FC2ブログ






冬こそビタミン大切


とても明日から12月とは思えないような気温が続いてる。タイヤ交換なんてまだまだ先でいいんじゃないかとさえ思う。しかし確実に冬になってきているので、空気は乾燥してきて朝起きると喉が痛い。こんな時は風邪をひきやすい状態だ。皮膚や粘膜を保護したり、体の免疫力を保つにはビタミンが欠かせない。ランニングや登山でエネルギーを消費すると、同時にビタミンも消費している。夏と違ってなかなか汗もかかないので補給も少なくなりがちだ。そうするといつの間にかビタミン不足になってしまう。そこに乾燥した空気となると、条件が整ってしまう。冬こそビタミンが必要だと思う。
手軽にビタミンを補給するにはやはりマルチビタミン錠剤が一番だ。何度か書いてるけど、人間の体はビタミンが人口か自然かを見分ける能力はない。大量の野菜や果物でやっと1日のビタミンをとるくらいなら、手軽にマルチビタミン錠剤を1粒飲んだ方が効率も良いと思う。1日に倍くらいとったって構わない。ビタミン不足で風邪をひいたり体調不良になるくらいなら、ガバッとマルチビタミンをとってみてはいかが?いつの間にか栄養不足になっているかも。

日々練成
[ 2018/11/30 06:29 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

旅先のランニングはロマン


 今日は久しぶりにランニング。
 山に大阪旅行と続いたのでしばらく走れてなかったので不安だったが走ってみればそこそこ脚も回って走れた。
 
 そういや大阪に泊まった時も朝4:30に起きて大阪城までランニングをした。5時前にホテルを出たが繁華街に近かったせいかまだ飲み歩いている人がいて驚いた。さすが天下の台所(?)だ。大阪城に近づくと暗いうちからランナーや散歩している人がちらほら見えてくる。城内に入るとたくさんの人が思い思いの運動をしていた。時代は変わってもお城というのは何らかの中心であるようだ。

 それにしても大阪城の石垣は凄い。何が凄いって巨大な石だ。表面積が30畳以上ある巨石がたくさん目につくところに積んである。これは豊臣秀吉時代のものではなく、徳川家康時代に家康が威光を示すために豊臣時代の石垣を埋めてその上に置いたものだとか。しかもこれを小豆島から運んできたというのだからとんでもない話だ。エジプトのピラミッドの石なんかくらべものにならない大きさだ。こういう歴史を思うと僕はとてもロマンを感じる。数百年この石は人々の歴史を見てきたのかと思うとたまらない気持ちになる。
 登山でも登山道の巨木や巨石がとてつもない時間をかけて登山者を見ていると思うとたまらないロマンを感じてしまう。数百年前には武将達が歩いていた道を今は僕が走る。地元から離れた土地で史跡を走るときはそんな歴史ロマンを感じて走ってみてはどうだろうか。

 日々練成

IMAG4163.jpg
 大手門はライトアップされててきれい

IMAG4164.jpg
 お堀の外周をぐるっと走る

IMAG4166.jpg
 夜明け前の大阪城
[ 2018/11/29 20:03 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

高島トレイル(途中まで)


 一度は歩いてみたかった高島トレイル。決して高い山ではないが、分水嶺特有の面白さがあり、いつか歩いてみたいと思っていた。そんな時に以前山を一緒に歩いたことのあるNさんがこちらに遊びにくるという話があったため、軽いノリで高島トレイルの話を出したら二つ返事でOKとなった。そうなれば話は早いもので2泊3日の予定でゆるゆるテント泊でスルーハイクしようという計画になった。

 しかし当日は結構な雨。1000m以下とはいえこの時期濡れるのはあまりよろしくない。計画を変更して早朝出発の1泊2日で頑張ることにした。話が決まれば前日は道の駅で車中泊ということで買い出しをして軽く宴会。次の日の英気を養う。宴会もそこそこに明日に備えて就寝。だが起きてみるとこれまた天気が回復しきっていない。おまけに山の上の方は白く雪まで積もっている。テンションもダダ下がりでスルーハイクはやめて半分の峠に降りることにした。

 当初の計画から下方修正しまくりだがトレーニングでもないので楽しければいい。
 というわけで登山口から登り始める。滑りやすい地面に多少苦労したが落葉しきった樹林帯は結構展望もよく、基本が尾根道なのでとても歩きやすい。随所にテープもついており迷う感じは全くなかった。しかし今夏の台風の影響か倒木がたくさんあり、時折道を塞いでいる。慣れないと行き止まりに見えてしまうかもしれない。それでも高島トレイルはとても楽しく歩くことができた。
 久しぶりのテント泊も快適で、ストックシェルターやCODに慣れた身としてはもう厳しいシェルターに戻れそうにないかも。夕食はザックに入れてきた食材で鍋だ。お酒もおいしく、ダウンシュラフと厚いマットのおかげで寒さは全く感じずに快眠することができた。翌朝はゆっくり起きて登山道から峠へ降りるだけ。車道と交差する峠が登山口になっている。半分の地点で今回は終了。スルーハイクは来シーズンに持ち越しだ。駐車場へ戻ったら温泉へ。朽木温泉で冷えた体を温めて少し休んだらNさんを駅まで送って今回の山行は終了。時期的に2週間ほど遅かったかな?ちょっと天気が悪く、寒くて気持ちも下がり気味だったけど、山に入れば楽しく歩くことができた。来シーズンにリトライです。Nさん次回はまた一緒に歩きましょう!

 日々練成

rthd.jpg
 とても歩きやすいトレイルだ。

drthbd.jpg
 今回はここまで。
[ 2018/11/28 06:21 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

15年ぶりだねぇ


今日は15年ぶりに大阪のUSJに。
男3人USJという罰ゲームかなと思えるような行程だったが結果は大勝利に終わった。USJに行く時はキロ4分の走力は付けておきましょう。とりあえず速報でーす。ここ5日間イベントありすぎてまとめきれない!

日々練成

201811271931274a6.jpg
ボグワーツに誰もいない
[ 2018/11/27 19:32 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

大阪に来たら偶然知り合いに会った件


大阪に来たら偶然知り合いとばったり。
どんな時でも偶然駆けつけてくれる仲間と楽しい時間を過ごしました。

日々練成

2018112700260873e.jpg
さすが関西のお二人
[ 2018/11/26 23:59 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

帰宅


とりあえず帰宅。色々あって予定通りにはいかなかったけど、トータルではとても楽しめた週末だった。しかし明日からは職場の研修旅行になるのでまとめはもう少し後で。とりあえず片づけだー!

 日々練成
[ 2018/11/25 20:53 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

予定変更

イマイチ天気が好転しないため少し予定を変更。詳細は後日...。

日々練成
[ 2018/11/24 23:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

明日は山?


明日は初めての山に行く予定だが天候がどうかな…。
何度も言うけど初めての山脈はワクワクする。天候が好転する事を祈ります。

日々練成
[ 2018/11/23 20:37 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

TJAR2018スタートの日に車に撥ねられた話。


 道を走っていると結構な頻度で曲がる方向と逆方向を見ている車のドライバーに遭遇する。
 交差点で右側を見ながら左に曲がったり、逆に左を見ながら右に曲がったり。殆どの場合T字路で大通りに出る場合だ。皆逆方向からの車に注意がほとんど向いていて、曲がる方向は大丈夫との無意識の思い込みがあるのだろう。そういうドライバーに遭遇すると高確率で車と接触しそうになる。
 
 こういったドライバーに対しては自分の存在を知らせても無駄なわけだ。だって見ていないのだから。なのでもうぶつけられないように自分で事前対策を取るしかない。車の進路に入らないように避けるのは当然のこと。しかしこちらをホーミングするように曲がってくる車もいるので油断はならない。
 やはりランナーとしてはドライバーの顔を見ることをおすすめしたい。曲がる方向と逆をみていたりしてこちらを認識していないドライバーは顔をみれば、「あーこっち見てないなー」というのが分るし、そうすれば事前に回避行動を取ることもできる。自分から止まって安全地帯に回避するもよし。大声で声掛けするのもよし。どちらにしても自分から行動しないとドライバーはこちらを認識していないのだから容赦なく突っ込んでくる。

 ランニング中の交通事故は実は結構多い。事故にならずとも重大インシデントは数多く発生している。その多くはドライバーがランナーを認識していなかったことが原因だ。歩道を歩いていても事故にあうので自分から気を付けて避けるしかない。逆に自分がドライバーになったときはランナーにやさしい運転をしたいと思う。

 日々練成
[ 2018/11/22 06:01 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

最近の高アルコールブームに物申す


 最近の高アルコールブームに物申す。
 最近、チューハイ関係でアルコール度数が9パーセントの物が主流となりつつある。以前はストロング系と呼ばれ、従来からある5パーセント前後のチューハイとは区別されていたが、最近ではどこのメーカーもストロングがメインだ。アルコール度数9%だともはや味を楽しむより手っ取り早く酔えればよいという感じだ。これは楽しく飲んだり、雰囲気を楽しむものではなく、孤独を紛らわすために飲むものではないだろうか。もしくは寂しさをツマミに飲むなど。
 驚いたことに数か月前にはアルコール度数12パーセントのチューハイまで出ている。12なんてちょっとしたワインや日本酒だ。それを500缶でゴクゴク飲むなんてのは一升瓶一気飲みと大して変わらないのではないだろうか。さらに高アルコールブームはビール(リキュール類)にもおよび、ビールなのに7パーセントとかも出ている。ビールを飲む勢いで7パーセントの度数を飲んだら脳みそがスカスカになりそうだ。

 いったいこの高アルコール度数ブームはどこから来たのだろうか。思うに、人々は手っ取り早く嫌なことを忘れたいのだ。社会における不安や懸念事項。行く末の見えない将来、不安定な生活…。一人でいる夜にこんな事を考えだすとそれこそ頭がおかしくなりそう。それをさっさと忘れてさっくりいい気分で寝るために、度数の高いお酒で素早く酔ってしまいたいのではないだろうか。
 一時的にそれは一つの方法として良いのかもしれないけど、慢性化すると身体にも精神にも良くないと思う。しかし需要があるからメーカーはこぞってストロング系のお酒を売り出すのだろう。

 お酒は楽しくとは昔からよく言うし、(僕も嫌いじゃないけど)嫌な気分を紛らわすのも良いと思う。だけど高アルコール度数で飲みやすいお酒ばかり飲んでいるといつの間にか身体と精神を蝕まれてしまいそうだ。(ていうかなるだろ)
 嫌な事を忘れたいときもあるけど、強いお酒を飲むのではなく、楽しいお酒で嫌なことを覆いたい。寂しさをつまみに飲む酒なんてのはやめておいた方がいいかも。メーカーさんもそろそろストロング系じゃなくて、楽しく飲めるお酒を出してください。

 日々練成


fuyjf.jpg 
 こんなの正直狂気の沙汰でしょ

 
[ 2018/11/21 20:46 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

大峯奥駈道雑感


 大峯奥駈道の雑感として。
 古来より修験道というのは日本各地にあるが、大峯奥駈道は中でも特に険しいとも言われる。全長は約80kmにも及び、1900m級の険阻な山々を超える難路が続く。古より修験者はこの道を修行の場としており、現在も修行は続けられている。登山道として整備されてはいるものの、基本的には修行道であり、中には女人禁制のエリアも存在する。

 ほんの一部であったが今回この道を歩いてみて、その雰囲気をビシビシ感じた。厳しい道を歩く修行を体験してみたいというのではないけど、古来より修行に使われていた歴史を感じながらその道を踏破したいと強く思った。僕が登山道に一番感じたいのはロマンだ。何の変哲もない道だけど、実は歴史的に重要な道であったり、大昔にこの道を歴史上の人物が通ったというのにとてもロマンを感じるのだ。1000年以上前から修行に使われていた登山道というのはそれはもうロマンの塊のようなものだ。山の高低や登山道の長短ではなく、そういった山を歩いてみたいと思っている。

 来シーズンは是非とも大峯奥駈道を通しで歩いてみたい。一気に走り抜けるのではなく、出来れば何泊かして古の修行道の雰囲気を全身で感じてみたい。そのあとに熊野古道とかも歩いてみたいな。

 日々練成
[ 2018/11/20 06:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

大峰奥駆道 一部 (弥山、八経ヶ岳)


 関西の山仲間と共に大峰奥駆道の一部でもある弥山と近畿最高峰の八経ヶ岳へ一泊二日のユルキツ登山へ行ってきた。
 高速のSAで男澤さんとダスティンと中田さんと合流。天川村方面へ向かう。集合地点では既に佐藤先生に新藤さん、村上さんと有吉さんが先着していた。今回は避難小屋泊まりなのでちょっと豪勢に買い出しも。荷物を振分けて早速出発だ。本来なら双門の滝コースを行く予定だったが、今夏の台風の影響で通行止めということで尾根を行くコースに変更。序盤から急登が続く。本来ならここもバリエーションルートらしいが、いつもの山仲間と行けば笑いっぱなしで呼吸がつらいという別の苦しさwあっという間に稜線まで到達だ。この稜線が素晴らしい雰囲気。ブナの疎林に優しい陽が降り注いでなんともいえない素敵な感じだった。

 今回初めて一緒に山にいったダスティンはなかなかのイレギュラーな山屋。今年のTJARに新しい風を吹き込んだ一人だ。一緒に行く山を楽しみにしていたが、思った以上にイレギュラーな奴だったwww

 稜線まで出れば素敵な雰囲気の連続。少し下ったら目的地の避難小屋に到着だ。これまた素晴らしいロケーション。早速荷物をばらしてまずは乾杯。お酒もたくさんあるがまだ夕方前なのでセーブしつつ飲む。今回の夕食は鍋なので近くの沢で野菜を洗ったり切ったりして準備。ほどなく豪華な鍋で再び乾杯。場も盛り上がって飛び入りゲストも登場。TJARあるあるや裏話もあれこれ飛び出しずっと笑いっぱなしだ。夜も更けてぼちぼち就寝準備。寝るのが惜しいくらいだが明日もバリエーションなので片づけして就寝。快適な避難小屋で人数も多いので寒さは感じる事なくぐっすり眠る事が出来た。

 次の日はゆっくり起床して朝ごはんと小屋の後片付けをしたら弥山に向けて出発。大峰奥駆道は以前から興味があって是非行ってみたいと思っていたが、調べれば調べるほどロマンのある山脈だ。弥山はなんとも雰囲気のある山で修行道の空気が漂っている。折角なので八経ヶ岳にも登頂だ。展望が素晴らしく登山者もたくさんいて人気の山みたい。

 今日は弥山からバリエーションルートで下山。地形図を片手に藪を漕ぎながら道を探す。少しいけば踏み跡も明瞭になり、過去はここが登山道であったのかと思わせるような感じだ。とはいえ地図にないルートはそれなりにきつく最後の劇下りは流石のTJAR選手も音を上げる。一気に1000mを下って道路に合流。1時間あるいて駐車場に到着だ。温泉で汗を流したら楽しい2日間も終わりだ。

 一度行ってみたかっ大峰奥駆道の一部を体験できて、是非来季は全てを歩いてみたいと思った。やはり修行道にはロマンが詰まっている。来季は通しで歩いてみたいと思います。

 さそっていただいた佐藤先生、新藤さん。そして一緒に行った男澤さん、村上さん、有吉さん、ダスティン、中田さん、素晴らしくアホな時間をありがとうございました。来年も是非誘ってください。本当に楽しかった!ほな!

 日々練成

RIMG2218.jpg
 全員ザックに食材がパンパン

RIMG2222.jpg
 男澤さんの差し入れ。高級舞茸

RIMG2249.jpg
 素敵な雰囲気の尾根

RIMG2258.jpg
 関西の愉快な仲間たち

RIMG2260.jpg
 イレギュラーな山屋のダスティン。今回はサンダルで全行程を踏破

RIMG2280.jpg
 小屋のロケーションが素敵

RIMG2299.jpg
 避難小屋といったら鍋でしょう

RIMG2388.jpg
 近所に飲みに行くあんちゃんみたいなスタイルのダスティン

RIMG2416.jpg
 バリエーションルートにて。その通りです

RIMG2429.jpg
 こんな感じの劇下り

RIMG2435-1.jpg
 最後は温泉で〆
[ 2018/11/19 20:00 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

大峯奥駈道(速報)


週末は去年から関西の仲間にお誘いを受けていた大峯奥駈道(の一部)に行ってきた。
控えめに言って最高でした。とりあえず今日は速報まで。皆さんありがとうございました!

日々練成


20181118201651da2.jpg
[ 2018/11/18 20:18 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

週末は山へ


 明日は予てから(去年から)お誘いをいただいていた山行へ。前回はどうしても都合がつかず不参加となってしまったが、今回はリトライすることが出来る。コースといいメンバーといい面白くないわけがない!週末をめいっぱい楽しんできます。

 日々練成

 
[ 2018/11/16 23:05 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

ゴアテックスのシューズ


 最近徒歩通勤を始めた。
 以前の職場までは10kmほどだったので自転車を使うときがあったが、帰りが雨だとどうしようもなくなるので晴れが続く日にしか自転車通勤はしていなかった。4月からは家から数キロという近い距離なので車はやめて徒歩通勤にした。(今まではとある事情で車だった)歩くというのは乗り物に乗るより目や耳から入ってくる情報が格段に多い。なおかつ足裏や皮膚から感じる情報も車に乗っているときとはくらべものにならない。毎朝のわずかな時間だけど、天候や季節の変化を感じる事が出来る。これは乗り物通勤にはない贅沢な時間だと思える。

 さて、徒歩だと雨の時に困るのが足元だ。上は傘なり雨具なりを使えばいいけど、足元は長靴を履くしかないかなと思っていた。しかしとあるとき、全然別の会話の中でTJAR選手である岡田氏が、ゴアテックスのトレランシューズを雨の通勤で履いているという話を聞いたときなるほどと思った。
 ゴアテックスのトレランシューズははっきりいって存在価値が分からないくらいのシューズだった。雨の山ではゴアテックスでもハイカット以上で足首を覆っていないと水分が侵入してくる。一度中が濡れてしまうとゴアテックスだとほぼ乾かない。なので登山靴以外ではゴアテックスシューズの用途がわからなかった。そんなゴアのトレランシューズだけど、雨の日の通勤や外出ならシチュエーションにマッチする。町中でぬかるみはないし、足首から上が濡れるようなシーンもほぼない。これならゴアのシューズの利点を活かせるだろう。

 というわけでゴアのトレランシューズを通勤用に検討中。この際トレッキングシューズにすればちょっとぐらいの積雪でも大丈夫かな。

 日々練成
[ 2018/11/15 19:53 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

自転車のディスクブレーキしゅごい


 人生3台目のMTBが我が家に来た。
 友人から格安で譲ってもらったのだ。毎度B君ありがとう。冬季登山のアプローチやちょっとした距離のちょい乗りにMTBが欲しいなと思っていたところだった。通勤にも使えるかな?
 
 フロントサスペンション付きは何度も乗っているけど、ディスクブレーキは実は初めて(乗った事はある)しかし改めて自分の持ち物としてディスクブレーキの自転車に乗ってみるとその制動力に驚いた。一言でいうなら、なんという安心感だろうか。狙ったところにキッチリとまる。その止まり方に無理が全くない。高速から急ブレーキをかけるとき、なんというか、リムブレーキだと「ギャーーーッ」と止まるところを、ディスクブレーキだったら「スーーッ」っという感じだ。止まれー!と思う事がない。(タイヤでの限界はあるけど)レバーを握る力も少なくて済む。ワイヤー式のディスクブレーキでこれなら、油圧式だと自転車の制動力としてはこれ以上のものはないのじゃないだろうか。これ以上だとセンサーで電子的に制動するようなシステムになりそうだ。

 これはロードバイクでも同じことだと思う。ディスクブレーキを使えるなら使わない理由はない。レギュレーションで禁止のとこもあるみたいだけど、世界的な自転車大会でも解禁されているのを見るとその性能はすでに広く認知されているのだろう。
 これから自転車を買う人にはぜひともディスクブレーキをお勧めします。速く走る以上にしっかり止まれる事って大切だから。

 ※B君譲ってくれてありがとう。大切に乗ります。

 日々練成
[ 2018/11/14 06:38 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ダイエットとリバウンド


 目的はなんであれ体重を減らすという意味で減量した人にはリバウンドはつきもの。今まで一日に1500kcal食べていたものを1000kcalにして、毎日10km走れば当然体重は減る。(体脂肪、筋肉も含めての体重)
 なので極端に言えば減量という行為をやめた時点で体重は元に戻っていくわけ。体重を戻さないためには減量を続けていくしかないという事になる。なんとも救いようのない絶望的な話だけど実際は多かれ少なかれ目標体重まで減量してそれを維持していけるというのはかなりの努力を継続する必要がある。じゃどうするの、という話だけど、目標体重を維持するには体重が増えない量の食事を心掛けて、摂取カロリーと消費カロリーが拮抗するように運動するしかない。こんなキツイダイエットをずっと続けろというのか!と言われそうだけど、何年もかけて増やした体重を数か月程度で減らそうとする方がおかしい。そりゃ必ず無理が出てくるっていうもの。3年かけて10kg太ったなら3年かけて痩せるくらい長い目で見たい。だって10kgを3ヵ月で太れってのは痩せる以上に大変だし。

 筋トレでダイエット!とかも良く聞くけど、減量に有効なほど筋トレではカロリーを消費しない。その時間走った方がよっぽどカロリーを消費する。じゃ筋トレは何なんだ、となるが、筋トレによって増えた筋肉がカロリーを消費しやすくなり、結果身体全体の消費カロリーが上がるという理論。要するに燃費の悪い身体になるということだ。しかし消費カロリーが劇的に増えるほど筋トレをしてすぐに筋肉が付くわけじゃないし、スクワットすると脚が太くなって困るほど筋肉はついたりしない。(トレーニーからしたら舐めるなといいたいぐらい)そうするためには数年単位のトレーニングが必要になる。筋トレによる減量効果というのは年単位で効果が出てくるものなのだ。(一時的に筋トレした部分が引き締まることはあるし、筋トレ初心者には効果が大きい場合もある)

 じゃ世の中の減量成功した人は何してるの、という話。
 僕の個人的意見だと、減量成功して体重を維持している人は、強い意志と減量によって得られた喜びによって自分自身をコントロールすることが出来ていると思う。つまり絶対に体重を減らすという意志で目標体重まで減らして、それを達成した喜びと、変わった自身の姿をもとに戻したくないという強い思いを持って努力を継続しているのだ。だから理想の身体を手に入れた人は常に努力している姿が普段の生活態度にも表れる。その努力がさらに素晴らしい身体を作っていくのだと思う。
 
 ダイエット(減量)というのは目標体重まで減らす事ではなくて、目標体重まで減らしてからが始まりなのだ。食べなきゃ痩せる。運動すれば痩せる。そして痩せてからスタート。そこまで考えてダイエットを考えてみると、リバウンドはしないんじゃないかなと思いますけどどう思いますか。

 日々練成
[ 2018/11/13 19:38 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

シューズの進化


 ちょっと機会があって今履いているランニングシューズのmana7とは違うシューズを履いてみたけど、今のシューズというのは本当に進化しているなと感じた。なんだかんだ言ってmana7はもう6~7年前のシューズ。設計になるともっと古い。さすがに名シューズといえど設計や素材の古さは隠せなくなってきた。今のシューズはソールの反発をウリにしているものが多い。初心者でもソールの反発を使って楽に走れるという触れ込みで登場したこの手のシューズだけど、今はトップ選手も反発系を履いている。そして厚底ブームの到来。ブームは作られるものだけど、こうもあからさまになってくるとNIK○というメーカーは本当に商売上手だなと思う。

 ちょっと話はズレてしまったが、反発系素材に関しては賛否あるし言及はしないけど、素材としてはよくできているなと思う。速く走れるかどうかはおいておいて、初心者が楽しく走るという分にはとてもよくできている。楽しく走るという事はとても大切なのでうまいことランニングビギナーを取り込むことができたんじゃないだろうか。

 しかし例の厚底シューズにはカーボン製のプレートが入っているらしい。その反発で推進力が生まれるのだとか。一昔前にアディダスかどこかから出ていた、ソールをばねのような構造にして走るシューズが公式大会で使用禁止になっていたが、それと何が変わらないのだろうか。あのあたりまでくると機材ドーピングギリギリのような気もする。しばらく厚底シューズブームは続きそうです。

 日々練成
[ 2018/11/12 06:35 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

流れに乗れないのか?


 11月半ばだというのに気温が高めで走りやすい日だった。
 昨日のアルコールもしっかり抜けて、ペース走の効果かフォームも少し大きくなった気がする(気がする)いつもと違うコースを走ったけど海の見えるコースもまた良い。疲労抜き程度に走ろうかと思っていたが思いのほか走れたのでそのままペースも上げて走った。

 もう冬がすぐそこまで来ているというのに一向に冬山の準備が出来ていない。というより山にいけてない。今の目標は3月の大会なのでこれでいいのだけど、やっぱり山にかないと何か足りない。一度行き出せばがバーッと行くんだろうけど。今週末はOMMやトレラン大会が各地で開催されていたがそれも興味もなく…。なんだかいまいち流れに乗れないけど自分のペースでやるしかないでしょ。

 日々練成
[ 2018/11/11 21:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

父飲み


 今日は久しぶりに父親と飲みに出かけた。いつもの行きつけではなくて、電車で駅前の繁華街まで遠征。数年ぶりに駅前を訪れた父親はその発展ぶりに驚いていた。クソ田舎でも多少は発展するものです。駅前を散策しつつ飲み屋に入って2軒をはしご。楽しい時間を過ごせました。また行きましょう!

 日々練成
[ 2018/11/10 23:03 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ペース走


 今日は雨の隙間をぬってペース走。
 仕事明けで少し昼寝して起きたら風が強くて走らない気が90%までいってしまった。ぐだぐだしてしまったが、がばっと起きてばばっと着替えておりゃーっという気持ちで外に出る。出たとたんに雨が降ってきたけど外に出てしまえばもう走らない理由はない。
 
 正確に距離を知りたかったので競技場の外周をGoogleマップで計測。そこから1kmあたりのペースを元に1周のペースを計算。1周あたりペースを設定してスタート。走り始めはちょっと苦しいけどスピードに乗ればグイグイ走れる。後半はペースも上がってきて設定を上回ってしまった。
 終わってみれば1kmあたりの設定タイムから5秒から6秒速いペース。良く走れてよかったけど、設定タイムからこれだけ速いのは練習としてはNGだ。とはいえ、思ってたより走れたのでこれはこれで自信になった。これもまた練習の副産物かな。あまりに速く走れたので設定タイムや、距離が間違っていたのじゃないかと何度も確認してしまった。(距離もタイムも合ってました)

 終わって帰宅すると激しい雨。思い切って走れてよかった。やる気なし9割からのペース走はなかなかがんばったと思うw
 もう11月も半ばになる。練習の質も上げていこう。

 日々練成
[ 2018/11/09 21:28 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

ズレ


 最近GPS腕時計の距離計測が少なく表示される。具体的には10kmで2~300mぐらい少なくなる。距離の基準はグーグルマップで計った距離。以前はちょっとだけ長めに(10kmで10mほど)表示されていたので誤差程度に思っていたが、ある時からどんどん誤差が大きくなり今では上記の通りの誤差だ。使っている時計は友人から譲ってもらったポラールの5年ほど前のものだ。まだまだ使えると思っているが、時計でなくて記録を管理するwebがもう更新終了しているようで、しかもweb自体が来年には終了するとのこと。まだ道具は使えるのに管理するサイトが閉鎖されてしまっては悲しい。そしてどうやら距離のズレもプログラムの更新が止まっているためにGPS計測がズレてきているとの話だ。んー、そんなに頻繁に更新している様子はなかったのだけど、PCに記録を移すときに自動的に更新されていたのかな?

 去年はGPS時計を買おうと思っていたらいつの間にかスキーブーツを買ってしまっていた。山仲間が軒並み新しいGPS時計を持っているのを見るとやはり欲しくなるのは人の常。935じゃなくて5Xにしようか。それともカシオにしちゃおうか。迷っているうちが一番楽しいかも。オチはありません。

 日々練成
[ 2018/11/08 06:49 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ダメだった原因を知る。


 今日も通常のランニングコースを走ったが異常に消耗するという事態に陥った。思い当たる原因としては往路の強い向かい風。往路で脚を使ってしまったから復路が異常なほど消耗してしまったのかと思うんだけどそれにしては疲労感が強すぎる。こういう時に原因を追究しておくと後々にとても役に立つのでダメなときこそ反省材料を探すべし。

 色々考えていくと走る前に食べた食事がロールドオーツ(燕麦)だったからだろうか。最近は仕事明けで帰宅した場合、白米ではなくてロールドオーツを食べることがある。腹持ち良くて血糖値の上昇も緩やかなので身体にやさしい。今回もこれを走る前に食べたが、それ以外にエネルギーとなるようなものを食べていない。ロールドオーツは血糖値の上昇が緩やかなので食べてからあまり時間をおかずに運動するとエネルギーとなる時間がないので、食べたのにエネルギー切れとなってしまった説がどうやら有力だ。今回の消耗劇は単純にエネルギー切れだったわけである。(自己推測)
 完全にハンガーノックになってしまうとジェルぐらいを舐めたところで短期に回復はしないのだ。
 
 とまあわかってしまえば何てことはないのだけど、これを放置しておくと次回同じことが起こった場合に何の解決策も持たないことになる。なんでもそうだけど何かイレギュラーな事が起こったらその原因を解明しておくと解決策も取れるし、次回の対策にもなるので練習で良くないことがあったらその都度原因を確かめておくとよいかも。

 過ちは繰り返しませんって、次は負けないって意味だからね。

 日々練成
[ 2018/11/07 19:47 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

体調管理とマンネリの打破


 ウエイトトレーニングを控えてから数カ月経つが、そろそろ再開しようと思う。主な理由は体調管理とマンネリの打破。
 
 ランニングや登山でトレーニングをしてはいるがやはりマンネリは避けられない。当面の目標は来年3月のフルマラソンだが、冬が近づいてくると荒天で練習出来ない日もあるのでそういったときに何もしない日が無いようにしたいという思いもある。
 そしてランニング等ではどうしても体調管理が甘くなり、お酒を飲んだり暴飲暴食が続く日も出てきてしまうが、ウエイトトレーニングをしていると自己の体調管理が厳しくなってそういうことが極めて少なくなるのだ。おそらくはウエイトトレーニングによる男性ホルモンの放出により、より良い自分になろうとする意識が高まってくるためではないかと思う。

 今回は前回のように筋肥大メインではなく、筋持久力の向上をメインにトレーニング計画を立てていきたい。あくまで目標はマラソンであるので、筋肥大で体重増加は極力避けて(増やしたくないのに増えてしまうほど筋トレは甘くねえ!って意見は重々承知です)、冒頭の通り体調管理とマンネリ打破をターゲットとして頑張っていきます。

 日々練成
[ 2018/11/06 06:52 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

これにてTJAR2018おわり


 先日TJAR2018の静岡報告会が無事終了したようだ。記念碑への優勝者プレート掲示イベントも予定通りに行われたようで、これでTJAR2018はようやく終了となった。
 一つの時代が終わって、新しい時代の始まりのような今回のイベントだったが、それを感じている選手、元選手も多いのではないだろうか。かくいう私もそう感じている一人です。
 新たな挑戦。ベテランの苦戦、初参加選手の躍進、新しい攻略法…。ともすれば停滞しがちだったこの大会に新しい風が吹いて、ぐるっと一新されたような大会だった。こうやって新しい時代を迎えていくのかな。
 報告会後の打ち上げで田中正人さんが言っていた、「個人の挑戦の集合体であるために、選手それぞれが自分なりの挑戦をもってこの大会に挑んでほしい」との言葉はその通りだと思う。
 次回はどんな挑戦が見られるのだろうか。この偉大な大会がこれからも続いていくように、僕も敬意をもってかかわっていきたいと思う。

 日々練成
[ 2018/11/05 20:10 ] TJAR2018 | TB(0) | CM(0)

第2回忍者トレイルラン 


 大会当日朝は暗いうちから多くの人が集まってきた。この雰囲気は久しぶり。忍者トレイルは2回目ながらとても人気の大会なので選手は楽しみにしているのだろう。
 僕も準備開始。前日飲み過ぎかちょっとお腹の調子がよろしくない。水分を多めにとろう(さとみん感謝!)そうこうしているうちにスタート前。トランス野郎もコスプレして準備万端だ。初のロングコースなので焦らずいきたいところ。いよいよスタート。出だしはみな飛ばしていく。僕は撮影もかねてアクションカムで撮影しながら走る。最初のロードが終わったあたりからやっぱりお腹の調子が悪い。だましだまし走って最初のトレイルへ。急登が続くが選手に声を掛けながら登る。尾根に着くと快適なトレイルが続き、久しぶりトレラン大会の雰囲気を楽しむ。

 霊山の山頂では大展望が広がって選手も写真を撮ったりしていた。シングルトラックの下りはとても快適。技術のある選手なら快走できそうだ。僕は下りになるとお腹がさらに調子悪い!走ってりゃ治ると思っていたがゴロゴロと雷がお腹の中でなる始末。どうにか下まで持ってくれと願う。
 
 忍者トレイルのコース特徴は里山を駆けて、一旦麓の村や町に降りてから再び里山に入っていくのが繰り返されること。大昔に人々が通ったような村と村を結ぶ峠道や、忍者が修行したかもしれない急峻な道を走る事が出来る。どことなく昔の日本の原風景のような、懐かしくもある雰囲気が感じられるところだ。エイドでは地元の食材や郷土料理がふるまわれた。地元特産の漬物が入ったおにぎりがめっちゃおいしかった。走れる稜線トレイルあり、頑張れば走れる登り、這うような急登、快走できる下り、村の中を通る道では地元の方の温かい応援を受けることが出来るとても素晴らしい大会だ。コースもロングは50km弱。ショートは18kmと初めての選手でも楽しめるし、これから長い距離に挑戦していきたいと思っている選手にもおすすめです。

 とはいう僕は中間のエイドでお腹が限界。いそいでトイレに駆け込むもどうも収まりそうにない…。すこし落ち着けて準備してみるも再びゴロゴロと。水分はとらないといけないけど飲めばゴロゴロ。こりゃ山に入ったら大惨事になるなと思い、残念だけど途中で棄権することにした。情けない結果で大変申し訳ありません…。

 その後は雨宮選手の奥さんにゴールまで送っていただいた。どーにもお腹が良くなく、念のために持ってきた薬を飲む。まさか使うことになろうとは。しばらく寝ていたら回復してきたので選手のゴールを応援しにいく。トランス野郎もぞくぞくゴールしてきた。その後は温泉に入って体を温める。温まってきたらお腹もぼちぼち大丈夫のようだ。
 
 しかしこの、さるびの温泉が素晴らしくよい!とてもぬるぬる、湯上り後は美容液がいらないほどといわれるのが良くわかる。この温泉に入るだけでも価値はあると思う。

 大会夜は後夜祭。これがとんでもなく豪華。地元食材が全然食べきれないほど出てきてお腹いっぱいでは済まされないくらい。後夜祭だけでも参加したいです…。(たくさん残してしまってごめんなさい)
 その後は仲間あつまり夜遅くまで宴会が続いた。僕は体調がいまいちで寝不足なので意識朦朧になって早めに休ませてもらった。

 恵川さん、忍者トレイルスタッフのみなさん、こんな素晴らしい大会に呼んでいただいてありがとうございました。最初から最後まで楽しみっぱなしで申し訳ないくらい。本気で遊べ、のコンセプトがよーくわかりました。遊びは本気なほど面白い。忍者トレイルは大人を本気で遊ばせてくれる、そんな大会でした。2回目ながら来年もずっと参加したいと思える大会だった。北陸や関西からも比較的近いので皆さん是非来年は参加を検討してみてはどうでしょうか。この日程は人気大会が重なっているので、年替わりで楽しんでみるのもありかも?!

 恵川さん、大会スタッフのみなさん。トランス野郎に会場でお会いしたみなさん、楽しい時間をありがとうございました。また来年会いましょう!

 日々練成

wergw.jpeg
 美人くノ一に撮っていただきました。

dgs.jpeg
 中間エイドで限界

wghtgw.jpeg
 ゴールでトランス野郎と
[ 2018/11/04 06:48 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

忍者トレイルラン


今日は伊賀で忍者トレイルランに参加。ちょっと体調がイマイチで結果はDNFだったけどとても楽しめた。とりあえず速報まで...。

日々練成
[ 2018/11/03 21:15 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

忍者トレイル前夜祭

今日は忍者トレイルの前夜祭。トランス野郎と楽しい時間だ。明日はどうなる?!誰も知らない...。

日々練成

201811022154508f2.jpg

[ 2018/11/02 21:55 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

インターバル練習と忍者トレイル


 今日は仕事明けから残業で昼過ぎまで。いつも思うけど残業多すぎやねん。残業では偉い人のありがたい言葉をたくさんいただきました。はー仕事がんばろう(棒読み)

 昼過ぎから雨がぱらついたり晴れ間が見えたりな天気でいまいちテンションも上がらないが意を決して走り出す。今日はインターバル。1000mを5本。6kmアップを兼ねてジョグして、フラットストレートな港湾道路でスタート。向かい風がきつかったり追い風に乗ったりして若干ばらついたが、それでも5本とも設定タイムより5秒以内でまとめてフィニッシュ。陸上競技場ではないので距離が10mほど足りなかったが実測に3秒プラスしてのタイムなので許してくだちい。帰りもダウンを兼ねてジョグで。良い練習になったかな。

 明日から三重の伊賀に忍者トレイルに参加するために移動。恐れ多くも、今回も招待選手として参加させていただけることに。何の実績もないのに招待選手とかお前ナニモンだよと言われそうですが、主催者の趣味ということでこれも許してくだちい。(E川さん(の奥さん)ありがとうございます!)

 先週末にあったばかりの仲間とまた会えるので楽しい時間になりそうだ。TJARの仲間との繋がりはずっと続いていくと思う。あの濃密な8日間を経験した仲間だからこその繋がりだ。(絆とか安い言葉は使わない)
 それではみなさん、伊賀でお会いしましょう!ニンニン。

 日々練成

 
[ 2018/11/01 19:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)