FC2ブログ






プロテインについて


 このブログでも何度となく書いてきたが、今一度この件について言及したい。

 プロテイン(ここでいうのはホエイプロテインパウダー)はただのたんぱく質であり、薬物ではない。
 たんぱく質の英語訳がプロテイン(Protein)である。ちなみに炭水化物はカーボ(ハイドレート)(carbohydrate)、脂質はファット(fat)だ。

 プロテインはただの食品だ。肉や卵を食べるのと何も変わりは無い。ただ効率よくたんぱく質を摂取できるのでスポーツをしたり身体を作ったりするうえでとても便利で欠かすことの出来ない 食品というだけだ。
 しかし未だにプロテインをステロイドホルモンと同じように思っている人は少なくない。そして薬物とまではいかないまでも、プロテインを飲めば痩せたり筋肉が付くと思っている人も多い(そっちのが薬物やんけ)
 トレーニングの後にプロテインは欠かせないが、それ1回飲んだだけでは効果は薄い。そして1か月ぐらいでは効果は目に見えてこない。週1~2回の良い汗かいたレベルのトレーニングでそれぞれ1回プロテインを飲んだからといって雑誌のモデルのような体つきになれるわけがない。少なくとも疲労困憊になるようなトレーニングを週3回以上して、1回30グラム程度のプロテインを1日3~5回毎日飲み続けて3ヵ月でようやくちょっと見た目に変化が出るかな?といった程度のものだ。プロテインを飲まなかった人と比べて違いが分るかなあ?レベルの話でしかない。劇的に変化が出たりするものではないのだ。

 人間の身体なんて劇的に変化することは殆どない。もしそれがあったらそれは明らかな異常でありプロテインより病院に行くべきだ。身体づくりというのは本当に小さな小さな努力の積み重ねでしか成しえないのだ。プロテインの他にも栄養をしっかりとって、正しいトレーニングを地道に積み重ねてようやく違いが出てくる。それを一瞬で得ようなんて考えは甘い。

 もう一度いうけどプロテインはただの食品。たんぱく質が多く含まれた食品だ。薬ではないし、飲んだからといって劇的な変化が出るわけじゃない。けれども努力の積み重ねにプラスになるのは間違いないし、飲んだ方が良い結果が出るだろう。僅かな違いかもしれないけど、それに価値を見出せるかは人それぞれ。その違いに膨大な資金と時間と努力を注ぎ込める人に僕は敬意を表します。

 日々練成


[ 2019/05/07 06:33 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)