FC2ブログ






焼岳回想


 焼岳は冬には何度も行っているが夏に登るのは実は初めて。
 しかし冬と夏を比べてもそんなに雰囲気が変わる事はなかった。冬に何度か登っているせいか地形も見覚えがあり、見える景色も見慣れた上高地の風景だ。違う事といえば自由にルートがとれなくて登山道を歩かなくてはいけないという事(当たり前だけど)
 冬の焼岳は広大な斜面が広がり、ルートも基本的には自由に登れる。斜度もそれほどではないので登りも滑りもとても楽しめる良い山だ。しかし冬は4回登って登頂したのは1回のみ。あとは悪天候に阻まれて途中で滑りに切り替えている。なので今回の登頂は久しぶりという事になる。

 夏山だとコースタイム3時間でアルプスらしい高度感のある岩稜帯と優大な景色を味わえるとあって人気のコースだ。今回も登山ツアーの団体が何組か登っていた。なるほど、関東関西からアクセスも比較的良いし手軽に登れて下山後は温泉もセットならそれは人気が出るコースだろう。あいにくのガスガスで展望はなかったものの、登った人はそれぞれ楽しめたのではないだろうか。

 冬に行っても夏に行っていない山に登るのは初めてかもしてない。冬とはまた違った楽しみがあるのでこういう発見も面白い。

 日々練成

IMAG4872.jpg
登山口近くにある朽ち果てた自動車?冬は全く見えなかったので初めて見た。安房トンネル工事の名残だろうか。
[ 2019/07/30 06:15 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)