FC2ブログ






スナッフルズのチーズオムレット


北海道のチーズケーキといえば?
某店のフロマージュを挙げるひとも多いだろう。確かに間違いない1品だ。けれどもいい加減色々なところに真似されてその特徴が今では凡庸になってしまった感が否めない。(それでも美味しいけど)
今回の北海道ではフロマージュの他に違うチーズケーキをお勧めされた。それがスナッフルズのチーズオムレットである。
このチーズオムレット、今までにないふわふわとろりとした食感が特徴で、名前の通りまるで半熟オムレツのようだ。味は言わずもがな。北海道産の厳選材料を使ったお菓子が美味しくないわけが無い。
北海道のチーズケーキといえばこれからのスタンダードはスナッフルズのチーズオムレットで決まり!

日々練成

201902281908411e3.jpg
1口サイズだけど、是非フォークで切って食べて欲しい。
[ 2019/02/28 06:01 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

六花亭札幌本店


 話が前後してしまうが、北海道初日は札幌市にある六花亭の本店に行ってきた。
 野郎が入るにはおしゃれすぎて居るのがツライぐらいの店内だったが。意を決して2階の喫茶コーナーへ。ここまいつも並んでいるらしいが、喫茶コーナーに入らなくても気軽にイートインで食べることも出来る。迷わずイートインを選択し、メニューから4種類をチョイス(食いすぎだろ)
 1つ目が言わずと知れたサクサクパイ!賞味期限3時間という店舗販売限定もいいところだ。これはさんざんレビューしてきたのでここでは割愛。
 2つ目は「雪やこんこ、まじりっけなし」このネーミングセンスよ。中身はソフトクリームなのだが、この濃厚さ、そして後味のキレの良さ、舌触りの良さは他のどのソフトクリームもを凌駕していた。残念だけどカルピジャーニ社製マシンも超えてしまいました。サクサクパイの次に衝撃を受けたお菓子だった。
 3つめは雪こん、チーズ(このネーミングセンス)チーズケーキをビスケットでサンドしたものだが、このチーズケーキがまた絶品。あえて少し粒子の荒い感じがチーズの濃厚さ、後味の余韻を長く保ちつつキレの良さを高次元でバランスよく保っている。
 4つめがマルセイアイスサンド。マルセイバターサンドのアイス版といえばわかりやすいが、中身は別物といっていいほど。確かに冷たいのだがアイスとまではいかず、良く冷えたバターサンドに似た何かだ。こちらの濃厚さも素晴らしい。そしてレーズンの酸味、ダブルにサンドされたアイスのボリュームが相まって食べ応えもある。

 4つ全てに1位をあげたいところだが、あえて順番をつけるなら僕の中ではサクサクパイ、雪やこんこまじりっけなし、マルセイアイスサンド、雪こんチーズの順番だった。しかし食べる時期やタイミングが違えばこの順番はすぐに入れ替わるだろう。それくらい僅差の勝負だ。
 なんにせよ六花亭のお菓子は全てが美味しい。次回は勇気を出して喫茶コーナーのケーキを食べてみたい。

 日々練成

IMAG4422.jpg
 野郎にはツライ場所。オシャレな六花亭札幌本店

IMAG4416.jpg
 イートインコーナーで手軽にお菓子を食べられる

IMAG4418.jpg
 そう、これがサクサクパイだ!(何度もすみません)

IMAG4419.jpg
 雪やこんこまじりっけなし。このネーミングセンスはどこからくるのだろうか。

IMAG4421.jpg
 雪こんチーズ 滑らかだけがチーズケーキの美味しさじゃない!

IMAG4420.jpg
 マルセイアイスサンド。ボリュームもあって満足感高し
[ 2019/02/27 18:36 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

小樽の鰊


 小樽を語るうえで欠かせない魚といえば鰊。本州ではあまり馴染みがなく、鰊といえば加工品がメインだが、ここ小樽ではかつて鰊御殿と呼ばれる家が建つほど大漁が続き、鰊によって巨万の富を築き上げた人々がいたという。
 今では以前のような大漁は面影もなくなり、数十年の不漁が続いているとのことだ。本州で鰊の刺身や焼き魚なんてほとんど見る事はないが、今回アテンダントのO田さんの案内で小樽にある鰊を食べさせる民宿食堂に行ってきた。O田さんが激推しするだけあってまるごと一匹の鰊を炭火で焼いた鰊定食は豪快で美味しい。たっぷりの脂と分厚い身がこれでもかと現れる。お腹には数の子がみっちり詰まっていて、骨以外全てが美味しかった。鰊を一匹食べるなんて人生で初めて。しかも美味。北海道はどこにいっても美味しいものしかないのかもしれない。
 小樽の運河やレンガ倉庫も見れたし、短い滞在時間ではあったけど素晴らしく満足した小樽観光だった。

 日々練成

IMAG4472.jpg
 特大鰊のまるごと一匹焼き魚定食。これで1000円ちょっと。小樽おそるべし。
[ 2019/02/26 06:02 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

六花亭サクサクパイ


北海道といえば六花亭。六花亭の店舗限定スイーツと言えばサクサクパイ。数年前にその存在を知ってずっと頭の中にあったのだが、北海道でしか食べられないので機会がなかった。しかしついにその願いが叶った。
念願の六花亭サクサクパイはサクサクパイでした。(これは初日に食べた)その他のグルメも後日紹介していきたい。まずはアテンドしてくれた皆さんに感謝。

日々練成

20190225224147d21.jpg
数年越しの想いが叶う、念願のサクサクパイだ!
[ 2019/02/25 22:45 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

イワオヌプリ

記録的な雪不足の北海道だが、ツアー最終日はやはり期待に応えてくれた。イワオヌプリはパウダーが乗ってとても快適でメロウなドロップだった。ご一緒してくれた皆さんに感謝。これで北海道ツアーの山行程は全てコンプリート。コーディネーターに感謝しかない。(それはまた後日)

毎日が最高の日々で感謝。北海道は裏切らない。

日々練成


201902242156197d1.jpg
2019022421562292b.jpg

20190224215618746.jpg
20190224215616f8d.jpg

20190224215620267.jpg
[ 2019/02/24 21:59 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

ありがとう羊蹄山


ついに来た約束の地。
激パウとはいかなかったけど、それでも格の違いを堪能。楽しすぎてあっという間の1日だった。アテンドしてくれたO田さん、Sオリさんに感謝。コーディネートとしてくれてamatchさんには足が向けられません。休暇はまだまだつづく。ありがとう羊蹄山。

日々練成

20190223195130590.jpg
北海道の朝はカツゲンから始まる

2019022319513102b.jpg
ありがとう羊蹄山。また来るよ。
[ 2019/02/23 19:54 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

天気良すぎ


天気が良すぎて予定の山は変更に。今日は手始めに軽くということで。それでも楽しすぎる日々。今日もありがとうございました。

日々錬成

20190222213116877.jpg
明日行きます
[ 2019/02/22 21:32 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

約束の地


今日は所用を終えて約束の地へ。
素晴らしい仲間と一緒の素晴らしい時間。やはりここは 最高の場所だ。O田さん、SZNさん、皆さんありがとう。
僕は戻ってきました。

日々錬成

20190222012712e3f.jpg
始まりの始まり。


[ 2019/02/21 23:59 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

とりあえず減量成功


 今日は仕事を切り上げて帰宅。
 雨の中外でずっと仕事だったので疲れた。早く帰りたい時に限って仕事が遅くまでついてくるのは仕様か。

 ファスティングも今日の昼で一旦サイクルを終了し、減量もとりあえず一時中断。結果的に減量は1ヶ月で約5kgの減となった。数字だけでなく普段の服やベルトも明らかにゆとりが出て体系の変化もかなりある。ランニングのタイム的にも落ちていないところを見ると減量としては十分成功といえるだろう。そしてファスティングの効果もしっかり出ている。効果は色々あるけど食欲が減ったというのが一番の変化。1日食べないでいると今まではなんとたくさんの物を食べていたのかと思う。いくら運動してもこれだけの食べていれば痩せるわけないかもしれない。減量していなくても節制はしているつもりだったが、ファスティングで食生活がガラッと変わると節制していたつもりでも無駄なカロリー摂取をしていたのが良くわかる。そういう意味でもファスティングはとても良い変化だった。重ねていっぺーくんに感謝。

 明日から少しだけ普段の食事に戻すけど、来週からは再び減量を再開予定。とはいえ今週末で一時的に増えた体重を現在の体重に戻せばそれでよし。来月はいよいよ大会だ。練習も最後の追い込みでがんばりたい。

 日々練成
[ 2019/02/20 21:29 ] 独り言 | TB(0) | CM(1)

冬用ザック新調


 今日は朝から雨だったのでランニングはやめて休養日にした。
 気温は高く4月みたいな雰囲気だ。とても2月とは思えない。もう雪は期待できそうにないかもしれない。まだまだ山にはいくらでも降ってくれればいい。平地に降らなければ問題ないのだ。

 そういえば数年ぶりに冬用ザックを新調した。以前のザックもそれなりに使いやすかったがそろそろいろいろなところにガタがきていた。何より安全を考えると持っていく道具も増える。そうなると少し容量が足りなかったのだ。新しいザックは容量も十分で色々と機能性に富んでいる。そしてフィット感がとても高い。ザックも数年するとこんなに進化するのか。まだデビューましておらず以前使っていたザックから外付けしていたポーチ類を移植して使いやすいようにカスタム中だ。速ければ今週デビューか?新しい道具のデビューはいつもワクワクする。楽しみだ。

 日々練成
[ 2019/02/19 18:25 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

六花亭のチョコマロン


 北海道を代表するお菓子メーカーの一つといえば六花亭。
 マルセイバターサンドが有名だが、その他のお菓子も抜群においしい。そんな中ちょっと前にいただいた六花亭のお菓子でとてもおいしかったのが六花亭チョコマロンだ。ラム酒風味の栗餡をしっとりしたビスケットでサンドしてチョコレートでコーティングしたお菓子だ。構成を聞くだけで間違いないと思うが実際間違いない。六花亭といえばバターサンドだったイメージが僕の中では完全にチョコマロンに移り変わった。しかしまだ六花亭の中には間違いないと思われる選手がいる。それがサクサクパイだ!しかしこのサクサクパイ選手、店頭販売限定で賞味期限はなんと3時間という何ともスペシャルリミテッドエディションな選手。本州に住んでいると通販で食べる事はほぼ不可能だ。いつか北海道に行ったときに食べてみたい…。
ファスティング中は食欲はそれほどなくても、お菓子に対する情熱が色褪せる事はないようだ。

 日々練成

tgrjnryr.jpg
 現在トップのチョコマロン選手。その覇権はいつまで続くのか?
[ 2019/02/18 06:55 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

30代後半からの減量


 バレンタインデーでのチートデイを経てからファスティング連続2日目を終了して体重もしっかり落ちている。
 ファスティングのように極端な減量は通常ならあまりおすすめするようなもではない。しかし20代ならいざ知らす、30代後半へなってきた場合、代謝や運動量の関係でなかなか痩せにくい体質になる人が多いと思う。そんな時、食事制限にして少ない量の食事にするとかえって食欲が刺激されて数日は我慢できてもその後の反動でドカ食いをしてしまう事も多いだろう。
 少しでもカロリー摂取があると空腹感が増してくる。逆に一切のカロリーを絶つと半日ほどで空腹感に慣れてくる。1日我慢すると不思議なもので食欲が減衰してくるのだ。そして2日ほどで一気に体重が減る。(初期減量はグリコーゲンと水分だけど)そうすると楽しくなり減量を続けられるのだ。
 
 年齢を重ねれば重ねるほど減量は苦しく、効果は少ない。ならば短期決戦で一気に落としてしまおう。僕にとってファスティングは合っている減量のようだ。教えてくれたいっぺーくんに感謝。やり方は人それぞれなので、まずはやってみて自分にあった方法を見つけたい。
※くれぐれも糖新生による筋肉減少には注意!

 日々練成
[ 2019/02/17 19:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ウィペットリコール


 ずっと(数年)忘れていたブラックダイヤモンドのウィペットをリコールに出した。
 一昨年ぐらいにリコールがかかり、出さなきゃいけないなとずっと思っていたが無いと困るのでシーズン中はそのままで、シーズンが終わったら放置してしまっていた。そんなことが続いて先シーズンラストに黒部湖でアルミウィペットの下段を紛失。今シーズンはいい加減に修理しないとと思っていたのでいい機会だ。
 元々は二本持っているのだが二本必要なシチュエーションにはいかないので片方は普通のカーボンポールにしている。なので一本は予備として持っているので支障はない。今回のリコールで上段が新しくなり、紛失した下段も新たに購入となったので併せて新品が1本出来上がったわけだ。
 今シーズンフルモデルチェンジしていたが毎年即売り切れなのは品薄商法なのかと勘繰るくらい。使う機会は少ない方がいいに決まっている。ずっと飾りであって欲しい。

 日々練成
[ 2019/02/16 05:47 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

さよなら西田さん


 今日山仲間だった西田さんの葬儀が行われた。僕はいけなかったけど沢山の方々が見送ってくれたらしい。
 僕も少し実感がわいてきて寂しい気持ちになる。雪が溶けたら仲間と共に現場の山に行ってみようと思う。
 さよなら西田さん。ずっと忘れない。

 日々練成
 
[ 2019/02/15 19:12 ] 独り言 | TB(0) | CM(6)

自己防衛


 先日ブルべというサイクルイベントに参加していた男性ロードライダーがトンネル内で後方から軽トラックに追突され亡くなったという痛ましい事故があった。

 このサイクルイベントはブルべと呼ばれ、制限時間内に規定のチェックポイントを経て完走を目指すというもの。コースは公道を使用することがほとんどで、コースも200km以上、中には600kmにも及ぶコースが設定されることがある。公道を走る以上交通事故の危険は当然あるので、反射ベストの着用や後方の赤色灯やライトの装備が義務付けられている。

ブルべに参加するライダーは義務付けられた装備以外にも当然自己防衛は可能な限り行っている。イベントの特性上、夜間に走行する事も多い。ロードバイクが後方から接近する車を避けるのは困難だ。なので後方から接近する車に対していかに自己アピールをするかが大変重要になってくる。

 この事故に遭われたライダーも当然そういった自己アピールはしていたと思われる。しかし追突した車の運転手は「無免許、飲酒(疑い)」であったという。(警察発表)おまけにひき逃げである。追突された自転車は激しく壊れ、事故の激しさを物語っている。
 このように可能な限り自己防衛に努めていても向こうから突っ込んでくる場合はどうしようもない。これを完全に避けるなら自転車に乗って公道を走ってはいけないのだ。しかしそんなことは現実的ではない。

 どんなに自己防衛していても悪意ある行為による事故や、避けられない事による事故は起こってしまう。可能性をゼロにすることは現状不可能だ。ならば自己防衛の手段は全て無駄なのだろうか。それは違う。50の危険性を30に減らすことが出来るならそれはとても意味ある事。ゼロにはできなくとも、可能な限りの自己防衛はすべきだ。危険な遊びをするならリスクを覚悟でやるという事じゃない。リスクは承知で、それを出来る限り減らすというのが自己防衛の意味であると思う。これはロードバイクに限らず、山でも同じだと思う。

 事故に遭われたロードライダーのご冥福をお祈りいたします。
 みんなも自己防衛は可能な限りしましょう。あ、可能であって過剰じゃないぞ!

 日々練成
[ 2019/02/14 18:38 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ありったけの心で、想え


 今日は10kmペース走。
 相変わらず天気は良くなく、雪ががっつり降っている。それでも走るときは小康状態になったので意を決してスタート。今日の設定は4.10/km~4.05/km。減量中でノーエネルギーだったのでスタート前にジェル一本とBCAA20gを補給。出だしはそこそこ走れてスピードに乗ればあとは維持するだけ。それほどきつさは感じずに10km完了。設定内のペースで心拍も安定だ。身体も軽く減量中だがしっかり身体を使えた走りが出来たので良い練習でした。

 先日西田由香里さんの訃報を聞いた後、あまりのショックに悲しさすら感じない状態だったが、葬儀の献花の話を仲間としていると急に現実感が出てきて涙が止まらない。こんな悲しい出来事があっていいのか。しばらく涙がとまらず固まってしまった。あんな素晴らしい人が山で逝ってしまったなんていまだに現実とは思えない。でもそれは現実だし、西田さんはもういないのだ。生きている僕たちはどうすればいいだろうか。色々な考えがぐるぐる回って何を考えていいのかわからない。わからないけど明日は来るし、世界は変わらずに回っていく。今は西田さんとの思いでを思うだけだ。ありったけの心で、想え。

 日々練成
[ 2019/02/13 20:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(1)

明日は今日より素晴らしい身体になれる


 ファスティングとランニングでなかなかの勢いで体重が落ちている。食べていないので当たり前か。思ったほど辛くもなく、うまい具合に食欲をコントロールできている。開始当初より約4kgの減量。グリコーゲンと水分の1.5kgを差し引いても2.5kgは実際に落ちている重量だ。ランニングのタイムも落ちていないので炭水化物に代わって脂肪をエネルギーに変えるスイッチがうまく機能していると思われる。体重を計るなら毎日同じ時間に。僕は毎朝起床直後に計っている。胃の内容物や排泄物で1kg近くは体重が変わるので、いつも同じ条件で計測したい。
 減量で大切なのは体重の数値もそうだけど、何より自分が感じる事が大切。ベルトの穴が減ったとか、身体が軽い、パンツが緩くなった等、僅かな変化を感じ取る感覚が大切だと思う。鏡で毎日自撮りするのもいい。僅かな身体の変化を感じとり、それを達成感と喜びに変えて辛い減量期間を乗り越えるエネルギーにするのだ。明日は今日より素晴らしい身体になれる。

 日々練成
[ 2019/02/12 06:58 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

山で死んではいけない


 友人が山で亡くなってしまった。
 西田由香里さん。TJAR2014の選考会で初めてお会いしてからTJAR2014本戦も一緒に。僕はリタイアしたけど、静岡市街を進む西田さんに会ったとき「がんばったね」と言ってくれたのを覚えている。その後何度か飲んだり一緒に山スキーに行ったりして、いつお会いしても明るく楽しく迎えてくれた。しばらく会っていなかったけど、フェイスブックにコメントすると「また一緒にスキー行こう!」と誘ってくれていた。こんなことになってしまって本当に残念だ。

 まだ何も状況はわからないけど、どんなに気を付けていても事故にあってしまうことはある。ずっと事故にあわないかもしれないし、次の瞬間起こってしまうかもしれない。そんなことは誰にもわからない。西田さんが亡くなっても世界は通常運転だし、世の中は何も変わらない。

 ただただやりきれない。なんでだよ、としか言えない。山で死ぬなんて最低最悪だ。山で死んではいけない。

 日々練成
[ 2019/02/11 18:11 ] 独り言 | TB(0) | CM(4)

何やってんだよ


  また一緒にスキー行こうって言ってたじゃん。何やってんだよ。

 P1030662.jpg


 
[ 2019/02/10 06:14 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ファスティング中のランニング


 今日は仕事明けで20kmランニング。
 寒波が入ってきて北陸も寒い一日だ。朝は雪がちらついて氷も張っている。昼前に準備してランニング。最近はファスティング(簡易断食)中なのでパワーが出ない。てかグリコーゲンゼロ。なのでエネルギー切れを想定したランニングで走る。うまい事朝飲んだココナツオイルがエネルギーになっているのか中鎖脂肪酸がエネルギーになる独特の感覚が出てくる。グリコーゲンほどではないけど慣れてくるとある程度の巡航速度は出せる。(それでも炭水化物には遠く及ばないけど)
 途中ジェルを一本入れる。糖分を取ると途端にパワーが出てくるのが分かる。こういうジェル系は普段効果はわからないけど、エネルギー枯渇状態でいれるとその効果がよくわかる。その分腎臓に負担がかかると思うけど…。(某山岳アスリートはショッツの飲み過ぎで糖尿病になっているらしい)
 前半は抑え気味で後半少し上げてゴール。グリコーゲンゼロの状態からジェル一本なら上出来のタイムだ。うまい事脂肪を使えてると思われる。だけどこれはあくまで減量のためのランニング。マラソン練習ではない。気が付けば大会まであと一ヶ月。これからは体重を落として走るペースも上げるキツイ練習になる。気持ちで負けないように反骨精神でやっていこう。

 日々練成
[ 2019/02/09 19:25 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

スキーインナーブーツの臭い


 スキーのインナーブーツは汗で蒸れたりしてかなり汚れるのに洗濯方法が難しい。長時間履いた時や、シーズン終わりに仕舞う前などは洗濯してしまうけど、特に短い時間だけ履いたりしたときは洗濯や乾燥の手間を考えるとなかなかマメにやろうと腰が動かない。気になるのは汚れよりも臭いで、放置すると大変なことになる。消臭スプレー等も一時しのぎですぐに臭いが復活してくる。そんないやな臭いの消し方で僕が使っているのは次亜塩素酸ナトリウムだ。これを容器にいれて揮発しやすい状態にしてインナーブーツをさかさまにして被せておく。1時間ほど放置すれば臭いがきれいに消えている。少し塩素の臭いが気になるけど、自然乾燥させておけば塩素の臭いも消えるのでおすすめ。次亜塩素酸に代わって二酸化塩素水でも同じ効果だ。(こちらは少し高い)薬局やネットで安く買えるので洗濯するほどでもないけど臭いが気になるという人は試してほしい。ちなみにインナーブーツの洗濯は風呂場で豪快にジャバジャバやります。そのあと洗濯機で脱水して自然乾燥。型崩れ?気にスンナ!

 日々練成
[ 2019/02/08 06:58 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

スキーシールのグルー張り替え案


 先日の銀杏峰で乾さんがシールのグルー(接着材)を張り替えたと言っていた。
 確かに真新しいグルーで粘着力もしっかりしているようだ。シールはグルーが命でこれがしっかり張り付かないと大変なことになる。場合によっては遭難の危険もある。僕も山行前にはアイロンをかけてグルーの粘着力を回復させている。しかしS7に使っているシールはかなり使い込んでいるのでシールの両端のグルーがそろそろ寿命かもしれない。最近はシールを剥がすときに両サイドに雪が詰まっている事がほとんど。粘着力がなくなっているということだろう。サイドだけなら自分でやる事も可能だ。しかし補修用にチューブ入りのグルーはあるのだけど、グルー自体がかなり使い込んでいるので僕も貼り直しをしてもらおうと思う。自分でやる手間を考えたら専門業者にやってもらったほうが安いし早いし安全だ。山に行くときは不安のない道具で行きたい。

 日々練成
[ 2019/02/07 18:38 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

銀杏峰 志目木谷(山スキー)


 以前から約束していた乾さんとの銀杏峰へ山スキーへ。
 ずっと行きたかった志目木谷。銀杏峰の山スキーといえばこの谷がメッカだ。何度も銀杏峰に来ているけど実はこの谷を滑ったことはない。単独で谷を登るのは怖いし、尾根沿いに登ると谷の上部しか見ることはできない。登るときに見えない斜面を滑るのは怖いのでなかなかチャンスがなかった。今回、白山北部管理人の乾さんがこの谷を案内してくれるというのでインスペクションを兼ねて志目木谷を登ることにした。

 ここ数日続いた暖かい日でおそらく山の雪はやられてしまっただろう。朝6時に集合して腹ごしらえをしたら谷の末端である水車小屋へ。もう見るからに雪はない。例年5月のGWより雪はないかもしれない。7時に水車小屋をスタート。登り出しから雪はグサグサでそこらじゅうに地面が見えてる。林道はコンクリが見えているし時々割れているの状態だ。右手に見える堰堤からはザーザー水が出ている。とても谷が埋まっているとは思えない。
 末端の堰堤を過ぎて橋に到着。本来ならこの橋からダイレクトに谷を登るのだけど全く雪はなく谷がばっちり出ている。仕方なく右岸を行く。激藪で進まないし、そこらじゅう雪切れで前に進むのも難儀だ。1時間半ほど登ったところで志目木谷の二股が見えた。遠望するが更に雪はなく繋がっていない。これはもう無理だ。乾さんと話して地形や谷の感じをインプット。今日は来シーズンの偵察ということで終了。シールのまま来た道を戻る。
 
 杉の枝やブナの実でシールが汚れまくり。おまけに帰りの林道を滑っていたら石でソールをやってしまった。途中ストックの先端を落とすアクシデントまであって(無事回収)最後まで気が抜けない山行だった。

  山では虫も出ていたし木々は芽吹いている。鳥が魚を探して谷を飛んでいたのですでに自然は春のようだ。乾さんが言っていたが、亥年は雪が少ないらしい。12年前も雪不足だったとか。自然は年の獣に優しいのかな。そういえば猪の足跡がたくさんあった。今年は低山での山スキーは終了かな。
 来シーズンに向けての課題が出来た。偵察すれば地形や危険個所も良くわかった次は滑る事が出来る。そう思えば悪くない。
 案内してくれた乾さんありがとうございました。今年も登山道整備手伝います。

 そうそう、乾さんが提唱した白山サミット(山頂でなくて会合)が3月に開催されます。白山北部の登山道を中心にどうやったら素晴らしい白山と共生できるか。お互いの意見を発表する場が設けられました。興味のある方は是非ご参加ください。

 詳細は乾さんのブログにて

 日々練成

IMAG4389.jpg
 水車小屋にて。乾さんよろしくお願いします。

IMAG4390.jpg
 志目木谷下部。雪ねンだわ

IMAG4391.jpg
 右俣左俣の合流地点を望む。雪切れにつきここで終了

IMAG4392.jpg
 帰りに見た荒島岳には奇妙な雲がかかっていた

IMAG4396.jpg
 帰宅して汚れたシールを洗濯。これやらないと杉の葉の油でギトギトになるんです。


 
[ 2019/02/06 18:48 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

写真機は要らないわ五感を持ってお出で


 そういえばいつの間にか山で写真を撮る事も少なくなった。
 以前は山の写真を記録しておきたいと思って事あるたびに写真を撮っていたが、今では山頂の記録用に一枚撮るくらいだ。(パーティで行ったときは除く)
 これは速行登山で写真を撮る時間がもったいないとかではなくて、いくら高い技術と良いカメラで写真に収めてもその時感じた気持ちや目にうつった風景は写真では説明できないからだと感じているからかもしれない。決して写真を否定するわけではない。素晴らしい山の写真は人々を惹きつける魅力を持っている。僕はそんな素晴らしい写真を撮る技術も機材も気持ちのないので、自分でやろうとは思わないというだけだ。代わりと言っちゃなんだけど、その時の風景はしっかり記憶に刻んでいる。人の顔と名前を覚えるのは超苦手な僕だけど、不思議と山の中での風景やすれ違った人の背格好なんかは良く覚えているのだ。登山道の変化を見逃さず帰りも間違えずに帰ってこようという気持ちもあるのかもしれない。

 一眼レフカメラも手軽に使え、コンデジでもかなり高精度な写真が撮れるようになってきた。だからこそ風景を見た瞬間カメラを構えるのではなくて、本当に良い景色は自分の眼でしっかり見て、記憶にとどめたい。写真に撮った瞬間満足して風景から目を逸らさないようにしたい。

 日々練成
[ 2019/02/05 18:48 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

そっと立ち入る初めての道に震えて冬を覚える


 ふっ、と昔山にいっていた事を思い出した。
 初めてのテント泊縦走は白馬連峰だった。猿倉から入って遠見尾根から降りる2泊3日の行程。猿倉の駐車場では同県の夫婦と一緒になり話が弾んだ。不帰ノ嶮は気をつけなさいよと気遣ってくれたのを覚えている。山用の軽量なウェアやコンパクトなテントなんて持っていなかったから新しく買った70Lザックはパンパンで、大雪渓を登ると途中で足が小鹿のようになっていた。白馬岳は強風。杓子岳と白馬鑓をみるとスポーツ店のポスターまんまの構図に感動した。白馬鑓の山頂では単独のお姉さんと話が弾み、天狗山荘でのテント泊は最高に楽しかった。翌朝天狗の大下りへ行く稜線で左手遠くに富士山が見えてこれも感動。不帰ノ嶮は何ともなく通過して、唐松岳の山頂から人がたくさん増えてきて賑やかになった。唐松山荘はおしゃれで登ってくる人々もみなカラフルなウェアで賑やかだ。昼過ぎには五竜山荘に到着。受付に貼ってある混雑時の寝方の張り紙を見てここは地獄かと慄いた。荷物をデポして五竜岳を往復。夕日が沈む剱岳がとても美しかった。夕食を作っているとMSRのガソリンストーブを燃焼失敗させて火だるまにしている人がいた。天狗で泊まった時もだけど夕食のメニューをあまり覚えていない…。確かパスタだったかなぁ?回りは楽しく宴会していたが僕は単独だったので早々に就寝。翌朝風が強くてテントの中もじゃりじゃりになっていた。朝はおしゃべりなおっさんがブロッケン現象が出ていると叫んでいて、ガスガスの中早々に遠見尾根を下った。途中で一緒になった方は白馬のホテルオーナーの方で、ゴンドラで降りるとタクシー乗り場まで送っていただいた。なんてホテルだったかなぁ。そこからタクシーで猿倉まで帰った。なんてことない2泊3日だったけどその時はやりきった充実感で溢れていた。降りてすぐ次の山に行きたいと考えていた。

 昔は良かったなんて言うつもりはないけど、当時は当時の楽しみがあって未知の山にルートを描く時間が素晴らしく充実していた。速く遠くに、も楽しい。でも一通りそんなスタイルを経験してみたら次は昔のように山を歩くのもいいと思う。速く歩いてもゆっくり歩いても見える山は同じ。だけど感じ方は違う。今シーズンは今まで速くしか歩いていなかったルートをゆっくり歩いてみたいと思う。

 日々練成



[ 2019/02/04 06:39 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

今日現在(いま)が確かなら万事快調よ(根上駅伝)


 2年ぶりの根上駅伝。
 駅伝の距離の練習なんて皆無だしキロ4分を切る練習すらしていないけどどうなることやら。

 仕事明けで会場に駆けつけてどうにか間に合った。今日のメンバーはkouさん、山ちゃん、TKD君。応援にマッハんさんとムロさんも来てくれた。がんばります。
 軽くみんなでアップがてらにジョグしたら各々のペースでアップ。スタート5分前にスタートラインに集合するとすでに第一走のkouさんは最前列に陣取っていた。安定のポジション。いよいよスタート。kouさんはいいペースで走っていった。10分後2走の山ちゃんに襷を渡す。襷は今回から計測チップ入りになったようだ。山ちゃんが走っている間に僕も最後のアップで心拍を上げる。帰ってくるとTKD君がスタートするところだった。2分ほど前にスタート付近で待機。TKD君がゴールに駆け込んでくる。襷を受け取ってスタート。減量中なのでエネルギー不足だがスタート前にとったハニーアクションジェルの効果か思ったより身体は軽い。ペースは3.30前後を維持して1km通過。そのまま直角コーナーを曲がって2km。ラスト1kmで前の人についていったけどペースを合わせてしまってペースアップできないままゴールまで。(これは反省点)ラストはみんなの応援を受けながらゴール。

 練習無しで減量中というコンディションだったけどまあまあ走れたので良しとしよう。みなさんお疲れ様でした。
 今日は疲れた。プロテイン飲んでチートデイ!

 日々練成

1.jpg
今日のメンバー

2.jpg
 スタート。安定の最前列

3.jpg
 1走のkouさん。速いー

4.jpg
 2走山ちゃん。ナイキのヴェイパーがまぶしいぜ!

5.jpg
 3走TKD君 襷は広げてわたせ!

6.jpg
 アンカーワイ。マッハさん写真ありがとうございました!


 
 
[ 2019/02/03 17:39 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

体内グリコーゲンの枯渇からの減量


 カロリーをかなり制限しているせいか体重がなかなかの勢いで減っている。
 カロリー制限するといきなり1kg~1.5kg体重が落ちるが、これは体内グリコーゲンが減るに伴ってグリコーゲンに結合している水分が失われるから。グリコーゲン1gに対して水分が3g結合しているといわれる。正常な成人男性であれば筋肉、肝臓、血液中に合計約500gのグリコーゲンが蓄えられているので、体内のグリコーゲンが枯渇すると500g×3gで約1.5kgの体重が減ることになる。減量初期に減る体重とほぼ同じだ。いきなり体重が減って喜ぶ人も多いけどこれは貯蓄されていたエネルギーの元が無くなっただけで脂肪が減ったわけではないので注意。

 大切なのはここから脂肪をいかに減らしていくかだ。あまりに糖質を制限すると筋肉を分解してエネルギーを作り出す糖新生が活発になってしまう。糖質(炭水化物)は最低限は取るべき。この最低限という量は人によって違うので自信を実験台にして試すしかない。とりあえずおにぎり一個ぐらいから始めてみて段階的に減らしていくといいかも。勿論BCAAは大量に。僕は50g/一日を目安にしている。

 僕の場合はある程度勢いをつけて体重を落とさないと体が低エネルギーになれてしまって痩せなくなっていしまうのだ。山で長時間行動するならこれは便利だけど、体重を落としたい時などはいくら運動して食事制限しても低燃費モードでは減量効果は薄い。低燃費モードでも脂肪を使わないといけないくらい一気にカロリー減らすことでメリハリのある減量ができるのだ。

減量は自分自身の実験。テレビマスコミのダイエット法はほぼウソであるといえるので、王道のやり方は踏襲しつつ、自分自身で試していくしかない。あと、絶対に体重を落とすという強靭な意思。デブは甘え。

 日々練成
[ 2019/02/02 06:18 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

風邪予防にグルタミン


 朝起きるとうっすら雪が積もっていた。夜はかなり冷え込んだのだろう。
 仕事明けで帰宅。午前中は雪がぱらついていたけど昼からは青空も見えだした。気温は低く寒いが、今日も元気に短パンランニング。とはいえ週末は駅伝があるので軽めに11kmだけ走った。そのあと陸上競技場外周を一周だけ全力ラン。久しぶりのスプリントで脚が重くなるあの辛い感覚を思い出す。何年かぶりの駅伝だけど減量中でパワーが出ないながらもなんとか走り切りたい。

 そういえば先日の山スキーもパワー不足だった。減量中で筋肉中のグリコーゲンが枯渇した状態であったので出だしから脚に力が入らなかった。適宜糖質を補給していたけど全体的にエネルギー不足は顕著で汗ばかりかいて全然進まずな状態であった。ラッセル要員であったのに貢献できずで残念…。次回があればエネルギー満タンで貢献したい。

 ところでインフルエンザが流行っている。風邪やインフル予防で栄養的な自論を語ると、ビタミン類は勿論のこと、グルタミンも大量摂取が良いと思っている。グルタミンはメタアナシスにより、免疫系のエネルギーとなる事が期待されている。大人なら15g/1日を摂取すると効果が期待できる。幸いグルタミンはそれほど高価なサプリメントではないので、インフルエンザ予防のためにマルチビタミンと共に試してみる価値は大いにあるのと思う。
 特に強度の高い練習のあとは免疫機能が低下しやすいので、たんぱく質、マルチビタミン、Lグルタミンで免疫力を高めたい。

 日々練成
[ 2019/02/01 19:00 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)