和歌山旅行総評


 久しぶりの家族旅行は和歌山方面へ。水族館や動物園が併設された施設や、イルカやクジラとの触れ合いをメインに楽しんできた。(往復1000kmの運転はさすがに堪えたが)
 初めて訪れた白浜や勝浦は、沿岸部の町ということもあり、僕の住んでいる場所にとても似た雰囲気があった。イルカやクジラ漁をする独自の文化が続いていて、スーパーには普通にイルカやクジラの肉が並んでいた。食べるために漁をする文化は地域と生活に根付いており、それは他所から来た人間が文句を言うようなものではない。むしろイルカやクジラに感謝しつつ、食べるために漁をする文化は自然であろう。ただ楽しむだけを理由に狩りをするどこぞの国の人間の方がよっぽど野蛮である。

 熊野古道を始めとする世界遺産は非常に楽しめた。沿岸部に続く急峻地形やV字の谷などとても興味をそそられた。天候も悪く時間もなかったためあまりよく観光出来なかったのが残念だ。是非じっくりと時間をかけて熊野三山や熊野古道を散策してみたいと思う。

 日々練成


 
 
[ 2015/08/18 06:59 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1029-8bdf5ee0