南アルプス(千枚小屋~荒川岳~赤石岳~聖岳~聖平)


 9日
 朝4時出発予定で3時前に起床。夜はかなり冷えた。少し寒いのでガスでお湯を沸かしてアルファ米とスープを食べる。身体も温まるし力も出る。さっと撤収してシェルターの外へでると柏木さんはもう準備OK。4時前には千枚小屋の前に集合。さあご来光を千枚岳で見るべくペースを上げて登る。千枚岳へ到着すると間もなくご来光。富士山と御来光なんてTJAR以来かも。徐々に明るくなってきて荒川岳へ。
 
 サクッと荒川岳へ到着。100名山ゲット。下りで中岳避難小屋へ。ここの御主人にお礼を。ストイックで熱いご主人でした。次は荒川小屋へ向かう。TJARの時は脚の痛みで苦しかった下りもサクサク降りる。あの時は雨で展望が無かったが、晴れればこんな素晴らしい景色なのか。南アはでかい。30分程下れば荒川小屋。まだ朝早かったが、なんと荒川カレーはOK!勿論全員注文する。TJAR以来の荒川カレー。やっぱり最高です。お腹も満たされ、優しいご主人にお礼を。また必ず来ます。さあ赤石岳へ。

 赤石岳の雄大な姿を眺めながらのトラバース道。晴れればどんなにきつい行程でも大丈夫だ。1時間かからず山頂へ。ここではもちろん避難小屋のご主人にご挨拶。相変わらず人情厚いご主人。大きな手でがっしり握手。ご厚意でお茶までいただいて写真も撮っていただいた。また来年のTJARで選手として来ます。
 そしてここで柏木さんともお別れ。都合で畑薙へ下山。名残惜しいが久しぶりに一緒に山を歩けて楽しかった。また会おう!

 長い下りを百閒洞へ下ったらいよいよ聖岳への行程。ここでトラバース道ではなく大沢岳へ登るルートへ変更。激登りを経て大沢岳へ。いよいよ南ア3連発の前ボス。中盛丸山、小兎岳、兎岳をガンガン登ってラスト聖岳への取り付きへ。赤色チャート岩盤露出地は相変わらずの大迫力。雨宮さんからもらったカーボショッツを食べると直ぐ力が沸き出てきて脚も上がる。今日ラストの聖岳へ到着。
 誰もいない聖岳の山頂を満喫したら激下りへ。去年は声が出るくらい痛かった脚。ロキソニンを入れても効果が無くて本当に痛かった。脚さえ大丈夫なら快適な下り。あっという間に聖平小屋へ。TJARの時は寄れなかった小屋。訪れてみると大人気の小屋らしく人が沢山だ。前日にMH.TRCの上田君が来たらしく、すぐに声をかけていただいた。大会の時には書けなかったジャケットへの記名をする。その後もとても良くして頂いて本当に嬉しかった。来年は必ず選手としてここに寄らせていただきます。
 暖かい食事をすれば体も温まり、2日続けて快適なツェルト泊。おやすみなさい。
 10日へ続く

 同行したamatchさんのブログ

 日々練成

 1 (1)
 朝日に染まる赤石岳

1 (2)
 富士山と雲海とご来光

1 (3)
 Mr.一本締め カッシーと赤石岳

1 (4)
 素晴らしい。南アもなかなか。

1 (5)
 荒川岳山頂にて

1 (6)
 中岳避難小屋のご主人と

1 (7)
 荒川小屋の荒川カレー これを食べに来た。

1 (8)
 雄大な赤石岳を左手に見ながら快適なトラバース道

1 (9)
 越えてきた荒川岳をバックに進む

1 (10)
 赤石岳避難小屋のご主人と例のポーズ

1 (11)
 大沢岳さんにご挨拶。なかなかの登りでした。へばってるのは誰だ?

1 (12)
 南アのラスボス。聖岳。後は下るだけ。

1 (13)
 伝説のジャケットに記名。少し遅れたが、来年は大会中に選手として記名するのだ。

IMAG1502.jpg
 今日も快適シェルター泊

[ 2015/08/12 06:38 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1023-195f49d3