g 公称より14g重い。問題ですよこれは

IMAG3772.jpg
 最少52cm 公称より3cm長い。大問題ですよこれは

[ 2017/08/17 06:13 ] 道具 | TB(0) | CM(2)

郡上おどりに参加 


 南アを下山後、岐阜のさっちゃんに誘われて郡上おどりに参加する事に。あまつち夫妻のお宅にお世話になって、はるはるも同行だ。郡上おどりは毎年7月から9月にかけて行われるいわゆる盆踊りであり、日本三大盆踊りにも数えられている。中でも8月13~16日は「徹夜踊り」といわれ、文字通り20時頃から次の日の朝4時ごろまで踊り続けられるという。

 一度見てみたいとずっと思っていたが、今回下山のタイミングとさっちゃんに誘われるタイミングがバッチリ重なって参加することにした。あまつち夫妻とはる2と4人で会場へ向かい、とちゅうさっちゃんとお友達のきよちゃんと合流。会場へ向かう。すでに浴衣姿の人が多数だ。
 僕の見立てでは、郡上おどりを見ながら屋台でビールでも飲んで30分ほど参加して帰ろうという目論みだったが、会場につくとさっちゃんに手を引かれて踊りの輪に加わってしまった。見よう見まねで踊りを真似ていくうちにすっかり雰囲気にやられてしまいあっというまに1時間も踊ってしまった。踊りは全部で10曲あるといい、変局するたびに新たに覚えなくてはならないが、これがまた楽しい。なにより冷やかしで踊る人は誰もおらず、老若男女みな真剣に楽しんでいるのがいい。街の雰囲気もよく、これは楽しまないと損だ。

 結局休憩を挟みながらも朝4時まで踊ってしまった。なんとも楽しく思いで深い経験が出来た。これはまた来なくてはなるまい。そのときは浴衣と下駄を装備して。
 さっちゃん、きよちゃんありがとうございました。またいくときはよろしくお願いします!

 日々練成

IMAG3763.jpg
 会場となる街中には巨大な提灯がならび雰囲気を醸し出す

IMAG3759 (1)
 浴衣が圧倒的に多い。Tシャツ短パンは浮くw

IMAG3754.jpg
 皆真剣に楽しんでいた。こういう祭りに参加できて嬉しい

 
[ 2017/08/16 21:55 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

南アルプス北部トレーニング 2日目


 夜中23時頃一度目が覚める。耳を澄ますが雨音は聞こえない。シェルターから外を覗くと満点の星空だった。月明かりに照らされた北岳のシルエットが勇ましい。予想外の快晴だ。ヴィヴィに潜り込んで二度寝。2時半頃まわりのテントが起きだしてきたので僕も起きる。シェルターはそのままにベンチで朝食準備。朝ごはんを食べているとあまつちも起きてきた。ほどなくズミニキ、オイニキ、はるはるも起きてきた。おはりんは相変わらず爆睡中のようだ。5時出発なのでゆっくり準備。

 夜明けが来て快晴だ。少し上空の風が強いのが気になる。5時過ぎに御池小屋を出発。草すべりの急登はお花畑だ。残念ながら見たかったキタダケソウはすでに終了。稜線に出たら小太郎山へひとっ走り。破線ルートとは思えない快適な尾根を進み山梨百名山の小太郎山に登頂。北岳の展望がよろしい!ささっと戻って北岳を目指す。

 肩の小屋では鳳凰小屋の関係者の方に写真をとってもらいました。ありがとうございます。残念ながらガスがあがってきた。岩場を進み北岳に初登頂!国内2位の高峰はさすがに人気だ。さらに先の間ノ岳を目指す。ガスり気味だが時折南アルプスならではの雄大な稜線が見えて北海道のお二人もテンションアップ。

 間ノ岳山頂も多くの人で賑わっていた。と、ここで静岡のバックパックビルダー、Uedaさんと遭遇!この山域に入るとは聞いていたがまさかの出会いに嬉しくなる。大井川を遡行してきたとのことだ。(写真を撮り忘れてしまった!)
 
 続いて農鳥岳へ。と、この辺から僕が大ブレーキ。皆に迷惑をかけてしまった。這う這うの体で西農鳥岳、農鳥岳に到着。ヘロヘロで写真を撮って農鳥岳まで戻ったらトラバースルートで三国平へ。トラバースルートは迫力ある風景の連続でガス気味ながらも素晴らしい雰囲気だった。途中で雨が強く降ってきて雨具を着る。三国平からは予定のルートをカットして三峰岳へ。ここでTJARを目指しているTbiさんとお会いする。小渕沢から走ってきたとか…。頑張ってください!
 三峰岳を超えれば長い長い仙塩尾根の始まり。下りとはいえやはりきつい仙塩尾根。野呂川越までが長く感じた。雨は続いているが両俣小屋まで下れば今日の幕営地だ。

 小屋で受け付けとカップめんを食べているとMH.TRCの円井さん登場!4泊5日の行程で番場島からここまできたとのこと(カット有)お互いの無事を喜ぶ。雨がかなり強く降ってきてしばらく小屋で足止め。小康状態になったところで小屋のお母さんにあいさつしてシェルターを張りに行く。雨の中の設営は久しぶりだ。結構強く降っているがもうあきらめて覚悟を決める。よさげな場所を確保して設営。マットを敷いて早々に就寝。

 23時頃目が覚めた。雨は止んでいるようだが背中が冷たい。ライトをつけるとかなり浸水していたのでグロメットから水を逃がす。2時頃目が覚めるとまた雨は強く降っている。4時出発だがもう眠れなそうなので起きてシェルターの中で最後のパンを食べる。シェルター出て撤収しているとあまつちも起きてきた。皆のシェルターもライトがついているので起きだしているのだろう。小屋前の屋外テントへ移動して装備を収納。全員そろったところで4時に出発。今日は林道を歩いて北沢峠へ向かうだけだ。

 2時間半ほどで峠に到着。1番のバスで仙流荘へ。下界は暑い!着替えて駒ヶ根まで移動しこまくさの湯でさっぱり。3日間の山トレが終了した。予定の半分しかできなかった部分もあったけど皆でいく山行はやっぱり最高。北海道のお二人、はるはる、遠いところをありがとう!また行きましょう!

 日々練成

1_20170815215144f72.jpg
 山梨百名山の小太郎山から望む仙丈ケ岳 小太郎山は良い山でした

2_20170815215146ea3.jpg
 北岳肩の小屋にて

3_20170815215147538.jpg
 北岳山頂。今回の山頂はガスばかりだった

4_2017081521514944b.jpg
 迫力あるガレ場の下り

5_20170815215150c54.jpg
 間ノ岳山頂もガス 百名山2連続登頂

6_2017081521515239c.jpg
 間ノ岳南側のカール。中央にうっすらトラバースルートが見える

7_20170815215153312.jpg
 農鳥小屋へ駆けるはるはる。いつも元気でした

8_201708152151550f6.jpg
 農鳥岳。疲れ気味の僕…

9_201708152151568c5.jpg
 三峰岳 熊ノ平側から来るのは初めてだなー

11 (1)
 帰りのバスではやっぱりオネム

11 (2)
 誰のビブかな?

[ 2017/08/15 06:23 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

南アルプス北部トレーニング


 8月11~13と南アルプス北部をメインに山遊びしてきた。
 メンバーは鉄板のアマツチ、おはりん。そして北海道から今夏PTLにアマツチとチームを組むズミニキとオイニキ(以下ズニキ、オニキ)そしてこれからのトレイルランニング界をリードするハルハルも参加。むさ苦しい不良中年5人と紅一点の6名パーティだ。

 1日目のコースは北沢峠~甲斐駒ケ岳~鳳凰三山~広河原~白峰御池小屋(泊)
 天気はイマイチぱっとしないが7:00に北沢峠をスタート。
 
 今回のコースは全てが未踏峰ということでとても楽しみにしていた。北沢峠でバスを降りると素敵なお姉さんに声をかけられた。TJARを応援してくれて、ブログも読んでくれているというお姉さん。お会いできて嬉しかったです。写真を一緒にとっていただいた。ありがとうございます。(※良かったら写真ください!)

 スタートしてすぐはおはりんがえげつないペースで引っ張る。はるはるは涼しい顔でついていくが中年は汗だく。ガスり気味の登山道を快調に飛ばして2時間弱で甲斐駒ケ岳に到着。山頂はガスだったが初登頂の山頂はやっぱりうれしい。摩利支天に寄り道して仙水峠まで下ったあとはアサヨ岳経由で鳳凰三山を目指す。遠く地蔵岳のオベリスクが見える。あそこまでいくのか…。アップダウンのある尾根歩きにヤラれながらも、早川尾根小屋(営業していない)でおいしい水を補給。赤抜沢ノ頭を超えれば地蔵岳のオベリスクは目の前だ。

 大迫力のオベリスク…といきたかったが残念ながらガスが濃くて本来の姿は見ることが出来なかった。また来ればいい!
 一度引き返して白鳳峠から広河原へ下る。飽きあきするほどのくだりを下りると広河原の山荘が見えた。ここで昨年のTJARの荒川小屋ででお世話になったスタッフの方に声をかけられる。しばし談笑。おはりんの友人の女性からトマトの差し入れごっそさんです!

 このあたりから雨が降ってくる。結構強い雨だ。本日の幕営地である御池小屋までの登りをあまつちキャプテンがぐいぐいひっぱる。へたってきたところで小屋に到着だ。雨は小康状態。天場の受付をしてシェルターを張ったら夕食の乾杯だ。

 久しぶりのアルプスは結構脚にきた。それでも何とかメンバーについていけて良かった…。山荘では夜に雷雨予報だという。久しぶりの水没ビバークが頭をよぎる。でもそれも山。来るならこいという気持ちでヴィヴィに包まって目を閉じた。

 二日目へ続く

 日々練成

11_201708142100010fd.jpg
 甲斐駒への登り。花崗岩は登りやすい

22_20170814210003220.jpg
 甲斐駒ヶ岳初登頂!ガスが濃いけど…

44.jpg
 ガスにかすむ摩利支天を望む

33_2017081421000434a.jpg
 山スラッガー

332.jpg
 はるはるはいつも元気(ぶっちぎられました)

55.jpg
 早川尾根小屋の水は美味い!

66.jpg
 広河原にて、おはりんの友人に撮っていただきました
[ 2017/08/14 21:05 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

南ア下山

電波がなくて二日間更新できませんでした。本日南アルプス下山しました。詳細は明日以降に!

日々練成
[ 2017/08/13 18:29 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

南アルプスへ移動


 今日から南アルプスへ移動。明日朝にスタートだ。今回は未踏峰がたくさんなので楽しみ。メンバーじゃ6人で皆それぞれ経験豊富で体力もあるので足を引っ張らないようにしたい。天気はいまひとつすっきりしないがこれもまた山。全員事故なく下山できれば全てよしだ。無事之名馬也でいきたい。

 日々練成


 
[ 2017/08/10 19:51 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

山用BCAA容器


 山に持っていくBCAAの容器を探してみた。以前ブログにコメントいただいた広瀬さん目目連さんのコメントを参考にして100均に行くと、入ってすぐドレッシング用の容器を見つけて一発でこれしかないと決まった。

 ふたは誤開閉を防ぐためにスクリュー式。容器を直接押して中身を出せるようにソフトタイプの容器。ザック内で場所をとらない大きさ…。液体でも漏れない蓋。すべてが要求と合致だ。内容量も3日分のBCAAとLグルタミンを入れて丁度だ。容器を押せばうまいこと中身が出てくるし漏れる心配もほぼない。これで山中に持っていくBCAAの問題は解決したとみていいだろう。2つペットボトルを持っていき、片方は常にBCAAとグルタミンを入れてちびちび飲むようにすればよい。週末のアルプスでその効果を試してみる。

 明日仕事後に移動して南アまで。(夏は)1年ぶりのアルプスなのでけっこう不安あり。猛者に囲まれて練習してきます。

 日々練成

 4955959134312.jpg
  大きさも構造もかなり満足。あとは使い勝手かな
[ 2017/08/09 06:09 ] 道具 | TB(0) | CM(6)

アルプス準備8割完了


 今日は台風の余波で荒れ気味の一日。練習は休みにして週末アルプスの準備をした。
 一年ぶりに引っ張り出したストックシェルターは穴が開いていて修復。雨具もメインを準備。ばたばたと準備してどうにかアルプス仕様の準備を行った。持ってみると意外に軽い?はてなぜか?そういや食料の類が何一つ入っていないじゃないか。水1リットルに食料1キロで2キロも軽ければ当然だ。つい日帰り感覚で食料を全く計算に入れていなかった。とりあえず行動食を準備してそれからは後で考えよう。電池の充電もまだだった。
 一年ぶりのアルプスはバタバタ準備だ。準備からこれではどうなることやら。だけど準備しているとわくわくしてくる気持ちもある。山に行くからには楽しみたい。

 日々練成

 
[ 2017/08/08 22:23 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

1年経過


 一年前の今日はTJAR2016のスタートだった。あれから1年はあっという間だ。過ぎた時間はあっというまだったがその間に何か成長できたのかというと正直あまり成長していない…。山にも行けていないし、体力面でも不安ばかり。下を向いていても始まらないので進むしかないんだけど。

 今週末の山の日からアルプスへ行くが、準備できるのは明日一日だけだ。今日から台風で明日も風雨の予報なので、練習も休んで回復と準備に充てる予定。1年ぶりの山装備をひっぱり出してきて準備しないと。山で泊まるのも1年ぶり。今からちょっとビビッてます。

 日々練成


 
[ 2017/08/07 06:18 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

次期ポール決定


 久々に厳しい猛暑日。地元でもアメダス計測で36度近いので実際は36度を超えている感じだ。流石にこの暑さになると走るときにもペースは上がらない。途中給水で脚が止まりそうになったがなんとか2週終了。クールダウンにしばらくかかった。暑さ対策とはいえこのへんの気温が上限かな?

 難航していた次期ポール選びがどうやら決まりそうってか決まった。アルミの伸縮式でそこそこ軽くそこそこの強度。というわけでイタリアFizan社のポールに決定。久しぶりのスクリューロック式だがひっかかりのない収納スタイルはかなり好感が持てる。このポールは飴本さんも使っており、しかもかなり長い間現役だったようだ。(先日ついに現役引退とのこと)

 次回のアルプスには間に合いそうにないので違うポールでいくが、その次には間に合いそうなのでデビュー戦となる。新しい道具はわくわくする。届くのが楽しみだ。

 日々練成

 render-compact-green.jpg
          使っている人もそんなにいないのが良いですな。

 
[ 2017/08/06 19:35 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

白山花ガイド(書籍)


 いままで意識していなかった白山の花々だが、名前を覚えようと意識しだすとじつにたくさんの花が咲いているのがわかる。花の百名山と呼ばれているというのも納得だ。聞いた話だが、降雪量が多く水の豊富な山は花がたくさん咲く傾向にあるとか。雪解け水が多いとそれだけ肥沃な土がつくられるのだろうか。

 以前は花の写真をブログにあげたりすることは全くなかったし、花の写真を一生懸命撮るということにも興味がなかったが、今ならブログにあげたり写真を撮っていた人の気持ちがよくわかる。
 
 こうなるとできるだけたくさんの名前を憶えたくなるのが人の常。知り合いから白山の花を憶えたければこれしかないというガイドブックを教えてもらった。手頃な価格でザックにいれても邪魔にならないサイズだ。さっそく購入して次の白山に持っていきたいと思う。でも覚えるのは3つまでにしておこう。それ以上覚えようとすると忘れそうだがら…。

 日々練成

 vgsdg.jpg
   白山の花の名前を調べるならこれしかない「白山花ガイド」
[ 2017/08/04 20:07 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

花盛り白山


 岐阜からのゲスト(さっちゃん)に白山を案内。
 朝6時に別当到着。平日なのに路上駐車がずっと続いていてびっくりだ。こんな車が多いのは初めてかもしれない。下の駐車場まで移動するが8割埋まっている。車を停めて準備。6:30過ぎに別当の吊り橋をスタート。

 快晴予報で暑いとおもいきや、上空はガスで太陽は見えない。ひんやりした空気のなか良いペースで登る。平日なのにたくさんの登山者が登っていた。ゲストと楽しく話しながら中飯場、別当覗きと高度を上げる。避難小屋もベンチで多くの人が休憩中だ。砂防新道ではセンジュガンピが最盛期でたくさん咲いていた。白山は今が花のベストタイミングかもしれない。2000より上ではミヤマキンポウゲ、ミヤマダイコンソウ、シモツケソウそのほかにもたくさんの花が咲いていた。ゲストも喜んで写真をとりまくる。が、十二曲り手前でガスが濃くなり少し小雨模様。弥陀ヶ原にでても姫様は見えずで残念。室堂はたくさんの人だ。とりあえず様子を見て山頂は大丈夫そうなのでまずは登頂。山頂はガスで何も見えなかったが、下り始めると少し視界が開けた。

 予定では四ツ塚までいってみようと思っていたが、少し雨が強くなり視界もないので予定変更。室堂周辺で高山植物の散策を楽しんだ。なかなか見つからなかったハクサンコザクラはエコーライン方面に大群生。クロユリもまだまだ咲いている。今年は残雪が多かったので一気に咲き出したようだ。ゲストも大満足。散策を楽しんだら観光新道から下山。

 観光新道も素晴らしいお花畑が広がっていた。ガスも晴れて太陽が出てきた。ここでマツムシソウ、ハクサンシャジン、カライトソウを通りがかりのお姉さんに教えてもらう。殿ヶ池避難小屋から下もお花畑が広がっていて飽きさせない。別山と釈迦岳の展望は山頂が見えず残念だったが、それでも十分な景色を堪能。観光新道最後の急な坂を注意して下って無事下山。ゴール後は別当でゲストとコーラで乾杯!身体に染み渡るうまさだ!

 予定していたコースは天候の関係でいけなかったが、たくさんの花を見ることが出来てゲストも満足してくれたようで良かった。一緒に山に登るのは初めてだったがとても呼吸のあった行動で楽しかった。
 秋にまた是非来てください!今度は紅葉を楽しみましょう!

 日々練成

IMAG3732.jpg
 これは下山時。今日の姫様は恥ずかしがり。

IMAG3733.jpg
 ガスが晴れて観光新道の稜線が綺麗だ。

IMAG3734.jpg
 フラワーロードが続く

1501844350417.jpg
 ゲスト撮影 ハクサンコザクラ

1501844351548.jpg
 ゲスト撮影 シモツケソウ

1501844352947.jpg
 マツムシソウとタカネナデシコ 後ろはハクサンシャジンとイブキトラノオ
[ 2017/08/04 20:06 ] 登山 | TB(0) | CM(2)

白山登山速報


 今日は岐阜からゲストをお招きしての白山登山。
 晴れ予報だったが2000から上は終始ガスでおまけに小雨までパラつくあいにくの天気。それでもガスの合間を縫って登頂し、大盛況のお花畑を堪能することが出来て楽しい登山だった。花の名前も5つ覚えました。
 詳しくは明日!

 日々練成

 1501764899793.jpg
  クロユリも大群生でした
[ 2017/08/03 21:57 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

サクレ マンゴー味 (SACRE マンゴー味) 


 今日は軽めに12kmランニング。明日は白山に大切なゲストをお招きする予定なので、あまり追い込まず調整的に。

 喉の口内炎が相変わらず厳しい。とりあえず内服薬は飲んだが明日には少しでも良くなっているといいが。
 固形物が食べられないのでアイスでカロリー補給。と、カキ氷系のアイスでトップに君臨するサクレさんがレモンとオレンジ以外の味が出ていて驚いた。白桃やマンゴーなどもあり、今回はマンゴーをチョイス。で、このサクレマンゴー、めっちゃうまい。カキ氷的な氷の荒さもなくて細かい氷の粒子で口当たりが素晴らしい。味もしっかりマンゴー味。果肉の食感もいい。正直コンビニスイーツにも全く引けを取らないレベルだ。

 サクレといえばレモン味にアクエリを注いで食べるのが常識だったが、これは単体でも立派なスイーツだ。何か素晴らしい発見をした気分。ドラックストアで90円で買えるアイスでこれ以上のクオリティを求めることは難しいかもしれない。フタバ食品さんありがとうございます!

 日々練成

 iuguiy.jpg
             いやマジでうまいから食べてみて!
[ 2017/08/02 20:37 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

口内炎にぺラックT


 ここ一週間ほど喉に特大の口内炎ができてしまい悶絶中。もともと口内炎ができやすい体質ではあるものの、喉に出来ると一番厄介だ。しかも特大サイズ。これほど大きな口内炎ができたのはTJAR2016の大会中以来だ。あのときは唇や喉など数箇所に特大の口内炎ができて、人生で一番口内炎で苦しんだ1週間でもあった。そのときほどでもないが、やはり喉にできるのはつらい。

 口内炎クラスタとしては大体の対処法は経験しているが、喉だと塗り薬も塗れず消毒用うがい薬で口内を清潔にしてひたすらビタミンB剤を飲むしかない。だが今回の口内炎はなかなか腫れが引かず長引いているのではじめて内服薬を使うことにした。内服薬は大体どれも同じ内容なので、以前ツィッターで回ってきたぺラックT錠に決定。なんでもB'zの稲葉さんも愛用だとか。明日から薬を飲んで経過観察。これですぐ治るようなら常備薬としたいがはたして。

 日々練成

 pict_pelack_t_tab.jpg
     口内炎の苦しみはなった人間でないとわからない。
[ 2017/08/01 06:28 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)