FC2ブログ






地蔵尾根試走について


 今週末は南アルプスの仙丈ケ岳への登山道である地蔵尾根が賑わいそうだ。
 TJARのコースとなっていなければなかなか人が通る事もないマイナーな登山道だが、TJARが広く認知され始め、選考会のコースとなってからは試走などで多くの人が訪れるようになっている。近年は林道が大きく開通し、作業道でしかなかった道が地蔵尾根の奥まで伸びているらしい。僕も最初に訪れたときから4年がたっているが、2016年に通ったときもかなり奥まで林道が作られていた。現在は中腹近くまで車で入れるので仙丈ケ岳への登山がより便利になったのだろうか。

 さて地蔵尾根といえば途中までは展望もなく、細い登山道にトラバースが多数あり、林道と交差する箇所も多く毎年のように地形図の登山道と実際の登山道が変わっている事が多々ある。選考会の試走に行かれる方は多いと思うが、僕が思うのはただ登っているだけの人がとても多いということ。試走なんだから好きにすればいいのだけど、選考会対策で試走するのだから、地形図を持って迷いやすいポイントや特徴的な地形を地形図で確認したらいいと思う。多くの人は地図読み試験に不安を持っていると思うが、ただ登山道を一度通っただけでは地図読み対策とは言えないんじゃないだろうか。

 今週末行かれる方は是非地形図と実際の登山道の違いを確認しながら試走してみてはどうでしょうか。

 日々練成

IMAG2313.jpg
全体的に湿っぽく暗い登山道が続く。6月はシダ類が大きく茂り細い登山道が隠れることも多い。
[ 2018/06/11 19:02 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)