mana7、1シーズンで使い切る


 今年の夏のランニングとアルプストレーニングで新品のシューズmana7を一足使い切った。どんな場所でも問題なく、その安定性と登り、下り、走り易さは素晴らしい。
 耐久性も問題なく、むしろこのクラスのロードシューズにしては高い方だ。しかしロードだけだとそれなりに持つが、やはり山、特に岩稜帯やガレ場の下りではそれなりにソールにダメージがくる。シルバーウィークの北ア、後立山ではソールのスタビライザーが切れてプラスチックパーツが剥き出しになって流石に山で使うには限界になった。その後ロードランニングで使っていたがフロントソール部分の剥がれが酷くなってきて、着地のバランスに影響も出そうだったのでこのあたりがシューズとしての機能が限界になったとしてその役目を終える事にした。
 
 使用期間にすると僅か2か月という時間だったが、1シーズンの山とロードに使いまくって4,000円なら十分過ぎるほどのパフォーマンスだろう。そもそもシューズはソールが擦り減りきってクッション材が剥き出しになりそれすら擦り切れる程まで履くものではないと思っている。シューズとしての機能を維持出来るのは擦り減ったソールがクッション材に達するギリギリのところまでだろう。それ以上擦り減ると、着地やフォーム、バランスへ影響が出て良い事はない。そうなる前に交換した方が怪我予防にも絶対にいいはずだ。

 次なるMana7は既に3足確保しているので冬の間のトレーニングとマラソン大会までは不足する事はないだろう。3足でも12,000円。練習でガンガン使うには価格も重要です。

 日々練成

 
 sths_2015100719500267c.jpg
 今回のカラーはmana7初の青系。黄色のアクセントがいいね!
[ 2015/10/07 06:23 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

あと4足確保中
[ 2015/10/07 21:38 ] [ 編集 ]

Re:

ちょっと確保し過ぎじゃないですかね……
譲ってもらったMana7は助かりましたん。
確保出来る時に買っておいた方がいいですねー
[ 2015/10/08 07:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1079-daecef62