時代は廻ると思うの


 10月から職場に新人も入ってきて新しい体制での運用が始まっている。もう直接新人に何かを教えるという立場ではないが(偉そう)まだその機会がなくなったわけではなく、ちょくちょく教える事もある。そんな時思うのはやはり人に何かを教える、指導するというのはとても難しいという事。そんな事も分からないのか、何で出来ないんだ。すぐに口に出しそうになるが、自分が新人の時にやられたり言われりして嫌だった事は避けるようにしている。自分が出来る事が他人に出来るとは限らないし、その逆もあるだろう。
 
 仕事上いつも心に留めているのは、相手を尊重し敬意を払うという事。これは上下関係、年齢関係なく行っている。新人や後輩が何か仕事でミスをした時、怒鳴りつけたりいつまでもそのミスを指摘し続ける事はしない。原因、過程、結果をしっかり聞いて、次はどうすれば良いかを一緒に考える。一方的に非難するだけでは何も成長はないと思っている。

 僕自身何かを教えたり指導したりする事で気づかされる事が多い。それは新人や後輩から教えてもらっているという事になるのではないだろうか。ちょっと年齢や経験が上だからと言って偉ぶってはいけないなとその都度思い知らされるのだが、すぐ忘れてしまうあたりまだまだ甘い人間だなぁと痛感してしまう。

 時代は廻る。昔自分が言われていた事を、今自分が言っている。そして言われている後輩がいる。少しでも良い方向に歴史が廻るよう、自分が変わって、そして変えていかないといけないなと思う。相手を笑いものにしてはいけない。自分がやられて嫌な事はしない方がいい。

 日々練成

 

 
[ 2015/10/09 06:47 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1081-69026f42