FC2ブログ






スタート


いよいよ明日は今シーズンのビッグタイトルのスタート。安全第一で楽しんできます。


日々練成
[ 2018/03/30 23:50 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

いどー


 私事だが4年間勤務した職場を離れて新しい職場へ異動となった。今までとは違う環境になり、立場も変わる。より責任が重くなるが基本は平常心。焦らず素早く正確やっていきたい。

 今まで通り私生活の充実が最優なのだ。

 日々錬成
[ 2018/03/29 19:22 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

週末へむけて


 暑いくらいの陽気の一日。午前中長袖で走ったが汗だくだった。次はもう半袖でいいかな。
 
 今週末はいよいよビッグタイトルだ。天気は良さそうで何よりだが雪の状態が気になるところ。なかなか報告も上がらないので行ってみて現地判断する場面が多くなるだろう。それはそれで楽しいし自分の経験にもなる。ネットで多く情報が手に入る時代だからこそ、自分の目で見て判断するというのは大切だ。準備はしっかり、安全第一で挑みたい。

 日々練成


 
[ 2018/03/28 19:24 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

送別会


 今日は送別会。特になんの感動もなく終わった。

 日々練成
[ 2018/03/27 23:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

インナーブーツ洗濯

 スキーのインナーブーツ洗濯
 一度山に行くとインナーブーツは汗まみれになって不快このうえない。なので僕は一度行く毎にインナーブーツを洗っている。
 洗い方は簡単。インナーブーツとインソールをそのまま洗濯機に入れてふつうに洗うだけ。洗剤も通常の洗濯用洗剤でOKだ。すすぎと脱水が終わったらそのまま干す。これで完了。いやな臭いも消えて衛生上もばっちりだ。気になる整形の崩れもまったくない。

 インナーブーツは干すだけという人もいるが絶対臭い。不衛生なブーツを履いていると足まで不衛生になる。洗濯機で洗えばすっきりするし繊維の持ちもよい。インナーの形なんて洗濯ぐらいで崩れないし、なにより清潔が一番だ。

 山道具は積極的に洗濯しましょう。ジャケット、ヘルメットのインナー。シュラフにダウン。洗わずに何年も放置していませんか。臭くないのは自分だけ。まわりは皆臭いと言っていますよ。

 日々練成

[ 2018/03/25 14:07 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

奥長倉避難小屋修理


 白山北部の加賀禅定道にある奥長倉避難小屋の屋根を白山北部管理人の乾さんと修理してきた。
 冬季の激しい風雪で一度修理したカバーが外れてしまっていたのだ。これからの残雪期に多くの登山者に利用されることになる奥長倉避難小屋なので早く修理しないと利用者が気持ちよく使えないとのこと。乾さんが用意してくれた資材を背負って一里野から小屋を目指す。

 4時過ぎにスキー場を出発。途中夜が明けてしかり場で一息。しかり場からはやせ尾根できわどい場所もあり、何度もスキーを脱いだりアップダウンを繰り返す。重い資材を背負ってのスキーアップダウンは堪える。口長倉手前の小休止で乾さんが激ウマローストビーフをごちそうしてくれた。ごちそうさまでした。口長倉では白山北部の大展望。純白の白山はやはり美しい。
 さらにトラバースやアップダウンを超えて6時間ちょっとで奥長倉避難小屋に到着だ。

 小屋には登山者が宿泊していた。小屋の屋根シートが激しい風雪でめくれあがってしまっており、このままでは雨漏りがおこってしまう。屋根に積もった雪を除雪してシートと持参した資材で修理を行った。これでどうにか今シーズンは持ちそうか?時間があれば百四丈滝を見たかったが残念ながら時間切れで帰ることに。
 
 帰りもアップダウンに苦しんだが資材が軽い分まだましだ。しかり場までくればスキーの威力であっというまに山頂駅まで。ゲレンデを降りて駐車場到着。帰りは2時間半ぐらいだった。

 乾さんお疲れ様でした。
 避難小屋でのトイレは小屋から離れてしましょう。

 日々練成

P1040920.jpg
 しかり場までの登り

P1040928.jpg
 今日は晴天。日差しがきつい!

P1040930.jpg
 口長倉からの素晴らしい展望

P1040929.jpg
 急登をいく

P1040931.jpg
 帰りはスキーの威力
[ 2018/03/25 06:22 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

奥長倉山避難小屋修理 速報


 今日は白山北部管理人の乾さんと加賀禅定道にある奥長倉山避難小屋の屋根を修理するために
避難小屋まで往復。重い資材を担いでのスキーは奥長倉山までのアップダウンと相まってとても疲れた。
 乾さんお疲れさまでした。詳細はまた後日…。

 乾さんのブログへ

 日々練成

 P1040925.jpg
   乾さんと名峰笈ヶ岳(中央奥)
[ 2018/03/24 20:03 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

明日は山


 明日は久しぶりの山へ。だがメインはスキーではなく別のことになりそうだ。朝も早いので今日は寝ます…。

 日々練成


 
[ 2018/03/23 20:30 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

23cと25c  


次は自転車イベントなので久しく乗っていない自転車の整備をと思い、まずはタイヤから新品に交換するかと思って海外通販するかと思ったら、今のタイヤの主流は23cではなく25cになっていた。何故に太いタイヤ?抵抗増えるじゃん?と思ったがちょっと調べてみるとタイヤが太いほうが地面との設置面積が少なくなり、結果的に転がり抵抗が減るということらしい。コンマグラム単位、コンマミリ単位で進化する自転車界にとって23cなぞもう過去のタイヤになり果てていたのだった。

 かといってイベントだからといってホイールから買いなおす気もないので数少ない23cタイヤから選ぶほかない。海外通販すればまだまだ23cは現役で売っているのでそれほど困ることはなかった。そもそも23cと25cでどれだけ変わるのかも聞きたいところだ。

 久しぶりに組む自転車はなかなか楽しい。晴れの日を狙って少しずつ走ってみようと思う。

 日々練成

[ 2018/03/22 23:04 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

18650バッテリーの危険性


 最近のヘッドライトもようやく充電式が多く登場してきた。しかしちょっと気になる点もある。それはリチウムイオンバッテリーが当たり前に使用されていることだ。
 リチウムイオンバッテリーは高出力、高容量、コンパクトでヘッドライトにはうってつけだ。スマホのバッテリーとしても使用されているので特に意識しなくても知らず知らずのうちに使っていると思う。現在のモバイル機器はこのリチウムイオンバッテリーなくては考えられないだろう。
 
 その中でも18650というリチウムイオンバッテリーは円筒形のバッテリーで単三電池を二回りほど大きくした形だ。高出力で高容量、そして手軽に手に入るのでヘッドライトもこれを使用したものが最近登場してきている。現在主流の単四電池では考えられないような明るさと稼働時間を可能にしているこのバッテリーだが、実は大変危険なものでもある。

 ハイパワーゆえに取扱いを誤ると大変危険だ。特に過充電は要注意で、過充電防止回路のついた充電器でないと最悪爆発する危険性がある。過放電も危険だ。今までのアルカリ電池のように何も考えずに使うと大変なことになる。

 さらに粗悪な18650が出回っているのだ。通常18650は絶縁ボディに保護回路やガス解放弁等、安全装置がついている。だが主に中国製の18650製品はこれらの安全装置がついておらず、さらには容量を大幅に騙った製品がほとんどだ。高容量(主に4000mAh以上)を謳っている製品はほぼ間違いなく粗悪な18650と思っていいだろう。
 そうとは知らずに安さや高容量に騙されて購入してしまうと、表示容量以下の容量しかなかったり、安全装置がないためにバッテリーが爆発してしまうこともある。(実際に何件も発生している)

 18650は手軽にハイパワーが手に入るバッテリーではあるが、今までの電池のように使いっぱなしではだめなのだ。そして危険であることを十分に理解しなければならない。正しい知識と使い方を理解したうえで取り扱ってほしいと思う。特にトレランナーの諸君は数値主義なところがある。500ルーメン!15時間!とか聞いたらすぐ買っちゃうでしょ?数値だけではなく全体を見て危険なことも理解して使ってほしい。

 日々練成

18.jpg
 現在唯一といっていいKEEPOWER製の3500mAh18650 これ以外の3500mAhは詐欺容量と思っていい
[ 2018/03/21 06:18 ] 独り言 | TB(0) | CM(1)

どこでも行ける きっと行ける


 先日初ランした TERREX AGRAVIC SPEED は予想以上に良いシューズだった。履き心地は柔らかく包み込まれるような一体感があるが、左右の剛性は高く踏み込みや横への体重移動でも不安はない。グリップも抜群で初期のラプターに似た吸い付き感がある。(あそこまでソールは柔らかくないが)
 ミッドソールは固めのEVA素材で反発もいい。土踏まずの違和感だがインナーソールを外して見てみると丁度土踏まず部分に固いシャンクが入っているようだ。これで蹴り出し時の反発を出しているのか、ソールのねじれを防止しているのかはわからないが慣れる必要がありそうだ(僕の場合)

 気をよくしてそれほどスピードを出さないで山に行く場合用に(こっちのが圧倒的に多い)SPEEDモデルでないTERREX AGRAVICも購入。こちらはしっかりとした剛性と素材の丈夫さ、プロテクションに比重をおいた作りになっている。そしてSPEEDのように内部は一体構造でないのでフィット感は劣る。ソールは一枚フラットソールだが、より細かなラグ配置となっていて安定感を出しているようだ。
 そしてBoostフォームがフルレングスで搭載されている。Boostは未体験だが、反発フォームの火付け役となったこの素材をいつか試してみたいと思っていた。Boostで楽に走れるなんては思ってもいないが、新しい素材だしどんな感じか体験してみるのはいいことだ。2足ともラスト(足形)はほぼ同じなようでサイズ感も一緒だ。手持ちの在庫限りのMana7はロード専用にして山はこのシューズで行こうと思う。やっぱりトレイルはトレイルシューズでしょう!

 マッハさんのシーサイドトレイルの記事へ

 日々練成

IMAG4248.jpg
 どこでも行ける きっと行ける から黄色 から
[ 2018/03/20 20:42 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

分かっているんです


 マラソンで日本新記録を16年ぶりに更新した設楽悠太選手の練習はとても独特らしい。通常マラソン選手は40kmを走り込んで大会に出るのが常識らしいが設楽選手は30km走までしかしないらしい。30km以降は気持ちと断言し、40km走は「疲れるから」しないと言う。記録を更新した大会後はコンビニでお菓子とビールを買って帰宅したといい、大会後は友達と飲みに行くのが楽しみらしい。
今時のアスリートとは思えない発言や行動だが、そこには設楽選手なりの哲学がある。(詳しくはググってください)

 常識を打ち破るような事が次のスタンダードを作るのではないだろうか。革新的な発明が起こると進化スピードが上がるように。同じことを当たり前のように続けていては新しい何かは得られないのかもしれない。とはいえ何かを変えずに続けていくのも膨大なエネルギーがいる。新しい世界を見てみたい気持ちもあるが今やっている事を続けていって得られる何かを見てみたい気持ちもある。

 ぶらぶらしている状態では何も始まらない。わかってはいるが…。

 日々錬成
[ 2018/03/19 06:16 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

加賀シーサイドトレイル(マッハさん、コッシーさん)


 以前からマッハさんに誘われていたがなかなかタイミングが合わず行けなかった加賀シーサイドトレイルに行ってきた。ここは加賀シーサイドトレランの大会コースにもなっている場所で、海岸沿いのトレイルを走る魅力的なコース。

 今回のメンバーはマッハさんとコッシーさん。午後駐車場で待ち合わせしてスタートだ。
 最初は4km弱のサイクリングロードを走る。冬場の荒れた日本海からの風と波で舗装路は砂と落ち葉に覆われていた。適度なクッションが気持ちいい。今回はadidasのTERREX AGRAVIC SPEEDのシェイクダウン。以前簡易インプレッションをしたが、履くのは今回が初めてだ。

 午前中のトレーニングの影響でいまいち身体が重く心拍も高め。だがマッハさんが引っ張ってくれたので徐々に慣れてくる。4kmちょいで往路中間地点の片野海岸に到着。ここからトレイルのスタート。適度なアップダウンと脚に優しいトレイルで快適に巡行できる。景色も海側が開けて遠くの海岸線まで見えてナイスだ。あっという間に加佐ノ岬に到着。景色も良く、観光客も結構きていた。ここで折り返し。往路は約9kmだった。逆コースも景色が新鮮で面白い。復路中間地点の片野海岸で休憩。一息いれたらラストのロードをペースアップしてフィニッシュ。

 適度な距離に開放的な景色。程よいアップダウンとナイスコースで練習にも大会にも良いコースだと感じた。マッハさんコッシーさん良いコースに誘ってくれてありがとうございます。また行きましょう!

 初テストのTERREX AGRAVIC SPEEDは履き心地は抜群だ。独自の一体型構造がこの履き心地を提供してくれるのだろう。グリップも新品ということを差し引いてもトレイルの登り下り共に素晴らしく食いついてくれ、下りで痛みがでるポイントもない。左右への剛性感が高く、とても安定して踏み込める印象。ソールがフラット一枚ソールなので走り始めは土踏まずに少し痛みが出た。これは走り方やフォームによっても違うと思うが、僕は一枚フラットソールの場合によくこの痛みが出る。しばらく走れば慣れて消えるが、少し慣らさないといけないと感じた。全体的にはとても高性能でまとまっている。今シーズンがとても楽しみなシューズだ。

 日々練成

1521360499358.jpg
 スタート地点。コッシーさん久しぶり

IMAG4238.jpg
 序盤は砂に埋もれたサイクリングロードを走る

1521370281685.jpg
 往路復路の中間地点、片野海岸

IMAG4242.jpg
 気持ちの良いトレイル

IMAG4241.jpg
 海岸線なので開放的な景色が続く

1521370291211.jpg
 折り返しの加佐ノ岬が見えた

1521370295662.jpg
 帰りも快適ラン

IMAG4237.jpg
 お二人ともありがとうございました!
[ 2018/03/18 20:46 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(2)

newトレランシューズ


 以前買ったadidasのトレイルランニングシューズだが大変作りが良く履き心地も良い。これはスピードモデルらしく、若干クッションや耐久性を削って軽量化してあるようだ。ならばスピードモデルではないバージョンも普段の山歩き用に欲しくなってきた。調べてみると在庫はまだあるようなので早速注文。(まだ届いていない)

 ここ3年ほど山はadidasのランニングシューズで入っていたが、山に入るのを考えたらやはりトレイルランニングシューズの方がよいと思う。ロードとミックスの場合は有効だが、やはり耐久性やグリップ力、プロテクションを考えるとランニングシューズは一歩劣る。mana7も廃盤になってしまい、新しいトレランシューズを探していたのでちょうどよかった。履いてみたらレポートします。


 日々練成

ad.jpg
 実はBoostは初体験
[ 2018/03/17 06:36 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

やる気をだすには

今日は朝から荒れた天気だった。午前中は休日出勤で潰れたので午後からランニング。風が強く昨日とはうって変わって気温一桁の寒さ。15度以上の気温差で脚の動きもイマイチだったが終わってみればそれなりだ。心拍やペースもあまり変わらず、GPS心拍計測時計のおかげで客観的に分析できるのは本当にありがたい。ランニングなんて気のもちようだと再認識。

数字はウソをつかないのでこういう天気が悪かったりイマイチ気が乗らない時などは気持ち次第だというのが良くわかる。結局やる気なんてのはやらないと出てこない。やる気を出す方法なんてのはなく、始めるまでが全て勝負なのだ。何とかして始めてしまえばどうにかなる。やる気はやらないと出てこない。言い訳を探しているヒマがあったら始めたらいいと思う。結構なんとかなるよ。

日々練成
[ 2018/03/16 22:26 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

運動後のプロテイン


 ウエイトトレに限らず運動後にたんぱく質の摂取は常識だが、運動直後だけたんぱく質をとればいいという話ではない。
 運動後にプロテインを飲めばそれでOK、というのは(大ざっぱに言うと)運動直後に筋肉の同化(回復、成長)が促進され始めるのでたんぱく質が必要、という理論からきている。それは間違っていないが、直後「だけ」ではだめなのだ(重要)

 筋肉はトレーニング後、約24時間に同化促進が強く行われる。ならば運動直後だけでなく、その後24時間は十分な量のたんぱく質を取り続けることが筋肉を回復、成長させるためには重要な意味を持つことになる。
 そしてたんぱく質は一度にとればいいというものではなく、ある検証によれば3時間ごとに20g程度を24時間とるといいという。

 僕は一日5回に分けて約150gをプロテインパウダーからとり、食事から50gを目安にとっている。タイミングは起床後、昼前、昼間、夕方、寝る前だ。トレーニングの日は夕方か昼間をそれにあてる。一応これで十分な量のたんぱく質をとれていると思っている。

 登山やスキー、ランニングも全てにおいて運動後のたんぱく質は絶対的に足りないと思う。全てのスポーツをしている人はもっとたんぱく質を重視すべきだ。適切なタイミングで十分な量のたんぱく質をとればもっと回復や成長が期待できる。もっと楽に山に登ったり、成績向上を狙う人はもっとたんぱく質を重視してみては?

 日々練成
[ 2018/03/15 21:07 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

自分で変える


 今日は天気も良く、気温も10度後半で気持ちよく走れる。とりあえず10kmと思い走り出すが思ったよりスピードが上がらない。まだ少しダメージがあるのかな?心拍は抑え気味で10kmを走った。ウインドシェルを着なくてももう寒くなく、風は完全に春の風だ。

 午後からはウエイトトレーニング。マラソンで間が空いてしまったので背中のトレーニングは1週間ぶりになる。デッドリフトは当初の重さを挙げられたが、マラソン明けなので3セットから2セットにしておいた。その他は通常メニューを消化。

 ウエイトトレーニングを再開して約半年。ぼちぼち身体も作れてきたので再びランニングの方に力を入れていこうと思う。両立できるうちは両立して夏山に向けて少しずつ走る方へ比重をおいていく計画だ。何かを変えたいなら自分で変わらないと。何が変わるかわからないけどやってみないと何も起きない。どう変化するかもまた経験。少しずつでいいから変えていきたい。

 日々練成

[ 2018/03/14 21:19 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

フルマラソンにおけるジェルでの補給 (個人の感想)


 マラソンのダメージはそんなになく、次の日は回復をかねて5km走った。脹脛に少し筋肉痛は残るものの概ね2日後には回復している感じだ。基本スピードを上げなかったし、心拍もLT値を下回る走りに終始したので身体への負担は少なかったのだろう。
 これで今シーズンのマラソンは一区切り。もしかしたらロードレースが1本入るかもしれないが今のところ未定だ。気温も暖かくなってきたのでこれからは気持ち良く走れる季節だろう。ウエイトトレーニングと合わせて練習を計画していきたい。

 さて僕はマラソンでいつもジェルを7~8本使う。多過ぎ!と思うかもしれないが燃費の悪い僕は5km毎に飲まないととてもじゃないが持たない。というかみなさん2,3本ぐらいでよくフルを走れるなと思う。途中エイドに寄るとはいってもチョコやフルーツではとても走るカロリーには足りないと思うし、おにぎり等ではエネルギーに変わるのに時間がかかると思うのだが、僕の燃費が悪すぎるだけだろうか?
 
 ジェルに効果なんかあるの?と思うかもしれないが、飲んで1kmぐらい走ると脚に力が入ってそれが2~3km続き、4~5kmでふたたび辛くなるのだ。一時的に血糖値があがるので脳が騙されるのだろう。なので僕の場合はフルマラソンの最初10kmで補給して、その後5km毎に補給すれば7本使う事になる。肝臓のグリコーゲンはおおよそ1500~2000kcalと言われているので全部使い切れたとしても到底フルのエネルギーには足りない。かといってジェル7本でもせいぜい700kcalちょい。フルマラソンのエネルギーには体重60kgぐらいの人でギリギリというところだろう。

 アマチュア選手であるからこそしっかり補給したい。よく言う30km以降のエネルギー切れも補給をしっかりしていればそんなことは起こらない。エイドで止まって食べるのもいいけど、一度エイドに止まれば簡単に30秒~1分は過ぎる。走ってその時間を取り戻すのはとても大変だ。それならジェルをたくさんもってしっかり補給した方がいいんじゃないかなー、と個人的に思う。

 タイムを狙う走りならエイドでのタイムロスは最小限にしたい。後半の失速はペース配分としっかりとした補給で回避しましょう。

 日々練成

1520939684091.jpg
 今回使用したジェル各種。雨宮さんありがとう!

 
[ 2018/03/13 06:20 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

能登和倉マラソン2018


 5回目の出場となった和倉マラソンは3:30という結果だった。
 今回は練習と体重が過去最悪だったが、そんな中でベストの走りをするにはどうするかをずっと考え、ぎりぎりまで練習と調整をしてきた。最終練習の22km走でのタイムと心拍を考えるとキロ5でいけるかギリギリ。30km以降の失速もありえるし最悪4時間台も視野にいれていた。スタート前は不安だらけだったが、なんとなくどうにかなりそうな妙な気持もあった。

 スタート前にMH.TRCのみんなで集合して記念撮影。Bブロックからのスタートでロスは10秒ほど。みんな勢いよく飛び出していくが、きっちりキロ5分を計算しながら走る。マッハさんが追いついてきてくれて少し話ながら走ってわかれた。2km地点ぐらいから一人旅がずっと続く。我慢してキロ5で巡行。上り坂のたびに心拍が上がるが、下り坂で戻すように心掛ける。キムラ君が早くもトップグループで折り返し。折り返し地点でMH.TRCのみんなとハイタッチ。10kmを過ぎてジェルを投入。今回は雨宮さんから譲ってもらったジェル7本を携行だ。

 15kmからは若干フラットになる。晴れ予報だが雨がぱらついてきて気温も低い。と、源君を前方に発見。どうにも調子が上がらないらしく、話しながらしばらく一緒に走るがその後わかれる。5km毎にジェルを飲む。ハーフを過ぎると徐々に落ちてくる選手が目立つのでゆっくり回収。2つ目の橋を渡ると強烈な向かい風が襲ってくる。予報で覚悟はしいたが結構きつい。それでもペースは維持して25kmへ。ここら辺で一番厳しい上り坂が2発続く。ペースは落ちるが無理をせず、落とし過ぎず登る。30km付近で女神のAIさんが待っていてくれて元気をもらう。と、前方にチームユニフォームを発見。yasui君をゲット。一緒に走る。さらに前にはNOZAがLiving Dead状態。インフル復帰直後で限界らしい。ガンバ。

 フラットになっても向かい風はきつい。と思ったら霰まで降ってきた。寒いっす!35kmからようやく追い風。背中が寒い。kouさんやしょももさん、山ちゃんは見えない。逃げ切られたか。nomuraさんが自転車で応援に来てくれた!ありがとうございます。40km手前でyasui君がちぎれる。ラストはペースを上げてゴール。

 全体的にイーブンでまとめられ、キロ5分という計算通りではあった。練習不足はでかかったが、それまで積み上げた練習をレース中に身体が思い出してくれて走ることが出来た。今回は結果よりプロセスをほめたい。こんなレースもある。次に繋がるレースだったと感じた。

 色々厳しいレースでしたが終わってみればALL OK。ふぃりりんやMamoruさん、キムラ君にも会えたし沿道からの応援もとても力になりました。来年はリトライです。

 日々練成

1520761623936.jpg
 スタート前 MH.TRCとふぃりりん

1520840777824.jpg
 35kmすぎにyasui君と。nomuraさんありがとうございます。

1520771937787.jpg
 貴重なゴールシーン nomuraさん撮影

 
[ 2018/03/12 19:59 ] 大会、レース | TB(0) | CM(4)

能登和倉マラソン2018 速報


 能登和倉マラソン2018 速報3:30でした。
 練習不足の状態でどうなるか不安だったが現状の精一杯の走りが出来たと信じたい。今回は結果よりプロセスをほめたい。
 みなさんお疲れさまでした!

 1520761623936.jpg
  MH.TRCのみんな、ふぃりりん、お疲れさまでした!
[ 2018/03/11 21:00 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

明日は和倉マラソン


 明日は和倉マラソン。
 おそらく走り始めてから一番練習していない状態で、体重も最重だ。そんな中で一番いい記録を出せるよう頑張ってきます。

 日々練成
[ 2018/03/10 19:36 ] 独り言 | TB(0) | CM(4)

口内炎対抗策


 口内炎にはもしかしてリステリンオリジナルが一番効くのではないか…?
 僕は口内炎が出来まくる体質なのだが、口内炎はビタミン不足が原因の一つともいわれ、マルチビタミンやビタミンB系を多くとるようにしている。それでもできてしまう事があるのだが、どうにか早く治せないか色々と試していた。最近はうがい薬(水溶性アズレン)でまめに口腔内を洗浄しておくと比較的早く治ると感じていた。イソジンうがい薬でもいいのだが、消炎効果のあるアズレンの方がいいのかもしれないと感じている。

 それなら口腔内の洗浄ならリステリンオリジナルに敵うものはない。ちょうど口内炎が出来始めたので、リステリンオリジナルでうがいを1日数回やってみた。と、いつもならどんどんおおきくなる口内炎が大きくならない!それどころか痛みもひどくならず、徐々におさまってきているじゃないか。これは効果があるのか?!とりあえず3日目ぐらいなのでもう少し続けてみよう。効果がありそうなら口内炎への有効な対抗策が見つかったことになる…!

 口内炎に悩んでるみなさん、一度リステリンオリジナルを試してみてください。一緒に治験しましょう。

 日々練成

E088094H_L.jpg
   神の薬エリクサーとなれるのかリステリンオリジナル
[ 2018/03/09 06:46 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

みさご、DAZNに加入する


 DAZN(ダゾーン)はスポーツ中継のネット配信サービス会社だ。正確にはイギリスのパフォームグループのサービス業務の一つになる。
 その特徴はなんといっても相当数のスポーツ中継をしているということ。人気のサッカーはもちろん、野球から自転車、格闘技、モータースポーツまでなんでもある。サッカーに関してはJリーグはもちろん、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデス、アンに加えてオランダやベルギーリーグまで網羅している。スポーツ好きならいつでも配信を楽しめるし、ハイライト動画もあるので時間がなくても大丈夫だ。

 お試し期間を無料でやってみて、これは加入するしかないと思っていた。海外サッカーをフルタイムリアルタイムで見るには、以前なら高額なCS放送にリーグ毎に加入しなければならなかった。しかしDAZNなら月額1000円ちょっとで上記のリーグすべてにほかのスポーツまで楽しめるのだ。地味に自転車競技が見られるのがうれしい。

 実際今月から入ってみてもっと早く加入すればよかったと思った。高額なCS放送ゆえに食指が動かなかったが、DAZNならいつでも海外の試合を思う存分楽しめる。スポーツ中継好きなら一度お試し無料期間に加入してみては?

 日々練成


 

 
[ 2018/03/08 20:18 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ラスト練習


 今日は大会にむけて最後のランニング。いつ以来かの距離を走ったが、後半は思ったより脚が回ってスピードも出た。しかし練習不足は間違いなく、何よりスピードが足りない。これは練習していなかったので当然だが、ここまではっきり出るのかと痛感した。しかし今は肉体改造中ゆえにここはわかっていたことだ。こんな中でも結果を出せるよう残りの日を調整していこう。

 そういえば大会用のシューズが悩ましい。練習で使っているのmana7はソールが限界だし、かといって新しく買って慣らす時間もない。新品のmana7を投入するのはもったいなさすぎるので、とりあえず練習用のシューズと最終兵器を持って行って当日決めよう。今回は記録は狙えないが新しい何かを発見できればいいと思う。そのためにもシューズの変更もいい刺激になりそうだ。

 日々練成
[ 2018/03/07 20:27 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

マッスル北村氏の言葉


 あまり名言や啓発本など薄っぺらく感じて読まないし興味もないが、伝説のボディビルダー、故マッスル北村氏の残した言葉には心の底から湧き出たようなエネルギーがあり、氏の残した本を時折引っ張り出してきて読むことがある。
 
 最近の出来事で気になった事があり、モヤモヤしていた時に氏の言葉を思い出してみた。

 故マッスル北村氏
 
 「他人を納得させる記録や結果よりも、たとえ自己満足と笑われようが
  自分で自分に心から「よくやった」とひとこと言える闘いこそ、まことの
  勝利であり人間としての自信と誇りを得て人生で最も大切な優しさや
  思いやりを身にまとう瞬間だと思う。」

 「後から付いてくる評判や名声は有難いが付属物に過ぎない。
  既にそこには己の成長に加味する何物もないのだ。
  だから負けや失敗を恐れず自分の心が真に欲する闘いに黙って挑みたい。」

 氏のボディビルへの飽くなき情熱と熱い魂そのものが宿ったような言葉だ。
 
 自己評価の高い事が出来ていれば何事にも卑屈になる必要はない。他人が何を言おうとそれは自分にとってなんのエネルギーにもならない。負のエネルギーに対して貴重な自身のエネルギーを使う必要なんてない。そんな余裕があるのなら自分自身にそのエネルギーを使うべきだ。

 自分が納得できる事が出来ているならそれが一番素晴らしいこと。他人の評価を気にしてやっているわけではないのだ。
 それでも干渉してくる人間はよほど暇で自分に自信がないのだろう。他人を否定しないと自分を保てないのだ。
 コソコソと覗きに来ては難癖つけるような「輩」に興味はないし無関心、不干渉。

 さあ、自分の納得することを始めよう。

 日々練成


 mig.jpg
 故マッスル北村氏 
[ 2018/03/06 20:47 ] 独り言 | TB(0) | CM(1)

別当雪崩


 何気なく白山別当出会のライブカメラを見ていたら、今朝の別当出会で大きな雪崩があったようだ。いつも見る角度からは休憩舎が見えるが、その三分の一ぐらいまで手前から発生したと思われる雪崩のデブリが覆っていた。斜面からかなり離れたところまで灌木が飛んでいるのを見ると相当な勢いと規模だったのだろう。
 以前にも手前の斜面から雪崩が起こったことはあるが、ここまで大規模な雪崩は初めてだろうか。ライブカメラの角度まで曲がっているところを見るとカメラの支柱にも影響があったと思われる。
 昨日今日と北陸はかなり温かく、今日は未明からかなり激しい雨が降っていた。多量の積雪の上に大量の雨水が染み込み、一気に急斜面の積雪が崩壊したのだろう。

 白峰からの白山公園線は急斜面を穿って通された道で、綺麗に整備されているが頭上を見上げれば雪もつかない斜面が何か所もある。雪崩よけ、落石よけのシェッドが設置され、冬場は巨大なデブリが何か所にもみられる。道路とはいえ基本的に雪崩の危険がある場所ということを忘れてはいけない。真上から落ちてくるのでよけようもない。

 危険と思っているうちは安全。山では自分が危険なフィールドにいることを自覚して、慣れと油断がないようにしたい。

 日々練成

Screenshot_20180305-104448.png
 画像手前から中央までデブリが覆っている。流された灌木も多数見える。
[ 2018/03/05 06:34 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

今出来る最大の事を


 今日は後輩とランニング。ランニングシューズを履くのも初めてというレベルだが、フォームチェックというよりはいかにランニングを楽しむかをメインに走った。つらいことを続けるのは、つらい中に楽しみを見つけられるかだと思う。それがなければただの苦行だ。特に最初につらい事ばかり感じてしまうともう二度とやらなくなってしまう。最初だからこそ楽しみを多く見つけてもらえたらと思う。終わった後は充実した感じだったので楽しみを見つけてくれたかな。

 午後はウエイトトレーニング。今日は息子が部活休みなので一緒にトレーニングした。しっかり追い込むことをイメージして、出し切る事を重視。最後の1回を挙げるか挙げないかがその日のトレーニングの成否を分けることを伝えた。
 トレーニングで大切なことはその時出来る最大の事をするということ。妥協ではだめ。体調がいまいちだったりうまくいかなくてもいい。その状態で出来る最大の結果を出すことが重要なのだ。常々僕が考えている、ダメなりに頑張るということだ。常にベストの状態で練習できるわけじゃないし、本番でも常時ベストでやれるわけじゃない。ダメなりに対応方法を練習のときからやっておかないと、イレギュラーが発生したときに何もできずに終わってしまうから。

 今シーズンのフルマラソンは練習不足だが、その中でもよい結果を出せるようにあとわずかの期間、練習していきたい。

 日々練成

[ 2018/03/04 21:29 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

防水デジカメ


 長時間歩行を想定して滑り重視のマエストラーレではなく、歩行重視で久しぶりに履いたディナフィットのTLT6ブーツはやはり軽さと可動範囲は圧倒的だった。だが軽量な分シェルが狭いので足にあたる箇所は多い(個人差有)擦れ防止にプロテクトJ1を塗っていたが、土踏まず部分には塗り忘れていたようでばっちりその部分が赤く擦れていた。スキーブーツを履く場合は足全体、くるぶしまで塗るのが正解だろう。

 さて、冬山で使うカメラは防水のパナソニックを使っているが、記録として写真を撮る程度と割り切っているので画質はほとんど求めていなかった。だが先日yoshiさんの防水コンデジと画質を比べてみたら一目瞭然。かなりの差があった。さすがに9年前のコンデジでは限界があるか。しかし今使っているデジカメは-10℃以下でも作動するし、電池の持ちも良くコンパクト、シンプルで使いやすいのも事実。現行の防水デジカメを持つなら、今持っているアクションカムで写真を撮った方が良いかも?現行の製品を調べてみると1万円を切るような廉価版もでているが、画質は今のカメラよりよさそうだ。上を見るときりがないがある程度の性能はほしいところ。
 
 道具は日々進歩しているが買い替えのタイミングは難しい。革新的な製品が出ると面白いのだが。

 先日の白山に同行してもらったお二人のブログです
 乾さんのブログ→「乾 靖のWhite Mountain
 yoshiさんのブログ→「Go Telemark

 日々練成


51ZeoqlAVFL.jpg
 10年近く使っているがシンプルで画像記録するのには丁度いい

 
[ 2018/03/03 10:51 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

2018 厳冬期白山 日帰り滑降


 毎年恒例厳冬期白山日帰り。
 今年は大雪雪害で休みが極端に少なく、厳冬期は無理かと思っていたが最後の最後に滑り込みで白山に行くことが出来た。
 今回はアイスモンスター発見の一助にもなった白山北部管理人の乾さんにぜひとも実際にアイスモンスターを見てほしく緊急で企画した。しかし平日に行ける人間は限られている。声をかけた乾さん、yoshiさんお二人共に快諾してくれて、こんな急な企画にも関わらず乾さんは急ピッチで身体を作ってくれ、yoshiさんは無理を通して休みを取ってくれた。お二人には感謝です。

 前日の天気予報では曇りの予報。気温は前日からかなり上がっているようだ。晴天とはいかないが夜まで雨は降らないようなのでいつも通り0時に白峰ゲートを出発。ゲートには工事関係者と思われる車二台と県外ナンバー1台が止まっていた。白峰ゲートからはショベルカーによる圧雪が行われており、スノーモービルが永井旅館の雪下ろし作業に入っているようだ。モービルの圧雪跡を歩けばラッセル皆無。アプローチは楽なほうがいいに決まっている。それでも全員の体力面を考慮してペースはゆっくりと進む。
スノーシェッド前後のデブリはショベルカーにより除雪されていた。危険個所は少ないほうがいいに決まっている。

 1時間40分ほどでひゃくまんさんを通過。気温は低くなく、マイナス2度ほどか。小休止を繰り返して市ノ瀬発電所には3時間で到着。雪は固く圧雪しているので市ノ瀬までスキーを担いで歩く。
 市ノ瀬に3時間40分。大休止でエネルギー補給。永井旅館は業者の除雪が行われていた。凄い雪の量なので潰れてしまう危険があるのだろう。ビジターセンターもかつてない雪の量だ。六万橋は雪が落とされていて歩きやすい。ここから別当まで5km、D+400mの頑張りだ。
 
 小休止を挟みながら6時前に別当出会に到着。完全に休憩舎は埋もれていて入口は地面より下だ。中に入って休憩。テント一式とスキー板がデポしてあった。先行者がいるようだ。
 休憩では乾さんがローストビーフをごちそうしてくれた。厳冬期の別当出会でローストビーフを食べたのは僕たちが初めてだろうw
十分にエネルギーを補給したらいよいよ取り付きだ。毎度の吊り橋を慎重にわたる。対岸の雪はモナカで急登は苦労した。中飯場を超えれば快適な稜線歩き。風はほとんどなく、気温もマイナスちょっとで厳冬期(一応)とは思えない。天気は高曇りで青空は見えないが悪くない。それでも雪の量は過去最大で、甚之助小屋は完全に埋まっていてゾンデ棒でも場所がわからない。

 ここからはいつものエコーライン分岐ルートではなく、甚之助谷上部を直接わたり、エコーラインの尾根に乗り上げるルートを取る。この尾根がアイスモンスター群生地らしいが、昨日の好天でほとんど溶けてしまっていた。気を取り直して弥陀ヶ原へと登りあげる。雪の質が悪く苦労する。yoshiさんが先頭でルートを取ってくれた。
 
 弥陀ヶ原で姫様とご対面。相変わらずの美しい姿を見せてくれた。今年も会いに来ました。このあたりから疲労が出てくるので慎重にペースを考える。と、広大な運動場の弥陀ヶ原から五葉坂に近づくとアイスモンスターの生き残りが!ちょっと溶けているけどまだモンスターの形を保っている。乾さんに見てもらってアイスモンスターと確認!乾さんに見てもらうことが出来てよかった!これでこの山行の目的は果たしたようなもの。でもここまで来たからには山頂まで行きましょうとyosihさんと頷く。水屋尻雪渓を詰めて室堂到着。無風で気温はマイナス2度ほどと全く快適である。室堂は例年並みに埋もれていて、鳥居や祈祷殿も例年並みだ。
 さてここで12時前と登頂にはぎりぎりの時間。しかしここまで来たら行くしかないだろう。手早く準備する。

 装備を整え、エネルギーを補給して最後の登り。時折ブルーアイスが出ていて慎重に登る。室堂から40分、12時半に3人共山頂到着。お疲れさまでした。山頂で記念撮影をして、奥社でお参り。乾さんが祝詞を述べてくれた。
 無事日ごろのお礼をしたら滑降準備。最初は氷化しているので慎重にyoshiさんが先陣を切る。続いて僕と乾さん。固いシュカブラやいやらしいブルーアイスに脚を取られながらも水屋尻雪渓上部まで滑る。日陰はパウダーっぽい感じで快適。一気に弥陀ヶ原をわたりエコーラインの尾根へ。途中ちょっとyoshiさんが消えたが気のせいだろう。甚之助谷をわたり小屋付近で大休止。

 ここからの斜面は快適だ。多少モナカっぽいがロッカー板ならどうってことはない。細板をチョイスしたyoshiさんはちょっと苦労気味?あっという間に中飯場まで滑り、石畳の急登を降りたら吊り橋だ。慎重に渡って別当休憩舎に到着。デポ品はなくなっていたので先行者は先に降りたのだろう。僕たちも大休止。時間は15時と、白峰ゲートまで日没ギリギリだろうか。市ノ瀬まで自動運転で滑り、市ノ瀬でデポした食料を回収。ちょっと休憩して最後の難関へ向かう。

 しかしスノーモービルの圧雪跡があり思ったよりスキーが走る。スノーシェッド前後はスキーを外すが、それ以外は思った以上にクロスカントリーで滑れた。何度か休憩してどうにか18時前にゲートに到着することが出来た。
 
 合計17時間40分の行動時間でした。乾さんyoshiさん、急な企画にも関わらず参加してくださりありがとうございました。天気は青空ではなかったものの、無風で快適な白山でした。何より三人無事に戻ることが出来てよかったです。また是非行きましょう!お疲れさまでした!

 日々練成

1 (1)
 長い旅のスタート!(二人共板細くない?)

1 (2)
 スノーシェッドのデブリは除雪されていた!

1 (3)
 モービル跡は圧雪されていて快適

1 (4)
 市ノ瀬発電所も凄い雪

1 (5)
 市ノ瀬ビジターセンターは埋まっていた

1 (6)
 屋根と同じレベルに立つ

1 (7)
 別当出会の休憩舎は完全に埋没

1 (8)
 鳥居も埋まる

1 (9)
 吊り橋は慎重に

1 (10)
 振り返れば大長、経ヶ岳

1 (11)
 別山をバックに

1 (12)
 弥陀ヶ原にでれば姫様が

1 (13)
 弥陀ヶ原を進むとモンスター群が!

1 (14)
 ちょっと溶けてるけど、アイスモンスターと乾さん

1 (15)
 室堂までもうひと頑張り

1 (16)
 祈祷殿の鳥居も氷結

1 (17)
 最後の登りガンバ!

1 (18)
 山頂到着!

1(181)
 三人で記念撮影

1 (19)
 凍てつく奥社

1 (20)
 弥陀ヶ原に向かってGo!

1 (21)
 yoshiさんも細板で頑張る

1 (22)
 広大な運動場

1 (23)
 ツーショット

1 (24)
 脚ももう限界!

P2280159.jpg
 調子にのったらこけました

P2280166.jpg
 帰りの吊り橋も慎重に

[ 2018/03/02 21:49 ] 特別企画 | TB(0) | CM(0)

明日更新します

申し訳ありませんがちょっと問題あって厳冬期白山の記事は明日更新します。ごめんなさい。

日々練成
[ 2018/03/01 06:15 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)