FC2ブログ






超長時間行動での雨について


 今日は朝(深夜)から大雨が続いており、県内でも日本各地でも大雨が続いているようだ。まだしばらく雨は続くようで、大雨による災害がない事をいのるばかり。

 雨といえば2016TJARでは雨らしい雨はなかった。だがこれは本当に稀なコンディションで、通常ならばお盆前後の1週間でアルプスに雨が降らないなんてことはあり得ない。(2016では夕立さえもなかった)前回のTJARのイメージをそのまま2018に当てはめて装備や行動計画を立てようとすると大変なことになる。僕は基本が2014前提なので悪天候が当たり前という装備を持っているが、どうも2016のイメージを持っていると人は装備が軽くなりがちな傾向にある。

 超長時間行動するうえで雨に濡れるというのはあらゆることが消耗するということ。一度濡れたウェア類はいつまでも体温を奪うし、足裏のダメージは乾いているときの何倍も早く、深く進行する。一度雨に濡れると次の日晴れたとしてもそのダメージはずっと尾を引く。2泊3日ぐらいの行動では1日我慢すればどうにかなるが、これがTJARでは最低でも4日5日続くことになる。とても2016の考え、イメージでは完走は難しいだろう。

 雨具や防寒具は十分に。行動計画も余裕をもった計画が必要だと思う。常に悪い事態を想像してそれに対処できる余裕があるように行動できればいいけど、そうもうまくいかないのが面白いところなのかもしれない。

 日々練成


 
[ 2018/07/05 21:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)