TJARトレーニングキャンプ2015


 2日間と山行を終えて帰宅。二日間ともおおむね天候も良く、参加された皆さんお疲れ様でした。また、運営委員会、スタッフの方々もお疲れ様でした。

 12日
 朝仕事を終えて高速を飛ばして現地へ向かう。何とか山行スタート30分前には到着出来た。午前中のレクチャーには参加できなかったが、山行には合流出来て良かった。久しぶりにお会いする方々も沢山いて懐かしく嬉しい。参加されいている皆さんはヤル気が体中から溢れているようだ。コースは木曽駒ケ岳への旧登山道を進み山頂からテン場までのコースタイム7時間程の行程。旧道なので少々荒廃しているとの事。最初は林道を1時間半程ランで進む。途中参加者といろいろお話したがやはり皆さん持っている悩みや気持ちは同じのようだ。(Y尾さん、お会い出来て嬉しかったです)
 程なく旧道へ。とはいえ踏み跡もしっかりしているしまだまだヤブってもいないので全く問題ないレベル。1時間ほど行くと分岐点。ここが地図読みのポイントらしいが迷う理由もなく周囲の状況を見て進む。高度を上げると稜線が近い。1時間かからず稜線へ出て登山道と合流。北側には先週訪れた将棋頭山が見える。木曽駒ケ岳へ登頂してテン場へ。週末ということもありテン場は大賑わい。そんな中、テン場の枠を越えてテントを張る登山者がいて驚いた。張る場所が無いといっていたが、それならもっと早く到着すべきでしょう。ルール、マナー以前にモラルの問題か。あと山小屋のあんちゃんの態度が極めて悪い。このブログ見てたらちょっとは考えなさい。あんな態度は下界に降りたら通用しないですよ?
 テン場ではブログを見ていてくださる方に声をかけていただいて嬉しかった。ありがとうございます。
 と、飯島委員長とテン場に到着された方は岩瀬幹生さん!TJARの創始者に会えて大感激!挨拶程度しかお話出来なかったが底知れぬパワーを感じた…。
 夜はカップ麺とアルファ米。食べたら早々にシュラフカバーへ入る。新兵器のプチプチシュラフカバーの威力は絶大で全く寒くなかった。これは大正解だろう。夜は少し風が強かったがシェルターが持ち上げられるような風では無かったので問題なし。雨さえ降らなければ快適なシェルター泊。バタバタいう音を聞きながらいつの間にか寝ていた。
 
 13日
 3時集合出発なので2時に起きてお湯を沸かし、持ってきたカップ麺2つを食べて撤収準備。15分前に集合場所へ向かうと皆さん準備出来ているようだ。簡単な点呼の後出発。宝剣岳の岩場も問題無く通過。稜線上で風が強いがまあこんなもんでしょうか。途中委員長が稜線でのビバーグ場所の参考例をレクチャーが。空木岳までの間で最後のエスケープルートを越えると各々のペースで行動開始。早い人はどんどん先へ進んでいく。僕は中盤後方ぐらいでボチボチ進む。妙にペースが上がらないな~と思い色々原因を考える。行動食の羊羹を食べたら一気にペースが上がったのでどうやらカロリー不足だったみたいだ。おはりんも言っていたが、カップラーメンなんて水みたいなものだ。カップ麺は体を温めるものであってカロリー補給には向かないな。勉強になりました。途中から田中さんと一緒になり色々話して楽しかった。
 木曽殿への下りで雨がパラつく。木曽殿小屋の御主人にTJARでの御礼をして空木への登りへ。少し風が強いが問題無く40分程で山頂へ。後は長い長い池山尾根の下りだ。途中木曽駒ヒュッテの御主人にも御礼の挨拶を。暑くなってきたのでカッパを脱ぐ。ガンガン下って行くと岩崎さん、千原さんとも合流してワイワイ楽しく下る。TJARの時は苦痛だった池山尾根はあっという間に登山口へ。ここから駒ヶ根までがまた長い。ショートカットを駆使して道路へ合流。と、前方に見慣れた2人が…。なんとさとみんと息子君が待っていてくれた!偶然駒ヶ根へ来ていたらしい。なんというサプライズ!皆で記念写真を撮る。去年に引き続きお迎えありがとう!

 下山完了したら温泉でさっぱりして駒ヶ根ソースかつ丼で満足。解散前に参加者からの感想タイム。僕も大いに参考になった。こうして2日間のトレーニングキャンプは無事終了。参加者のレベルも高く僕も刺激を受けた。

 その後は長野へ移動してガクさんの家で宅飲み。久しぶりのガクさんとの山やレースの話、とりわけTJAR関係には熱く話合った。残念ながら僕は撃沈してしまいました…。
 朝ガクさんと別れて白馬へ向かう。久しぶりに会う源君は元気そうで嬉しかった。また近いうちに一緒に山へ行こうと約束して別れる。
 大忙しの3日間だったけどとても楽しかった。やはり山は楽しい。多くの人達と熱い思いを交わした3日間でした。

 日々練成

 1a.jpg
 林道をラン。暑かった~。
 
1a (2)
 破線ルートを行く
 
1a (3)
 宝剣山荘が見える。カールが美しい。

1a (4)
 将棋頭山方面

1a (5)
 TJAR創始者 岩瀬幹生さんと憧れのツーショット

1a (6)
 2日目の朝 バッテリー切れで他に写真はなし

1a (7)
 駒ヶ根ソースかつ丼
 
[ 2015/09/14 23:07 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1056-77a7040a