炎天下でのランニングリスク


 白山往復から2日経ったが体のダメージはそれ程でもない。足裏は全く問題なく綺麗な状態だ。新開発の擦れ防止クリーム、プロテクトJ1の効果は間違いないと感じた。(現在プロテクトJ1はテスト段階なので、通常はこちらのプロテクトS1を使用)
往路ではまだ効果がある4時間過ぎぐらいで一度塗りなおしたのでより効果が高かったのかもしれない。
 しかし汗疹が擦れて痛かった股部分にはスタート時に塗っただけで塗り直ししなかった。白山から下山して白峰についたあたりから股ずれが起こり始めたのを考えると、10時間ぐらいで塗り直しをしなければならなかった。疲労もあって面倒になってしまったのが失敗だった。特に真夏は大汗をかくので予期せぬ擦れダメージが発生する。炎天下、長時間のランニングで発生するリスクを今回発見出来たのも収穫だった。しっかり対策して同じ過ちを繰り返さないようにしたい。

 その他に、新たに投入して正解だったアイテムがいくつかある。特に炎天下で汗をかく時の必須アイテムがかなり効果があった。脚が攣る人にはおすすめ。次回から紹介していきたい。

 日々練成
 
[ 2015/08/02 03:45 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

白山STS、お疲れ様でした^^
酷暑のマネジメント、さすがトランス野郎っ~!

僕はおとといの花火大会の移動で20kmRunしましたが、
滝のように流れる汗は、距離を遠くに感じさせました。(20kmだけど…)
150kmはさぞかし長く感じたでしょうね。
[ 2015/08/03 16:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> パインキャップ さん

 いつもありがとうございます。
 暑さは想定内でしたが、湿度は想定外でしたね。湿度が高いと汗が乾かず想像以上に厳しい走りとなりました。水分は十分にとれて、ナトリウムも不足する事はありませんでしたが、色々失敗もあったので今後にいかしていきたいと思います。
 花火大会は川北の大会でしょうか。堤防沿いでリハーサルをしていたのを帰りに見ました。150kmはラスト15kmが長かったです…
[ 2015/08/03 23:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1014-3b65fbc6