白山花ガイド(書籍)


 いままで意識していなかった白山の花々だが、名前を覚えようと意識しだすとじつにたくさんの花が咲いているのがわかる。花の百名山と呼ばれているというのも納得だ。聞いた話だが、降雪量が多く水の豊富な山は花がたくさん咲く傾向にあるとか。雪解け水が多いとそれだけ肥沃な土がつくられるのだろうか。

 以前は花の写真をブログにあげたりすることは全くなかったし、花の写真を一生懸命撮るということにも興味がなかったが、今ならブログにあげたり写真を撮っていた人の気持ちがよくわかる。
 
 こうなるとできるだけたくさんの名前を憶えたくなるのが人の常。知り合いから白山の花を憶えたければこれしかないというガイドブックを教えてもらった。手頃な価格でザックにいれても邪魔にならないサイズだ。さっそく購入して次の白山に持っていきたいと思う。でも覚えるのは3つまでにしておこう。それ以上覚えようとすると忘れそうだがら…。

 日々練成

 vgsdg.jpg
   白山の花の名前を調べるならこれしかない「白山花ガイド」
[ 2017/08/04 20:07 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

花盛り白山


 岐阜からのゲスト(さっちゃん)に白山を案内。
 朝6時に別当到着。平日なのに路上駐車がずっと続いていてびっくりだ。こんな車が多いのは初めてかもしれない。下の駐車場まで移動するが8割埋まっている。車を停めて準備。6:30過ぎに別当の吊り橋をスタート。

 快晴予報で暑いとおもいきや、上空はガスで太陽は見えない。ひんやりした空気のなか良いペースで登る。平日なのにたくさんの登山者が登っていた。ゲストと楽しく話しながら中飯場、別当覗きと高度を上げる。避難小屋もベンチで多くの人が休憩中だ。砂防新道ではセンジュガンピが最盛期でたくさん咲いていた。白山は今が花のベストタイミングかもしれない。2000より上ではミヤマキンポウゲ、ミヤマダイコンソウ、シモツケソウそのほかにもたくさんの花が咲いていた。ゲストも喜んで写真をとりまくる。が、十二曲り手前でガスが濃くなり少し小雨模様。弥陀ヶ原にでても姫様は見えずで残念。室堂はたくさんの人だ。とりあえず様子を見て山頂は大丈夫そうなのでまずは登頂。山頂はガスで何も見えなかったが、下り始めると少し視界が開けた。

 予定では四ツ塚までいってみようと思っていたが、少し雨が強くなり視界もないので予定変更。室堂周辺で高山植物の散策を楽しんだ。なかなか見つからなかったハクサンコザクラはエコーライン方面に大群生。クロユリもまだまだ咲いている。今年は残雪が多かったので一気に咲き出したようだ。ゲストも大満足。散策を楽しんだら観光新道から下山。

 観光新道も素晴らしいお花畑が広がっていた。ガスも晴れて太陽が出てきた。ここでマツムシソウ、ハクサンシャジン、カライトソウを通りがかりのお姉さんに教えてもらう。殿ヶ池避難小屋から下もお花畑が広がっていて飽きさせない。別山と釈迦岳の展望は山頂が見えず残念だったが、それでも十分な景色を堪能。観光新道最後の急な坂を注意して下って無事下山。ゴール後は別当でゲストとコーラで乾杯!身体に染み渡るうまさだ!

 予定していたコースは天候の関係でいけなかったが、たくさんの花を見ることが出来てゲストも満足してくれたようで良かった。一緒に山に登るのは初めてだったがとても呼吸のあった行動で楽しかった。
 秋にまた是非来てください!今度は紅葉を楽しみましょう!

 日々練成

IMAG3732.jpg
 これは下山時。今日の姫様は恥ずかしがり。

IMAG3733.jpg
 ガスが晴れて観光新道の稜線が綺麗だ。

IMAG3734.jpg
 フラワーロードが続く

1501844350417.jpg
 ゲスト撮影 ハクサンコザクラ

1501844351548.jpg
 ゲスト撮影 シモツケソウ

1501844352947.jpg
 マツムシソウとタカネナデシコ 後ろはハクサンシャジンとイブキトラノオ
[ 2017/08/04 20:06 ] 登山 | TB(0) | CM(2)