FC2ブログ






カスピ海ヨーグル…その2


 前回話したカスピ海ヨーグルトのこと。
 カスピ海ヨーグルトは独特の粘りがあって酸味が少ない味がうけて少し前にブームになった。しかし一過性のブームによってすぐに世の中からは忘れ去られていたと思う。今回腸内環境の事を少し勉強していたらカスピ海ヨーグルトに関する文献があったのでざらっと読んでみた。なるほど、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌は腸内でとても良い働きをしてくれるのか(端折り過ぎだろjk)

以下ウィキペディアより転載

ヨーグルト特有の粘りを生み出す菌体外多糖を産生することで、腸管内の状態に良い影響を与えているのではと考えられている。その他、整腸作用、ストレスによる肝機能の低下やアトピー性皮膚炎の抑制、免疫賦活作用、血中コレステロール値の改善、や血糖値上昇抑制作用など、様々な健康効果が報告されている。最近では、普段の食生活と体調との関連性を調べた疫学調査により、カスピ海ヨーグルトの摂取量が多いほど発熱や喉の痛みなどの風邪の症状が軽くなることが報告されている。また、インフルエンザの予防接種において抗体価を高める効果や、動物試験によりインフルエンザウイルス感染後の重症化が抑制されることも報告されている。

 カスピ海ヨーグルトの主な菌であるクレモリス菌FC株は乳製品の中で唯一生きて腸まで届く事が確認されているという。
 参考PDF

 他の文献にもカスピ海ヨーグルト独特の乳酸菌が腸内環境を改善することで免疫系を向上させるということがざらっと謳われている。口内炎も免疫力の低下が一因と言われている。つまりカスピ海ヨーグルトを食べ始めた頃から口内炎が出来ていないのも偶然ではないという証左ではないだろうか。

 まだまだ2ヶ月にも満たない期間なのでエビデンスとしては短い。もう少しカスピ海ヨーグルトを食べ続けてその経過を観察したいと思う。

 そしてカスピ海ヨーグルトは自宅で培養できるのもうれしいポイントだ。買ってきたカスピ海ヨーグルトを消毒した容器にいれて牛乳を入れて常温(25~30度)で24時間ほど保管するだけ。(詳しくはggr)一回で種菌を覗けば1リットル以上は増やすことが出来る。種菌は別にとっておいてまたそこから増やしていけばいいので、一度ヨーグルトを買えば10日程は培養して増やすことが出来るのだ(どんどん菌が弱るので4~5回でやめている)

 体感効果もあってコストパフォーマンスにも優れているカスピ海ヨーグルト。一度皆さんも試してほしいです。

 日々練成

IMAG4824.jpg
 我が家のカスピ海ヨーグルト達。(種菌はフジッコのカスピ海ヨーグルト)
 左が種菌として培養。右は常食用としている。増やすコツは容器をしっかり殺菌すること。

 
 
[ 2019/06/25 19:37 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)