FC2ブログ






中鎖脂肪酸で動くということは


 今日は仕事の関係で泊まりではなく日帰りで帰宅。初めてともいえる夕方にランニングをしたがこれが捗る捗る。気温が低くて走りやすいせいか?脚の力の入り具合が全然違い、グイグイ前に進んでいく感じはとても久しぶりの感覚。ペースがあがっても苦しくなく、どんどんスピードに乗る。フォームも乱れなく腕ふりで推進力が生まれていく感じはいつ以来だったろうか。原因はなんだろうと色々考えてみたが、今日の昼ごはんにがっつりサンドイッチとおにぎりを食べた事ではないだろうか。いつもは小さなおにぎり一つだけだが、今日は出先での弁当だったので付き合いで一緒に食べたのだ。それから帰宅するまで4時間ほど。ちょうどエネルギーとして活きてくることかと思うと単純にエネルギーが満ちていただけなのかもしれない。仕事明けで走ると、仕事の夜ご飯は炭水化物は食べず、起きた朝もおにぎり一つだけの状態で走るので単純にエネルギーが違ったのだろうか。
 
 少ないエネルギーで走る事は出来るが、やっぱり燃料タンク満タンで走るときはパワーが違う。MCTオイルで長く動くという記事を最近見かけるが、あれはあくまで「ギリギリ動ける程度」のスピードでしかない。炭水化物ががっつり入っているときのパワーと比べたら雲泥の差だ。基本は炭水化物でパワーを出し、脂肪で動くのはあくまで保険。動き続けることが出来る、程度に思っていた方がいいと思う(個人差有)
 
 日々練成
[ 2018/06/07 20:54 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)