FC2ブログ






富山県南砺市の干し柿が最高


 ペース走。10kmを4.03/km設定。
 ちょっと重めで中盤タレそうになったけど設定はクリア。終わってみたら3.59/kmでPR更新でした。心拍もそこまで上がらなかったので、この時期このペースならもう少し伸ばせそう。目標をもって練習しよう。
 
 話変わって柿が好きです。子供の頃は酸味のないフルーツが苦手だったけど、年を取って味覚が変化したのか柿が美味しく感じるようになった。となりまちが柿の名産地と知ったのもここ数年だった。しっかり管理された柿はとても甘くておいしい。生だと固めの柿で、加工品はやっぱり干し柿。カラカラにまで干したやつじゃなくて、ちょっと中が柔らかいぐらいが好みなのです。干し柿は山の行動食にもいいし、栄養価もとても高い。二日酔いにも良いとか。甘柿もあるけど、通常は渋柿を焼酎や二酸化炭素で甘くして出荷するらしい。木材も高級木材として利用されている。(だからなんやねん)

 干し柿は日本各地で作られているが個人的には富山県南砺市で作られている干し柿、あんぽ柿が最高だと思っている。個人で食べるのはもちろん、贈答用としても価値が高い。立山の帰りには南砺市の干し柿を食べてみてはどうだろう。

 日々練成


 
 
[ 2019/11/13 18:56 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

昼寝はいいぞおじさん「昼寝はいいぞ」


 昼寝はいいぞおじさん「昼寝はいいぞ」
 仕事中の昼休みは昼寝を15分ほどする。そうすると頭がすっきりして午後の仕事への入りが違う。わずか15分ほどだけどこれがあるとないとでは午後の仕事のクオリティにも影響してくるのだ。お昼ごはんはそんなにがっつり食べる方ではないのでお腹がいっぱいになって眠くなるということはあまりないけど、それでも15時過ぎぐらいには誰しも一度は睡魔がくるだろう(そんな事ない?)お昼ごはんはさっさと食べてしまって残りの時間を昼寝にあてるべし。そして出来れば横になって寝たい。椅子で寝るのもいいけど睡眠の質は低い(と思う)人のいない場所の床にテント泊で使うマットでも引いて目をつぶれば数分で落ちる。15分後にアラームをかけておけば意外とスカッと起きられるものだ。
 午後の仕事のクオリティがイマイチ上がらないという人は是非昼寝を試してみてほしい。あ、30分以上寝ちゃうと逆に眠気が残るので注意。寝る前にコーヒーでも飲んでカフェインが効いてくるころに起きるとマストであろう。お試しあれ。

 日々練成
[ 2019/11/12 18:29 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

Mountain and node's Activity(MANA) miniポーチ2.0&サコッシュ


 個人製作でUL財布やポーチを製作しているMountain and node's Activity(MANA)さん。MANAさんが販売しているminiポーチをサコッシュに改造していただいた。
 MANAさんは個人でX-Pacやキューベン等の生地を使ったUL財布やポーチを製作されている。今回メルカリでminiポーチを見かけてサイズ感や使い勝手が良さそうなので購入させていただいた。当初はアルファ米は入れて保温しようとおもっていたが、思った以上に使いやすそうだったのでサコッシュに改造してくれないかMANAさんに相談してみたところ快く了解してくれた。待つこと数日、出来上がったサコッシュが届いた。わざわざ縫製をバラして新たにショルダーストラップを付けてくれて、その手間に感激。
 早速スマホや財布を入れてみると素晴らしくジャストな使用感。シンプルで軽く、マジックテープで開閉できるフラップが片手でも使えて大変良い。価格も良心的で(改造も含めて)今後ともお世話になりたいと思った。

 興味のある方はメルカリで販売中なので是非どうぞ。

 MANAさんの販売サイトはこちら。
 MANAさんのメルカリはこちら。

IMAG5233.jpg
 フロント部分。鮮やかなオレンジのフラップが綺麗。
 本来ならポーチだが、ショルダーストラップを追加していただいた。


IMAG5234.jpg
 裏側。カモ柄(ツリーカモフラージュ)がとっても綺麗。カモ柄好きなのです。

IMAG5235.jpg
 マジックテープで開閉。片手が塞がっていても開けることが出来てとってもGut

IMAG5236.jpg
 マチがあるので容量が大きい。そして物を入れると自立するのが嬉しいポイント。

IMAG5237.jpg
 500mlペットボトルと大きさ比較

IMAG5238.jpg

 500mlペットボトルと大きさ比較
[ 2019/11/11 06:43 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

競技生活に一区切り


 今日は子供の高校最後の試合。(正確にはもう少しあるけど)残念ながら負けてしまって優勝はならず。12年間の競技生活に一区切りだ。これから先は社会の厳しい世界が待っている。部活なんか目じゃないぐらいキツイことだってあるけど、生きていくなら誰でもやらなくちゃいけないのだ。自ら苦労は買わなくていいけど、楽なだけでは成長もない。適度に自分を律して頑張ってほしい。

 日々練成
[ 2019/11/10 17:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

冬山での手荒れ対策


 手荒れのシーズン到来。
 これからの季節は手荒れとの闘い。特に冬山ではグローブを外したあととかは指先がガッサガサになる。そんな時おすすめのハンドクリームがこれ。

 まずはロクシタンシリーズ。中でもシアハンドクリームが日常使いにとても良い。(とはいえ高いので特に荒れた時だけど)さとみんに紹介してもらって以来、家に常備は勿論、車の中や職場にも置いてある。セドラシリーズの香りも好きです。シアバターがとても良く馴染んで使い心地が良い。中にはシアバター100パーセントなんて贅沢なクリームもあります。これは手荒れのエリクサーなのでさとみんから頂いた専用スプーンでちょっとずつ使ってます。ロクシタンシリーズは種類もたくさんあるので選ぶのも楽しい。超おすすめ。
 
 そして冬山の前後に欠かせないのがNKTさんから教えてもらったロコベースリペア。これは特に荒れた時に威力を発揮。山行前に塗っておくとグローブの中で手が保湿されて保温力も高まる気がする(気がする)手荒れがひどくてささくれまくりな時にはこのロコベースリペアが有効です。ロクシタンシリーズがリジェネならロコベースリペアはケアルガって感じ。

 下山後の温泉の後なんかは肌の乾燥が悲惨な状態になっている。冬山に限らずこれからの乾燥する季節には肌の保湿は最優先。どちらもおすすめなので用途に合わせて使ってみては。

 日々練成
[ 2019/11/09 06:10 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

Wikipediaでお勉強


 みんな大好きWikipedia。
 インターネットで閲覧できる百科事典である。誰もが編集できるのが特徴で(正確には誰でもではないが)その分野の識者によって執筆される内容は非常にレベルが高い。そんな中でも極稀に優秀な内容の項目が出てくる事がある。内容の詳細や多彩さは言うに及ばず、非常に読ませる文章で、その道のプロが執筆したと思わせる内容だ。一部ではWikipedia読み物と呼ばれ、その項目は百科事典というよりもはや読み物としての地位を確立している。そんな中でも極めてレベルの高い内容を今回紹介。俗にいうWikipedia三大読み物だ。

三毛別羆事件
地方病(日本住血吸虫症)
還住 (青ヶ島)

番外編
八甲田雪中行軍遭難事件

 以上の三つ+1がWikipedia三大読み物(+1)と呼ばれている。(異論は認める)
 どれも百科事典というよりとても面白い読み物となっているので是非読んでみてほしい。そして面白いWikipedia読み物も探してみてください。

 日々練成
[ 2019/11/08 18:20 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

高熱隧道を読んでから水平歩道へ


 高熱隧道を読んだのはいつだったろうか。
 黒部ダムや仙人谷ダムの歴史はとても興味があり、資料なども良く見ていた。黒部ダムばかりが注目されがちだが、実は仙人谷ダムも凄まじい犠牲を伴った工事だったのだ。ダム建設に必要な資材を運ぶために掘られたトンネルが、地熱の影響で150℃以上になり、ダイナマイトの自然発火などで大きな犠牲を出した。志合谷にあった作業員の宿舎が雪崩で吹き飛ばされて何十人もの犠牲者がでたのは有名な話。今では登山道として使われている水平歩道も当時は重い資材を担いだ歩荷の転落事故が日常的に発生していた。そんな多大な犠牲者を伴っても当時は工事が進められ、ついにダムと発電所が完成したのだ。
 そんな難工事をノンフィクションとした書いたのが高熱隧道だ。表現は生生しく、後半は犠牲者の描写も激しくなっていく。それだけ当時の工事が困難だったのだろう。今は登山道として使われているが(今も鉄塔巡視路として使われている)高熱隧道を読んでから再び訪れた水平歩道は色々と思うところがあったりした。前回見た志合谷の宿舎跡は残念ながらガスって見られなかったが、実際の高熱隧道や手掘りで岩盤をくりぬいて作った道などが今も見られるのは凄いことだと思う。
 下の廊下や水平歩道、阿曽原温泉に行かれる方は是非とも高熱隧道を読んでほしいと思う。最低でも宇奈月温泉駅と欅平駅にあるダム建設の困難を書いたボードは読んでみるべきだ。先人達の苦労をしのびつつ、今こうやってそれを見つめられることに感謝したい。

 日々練成
[ 2019/11/07 06:29 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

水平歩道と奥鐘山の紅葉


 6年ぶりに水平歩道へ行ってきた。
 前回はマッハさんと黒部ダムから欅平まで、阿曽原温泉でテント泊して歩いた。そのとき水平歩道で見た奥鐘山の圧倒的な存在感はまだ覚えている。その時は紅葉にはまだ早かったので、いつか奥鐘山の紅葉を見たいと思っていた。今回ようやくその思いが実現した。

 始発のトロッコ電車で欅平へ向かう。3連休中日で天気も良いのでトロッコは満席だ。9時過ぎに欅平駅に到着して9時半登山口をスタート。続々と降りてくる登山者がいる。みな阿曽原温泉で泊まった人達だ。なんでも昨日はテント場がMAXだったらしく、今日は(観光客が沢山来ているので)帰りのトロッコに乗れないかもしれないから早出しろと小屋の人に言われて4時半とかに出てきたとか。暗い中足場の悪い道を進むのは大変だったろう。

 欅平駅から水平歩道を歩くのは初めてだ。天気も良く、紅葉もジャストタイミングで黒部峡谷の紅葉が本当に素晴らしい。志合谷のトンネルを抜けたらいよいよ奥鐘山の紅葉が見えてくる。太陽も当たって紅葉が輝いている。凄い景色だ。これが見たかった。まさに圧巻。日本最大級の岸壁に咲く紅葉は自然が作り出した造形美。一年でこの一瞬しか見られない景色だろう。想いが叶ったことも併せて感動した。
 先へ進むと阿曽原温泉の小屋が見えてきた。まだテントは4張りほどで混雑していない。4時間ほどで阿曽原温泉到着。サクッとシェルターを設営したらまずは温泉。タイミング良く男湯だったので紅葉をみながら温泉にゆっくり浸かった。テント場へ戻ったら大量に担いできたお酒と食材で贅沢な時間を過ごす。肉に鍋に焼き物と大盤振る舞いだ。テント泊はこうでなくっちゃ。周りの方々とも交流して20時にはテントに入り就寝。イージスマックスのシュラフだけで暖かく快眠した。

 4時に起きると予報どおり雨。しかし朝方には止むだろうから適当に食事してシェルターを撤収。6時に阿曽原温泉をスタート。昨日と違ってガスっているので展望はない。黙々と歩みを進めて4時間で欅平駅に到着だ。トロッコにゆられて宇奈月温泉で風呂に入って一息。今回の山行の余韻に浸った。6年越しの思いと贅沢なテント泊。山の楽しさを久しぶりに堪能した。また行きたいなー。

 日々練成

IMAG5179.jpg
 遠くに冠雪した白馬岳が見える。(画面中央右上)

IMAG5180.jpg
 奥鐘山の岸壁が見えてきた。

IMAG5181.jpg
 圧巻の大岩壁と紅葉のコラボレーション

IMAG5184.jpg
 写真じゃ伝わらない迫力と美しさ

IMAG5186.jpg
 奥深い黒部峡谷の山々

IMAG5188.jpg
 阿曽原温泉~ いいお湯でした

IMAG5190.jpg
 高熱隧道は高温スチームサウナだった
[ 2019/11/06 18:59 ] 登山 | TB(0) | CM(2)

金沢は別にw


今日は金沢で飲み会。
美味しいお酒に食べ物。良い時間でした。
水平歩道の件は後日。

日々練成

20191105214047207.jpg
Zって凄いお酒。
[ 2019/11/05 21:42 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

TJAR講演会in魚津


今日は魚津でTJAR2018優勝者垣内選手の講演会。ゲストで望月選手も来てくださって、濃い内容の素晴らしい講演会だった。素晴らしい話をありがとう!
(僕にも話しかけてくださった方々ありがとうございました!)

日々練成

20191104212416cf5.jpg
垣内君も望月さんも話が上手い!
[ 2019/11/04 21:26 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

水平歩道


欅平から阿曽原温泉へ。
奥鐘山の大岸壁の紅葉が見たかったのです。とりあえず無事阿曽原温泉到着。

日々練成
20191104113445d40.jpg
紅葉ばっちりでした





[ 2019/11/03 23:32 ] 登山 | TB(0) | CM(2)

ラグビーワールドカップ2019完結


 ラグビーワールドカップ2019が完結。
 2ヶ月間の熱すぎる戦いが終わった。ラグビーファンも、この大会を見てファンになった人も、ちょっと気になり始めた人も、間違いなくラグビーの魅力を感じられたことだろう。アメフトファンの僕もラグビーの熱さに触れてあらためてその面白さに感動した。
 JAPANチームの活躍も素晴らしかった。オールブラックスの凄まじさはとんでもなかった。優勝した南アフリカはまるで映画のような戦い方だった。終わった後にお互いを称える姿は素晴らしい。スポーツの戦いのあとは皆こうでありたいと願う。

 おめでとう南アフリカ!素晴らしかったよジャパン!また四年後会いましょう。

 日々練成
[ 2019/11/02 19:57 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

シューズの買いだめは大切


 職場の後輩が最近ちょいちょい走っている。
 今まで走るなんてアレルギー反応みたいに嫌っていたのに自分でシューズも買って30分ほど走っているという。何かあったわけじゃないけど急に思い立ってらしい。きっかけなんて無くても、理由も無くても走り始めるのはとても良いことだ。近頃はフォームや接地の話もしてくるようになった。どうしても猫背になるとか、踵が痛くなるとか、腕振りが難しいとか。多少なりとも先に走っていた先輩としての経験からアドバイスらしき話もしたりする。それらを全部実践するのは当然難しいけど、本人なりに取り入れていこうとする姿勢は素晴らしいと思う
 その後輩に僕が死蔵していたadidasのboost内蔵シューズを譲ってあげた。以前僕が履いていたのだがどうにもboostフォームの感じが合わず、そのうちアッパー部分が剥がれてきてしまったのでカスタマーサービスに連絡したら新品交換してくれたのだ。新品になったけどやっぱり合わないシューズは履く気が起きず箱に入りっぱなしになっていた。サイズもぴったりなので履いてもらった方がシューズも喜ぶだろうと。そんな高級ランニングシューズ(w)を初めて体験した後輩はとても驚いていた。こんなクッションがいいのにスピードが自然と出るなんてビックリらしい。ますます走る気になってくれて僕も嬉しい。

 良いシューズとの出会いはランニング人生を本当に豊かにしてくれる。以前も書いたけど今はモデルチェンジのサイクルがとても短いので、シューズ難民にならないように良いシューズに出会ったら買いだめしておきましょう。

 日々練成
[ 2019/11/01 06:04 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)