南アルプス (前日~畑薙ダム~椹島~千枚小屋)


 7日
 前日に雨宮さんを名古屋で回収。昼食として名古屋最高峰の喫茶マウンテンを攻略。その足でTJARを応援してくれているサトミンを電撃訪問。5月の峨山道以来です。
 新東名を静岡へ向かい、駅でオハリンと合流。夕食は静岡市民のソウルフード(?)さわやかハンバーグを食す。超美味しかった。

 そして夜によねっちと合流。今日は駅近くの温泉施設の簡易宿泊所で泊り、明日早朝到着予定のさこーさんを駅でピックアップしてそのまま畑薙ダムへ向かう予定だ。温泉施設の休憩所でまずは乾杯。明日の予定やルートを確認する。そろそろ酔いも回り朝も早いので寝ようかとしたところ、さこーさんから衝撃のメールが。何と乗車予定の列車を予約しておらず、早朝到着は無理とのこと。急遽予定を変更して、さこーさんが到着してから昼頃畑薙ダムを出発する事にした。当初予定していたルートからは大きく外れるが全員で揃って行動する事に意味があるのだ。一人だけ置いていくなどありえない。

 8日
 さこーさんを静岡駅で回収して全員揃ったところで、あのロードを逆走して畑薙ダムを目指す。途中お世話になった(僕は辿りついていない)パン屋さんを訪問し御礼を。富士見峠への登りを車で進むと見覚えのある風景が。ああ、この辺りでリタイアしたんだな、と感じた。特に感傷的にもならない。もう過去の事だ。井川ダムを過ぎると井川駅のおでん屋さん。ここでも昨年の御礼をする。覚えていてくれてとても嬉しかった。次は井川オートキャンプ場前のおでん屋さんにも御礼。オートキャンプ場のデッキに座るとあの時の事を思い出す。
 畑薙ダムを渡り進むと途中でTJARの時に眠気で彷徨っていて、安井さんと上田夫妻に応援された場所も見つけた。こんな近くだったのかと思う。
 ゲート前に駐車して準備。すでに昼過ぎだ。急いで出発。最初は椹島まで20km程のロードを進む。例の畑薙大吊り橋もすぐに見えた。こんなんなのね。昼間見ると全く印象が違う。時折来るバスを避けながら先を急ぐ。灼熱のロードは結構きつい。それでも皆でワイワイ進めば楽しかった。2時間程で椹島ロッジに到着。あまりに立派な建物でビックリ。水を補給してさあここから千枚小屋への登りが始まる。
 さすがTJARメンバー。急登をものともせずグイグイ登って行く。僕も着いていくがなかなかペースが上がらない。やはり山に行っていなかったので脚が付いていかないか。何とか遅れずに水場まで。冷たくて美味しい。小屋近くまで来ると風が出て来てクーリング。何とか日没前には小屋に到着する事が出来た。流石に土曜日の小屋は大賑わい。よねっちがまとめてテン場の受付をしてくれたので直ぐにシェルターを設営。晴れていれば何と快適なシェルター泊。各自テントで食事して明日は4時出発予定で就寝。夜になるとさすがに冷えて来て深夜近くは寒かったが、ダウンを持ってきてたので事無きを経た。久しぶりのシェルター泊だからか夜に何度か目を覚ました。それでも雨さえ降らなければ快適な夜を過ごした。(9日へ続く)

 同行したamatchさんのブログ

 日々練成

 shts_20150811172747456.jpg
 名古屋の名峰「喫茶マウンテン」

shts (2)
 実はわりとちゃんとしたメニューでした。美味しかったです。

shts (3)
 さとみん電撃訪問

shts (4)
 夕食は静岡市民のソウルフード「さわやかハンバーグ」 店員さんが切り分けてくれます。

shts (5)
 豪快に食べるオハリン

shts (6)
 さこーさん到着遅れで急遽予定変更。ルート会議中。

 DSC00288.jpg
 色々あったけど何とか全員でゲート出発

DSC00289.jpg
 例のバス亭

DSC00290.jpg
 畑薙大吊り橋。去年は深夜ダッシュで渡った覚えが。

DSC00291.jpg
 久しぶりのツーショット☆

DSC00295.jpg
 灼熱の長い林道も皆で行けば楽しい

shts (7)
 今日は快適ビバーク





 
[ 2015/08/11 17:35 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(2)

寄ってくれて本当にびっくり嬉しかったですよー!
最高の男達とお友達になれた私はなんて幸せ者なんでしょう
人生の宝です

さぁ、来年ですね!

こちらもエンジンかかりましたよ!!

行けども行けども待ち構えてる私たちを楽しみにしててね!!
[ 2015/08/11 21:37 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

 さと さん

 久しぶりにお会い出来て楽しかったですよ~。
 さあ残り1年を切りました。僕も気合入りましたのでガンガン行きたいと思います!
[ 2015/08/12 20:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1022-80145497