FC2ブログ






グランフォンド富山2018 走行記 (後半)


 エイドを出発すると少し下って登りに入る。どこかで見たことがある景色だと思ったら去年のさくら道国際ネイチャーラン(このネーミングセンスのなさ)のコースだった。渡部君とあまっちを待っていたエイドの場所だ。あの時は五箇山から登ってきたのだがその逆という事になるとけっこう登ることになりそうだ。
 参加者は皆登りに苦戦しているようで押し歩きの人もいた。早々にインナーに入れてシッティングメインで登る。心拍も上がるがまだ大丈夫だ。サイコンでは傾斜は6~9前後。結構長く登るがしんどーさんは流石で、上体がまったくぶれず、力みがない。おはりんはゴリゴリ登っていく。何とか離されずに頂上付近のトンネルまで到着。ここから下りになるがトンネルが長くて慎重に下る。トンネルを抜ければ大きなカーブが続き、五箇山エイドへ。ここでは大福とパン、飲み物が配られた。カズはちょっとお疲れ気味か。
 五箇山から少し下って再び登り。ここは傾斜が緩めなので少しギアをかけて登る。次の利賀エイドでは昼食タイムのようでそうめんと五箇山豆腐に行者ニンニクみそと山菜稲荷ずしと豪華。ペロリと平らげる。財布をまったく出さずとも食事や飲み物は大丈夫なのが凄い。

 再び登りがあり短く登ったり下ったりを繰り返す。長い下りをぶっ飛ばして市街地に入る。前方にチームと思われるジャージを着た8人ほどのトレインが走っていたが勢い余って追い抜いてしまった。すぐ下がってトレインの後ろにただ乗りするのも悪いと思ったのでそのまま3kmほど引く。その後先頭を変わってもらったのでトレインにつかせてもらって市街地からエイドへ。このときの走りがとても楽しかった。八尾エイドでは豚汁が。暑いので熱い物はちょっと、と思ったが、一口飲むと塩気がとてもおいしくて完食してしまった。ここでスタートの時にお世話になった日焼け止めのおねーさんに再会。再び日焼け止めを塗ってもらって気分上々です。

 残りは45kmほど。事故なくゴールを目指してペースを落とし、しんどーさんとおはりんとともにカズを引く。残り25km地点でのおはぎとコーラのエイドは最高だった。ラストの堤防は追い風参考で35km巡行して競輪場まで帰ってきた。最後はバンクを走らせてもらってゴール!ゴールはさとみんが待っていてくれた。

 思ったより短く感じた180kmだったのはコースの楽しさと充実したエイド、素晴らしい仲間とのライドだったからだろう。久しぶりの自転車だったがとても楽しい時間だった。さそってくれたさとみん、おはりん、一緒に走ってくれたレジェンドしんどーさん、最後までがんばったカズ君ありがとうございました。また来年www!

 日々練成

IMAG0049.jpg
 スタート前

IMAG0052.jpg
 五箇山エイド。エイドはどこも充実でお腹いっぱい。

IMAG0055.jpg
 しんどーさんのバイク。気合いの74デュラやで!

IMAG0056.jpg
 五箇山で集合写真
[ 2018/05/29 22:01 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)