FC2ブログ






それ、ストック短くない???


 ストックの長さって。

 良く山で思うのがストックの長さ。
 特に中高年の登山者のストックの長さ。長さが調節式にもかかわらず適正な長さより短いのでストックを有効に使えていないのをよく見かける。ダブルストックの利点は登りで推進力を生むことだ。下りでは膝への負担を軽減してくれる。にもかかわらず適正な長さにしていないので上半身が腰で折れてそれを支えるためだけの役割しかしていない。(おばあちゃんの杖のアレ)本来のストックは脇を締めて身体の横から後ろにかけて推進力を生むのが効率のいい使い方だ。ストックが短いと上半身がくの時に曲がり、推進力を生む前に上半身を支えるだけに終始してしまいストックから推進力が生まれていない。これではせっかくのダブルストックも役に立たない。

 登りでは肘が90度曲がるくらいにストックの長さを調整しましょうと書いてあるのを見るけど、あれでは短いと思う。ストックから推進力を発生させるには+5cm、いや10cmしてもいいと思う。
 自分の足を接地する一足分くらい前の位置にストックを突いて、脇を締めつつ身体の横をストックが通過したぐらいに後方に向けてストックを押す。スキーのノルディック走法に準じた使い方だ。登りで難しかったら一度平地で練習してみるといい。後方に押す事で推進力が発生するのが良くわかると思う。登りも同じで、前にストックを突くのではなく、せいぜい歩幅一歩以内。力を入れるのはストックが身体の横を通過したタイミングで下方へ向けて押す。これで登りの推進力が生まれる。

 ストックが短いと押す距離も短いし力が入らない。ストックをしっかり有効活用するためにも、一度長さを伸ばしてみることをお勧めします。

 日々練成
[ 2019/08/31 06:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(4)