FC2ブログ






充電電池のススメ


 山で電池を使う機会は多い。その最もたる例がヘッドライトだろう。今は18650リチウムイオン電池が台頭してきているがまだまだ主流は単4電池だ(米国規格ではAAAという)
 しかしこの単4電池。実は扱いが意外と面倒なのだ。何かというとまず大抵のヘッドライトは単4を3本で運用する。電池は大抵4の倍数本で売られている。3本を運用しようとすると4本セット2つだと半端が出てしまうので、3セット12本買わないといけない。まずこれが面倒。
 そして電池の残容量問題。日帰りならほとんど使う機会はないヘッドライトだが、テント泊や早朝暗いうちからの行動になると1~3時間程度使うことになる。この使用時間が微妙に面倒になってくる。アルカリ乾電池でヘッドライトを運用すると、機種にもよるがだいたい4~6時間が実運用時間といったところ。夜中ずっと行動するわけではないので容量の3分の2から半分残したところで家に帰ることになる。すると次の山に持っていく場合、この残り容量では不安が残る。かといって新品電池にするのも勿体ないなーと思い、結局そのままにして予備電池を多く持っていく。もしくは新品に入れ替えて半端を予備にする。そのうちどれが中途半端な電池が分からなくなって結局新品を買い直すというサイクルが繰り返されることになる。
 これが実に効率が悪い。中途半端な電池が溢れては結局使わずに新品を…となり、そのうちまだ容量があると思っていた電池が使い始めて数分でなくなってしまうという重大事態になった人もいるのではないだろうか。

 そこで登山には充電電池を強くお勧めする。
 今はニッケル水素電池が高性能化してきて、非常に安定性が高く、容量も上がっている。単4でも950mAhを表示している電池も多い。だが容量よりもその使い勝手がとても良い。まず中途半端に使っても充電すれば満タンになるし、どれが中途半端かわからなくても充電してしまえば関係なく全て満タンになる。ランニングコストを気にせずガンガン使えるので初期投資はかかるがそれ以上にコストダウンになる。

 12本以上充電できて放電もできる急速充電器も併せて導入すれば山に行くときは常に新品電池で安心だ。アルカリに比べて持ちも良いので比較的長時間の使用でも大丈夫。ハンディGPS等にもおすすめだ。

 山に行くときは少しでも不安要素は取り除きたい。特にヘッドライトは必須装備でもあるので、充電電池を是非導入しましょう。

 日々練成

IMAG3996.jpg
 ケースに入れてジップロックで保存。電池に番号を書いておくと新旧を混同しなくて便利です。
[ 2018/10/01 18:55 ] 道具 | TB(0) | CM(0)