FC2ブログ






筋トレで快適登山ライフ


 登山とランニングに筋トレは不要かとは思うが僕は好きでやっているので見逃してください。

 山の筋肉は山で、ランニングの筋肉はランニングでというが確かにそれはその通り。だが補助的に鍛えるのは効果が高いと思う。たとえば登山ではスクワットやランジをやると脚以外にも腰回りの筋肉、背筋下部も鍛えられ、重いザックを背負ったりするときにバランスをとりやすく、腰で担ぐ場合にも疲労しにくくなる。見逃しがちなのが腕と肩の筋肉。登山に腕は必要ないだろうと思うかもしれないが、ストックを使って登るとき(バランス取りでなく体重を預けるような登り下り)に腕と肩の筋肉があるとしっかり体重を支えることができて登りが楽になるし、下りでは関節への負担が減る。補助的にウエイトトレーニングを取り入れるのは悪いことじゃない。

 ちょっとやってみようかなと思う人におすすめはまずスクワットとランジだ。これ2種類で下半身の筋肉はほぼ鍛えられる。脚が太くなって~なんて思う人は心配しなくていい。トレーニングで脚を太くするためには相当なハードトレーニング、徹底した栄養と休養の管理が必要だ。補助レベルでウエイトトレーニングをしたからといって太くなることはまずないから安心していい。
 上半身ではベンチプレス、といいたいところだがおすすめはディップス。ストックワークで使う筋肉とほぼ同じ筋肉を鍛えることができる。特に登りで使う筋肉を鍛えられるのでやっておいて損はない。

 登山では押す筋肉をメインに考えて補助的ウエイトトレーニングをするといいと思う。登山の後半で脚がつってしまったり、毎回登のが遅くてコースタイム以上に時間がかかる、重い荷物を担ぐと疲労が酷い、なんて人は一度スクワットから始めてみてはどうだろうか?もちろん家でも出来るが、ある程度のキツさはトレードオフと考えて頑張るしかない。どんなことも最初はきつい。始めてしまえば半分は達成したようなものです。筋トレで快適登山ライフを。

 日々練成
[ 2017/10/26 06:40 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)