FC2ブログ






第一回忍者トレイルラン 詳細(写真少な目)


 11月3日4日と三重県伊賀市のさるびの温泉で開催された第一回忍者トレイルラン大会に参加してきた。
 
 大会は2日間開催され、3日はショートコース、ファミリーの部等が開催されていた。僕は4日のロングの部、駅伝の部に参加するために前日入りした。3日のショートやファミリーのレースも観戦したが大会の雰囲気も良く、とても盛り上がっていた。

 さるびの温泉に到着して主催者代表の恵川さん(TJAR2016完走)に挨拶する。ゴールアナウンス等で恵川さんは忙しそうだ。邪魔しては悪いので温泉施設の休憩所で少し休む。そのうちレースの表彰式も終わり、仲間たちが続々到着。16時からコースガイダンスがあり、それが終わると前夜祭だ。伊賀の美味しい食材やお酒、仲間たちや声をかけてくださった方との楽しい一時を過ごす。しかし飲みすぎた…。明日走るとか信じられない。

 翌日は完全二日酔いの身体を起こして5時に起床。既に会場は受付が始まっている。ぼーっとする頭を回転させて準備。6時半に開会式が始まる。僕は新藤さん、米田君と共に駅伝チーム。対抗はあまつち、柏木君、岩崎さんチームだ。7時のスタートと共に一走の米田君とあまつちがロングコースの選手と飛び出していく。僕は中継所にバスで移動。

 2時間ほどで先にあまつちが帰ってきて岩崎さんに襷を渡す。5分ほど遅れて米田が来た!襷をもらって走り出す。最初は水田脇のロードからトレイルに入っていく。里山ならではの急登に二日酔いの汗が噴き出す。身体が重いが仕方ない。旗山山頂付近では展望が開けて気持ちいい。ここから細い尾根伝いのテクニカルな稜線だ。気持ちよく走れた。かつて忍者が修行で走ったであろう(?)コースに思いをはせる。次のピークからグッと下り、小さな沢を何度もジャンプして渡渉。これはこれで楽しい。沢沿いの細い道を走り抜けるとエイドがあった。さとみんも撮影お疲れ様です。
 
 エイドからは再び登り、これまたえぐい急登だ。両手両足を駆使して登るとカメラマンの小関さんが写真を撮ってくれた。ロープも出てくるような急登を超えて今度は激下りと忙しくも楽しいコースだ。何となく忍者トレイルという言葉が合うな、なんて感じる。尾根沿いを下り最後のエイドを超えるとフラットな林道。頑張って走って中継地点に戻る。3走の新藤さんに襷を渡してなんとか役目は果たした。

 あまつちの車でゴール地点に先回りしてそれぞれのチームのアンカー(柏木、新藤)を待つ。先にロングのトップ集団が帰ってきたようだ。ゲストの望月さんや坂田君、福井さんも帰ってきた。女子1位の吉住さんはとんでもなく早い。区間賞も総なめで圧巻だった。
 そのうちアンカーの柏木君の姿が見えた。新藤さん何してる!残念だが駅伝はTJARチーム対抗で負けてしまった。(駅伝総合4位)10分ほど遅れて新藤さんがゴール。途中転倒してしまったとか。ともあれゴール後は次々とゴールする選手を迎えて楽しい一時だ。

 さるびの温泉もお湯がとてもよく、疲れた身体にはたまらない。残念ながら僕は一足先に帰ったが、表彰式もとても盛り上がったようだ。

 超久しぶりのトレランレースだったが(六甲キャノボはまた別ってことで)本当に楽しかった。大会の雰囲気、盛り上がり、おもてなし、食事にお酒、コースということなし。控えめにいって最高だった。また参加したいと思う初めてのトレラン大会だ。地域とのつながりも色濃く感じることができて、是非長く続いてほしい大会だと思う。来年はMH.TRCのチームで参加したいな。メンバーのみんな、どうですか?

 2日間とてもお世話になった忍者トレイルランのスタッフの方々、ありがとうございました。代表の恵川さん何から何まで本当にありがとう。来年も参加します。忍者トレイルラン、伊賀最高!

 日々練成

received_1544231032332074.jpeg
 前夜祭は飲みすぎ。伊賀の食材とお酒おいしいです!

received_1544326702322507.jpeg
 久しぶりのバディ

received_1544228965665614.jpeg
 お揃いの忍者トレイルTシャツ!


 
 
[ 2017/11/05 06:51 ] 大会、レース | TB(0) | CM(2)